芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

K-POPに挑戦する48グループ 審査員に酷評される残酷な光景も

K-POPに挑戦する48グループ 審査員に酷評される残酷な光景も

K-POPはプロ野球、AKBは高校野球

「K-POPがプロ野球だとしたら、AKBは高校野球かもしれない」

秋元康は、過去にこのような発言をしたことがある。

それは、けっして卑下でも自虐でもなかった。みずからがプロデュースするAKB48グループを冷静に分析したうえでの認識だ。

実力(歌唱力やダンス)ではK-POPに劣るが、人気では十分に比肩する──そのように自己分析していたのである。

なるほどそれはうなずける。

Photobygettyimages

日本において、高校野球の人気はいまだに絶大だ。高温注意報の出る炎天下の甲子園で、若者たちががむしゃらに白球を追いかけ、ピッチャーは連投する。負ければ終わりのサバイバルが2週間も続く。

そうした制度では、かならずしも実力が結果に反映されるとは限らない。プロではありえない過酷なゲーム設定は、多くの不確定要素(運)を生じさせるからだ。

教育としてはデタラメで野球としては時代遅れなそうした状況に、高校野球ファンは“ドラマ”を観る。運に左右されて悲喜こもごもの若者たちを見て、感動し拍手をする。しばしば「残酷ショー」と批判されながらも。

48グループも、かならずしも歌唱力やダンスが評価されるわけではない。劇場と握手会を中心としたメンバーとファンの距離の近さは、実力とは異なるKPI(主要業績評価指標)を発生させ、さらにそれがAKB総選挙に反映される。

端的に言って、48グループのKPIは「がんばり」とそれにともなう「成長」だ。ただし、けっして最終目標地点は「完成」ではない。常に「未完成」であることを前提としている。つまり、実力的には発展途上=下手くそであることが条件だ。

秋元がAKBを高校野球に喩えたのは、つまりはこういう理由からだ。ファンは、けっして優れたパフォーマンスを期待しているのではない。未完成な少女たちの「がんばり」と「成長」のドラマを楽しみ、そこに投票というかたちで民意を反映させる。

一方で、K-POPはプロ野球だ。その評価基準は、歌とダンスの実力にある。日本を含む世界中のファンも、そのプロフェッショナルなパフォーマンスを期待する。

TWICEやBLACKPINKと48グループは、同じ「アイドル」とカテゴライズとされても、その意味は大きく異なるのである(実際、TWICEとBLACKPINKによって大きく割りを食ったのは、女性ファンの多いE-GIRLSだ)。

『PRODUCE48』〜K-POPへの挑戦

しかし最近、こうした状況に大きな変化が生じつつある。

48グループのメンバーが、韓国でK-POPにチャレンジしているからだ。高校野球の選手たちが、プロ野球に挑んでいるような状況だ。

その姿が観られるのは韓国のケーブルテレビ局・M-NETの『PRODUCE48』というリアリティ番組だ(毎週金曜日・6月15日〜8月31日予定・全12回/日本でも放送中)。毎回2時間半ほどの番組には、秋元康も日本側のプロデューサーとして正式に協力している。

その内容は、日韓96人の若い女性たちが、2年半だけ活動する12人グループのメンバーを目指して競い合うというもの。結果は、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者の投票によって決まる。このサバイバルにAKBやSKEなどのメンバー36人が参加している。

この『PRODUCE48』には、『PRODUCE101』という前身がある。シーズン1からはI.O.Iというガールズグループを、シーズン2からは現在も活動しているWannaOneというボーイズグループを生み出し、ともに大ヒットした。

こうした前例を踏まえると、『PRODUCE48』から生まれる新ユニットの成功もなかば約束されており、活動期間も長いためにそれまで以上の大ヒットの可能性がある。もちろん、日本での活動も視野に入れているはずだ。

48グループは、すでに活動しているインドネシア・ジャカルタをはじめ、今年はタイやベトナムなどへの進出が予定されている(中国にはいちど進出するものの失敗し、今年再度チャレンジする予定だ)。

そうしたアジア進出のなかでもっともハードルが高いのは、十分な実力と人気のあるK-POPがあふれる韓国だ。今回の企画はM-NET側から持ちかけられたようだが、秋元は渡りに船だと見なしたのかもしれない。

だが、蓋を開けてみるとなかなか複雑な様相を呈している。果たしてこの番組は、48グループの韓国進出の足がかりになるのか、それともK-POPに飲み込まれるのか、あるいは新たな融和の道に進むのか──。

日本勢の惨敗…?

番組は、まず96人の参加者(全員「練習生」と呼ばれる)がそれぞれパフォーマンスを披露し、能力別にランク分け(A〜D、Fの5段階)されるところから始まる。同じ事務所のメンバー複数でやる者が多いが、ひとりでやる者もいる。

この審査は、レベル別にトレーニングをするためでもあり、同時に番組開始時に公開されるミュージックビデオ「PickMe」のポジションを決めるためでもある。

ランクは、彼女たちを鍛え上げるトレーナーたちによって決められる。そのメンバーはFTISLANDのイ・ホンギや元SISTARのソユ、ラッパーのチーター、そして数々のヒット曲を担当した振付師たちなど、全員K-POP界の面々だ。

韓国側から参加している練習生57人のうち、デビュー済みなのはAfterSchoolのイ・カウンや、新人グループ・fromis_9のチャン・ギュリなど3名のみ。他の54人はすべて各事務所が抱えている練習生だ。つまり、プロ野球に喩えれば2軍選手や育成選手ばかり。

一方48グループからは、39人が参加している。内訳は、AKBが19人、HKTが10人、NMBが6人、NGTとSKEが各ふたりだ。

このなかには、先日のAKB総選挙で1位に輝いた松井珠理奈(SKE48)や3位の宮脇咲良(HKT48)、9位の矢吹奈子(AKB48)、10位の田中美久(HKT48)、12位の高橋朱里(AKB48)などがいる。

48グループでも人気上位のメンバーが多く参加しているが、総選挙で圏外だった者も約3分の1にあたる12人もいる。高校野球で言えば、強豪校から中堅校まで万遍なく参加しているという印象だ。

エピソード1と2では総勢96名がパフォーマンスを繰り広げたが、この段階の結論を言えば日本勢の惨敗だ。48グループの多くは自信満々に演目を披露したが、トレーナーから出てくるのは酷評ばかりだ。しかも、その多くが持ち曲だったにもかかわらず。

たとえばAKBでは歌唱力が評価されていた小田えりな(総選挙60位)と、AKBダンスコンテストで優勝した中野郁海(圏外)はいっしょにパフォーマンスをしたが、その最中に複数のトレーナーが顔をしかめるほど。

なかでも、KARA「ミスター」などの振付師であるペ・ユンジョンは、かなり厳しく意見する。

「彼女(小田)の歌い方は古い」
「正直、あなた(中野)がダンスコンテストで優勝したとは思えない。こんなレベルのままでは、ステージに立ち続けることはないでしょう」

審査は、このようにシビアに続いていった。

「違うよもう。文化が……」

本村碧唯や今田美奈などHKT48の7人は、持ち曲の「止まらない観覧車」を披露した。このときにいたっては、ペ・ユンジョンは呆れたような顔で質問したほどだ。

「いまのパフォーマンスを日本でやってるんだよね。ということは日本でオーディションを突破しているのね。なんで選ばれたの?あなたたちには、どこか良いところがあるから選ばれたはず。私はその理由がわからない。本当に奇妙です」

7人は困ったような笑みをただ浮かべるばかり。

だが、こうしたペ・ユンジョンの質問は単なる苛立ちでもなかった。彼女はさらに質問を続けた。

「K-POPは、完璧にシンクロしたダンスでとても有名になりました。日本ではそれが重要視されないの?」

回答したのは今田美奈だ。

「ダンスを合わせるというよりは、愛嬌のほうが日本のアイドルでは……」

それでペ・ユンジョンは納得した。

「ああ、文化の違いか」

この反応はけっして皮肉などではない。直後には、ソユ(元SISTAR)などは必死に「文化の違い」を強調してフォローしようとしていた。

「文化の違い」と言ってしまえば、たしかにそのとおりだ。未完成であり続けることに価値が生じる48グループと、常に完成を目指すK-POPでは明確に評価基準が異なる。

実際、この光景を見ていた48グループのメンバーは口々にこうこぼした。

「私たちって踊りとか歌を見せるより、『楽しい!』ってのを見せることが仕事だよね」(武藤十夢/AKB48)
「うちらはそういう(楽しさをアピールする)エンタテインメントですって強調していくしかないよね」(岩立沙穂/AKB48)
「踊れなくても歌えなくても、人気あるひとはあるしさ……」(篠崎彩奈/AKB48)
「違うよもう。文化が……」(小嶋真子/AKB48)

とは言え、今回はあくまでもパフォーマンスを基準とするK-POPルールだ。当初から予想されていたとは言え、48グループの多くはいきなり壁にぶつかった。

松井珠理奈と宮脇咲良

こうして続いた最初のパフォーマンスで、48グループの多くは酷評され続けたが、NMB48の白間美瑠(B)やAKB48の高橋朱里と小嶋真子、岩立沙穂(各B)など、上位にランクされる者もいた。

なかでももっとも高く評価をされたのは、自身でジャズアレンジした「ダンシング・ヒーロー」を歌った竹内美宥(AKB48)だった。

その歌唱力が評価されてAランクとなった彼女は、過去7回参加したAKB選抜総選挙ですべて「圏外(101位以下)」だ。つまり人気がない。日本ではくすぶっていた実力が、場所を変えて認められたことになる。

こうした日本勢の挑戦のハイライトは、やはり48グループ上位の人気である松井珠理奈と宮脇咲良だった。

先に登場したのは松井のほうだった。

彼女が選んだのは、板野友美のソロ曲「DearJ」。満面の笑顔で登場し、ひとりで堂々とパフォーマンスをした。その振る舞いは、非常に凛然としていた。トレーナーのひとりは、「これまでの日本の練習生ではもっともダンスが上手かった」と評してもいた。

だが、結果はBランク。

松井は笑顔でステージで去ったが、Aには入らなかったのだ。先の話をすれば、松井はこの番組ではずっとその存在感を発揮しきれないままとなる。エピソード3以降は目立たなくなり、結果的に番組途中で降板する。

7月に体調不良で休養することが発表されたが、その原因のひとつは間違いなくこの番組だろう。

ライバルや後輩に、実力基準でどんどん追い抜かれていく。さらにデビュー前の韓国練習生に圧倒的な実力を見せつけられる。自分の弱さをけっして見せようとしない彼女のプライドは、おそらくボロボロになったはずだ。

そんな松井に対し、高く評価されたのが宮脇咲良だ。松井のパフォーマンスをステージ裏で観ていた彼女は、かなり緊張した表情をうかべていた。

番組では、当初から宮脇に強くフォーカスをあてていた。それまでの48グループのメンバーの誰よりも扱う時間は長く、登場も松井の後だ。

本人のモチベーションも非常に高いものがあった。自身満々の松井に対し、宮脇は実力のなさを吐露していた。事前に収録されたインタビューでは、こう話している。

「HKT48で7年活動してきて、実力はあまりないほうじゃないかと思って。ずっと疑問で不安でいっぱいで。実力があまり身につかずに、時間が流れていくのがすごく悔しくて」

番組プロデューサーのハン・ソンスから「総選挙も上位なのに、今回のチャレンジにはリスクもあるのでは?」と質問されると、「そこまでなれたのは、自分の実力だったのか、日本だからそうなれたのか」「この番組を通して、自分の人生を変えるきっかけになればいいと思っています」と答えている。謙虚というよりも、貪欲な姿勢がうかがえる。

この一連の宮脇の発言は、もともとK-POPを好む彼女だからこそ生ずる48グループに対する疑問でもある。加えて、多くの48メンバーが目の前で酷評されるのを見て、「韓国のみなさんは日本に来ても通用するのに、日本人は日本を出た瞬間に通用しなくなるのが、すごく現実を突きつけられた気がして悔しい」ともこぼす。

そんな彼女は、AKB48の「黒い天使」をひとりで披露した。

トレーナーの評価はやや分かれた。イ・ホンギなどはBとしたが、結果はAランク。なかでも、ふだんは厳しいペ・ユンジョンが「私は、あなたが1位候補だという理由がわかりました」と述べたのが印象的だった。

この評価には、多くの異論が出たのもたしかだ。Aランクの韓国側の練習生は「彼女がAなのはわからない」と述べ、韓国の視聴者からも多くの疑問の声が出た。

ただ、宮脇と松井で明確に差がついたのはたしかだ。日本でファンからの人気投票(AKB総選挙)では松井の後塵を拝した宮脇が、実力主義の韓国では逆転の評価をされた。

さらにそれを踏まえた(韓国の)視聴者の第1回目の投票でも、トップに立ったのは宮脇咲良であり、松井珠理奈は4位となった。後にこの差はさらに開き、その明暗がはっきりと分かれていく──。

48グループ「大転換」の可能性

エピソード2の途中まで、かなり長い時間をかけて日韓練習生のランク分け審査がなされた。この記事では48グループのメンバーに注目してきたが、全体的には誰の目から見ても韓国側の練習生とその実力は段違いだった。

秋元康の喩えを使えば、プロ野球の2軍チームと高校野球の選抜チームが試合をし、プロ2軍が圧勝している状況だと言える。しかも、48グループのメンバーの多くは持ち曲でチャレンジしてわけだから、金属バットを使っているようなもの。それなのに惨敗だ。もちろんそれは事前に十分に予想されたことではあるが、あらためて証明されてしまった。

そんな残酷とも言える光景を見せつけられると、さまざまなことを考えさせられる。あくまでもエピソード2までではあるが、やはりポイントとなるのは秋元康の戦略と、今後の48グループについてだ。

AKBを高校野球に喩えるくらいだから、48グループが惨敗する可能性は秋元自身も十分にわかっていたはずだ。しかし、それでもこの企画に参加した。そこに48グループの大きな転換の可能性がうかがえる。

実際のところ、秋元プロデュースのなかで現在人気があるのは、48グループのライバルとして登場した乃木坂46と欅坂46だ。また、テレビ朝日のリアリティ番組『ラストアイドル』から生まれた複数のグループも注目度が高まっている。

一方、AKB総選挙は、フジテレビの中継の視聴率は年々低下し続けており、グループ全体では指原莉乃の後釜が生まれない状況が続いている。48グループは各地域で着実に根を下ろしているものの、全体的には行き詰まっている状況にある。

さらにCDランキングが見向きもされないなかにおいては、握手券でオリコンチャートをハッキングした効果も失われた。

こうした膠着状況において、『PRODUCE48』は最後の打開策なのだろう。ただし、それは間違いなく“パンドラの箱”でもある。

これまでファンとのコミュニケーションを軸に活動してきた48グループが、歌やダンスの実力でK-POPと闘おうとしているからだ。

それでもこの企画に秋元が参加したのは、もはやK-POP(韓国)を回避したままグローバル展開することが不可能だと認識したからかもしれない。松井珠理奈の惨敗とそれにともなう休養は、その大きな代償だ。

その一方で、宮脇咲良が着実に力を出し、竹内美宥のようにこれまで活かせなかった実力を発揮するメンバーもいる。さらにエピソード3以降、意外な面々が脚光を浴びることになる──。

(つづく)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

本来、芸人とは日常生活の埒外に棲息する人間たちである。舞台の上に立つ彼らの目は醒めている。客席の機微を肌で感じながら、ネタを調節して笑いを取っていく。彼らには?笑われているのではない、芸で笑わせているのだ?という強い矜持がある――これはノンフィクション作家・田崎健太がベテラン芸人に取材し、...
火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

王者・日テレに暗雲 2018年が間もなく終わる。民放が鎬を削る年間視聴率争いも決着する。 2017年までの4年間、年間視聴率争いで勝利を収めてきたのは日本テレビだ。特に優劣が問われる「全日帯」(午前6時〜深夜0時)、「ゴールデン帯」(午後7時〜同10時)、「プライム帯」(午後7時〜同11時)の3部門すべて...
ムロツヨシの壮絶な生い立ち 離別した母親を気遣いつけた芸名

ムロツヨシの壮絶な生い立ち 離別した母親を気遣いつけた芸名

自らを「喜劇役者」と名乗り、笑いをとるために全力を尽くす。そんな個性派俳優の生い立ちはあまりにも切ないものだった。本日発売の週刊現代では、そんなムロツヨシの軌跡を特集で紹介している。 父と母に捨てられて 平凡なルックスで、中肉中背。一見なんの特徴もない三枚目俳優が、いま大ブレイク中である...
指原莉乃、宅配受け取り時の“変装”明かす「一応…」

指原莉乃、宅配受け取り時の“変装”明かす「一応…」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/7/47cbf_1628_51b55ef8_e633d8e7-m.jpg 6月11日、フジテレビ系『噂の現場急行バラエティーレディース有吉』に指原莉乃が出演した。 【別の記事】指原莉乃、現在の“家賃”を告白でフット後藤が絶句。「何歳!?お前今」 番組では、時間ができたときに自由に好...
HKT兒玉遥が9日に卒業へ、今後は女優中心に活動

HKT兒玉遥が9日に卒業へ、今後は女優中心に活動

HKT48兒玉遥(22)がグループから卒業し、ソロで再始動することが3日、分かった。体調不良による休養を経て、今月9日をもってHKT48を卒業し、翌10日からエイベックスグループの芸能事務所「エイベックス・アスナロ・カンパニー」に所属。女優業を中心に活動する。このほど日刊スポーツのインタビューに応じ、...
「研音」に移籍した山口真帆 アイドルとしては異例の抜擢とも

「研音」に移籍した山口真帆 アイドルとしては異例の抜擢とも

NGT48を卒業した山口真帆さん(23)の所属先が大手芸能プロダクション「研音」と決まり、ネット上で驚く声が上がっている。 研音の名前は、2019年5月21日ごろからマスコミ関係者の情報として、ツイッター上で流れていた。 「また一から自分を磨き」とコメントで抱負 そして、25日になって、研音が公式サイトで...
AKB48グループは史上最悪の状況に 紅白の出場にも暗雲が漂う

AKB48グループは史上最悪の状況に 紅白の出場にも暗雲が漂う

◇NGT48山口真帆卒業公演 2005年にAKBが誕生してから14年。48グループは現在、最悪の事態を迎えている。 危機的な状況を示すのがスケジュールの大幅な狂いだ。国内に6つあるグループの日程はCDの発売がバッティングしないように協議を重ねながら調整。付随する握手会の日程も時間刻みだ。この精密な日程が「...
伊集院光「絶対的に善人なヤツは売れる」…みやぞんのブレイクを予言

伊集院光「絶対的に善人なヤツは売れる」…みやぞんのブレイクを予言

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/2/c2139_60_cb5f1427_e99f4107-m.jpg タレントの伊集院光(51)が12日放送の日本テレビ系「衝撃のアノ人に会ってみた!」(水曜・後7時)にビデオ出演し、売れるお笑い芸人を見抜く秘密を語った。 ゲストのANZEN漫才・みやぞん(34)が「この人...
ヒロインに二階堂ふみさん NHK、朝ドラ「エール」

ヒロインに二階堂ふみさん NHK、朝ドラ「エール」

NHKの連続テレビ小説「エール」のヒロインに決まった二階堂ふみさん(右)と主人公を演じる窪田正孝さん=3日午後、東京・渋谷のNHK放送センターNHKは3日、2020年春から放送の連続テレビ小説「エール」で、主人公の妻役となるヒロインに俳優の二階堂ふみさん(24)が決まったと発表した。二階堂さんは朝ドラ初...
試合開始遅延で炎上の鈴木奈々 柳沢慎吾の始球式はなぜ許される?

試合開始遅延で炎上の鈴木奈々 柳沢慎吾の始球式はなぜ許される?

始球式といえばプロ野球の楽しみの一つ。野球少年少女が繰り出すストライクに温かい拍手が注がれ、往年の名選手が投じる1球には目頭を熱くするオールドファンも多いことでしょう。芸能人やスポーツ選手の華やかな投球シーンは、「いいもの見たな」と気持ちが高揚するものです。 しかし、プロ野球のグラウンド...
西武・源田壮亮&元乃木坂46衛藤美彩 ビッグカップル2人の魅力は

西武・源田壮亮&元乃木坂46衛藤美彩 ビッグカップル2人の魅力は

西武・源田壮亮内野手(26)と元乃木坂46の衛藤美彩(26)が真剣交際していることが11日、分かった。昨年4月に知り合い、同じ年齢で同じ大分市出身ということもあり意気投合。今年3月、衛藤がグループを卒業後に真剣交際を開始した。リーグを代表する遊撃手と元トップアイドルのカップルは大きな話...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net