芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ローラ、拠点をロスから日本に戻して “テレビ本格復帰” の万全体制

ローラ、拠点をロスから日本に戻して “テレビ本格復帰” の万全体制

10年間の奴隷契約を強要されたなどとして、所属事務所との契約トラブルを抱えていたローラ。4月には自身のインスタグラムで事務所と和解したことを発表したが、いまだCM以外で彼女をテレビで見ることはほとんどない。

【画像】事務所と和解を明かしたローラのインスタ

「事務所トラブルを抱えているころは、レギュラー番組もなくなり、アメリカを拠点に活動していました。3億円ともいわれる豪邸をロサンゼルスに購入したことも報じられましたね」(スポーツ紙記者)

勝ち取った円満独立

アメリカでの活動は、プロテニスプレーヤーの錦織圭やフィギュアスケーターの浅田真央らのマネージメントを手がけるエージェントと契約を結んでいる。それでも日本のほうが圧倒的に需要は多い。

「昨年は15社のテレビCMに出演し、3年ぶりにCM女王に返り咲きました。やはり本人も日本での活動がいちばんお金になることはわかっている。そのために、L社と和解したんですよ。すでにロスの豪邸は売りに出しているようで、拠点を日本に戻すのでしょう」(同・スポーツ紙記者)

今回の和解はローラ側だけでなく、事務所側の事情もあったという。

「ひとつは公正取引委員会が芸能界のタレント契約に関して敏感になったこと。もしも違法性を指摘されたら、ここまで育てたタレントを無条件で手放さなくてはなりませんからね。

彼女の場合は金銭的な問題ではなく、マネージメント方法などで意見の相違があったとか。その部分で事務所側が譲歩したということでしょうね」(芸能プロ関係者)

さらに、ローラをCMキャラクターに起用している企業からの働きかけもあったとか。

「サントリーのような大企業は、今までどおり起用したいと思っていても、事務所とこれ以上モメて長期化してしまっては使いにくいので、代理店を通じて早期の解決をL社にお願いしたそう。そんな広告業界の説得もあり、今回のような決着になったのでしょう」(広告代理店関係者)

そこで、ローラをバックアップする万全の体制が整えられたという。

「実は日本国内では、彼女が出演するファッションショーの代理店がプロダクション業務を行っているんです。表向きは今の事務所所属になっていますが、彼女のマネージメントは基本的にノータッチだとか。

一定の手数料を事務所に支払うことで、事実上の円満独立を勝ち取ったわけです。モメごとを解消した彼女を起用したいという番組は、今後増えていくのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

転んでもタダでは起きないたくましさを見習いたい……。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

沢田研二だからこそできた決断 公演中止も長年のファンは納得か

沢田研二だからこそできた決断 公演中止も長年のファンは納得か

10月17日、さいたまスーパーアリーナでの開催予定の公演の中止を、「契約上の問題が発生したため」と、開場直前に発表したことが大きな話題を集めた、沢田研二。 【写真】報道陣の前で謝罪するジュリー 翌日には報道陣を前に、観客が予定よりも少なかったことから、「僕にも意地があります」とコンサートの中...
木村拓哉が記者のKoki,質問にピシャリ 家族の話は解禁ではない?

木村拓哉が記者のKoki,質問にピシャリ 家族の話は解禁ではない?

「学校に行くときやお仕事の現場には必ず持ち歩いています」 【写真】木村拓哉とKoki,のプライベート“家族ショット”はこちら 大塚製薬が新発売する『ボディメンテドリンク』のCM発表会に登場し、そう話したのは、木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,。 「この日の発表会に集まった報道陣の数は、100社を超え、彼...
ライブ取材はスポーツ紙だけ 沢田研二「絶縁メディア」での謝罪に屈辱か

ライブ取材はスポーツ紙だけ 沢田研二「絶縁メディア」での謝罪に屈辱か

歌手の沢田研二(70)が、さいたまスーパーアリーナでのコンサートを直前に中止したことが波紋を広げている。 【写真】“絶縁メディア”の前で頭を下げ、経緯を説明するジュリー 「『動員に関する契約上の問題です』と本人は説明し、『空間が多すぎる』『そういうスカスカの状態でやれというのは僕には酷だ』な...
三田佳子の次男 保釈当日に元乃木坂メンバーを実家に招く

三田佳子の次男 保釈当日に元乃木坂メンバーを実家に招く

覚せい剤取締法違反の罪で東京地検に起訴され、10月9日に保釈された女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(38)。今回で4度目の薬物逮捕・起訴となった高橋だが、300万円の保釈金を支払ったのはやはり母親ではないかという憶測から、ネットでは厳しい声が上がっていた。 【ツイート】愛人の元乃木坂46メ...
川崎麻世が別居前に出版した自著「カイヤへ!」が大暴騰

川崎麻世が別居前に出版した自著「カイヤへ!」が大暴騰

「なにをいまさら」といった声まである、川崎麻世(55)が妻のカイヤ(56)に起こした離婚訴訟――。“日本一の恐妻家”と呼ばれつつも、2000年からは別居状態のため「今は平和」とも語ったこともある川崎に、どんな心境の変化があったのか。 別居する前年に出版された自著「カイヤへ!」(マガジンハウス/1999年...
水原希子 大手クライアントを猛激怒させた「インスタ大炎上」の舞台裏

水原希子 大手クライアントを猛激怒させた「インスタ大炎上」の舞台裏

米映画・ファッション業界では昨秋以来、セクハラ被害者がSNSなどで「私も!」と次々告発する「#MeToo」運動がお盛んだ。名指しされた大物俳優やプロデューサー、カメラマンらが続々と窮地に立たされている。それに便乗するような形で、散々お世話になった大手クライアントを猛激怒させてしまったの...
渡辺直美、自身の英文ミスへの指摘に「ふざけんな!って」

渡辺直美、自身の英文ミスへの指摘に「ふざけんな!って」

ローラや水原希子らの面々を抑え、我が国の“インスタ女王”に君臨するのが、渡辺直美(30)である。日本を飛び越えワールドワイドな活躍を見せる人気者ゆえの苦労か。思わずこぼれた「ふざけんなよ」――。 *** 10月15日現在、渡辺のInstagramフォロワー数は約830万人。今年7月には、あのTIME誌が選ぶ「ネット...
西内まりや、YOSHIKIの生演奏を観賞 2ショット公開にファン感激

西内まりや、YOSHIKIの生演奏を観賞 2ショット公開にファン感激

歌手で女優の西内まりやが、XJAPANのYOSHIKIとの2ショット写真を公開。YOSHIKIのピアノ演奏を生観賞したようで、ファンから「この2ショット見る日がくるとは…」などと感激の声が寄せられた。 西内は12日深夜に自身のインスタグラムを更新。「@yoshikiofficialさんの演奏を間近で聴かせてもらいとても贅沢な時...
「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手

「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手

NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。 【動画】復帰を諦める事例が続出……実際の契約書を入手 AKB48など他の姉妹...
広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

シンガー・ソングライターの広瀬香美の独立問題を受け、菊地幸夫弁護士が3日、TBS系「アッコにおまかせ」に出演。前所属事務所「オフィスサーティー」が広瀬香美の芸名の使用禁止も求めていることに関して、「認められない可能性が大」と見解を示した。 タレントと所属事務所の契約について、菊地氏は「...
立ち振る舞いに変化?マツコ・デラックスの「業界ズレ」に指摘

立ち振る舞いに変化?マツコ・デラックスの「業界ズレ」に指摘

(全2枚) A……スポーツ紙記者アイドルから演歌歌手まで、芸能一筋20年超の芸能記者 B……週刊誌デスク日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通 C……WEBサイト記者通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者 有働由美子、争奪戦に勝利したのは...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net