芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

ドラマでは悪役を専門とする役者はあまり見なくなり、今やその市場を独占しているのがお笑い芸人だ。コラムニストのペリー荻野さんがその事情について解説する。

***
先日放送されたNHKBSプレミアム『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』は悪役特集。Vシネマのレジェンド、小沢仁志が例の怖い顔としゃがれ声で「(特別警戒シーズンの)年末は500メートル歩くたびに職質される」と語る映像にスタジオゲストの白竜がコメントするというすごい構図だったが、全体を見て、しみじみ思ったのは、悪役俳優が絶滅危惧種だということだ。

番組ゲストにもなった超ベテラン悪役・田口計はじめ、かつては川合伸旺、藤岡重慶、進藤英太郎など迫力ある悪役スターが数多くいた。だが、今は「出てくるだけで悪のニオイぷんぷん」という専門職的悪役俳優は、ほとんどいない。

そんな中で、悪役を一手に引き受けている感があるのは、お笑い芸人衆だ。今シーズン、初回から視聴者の涙を絞ったドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)で、さっそく不気味なムードを出しているのが、板尾創路。自閉症スペクトラム障害ながら、驚異的な記憶力を持つ小児科医・新堂湊(山崎賢人)の受け入れを巡って、関係者が対立する東郷記念病院で、副委員長の猪口(板尾)は、「いいじゃないですか」「予算は私が確保します」「変革は大切」などとにこにこ前向きな発言をする。しかし、その腹の中では、採算のとれない小児外科閉鎖を狙っているのだ。

板尾はこれまでもドラマ『大奥第一部〜最凶の女』(フジテレビ系)では、美人の娘(沢尻エリカ)を操ってのし上がろうとする腹黒パパ、ドラマ『雲霧仁左衛門3』(NHKBS)では不気味な暗殺者を演じていた。その悪役演技のポイントは、「口から白い歯を一列に見せて微笑んでいるような顔だが、鼻から上はダークな悪意を漂わせる」上下二層構造の作り笑顔。これは立派な芸だと思う。

同じ吉本芸人では、日曜劇場『陸王』(TBS系)でランニングシューズ開発に苦心する主人公たちを圧迫する大手シューズメーカーのひとりとして小籔千豊が登場。長身で文字通り「上から」嫌な発言を連発した。このほか、日曜劇場は、『華麗なる一族』『99.9-刑事専門弁護士-SEASON?』の笑福亭鶴瓶をはじめ、『ルーズヴェルト・ゲーム』の立川談春、『下町ロケット』の春風亭昇太など、落語家を企業ドラマの悪役にするのが、伝統のようになっている。

見渡せば話題になる「新悪役」は芸人独占状態。その理由は、彼らには、もともと演技力があること。落語家は語りの中でひとり数役をこなし、芸人もコントや舞台で多くの人物になりきる。基礎ができているうえに、よく見るとみんな顔が結構、強面。最近は、優しい顔で怖いことをする悪役も多いが、芸人悪役の場合はふだんのおちゃらけ顔と腹黒モードのギャップを醸し出すのがとてもうまいのだ。

鶴瓶はNHK大河ドラマ『西郷どん』で岩倉具視役で出演する。岩倉具視といえば、かつて「五百円札」にも印刷されていた公家、政治家。岩倉は維新後、西郷と対立し、彼を追い詰めることになる。悪役もすっかり板についてきた鶴瓶がどんな岩倉になるか。ミスター二層構造笑顔の板尾とともに鶴瓶岩倉にも期待したい。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

袴田吉彦が「アパ不倫」でブレイク ほかの俳優には出せない味?

袴田吉彦が「アパ不倫」でブレイク ほかの俳優には出せない味?

“アパ不倫”をきっかけにバラエティー番組に引っ張りだこの袴田吉彦(44)。最近、本業の役者としてもいい味を出している。俳優・袴田吉彦の新たな魅力について、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 *** いやいや、まさかこういう形の「ブレイク」があるとは思ってもいなかった袴田吉彦。2017年、浮...
「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

「西郷どん」の本編休止にジェームス三木氏が苦言「シラケてしまう」

日曜日の夜8時といえばNHKの大河ドラマ──そんな視聴習慣を持つ人たちがエイプリルフールの4月1日に「え?」と驚くような、初の“異常事態”が発生した。 「今回の件のようなことをして、話を途切れさせると、視聴者がシラケてしまうのではないか」 脚本家・ジェームス三木氏の言う“今回の件”とは4月1日の大河ド...
「とんねるずに拍手はいらない」と識者 悪童であり続ける凄さ

「とんねるずに拍手はいらない」と識者 悪童であり続ける凄さ

3月いっぱいで30年の歴史に幕を閉じる『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。とんねるずをデビュー直後から見てきたコラムニストのペリー荻野さんが改めて「みなおか」の凄さについて考察する。 *** 最終回に向けて、『とんねるずのみなさんのおかげでした』は、名物企画のファイナル版...
東てる美が抗がん剤治療で休養へ 8月中旬にリンパにもがん細胞

東てる美が抗がん剤治療で休養へ 8月中旬にリンパにもがん細胞

肺腺がんを公表していた女優・東てる美(62)が20日、都内で、復帰ライブを行った。元気に熱唱する姿を見せた東だが、治療のため来年1月末まで、再び休養することを明かした。 東は5月にテレビ番組の企画で受けた検査がきっかけで、6月にステージ1の肺腺がんが発覚した。7月18日に5時間にわたる...
木村拓哉「検察側の罪人」にファン怒り 二宮和也の引き立て役?

木村拓哉「検察側の罪人」にファン怒り 二宮和也の引き立て役?

ジャニーズに忠節を尽くしたのに……? 関係者だけでなく、SMAPファンも安堵の声を漏らしたか――。興行通信社は8月27日、最新の映画興行ランキング(25日・土曜〜26日・日曜)を発表した。そして1位が、あの「検察側の罪人」だったのだ。 *** 雫井脩介(49)のミステリー小説(文春文庫)が原作。これを「クラ...
「DIOが…」ジョジョ展、荒木さんが目玉作の失敗告白

「DIOが…」ジョジョ展、荒木さんが目玉作の失敗告白

展覧会の目玉として描いた絵に「失敗した部分がある」――。 東京・六本木の国立新美術館で24日から始まる「荒木飛呂彦(ひろひこ)原画展JOJO冒険の波紋」の内覧会のあいさつで、作者の荒木さんが反省を述べ、司会者を慌てさせる場面があった。国立の美術館で漫画家が個展を開くのは、手塚治虫以来28年...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net