芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

スッキリで放送事故スレスレ?加藤浩次と藤岡弘、に共演NGの噂

スッキリで放送事故スレスレ?加藤浩次と藤岡弘、に共演NGの噂 底なしの疑惑が浮上する日本ボクシング連盟の山根明会長が、3日の情報バラエティ「スッキリ」(日本テレビ系)に緊急生出演した。同番組のメインMCを務める極楽とんぼ・加藤浩次は山根会長に対し、核心に迫ったインタビューをした。その進行ぶりに世間からは称賛の声が相次いだ。

加藤というと、お笑いコンビ「極楽とんぼ」として1989年にデビューするも、相方・山本圭一(現・圭壱)の不祥事で、06年からはピンとして活動。同年4月に同番組のMCに抜擢された。しかし、オファー当時、加藤は「正直やりたくない」と答えた様子だが、今となっては“朝の顔”として10年以上も同番組のMCに鎮座している。

これまで同番組には、数々の著名人がゲスト出演している中、2016年12月に俳優の藤岡弘が、当日放送される出演番組の宣伝で同番組に訪れていたのだが、この訪問が事件を招いたのだ。藤岡の出演する番組はどのような内容なのかを尋ねられると、藤岡は現代の若者について熱い思いを語り始めた。

だが、真剣な表情で力説する藤岡に対し、質問内容からズレた藤岡の一方的な内容が加藤をイラつかせた。すると、加藤は突然「それ、パーマなんですか?」と藤岡のヘアスタイルに注目したのだ。そして、藤岡は「少し(パーマを)やってますね」と穏便に答えた。しかし、加藤の暴走は留まることなく「(パーマは)ロット?ロット?」とさらに関係ない質問を煽ったのだ。要は藤岡の熱弁を遮り、呆れさせたのである。

さらにその後も、加藤の失礼極まりない態度は収まることがなく、スタジオ内はただならぬ空気になったという。

「髪型の話題の後も、根が真面目な藤岡は再び真剣に語り始めたのですが、加藤は『はい!はい!はい!』と藤岡の熱弁はもう結構とも取れるような大声で相槌を続けたといいます。あからさまに藤岡をバカにしたような相槌は長々と続き、スタジオは次第に険悪な雰囲気に包まれたようです。しまいに藤岡は『なんにもわかってないよ、彼は』と表情をこわばらせ、“天の声”役の南海キャンディーズ・山里亮太が慌ててフォローし、その場を強引にまとめてしのいだとのことです」(番組関係者)

すると、放送後に「さすがに失礼すぎる」「完全に藤岡をバカにしてるな」「ふざけすぎ」などと視聴者から加藤への批判が殺到した。加藤としては、藤岡との絡みを笑いに変えようとしたのか、あるいは個人的な感情が先立ったのかは不明である。だが、他の出演者は凍りつき、一触即発の現場は放送事故スレスレの生放送となったのだ。

番組の終了後、藤岡弘は『加藤を斬る』と激怒し、スタッフを青ざめさせたとも報じられている。そしてこの一件で、双方からは物言いが付き、以後共演NGとなったようだ。

デビュー当時、「狂犬」「暴れん坊」の異名を持ち周囲を威圧していた加藤。同番組スタート直後から伴走してきた元日テレ敏腕プロデューサーの三枝孝臣氏は「普通のアナウンサーだったら怖くて仲裁にいけない。そこは加藤さんのような個性がある人が入ることで、もう一段深い話で盛り上がる。そこに加藤さんがMCをやる意味がある」と豪語する。確かに藤岡のヘアスタイルについて深い話ではあったが、このような加藤の暴走も三枝氏は計算済みであったのだろうか。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

【吉本坂46/モデルプレス=8月7日】6日、秋元康氏がプロデュースするアイドルユニット「吉本坂46」の第五次オーディション合格者が発表された。 吉本坂46有力候補?自称「吉本の菜々緒」古川モカ、圧巻美ボディ&壮絶過去のギャップがすごい【注目の人物】 ◆第五次オーディション 第五次では「ダンス審査...
山根明会長へのインタビューに称賛 加藤浩次がスッキリを救うか

山根明会長へのインタビューに称賛 加藤浩次がスッキリを救うか

現在、世間を賑わしている日本ボクシング連盟の騒動で、渦中の人となっている山根明会長が8月3日、日本テレビ系列の情報番組『スッキリ』に生出演。関係者への謝罪と事情説明などを行った。 山根会長は、待ち合わせ場所に現れず大幅に遅刻したほか、冒頭から自身の親族をフルネームで連呼。さらには番組終了...
加藤浩次、「めちゃイケ」手応えと視聴率の乖離語る

加藤浩次、「めちゃイケ」手応えと視聴率の乖離語る

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(49歳)が、8月4日放送のラジオ番組「オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」(MBS放送)に出演。今年3月に終了したバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、自分が面白いと思った企画の視聴率が悪く、「嘘だろ?こんなおもしろいのに」と、面...
いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

ドラマでは悪役を専門とする役者はあまり見なくなり、今やその市場を独占しているのがお笑い芸人だ。コラムニストのペリー荻野さんがその事情について解説する。 *** 先日放送されたNHKBSプレミアム『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』は悪役特集。Vシネマのレジェンド、小沢仁志が例の怖い顔としゃ...
ロケの途中で蛭子能収が「失踪」過去に波紋を呼んだタレントも

ロケの途中で蛭子能収が「失踪」過去に波紋を呼んだタレントも

6月18日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)で、この日の出演者・蛭子能収がロケ中に“失踪”し、共演者に心配をかけていたことが明らかになった。 「蛭子は番組MCのタカアンドトシと、自分と同じくこの日のゲスト・遠藤久美子とともに『無人駅で飲食店を見っけ隊!』の企画に参加。岐阜県の長良...
山口達也氏が契約解除で「DASH」ピンチ?「探検隊に…」と提案も

山口達也氏が契約解除で「DASH」ピンチ?「探検隊に…」と提案も

ジャニーズ事務所を契約解除となり、TOKIOの“元メンバー”となった山口達也(46)。騒動の影響を最も受けているのが、4年連続で年間視聴率三冠王を達成し、目下敵なしのはずの日本テレビだという。日テレは7日、山口が出演する全番組からの降板を発表したが、『ZIP!』の関係者はこう明かす。 「山口が降板する...
「画面叩き」で非難集まる宮根誠司 嫌いなアナ1位の立ち振る舞い

「画面叩き」で非難集まる宮根誠司 嫌いなアナ1位の立ち振る舞い

お盆休み。帰省先でその映像を見ていた人も多かったに違いない。14日放送の『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)で、それは起きた。 「お天気コーナーで、列島各地を襲うゲリラ豪雨を紹介していたときのことです。スタジオ中央のモニター画面が、雷雨の前兆を解説する図に切り替わるはずが、なかなか切り替...
松本人志が「ワイドナショー」を欠席「一説にはズル休み」

松本人志が「ワイドナショー」を欠席「一説にはズル休み」

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が19日、コメンテーターとしてレギュラー出演しているフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)を欠席した。松本が同番組を欠席するのは初めて。 司会の東野幸治(51)は番組冒頭で「申し訳ございません。松本さんはお休みということです。一説...
事務所が営業かけるも仕事決まらず 登坂淳一アナの復活には時間が必要か

事務所が営業かけるも仕事決まらず 登坂淳一アナの復活には時間が必要か

元NHKの“麿(まろ)”ことフリーの登坂淳一アナウンサー(47)が、8月17日に放送された関西ローカルの情報番組「怪傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演。年下女性と交際中であることを告白した。 登坂アナといえば今年1月にNHKを退社し、同4月にスタートしたフジテレビ系報道番組「プライムニュースイブニ...
バカリズムが提唱「男性用パンツの窓はいらない」がネットで話題

バカリズムが提唱「男性用パンツの窓はいらない」がネットで話題

15日の『ナカイの窓』(日本テレビ系)は、世の中の無駄な物、いらない物を提案し、番組内で是非を決定する新企画「断捨離の窓」を放送。番組に出演したバカリズムが、“男性用パンツの窓はいらない”と提唱して話題を呼んでいる。 同番組でバカリズムは、用を足すにあたってパンツの窓は使用しないと言う。「(パ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net