芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

HIKAKIN、“専業YouTuber”の難しさ語る「ゴールのないマラソンのようなもの」

HIKAKIN、“専業YouTuber”の難しさ語る「ゴールのないマラソンのようなもの」 近年、多様なヒットやブームを生んでいるYouTube。同プラットフォームからはYouTuberという新たなスターも誕生。そのパイオニアであるHIKAKINは現在、日常の面白いものを紹介する「HikakinTV」、ゲーム実況専門の「HikakinGames」、ビートボックス動画の「HIKAKIN」、気軽にゆるい内容の動画を投稿する「HikakinBlog」と4チャンネルを使い分け、総登録数は1250万人以上を誇る。年々影響力を増すYouTuberの現況、人気維持の秘訣などについてHIKAKINに尋ねた。

【ランキング表】HIKAKINが制覇、『好きなYouTuberランキング』TOP5

◆常に新しいことにアンテナを張ってないといけない

日本のYouTuberのパイオニアであるHIKAKINが、今年3月に「ORICONNEWS」が10代〜50代の男女1000人に調査した『好きなYouTuberランキング』で1位に輝いた。若年層に人気のHIKAKINだが、全世代で1位だったのは特筆すべきことだ。

HIKAKINとしての活動をスタートしたのは、YouTubeがサービスを開始した翌年の2006年。当時アップされていたのはほとんど海外の動画で、彼自身そのワールドワイドさに惹かれて視聴にハマったという。

ちなみに、現在は話題の商品を面白おかしく紹介するYouTuberとして知られるHIKAKINだが、初期に投稿していたのはヒューマンビートボックス動画で、9割のアクセスが海外からだった。パフォーマンスが話題となった2010年頃からは、海外のステージにも多数招聘されている。

「言語の壁がないパフォーマンスだったのも幸いしました。ただ、ビートボックス動画は撮影や編集にとても時間がかかるんです。またその頃には日本でもYouTubeで活動する人が増えて、その動画のネタも日常の身近なことだったりと、当時の僕にはいい意味で気楽にやっているように見えたんですね。なかでも毎日のようにアップしている人のアクセスが伸びていることに気がついたんで
す」(HIKAKIN/以下同)

専業のYouTuberとして毎日アップできるコンテンツを考えた結果が現在の活動へと繋がり、さらにタレント性が花開したというわけだ。

現在は日本語の話者を対象とした動画がメインで、初期とは異なり圧倒的に日本からのアクセスが多い。

「初期のYouTuberの間では意見が分かれたんですよ。日本の視聴ユーザーだけ相手にしていたら、いつか頭打ちになると。たしかに1本の動画で億の再生を目指すなら、海外ユーザーを意識しないと厳しいと思います。ただ僕は1本のホームランを打つよりもコツコツとヒットを当て続けることで、観てくれる人の中に濃く存在するほうを選んだんです」

初期は1日2、3本投稿していたことも。自らの経験から「YouTubeで人気を得るために必要なのは、投稿の頻度と継続」と断言する。

「(日常ネタが)気楽にできるかと思いきや、ぜんぜんそんなことなくて(苦笑)。毎日アップするというのはゴールのないマラソンのようなもので、常に新しいことにアンテナを張ってないといけないですから」

◆投稿ボタンを押す最後の瞬間まで細心の注意を

HIKAKINも含め、日本のトップランクのYouTuberのチャンネルは月間で2、3億の再生数を叩き出している。またその多くが、長年にわたって活動しているYouTuberだ。

「いろんなYouTuberを見てても、いきなり人気になる人は少ないですね。急に人気が出たように見えても実は2、3年やっていたりしますし、実は意外と下積みが重要な世界なんです。また、トライ&エラーの下積みなしで攻めたネタをやると、得てして炎上しがち。炎上商法という言葉もあるけど、長く活動したかったら得なことはないと思います」

今や小学生のなりたい職業にも名を連ねるようになったYouTuber。HIKAKIN自身、その影響力を自覚しており、「投稿ボタンを押す最後の瞬間まで誰かを傷つけないか、不快にしないかというブレーキを自分のなかでかけている」という。

また、サッカーW杯後のゴミ拾いや被災地への支援金の呼びかけなど、HIKAKINチャンネルからポジティブな輪が広がった事例も多い。「人を笑顔にするYouTuberでありたい」とHIKAKINは言う。

『好きなYouTuber』調査時のユーザーコメントには、「毎回、サプライズがある」といった動画の内容にはもちろん、特に上の世代からは「好青年」など人柄を評価する声が挙がった。名実ともに日本のトップYouTuberであるHIKAKINは、この新たな職業の社会的地位を向上させた存在とも言えそうだ。

文/児玉澄子

(『コンフィデンス』18年7月30日号掲載)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ヒカキンが過去の恋愛話を告白「彼女が男性アイドルを待受に」

ヒカキンが過去の恋愛話を告白「彼女が男性アイドルを待受に」

1月15日放送の「踊る!さんま御殿‼」にて、「わかりあえない男と女」をテーマに男性タレントと女性タレントが激突。双方の不満や主張が飛び交い大論争となった。 プロフィギュアスケーターの村上佳菜子からは「男性はファッションがわからないのによけいなことを言う」、三代目JSOULBROTHERSの山下健二...
エイジさん死去にはじめしゃちょー追悼「数少ない仲の良いYouTuber」

エイジさん死去にはじめしゃちょー追悼「数少ない仲の良いYouTuber」

【アバンティーズ・エイジ/モデルプレス=1月4日】人気YouTuber「アバンティーズ」のメンバー・エイジさんが、水難事故のため1日に死去したことが4日、所属事務所より発表された。突然の訃報にYouTuberの間にも悲しみの声が広がっている。 【さらに写真を見る】人気YouTuber「アバンティーズ」のエイジさん...
エイジさんが元旦にサイパンで死去 ヒカキン「信じられない」

エイジさんが元旦にサイパンで死去 ヒカキン「信じられない」

UUUM所属のYouTuberグループ「アバンティーズ」のメンバー、「エイジ」さんが休暇旅行先のサイパンで死去したと発表され、同じくUUUM所属のクリエイターからは追悼の声が寄せられている。 UUUMが2019年1月4日10時に発表した資料によれば、1月1日、エイジさんはサイパンで高波にさらわれ救出後に救急措置が行わ...
BTS騒動もあった2018年 Mステは「迷走」が目立った年に

BTS騒動もあった2018年 Mステは「迷走」が目立った年に

【動画】DAPUMP「U.S.A.」MV知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊レジーのMステ定点観測」。 12月のMステは21日のスーパーライブ1回のみでした。前後編なしでお届けする今回は、そのスーパーライブの内容を振り返りつつ、...
韓国のイチゴを紹介したYouTuber 日韓情勢に疎いと炎上

韓国のイチゴを紹介したYouTuber 日韓情勢に疎いと炎上

韓国に在住している日本人ユーチューバー「とぎもち」がアップした動画が波紋を呼んでいる。 チャンネル登録者数68万人以上を誇る人気ユーチューバーである「とぎもち」。韓国の食べ物や文化、スポットなどを紹介し、韓国ファンの間でも人気を博している。そんな「とぎもち」だが、12日にサブチャンネルの中...
梶原雄太と中田敦彦がYouTubeで共演し和解「神回」と話題に

梶原雄太と中田敦彦がYouTubeで共演し和解「神回」と話題に

1月14日、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(38)とオリエンタルラジオの中田敦彦(36)が、梶原のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」の生放送で共演した。中田のラジオ番組での発言を巡るトラブルについて、お互い胸の内を明かし和解した。 昨年12月12日放送のラジオ番組『オリエンタルラジオ中田敦...
人気YouTuberの楠ろあがわいせつ動画出演を否定 事務所は法的措置も

人気YouTuberの楠ろあがわいせつ動画出演を否定 事務所は法的措置も

人気ユーチューバーの楠ろあ(22)が11日、自身のツイッターを更新。ツイッター上で、楠が出演するわいせつ動画であると謳った動画が拡散されていることに、「私とは一切関係ありません」と否定した。 ツイッター上に10日夜から、『楠ろあのハ〇撮り動画を欲しい人はフォローとRTお願いします!』など...
ヒカキンのチャンネル登録者数が謎の急増&急落 何が起きた?

ヒカキンのチャンネル登録者数が謎の急増&急落 何が起きた?

あのヒカキン(HIKAKIN)さんのYouTubeチャンネル登録者数が、ある日突然「急増」し、さらに「急落」した――そんな奇妙な現象が、ネット上で話題になっている。 ヒカキンさんといえば、言わずと知れた日本有数の人気YouTuberだ。最近ではテレビ出演も多く、小学生などの「好きな有名人ランキング」では、芸能人...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net