芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす 落語家の笑福亭鶴瓶(66)がこのほど都内で、下級の公家・岩倉具視役で出演するNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜、後8・00)での“怪演”秘話を明かした。12日放送の第30回「怪人岩倉具視」の撮影ではアドリブ連発で、主演の鈴木亮平(35)からも「大河ですよ!」と突っこまれた。今作で爪痕を残し、「返り咲きで紅白の司会があるかも」と2007年以来、11年ぶりの紅白歌合戦司会に色気もみせている。

1999年「元禄繚乱」以来、19年ぶり2度目の大河出演で“大暴れ”してみせた。

鶴瓶が演じる岩倉具視が中心となる12日放送回では、朝廷から追放され、貧しい蟄居生活を送り、賭場を開帳する岩倉の自宅を西郷吉之助(鈴木)が訪ねる。瑛太(35)演じる大久保一蔵と玉山鉄二(38)演じる桂小五郎が、岩倉宅で一触即発の斬り合いになる場面も描く。

策謀家で冷徹な目を持ち、ユーモアと大胆な行動力を持ち合わせた岩倉を演じるにあたり、セリフは2日間で集中して覚えた。脚本の中園ミホ氏(59)が描く岩倉のニュアンスをおさえ、自分なりの話し方で演じた。

台本とやや違うセリフでの芝居に共演者が爆笑してしまうこともあったが、「人間ってそんな硬いしゃべり方しませんやん」と自己流をぶつけた。大久保と桂が自宅で刀を抜く場面では、「人の家で何しとんねん」「物騒なもん出すな」というセリフが口を衝いた。鶴瓶は「ほとんどアドリブ。OKでたから、そのまま。(放送では)どうなるか」と編集に託した。

岩倉役は東京・初台で芝居を見ているときに、中園氏から「岩倉具視を見つけた」と勧誘された。「亮平に瑛太、楽しそうなんでやったんです」と飲み仲間の鈴木や、自身の初主演映画「ディア・ドクター」で共演した瑛太との共演も決断の後押しとなった。

主演の鈴木とは、坂本龍馬役で出演する小栗旬(35)が開く飲み会などを通じて親交があり、仲が良い。アドリブ連発で鈴木から「ちゃんと覚えておいてくださいよ、大河ですよ!」などと突っこまれたといい、鈴木の助言通りに芝居をした場面では「やっと本気になりましたね」とお墨付きも。「アイツ、ボロカスいいますねん」と、年の離れた気の置けない仲間との共演を楽しんだ。

自分なりに面白く演じられたものの、反響は気に掛かる。「『そんな岩倉具視ないわ!』と言われたくない。第30回を見たらようやく安心できます」と視聴者の反応を心待ちにしている。

大河の反響を追い風に、「今年の紅白の司会もできるかも」と明るい未来も思い描く。07年に紅白歌合戦の司会でコンビを組んだ元SMAPの中居正広(45)は翌年以降も司会を務めたとあって、「中居は、次の年も続けてやりやがって!2年とか、続くじゃないですか」と恨み節で笑わせながら、「また、返り咲きで紅白の司会があるかもわかりません」と年末への大役にも期待していた。 「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす 外部サイト 永野芽郁「『うわ、ブスーッ』と思っちゃう」 浜田雅功、“やらかした”朝ドラ女優にピシャリ「前代未聞なんですけど」 朝ドラヒロイン仰天の退学理由をあっけらかんと告白 「笑福亭鶴瓶」をもっと詳しく

緑内障と診断され目薬をさす笑福亭鶴瓶副作用の告白に共演者安堵 水曜日のカンパネラ・コムアイが番組で住所をさらす「曙橋の…」 実は苦労人笑福亭鶴瓶の息子・駿河太郎の人気上昇

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「半沢直樹」の続編が決まらない理由 TBSと田邊昭知社長に溝か

「半沢直樹」の続編が決まらない理由 TBSと田邊昭知社長に溝か

(全2枚) 誰某(だれそれ)が干されただの共演NGだのと、忖度が渦巻く芸能界。この忖度の道筋はすべて、田辺エージェンシーの田邊昭知社長(79)に通ずるといっても過言ではない。彼を強大な権力者たらしめる所以は、要所での剛腕と強面にあった。以下の逸話がその適例である。 政界や球界、メディアに大学、談...
「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)。視聴率が“西高東低”の不思議な現象が起きている。 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(64)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の...
タモリ報道、SNSと業界に温度差 「今のタモさんしか知らない世代」

タモリ報道、SNSと業界に温度差 「今のタモさんしか知らない世代」

「タモリには普通に少し幻滅したと思う」「タモリに愛人は似合わないな残念」「奥さんがかわいそう」……。 週刊新潮7月26日号がタモリ(72)の“愛人宅通い”を報じ、ネット上には非難のコメントが多数書き込まれている。 お相手とされるのは、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の脚本を手がける中...
ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

俳優の鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が、数ポイントの増減を繰り返しながらも低空飛行を続けている。1月7日の初回視聴率は15.4%と歴代ワースト2位を記録していたが、その後も伸び悩んでいるようだ。 しかし一方で、鈴木の役作りに対しては称賛の声が上がっている。その証拠に、鈴木の公式...
いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

ドラマでは悪役を専門とする役者はあまり見なくなり、今やその市場を独占しているのがお笑い芸人だ。コラムニストのペリー荻野さんがその事情について解説する。 *** 先日放送されたNHKBSプレミアム『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』は悪役特集。Vシネマのレジェンド、小沢仁志が例の怖い顔としゃ...
名バイプレーヤー志賀廣太郎の「重病説」本人を直撃

名バイプレーヤー志賀廣太郎の「重病説」本人を直撃

ここ5年の間にドラマ42作品、映画16作品に出演する名バイプレーヤー・志賀廣太郎。都心から車で1時間ほど離れた集合住宅に暮らす彼は、近所の人にもよく知られた存在だった。 「いつもチェックのシャツにジーンズ。普通のおじさんですね。でも、最近は映画やドラマにたくさん出ているからよく声をかけられてま...
わずか2カ月で10キロ減 86歳の俳優・大村崑が自腹でライザップ通い

わずか2カ月で10キロ減 86歳の俳優・大村崑が自腹でライザップ通い

「最近、私のフェイスブックを見た人たちから『ずいぶん痩せたけど病気なのか?』と言われるんですわ」──そう語るのは、御年86歳の俳優・大村崑。芸能生活60周年の昨秋、旭日小綬章を受章。今年はNHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛の祖父役を演じるなど、老いてますます盛んな喜劇界の大御所に何があったの...
人間国宝の柳家小三治 仰天告白に会場騒然「アルツハイマーって言われた」

人間国宝の柳家小三治 仰天告白に会場騒然「アルツハイマーって言われた」

人間国宝の落語家柳家小三治(77)が7日、東京・池袋演芸場の高座でアルツハイマーの疑いがあることを明かした。この日、昼の部のトリで登場した小三治はマクラで「今まで発表してなかったけど、今年に入ってアルツハイマーって言われた」と告白。会場から「えーっ」と驚きの声が上がると、「この年になる...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net