芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ビートたけしが山根明氏に皮肉「リードボーカルみたい」

タレント、ビートたけし(71)が11日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に生出演。日本ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根明氏(78)について、「リードボーカルみたい。黒い服のコーラスの前で、白いスーツを着て歌っている感じ」と皮肉った。

山根氏は助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係を認めて批判を受け、8日に日本連盟の会長辞任を表明した。日本連盟は7日に緊急理事会を開き、会長の進退を協議していた。

また山根氏が日大の客員教授を7日付で解任されていたことには、「授業を聴いてみたいね。何を教えてくれるのか」と残念?がっていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「男・山根」テレビは安直に使いすぎ? ネタ披露からドッキリまで...年末年始大忙し

「男・山根」テレビは安直に使いすぎ? ネタ披露からドッキリまで...年末年始大忙し

2018年を代表するコワモテ、「男・山根」こと、日本ボクシング連盟元会長の山根明氏(79)が、年末年始の特別番組に引っ張りだこだ。 山根氏は、助成金の不正流用疑惑や「奈良判定」などが問題視され、8月に会長を辞任。一時の過熱報道は収束したが、12月21日には、過去3年間の使途不明金が2400万円にのぼると...
山根明氏がドッキリ仕掛け人に初挑戦 怒鳴り声に芸人が凍りつく

山根明氏がドッキリ仕掛け人に初挑戦 怒鳴り声に芸人が凍りつく

前日本ボクシング連盟会長の山根明氏が、日本テレビ系バラエティ特番『うわっ!ダマされた大賞2018』(30日18:30〜22:54)に登場し、ドッキリの仕掛け人に初挑戦する。 山根氏は、ドッキリの先輩・デヴィ夫人とともに、芸人たちに次々とドッキリを仕掛ける。まずは、果物やカンロ飴など“ウワサのおもてなしグッ...
流行語TOP10入りの「奈良判定」に山根明氏が激怒「嬉しくもない」

流行語TOP10入りの「奈良判定」に山根明氏が激怒「嬉しくもない」

日本ボクシング連盟元会長の山根明氏が4日、TBS系「ビビット」で、3日に発表された「ユーキャン新語流行語大賞」で、自身が関わった「奈良判定」がトップ10入りしたことに「嬉しくも何にもない!怒りを感じる!」と激怒した。 番組では3日発表の「新語流行語大賞」を特集。山根氏が関わった「奈良判定...
「2018年ユーキャン新語・流行語」年間大賞は「そだねー」に決定

「2018年ユーキャン新語・流行語」年間大賞は「そだねー」に決定

年末恒例の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が3日に発表され、年間大賞は「そだねー」に決まった。 年間大賞の「そだねー」は平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得したLS北見が試合中に使っていた「そうだね」を北海道弁で言った言葉。他競技とは違い、選手が試...
ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論

ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論

「“いだてん”って何ですか?」 夫の活躍ぶりをこう一笑に付すのは、ビートたけし(71)の妻・幹子夫人(67)。 たけしは現在、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリンピック噺〜』で“落語の神様”と呼ばれた古今亭志ん生を怪演中だ。そんななか、元日発売の『スポーツニッポン』で“たけし離婚調停”という見出しが...
「司会うまくなりましたか」ヒロミがジンときた中居正広のひと言

「司会うまくなりましたか」ヒロミがジンときた中居正広のひと言

(全10枚) ヒロミさん。 『ウチのガヤがすみません!』『火曜サプライズ』(日本テレビ)、『東大王』(TBS)などの番組でMCを務めるなど、現在バラエティ番組で見ない日はないほどの大活躍です。 そんなヒロミさんがかつて芸能界から離れ、表舞台から姿を消していたのは有名な話。しかもその期間約10年…! ...
大河「いだてん」子役に“素人”異例起用のワケ「何色にも染まっていない」井上剛氏が明かす演出術

大河「いだてん」子役に“素人”異例起用のワケ「何色にも染まっていない」井上剛氏が明かす演出術

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)は13日、第2話「坊っちゃん」を放送。「日本のマラソンの父」と称される前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう)の幼少期が描かれる。全国...
クロちゃん、酔った状態の美女持ち帰りか 極寒の空の下でのやり取り

クロちゃん、酔った状態の美女持ち帰りか 極寒の空の下でのやり取り

安田大サーカスのゲス男がモンスターぶりを発揮して 深夜0時過ぎ、酔いが回ったのか、ゲスさに慣れたのか、ゴキゲンな美女にクロちゃんが迫る。目がマジだ 極寒の空の下を、スカジャンに短パンという季節感のない巨漢が歩いていた。『安田大サーカス』のクロちゃん(42)である。首を左右に振り、時折、甲高い...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net