芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ローラ、拠点をロスから日本に戻して “テレビ本格復帰” の万全体制

ローラ、拠点をロスから日本に戻して “テレビ本格復帰” の万全体制

10年間の奴隷契約を強要されたなどとして、所属事務所との契約トラブルを抱えていたローラ。4月には自身のインスタグラムで事務所と和解したことを発表したが、いまだCM以外で彼女をテレビで見ることはほとんどない。

【画像】事務所と和解を明かしたローラのインスタ

「事務所トラブルを抱えているころは、レギュラー番組もなくなり、アメリカを拠点に活動していました。3億円ともいわれる豪邸をロサンゼルスに購入したことも報じられましたね」(スポーツ紙記者)

勝ち取った円満独立

アメリカでの活動は、プロテニスプレーヤーの錦織圭やフィギュアスケーターの浅田真央らのマネージメントを手がけるエージェントと契約を結んでいる。それでも日本のほうが圧倒的に需要は多い。

「昨年は15社のテレビCMに出演し、3年ぶりにCM女王に返り咲きました。やはり本人も日本での活動がいちばんお金になることはわかっている。そのために、L社と和解したんですよ。すでにロスの豪邸は売りに出しているようで、拠点を日本に戻すのでしょう」(同・スポーツ紙記者)

今回の和解はローラ側だけでなく、事務所側の事情もあったという。

「ひとつは公正取引委員会が芸能界のタレント契約に関して敏感になったこと。もしも違法性を指摘されたら、ここまで育てたタレントを無条件で手放さなくてはなりませんからね。

彼女の場合は金銭的な問題ではなく、マネージメント方法などで意見の相違があったとか。その部分で事務所側が譲歩したということでしょうね」(芸能プロ関係者)

さらに、ローラをCMキャラクターに起用している企業からの働きかけもあったとか。

「サントリーのような大企業は、今までどおり起用したいと思っていても、事務所とこれ以上モメて長期化してしまっては使いにくいので、代理店を通じて早期の解決をL社にお願いしたそう。そんな広告業界の説得もあり、今回のような決着になったのでしょう」(広告代理店関係者)

そこで、ローラをバックアップする万全の体制が整えられたという。

「実は日本国内では、彼女が出演するファッションショーの代理店がプロダクション業務を行っているんです。表向きは今の事務所所属になっていますが、彼女のマネージメントは基本的にノータッチだとか。

一定の手数料を事務所に支払うことで、事実上の円満独立を勝ち取ったわけです。モメごとを解消した彼女を起用したいという番組は、今後増えていくのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

転んでもタダでは起きないたくましさを見習いたい……。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

長谷川博己と破局報道の鈴木京香 かつては「主人」と紹介?

長谷川博己と破局報道の鈴木京香 かつては「主人」と紹介?

(全2枚) およそ8年にわたって交際していた鈴木京香(50才)と長谷川博己(41才)が破局していたことがわかった。過去に何度も結婚説が流れた2人に何があったのか。 交際のきっかけは、2010年に放送されたドラマ『セカンドバージン』(NHK)での共演だった。長谷川演じる元金融庁の既婚キャリアと、京香演じる...
戸田恵梨香と成田凌が破局か 仕事を優先し別れを決意か

戸田恵梨香と成田凌が破局か 仕事を優先し別れを決意か

(全2枚) 2019年9月から放送予定のNHK連続テレビ小説『スカーレット』で主演を務めることが発表された戸田恵梨香(30才)と成田凌が(25才)が、破局していたことが明らかになった。 タイトル『スカーレット』は「緋色」という意味。炎の色を表しているという。戸田は、戦後に男ばかりの陶芸の世界に飛び込んで...
「酔ったうえでの失態にも」サントリー激怒でM-1消滅の危機か

「酔ったうえでの失態にも」サントリー激怒でM-1消滅の危機か

12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)は『霜降り明星』が史上最年少で王者に。そんな明るいニュースに水を差す騒動が起こってしまった。 【写真】今年3月、直撃取材に激昂し携帯電話で逆取材する、とろサーモン久保田 「昨年王者の『とろサーモン』久保田かずのぶと、今年のファイナリスト...
上沼恵美子へ暴言を吐いた久保田かずのぶら 今後は舞台中心か

上沼恵美子へ暴言を吐いた久保田かずのぶら 今後は舞台中心か

(全2枚) 「M−1グランプリ2018」(テレビ朝日系)終了後、SNS上で、審査員を務めた上沼恵美子への暴言を吐いた「とろサーモン」の久保田と「スーパーマラドーナ」の武智正剛の今後に注目が集まっている。 「とろサーモン」は、騒動直後の9日に放送された「THEMANZAI2018」(フジテレビ...
人工肛門をつけた内田春菊「恋愛はもうしない」 人間関係ストレスに

人工肛門をつけた内田春菊「恋愛はもうしない」 人間関係ストレスに

大腸がん治療と人工肛門(ストーマ)装着を経て、「もう恋愛はしない」という内田春菊さん。がん経験者になって、お金と恋愛について、どんなふうに感じたのでしょうか。まっすぐに病気と人生に向き合う内田さんの本音に迫りました。 【写真】内田春菊さん「15時間のフライトも、平気でした」 内田春菊さん ...
コンプレックス? チャームポイント? 芸能人の“ホクロ”の存在意義とは

コンプレックス? チャームポイント? 芸能人の“ホクロ”の存在意義とは

先ごろ女優の宮沢りえが、鼻筋の右横にあったホクロを取ったことが話題になった。所属事務所も「ホクロを取ったことは間違いありません」と認めたことで、SNSでも「あのホクロ、好きだったのに」「ショック」との声が相次いだ。とくに顔のホクロはチャームポイントにもなりえる大きな特徴のひとつ。古くから商...
女優の今田美桜「世界で最も美しい顔100人」に初のノミネート

女優の今田美桜「世界で最も美しい顔100人」に初のノミネート

映画情報サイトTCCandlerが発表している毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」。同サイトの公式インスタグラムの投稿により日本時間27日、女優の今田美桜がノミネートされたことが分かった。 【写真】2018年版「世界で最も美しい顔100人」日本人ノミネート者 1990年から続く「世界で最も美しい顔100人」は...
プラスチックの環境問題に言及するローラ モデルの仕事と矛盾も

プラスチックの環境問題に言及するローラ モデルの仕事と矛盾も

「やっほー、ローラだよ♪」のイメージしかない身としては、このところの彼女の発言はどうもしっくりこない。「天然」がウリだったのに、いきなり「自然」保護を訴えられても……。そもそも、プラスチックごみを問題視すれば、彼女のお仕事との矛盾は否めないのだ。 とはいえ、ローラ(28)は本気である。 510万...
「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手

「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手

NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。 【動画】復帰を諦める事例が続出……実際の契約書を入手 AKB48など他の姉妹...
広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

シンガー・ソングライターの広瀬香美の独立問題を受け、菊地幸夫弁護士が3日、TBS系「アッコにおまかせ」に出演。前所属事務所「オフィスサーティー」が広瀬香美の芸名の使用禁止も求めていることに関して、「認められない可能性が大」と見解を示した。 タレントと所属事務所の契約について、菊地氏は「...
立ち振る舞いに変化?マツコ・デラックスの「業界ズレ」に指摘

立ち振る舞いに変化?マツコ・デラックスの「業界ズレ」に指摘

(全2枚) A……スポーツ紙記者アイドルから演歌歌手まで、芸能一筋20年超の芸能記者 B……週刊誌デスク日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通 C……WEBサイト記者通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者 有働由美子、争奪戦に勝利したのは...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net