芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

被災地で黙々とボランティア 他の芸能人と一線を画す吉川晃司に称賛

「現代のハリマオかレインボーマンか月光仮面か」などの声がネットで相次いでいるのが、ロック歌手で俳優の吉川晃司(52)。先月の集中豪雨と洪水に続き、記録的な猛暑で苦しむ西日本各地の被災地に足を運び、ボランティア活動に励んでいたことが分かり、話題なのだ。

きっかけは上下黒ずくめにマスク、白いタオルを頭と首に巻いたいでたちの吉川がボランティアの輪に加わっている画像が「目撃情報」としてツイートされたこと。本人は、ボランティアについて公表もしていなければコメントもしていない。ただ、先月、都内でのドラマの完成披露試写会では舞台上からこんな挨拶をしている。

「このたびの水害で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。今なお不自由な生活を余儀なくされている方々が、一刻も早く元の生活を取り戻されるよう願っています」

広島は吉川の出身地でもあり、放ってはおけなかったのかも知れない。当地では、被災地をいくつも回り、被災家屋の片づけなどに従事しているようだ。芸能プロデューサーの野島茂朗氏は言う。

「吉川さんは東日本大震災の際も被災地を訪れて、被災者に手を貸していました。今回は、お父さんのご出身が原爆ドームの近くということもあるでしょうけど、とにかく困った人を助けたいという意識が強くあるようです。
『LUNASEA』や『XJAPAN』のギタリスト、SUGIZO(スギゾー)さんも被災地でのボランティア活動に汗を流し、現場監督をしているといった情報や様子をSNSにアップしていますが、吉川さんはそうしたことは一切、自らは発信していない。炊き出しをしたとマスコミに流し、喧伝したりする芸能人のボランティアとは明らかに一線を画していて、そうしたところがまた、男らしい、かっこいいと称賛を集めているのです。実際、現場では優しく頼りがいのある兄貴分とされ、気配りもあって『リアルヒーロー現る』と大人気だそうです。知名度があるのにニュースにならないのは、吉川さんが政府批判などをしているからでしょうか」

テレビが吉川のボランティア活動を追わない理由は定かではない。だが、「俺は現政権がでえっ嫌い!」などと反アベを声を大にして訴え、反原発の旗印を掲げているのは本当だ。

CM出演のオファーの際に「原発発言しますか」と聞かれ、「しますよ」と答えて立ち消えになるなどの逆風もなんのその。

「金や権力で人を黙らせようとするものに対しては、自分は絶対に『はい』とは言えません。ミュージシャンであれ、芸能人であれ、政治的な発言はしないほうがいいという風潮には疑問を感じています」との主張を曲げないのである。

反原発については、こうコメントしている。

「次世代を担う子どもたちに負の遺産を押し付けて、あとは頼むよじゃ死んでも死にきれないから、やれることはやらなきゃと思っています。子どもに、墓に向かって『父ちゃん、何もしなかったじゃないか』とは言われたくない。せめて『いや、俺なりに頑張ったんだ』と言い返したい」

前出の野島氏はこう続けた。

「政界に名乗りを上げれば、圧倒的な支持を集めるでしょうし、芸能界出身者では山本太郎を超える存在になるでしょう」

魂のロッカー、吉川の気骨あふれる行動に、絶賛の声しきりなのも当然だ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

大ヒットの裏で私腹を肥やす人物も 日本映画界の搾取の構造

大ヒットの裏で私腹を肥やす人物も 日本映画界の搾取の構造

製作費300万、当初公開映画館2館だった「カメラを止めるな!」。しかし、その後、動員数は200万人を突破し、累計の上映決定館数は350館以上(11月26日時点)まで広がっている。興行収入も30億円を突破し、まだまだ伸びる見込みだ。ただそこで気になるのが、この莫大な興行収入が一体誰の懐に入るのかである。...
「ホワイトは1割程度」芸能事務所の闇深い実態 自殺にパワハラ

「ホワイトは1割程度」芸能事務所の闇深い実態 自殺にパワハラ

今年3月、愛媛県のご当地アイドルグループ「愛の葉(えのは)Girls」のメンバーだった大本萌景さん(享年16)が自殺。社長のパワハラなどがあったとして、遺族は所属事務所を提訴している。 益若つばさ所属芸能事務所社長による脅迫事件の一部始終 そんな中、先月には、芸能事務所社長が当時社員だっ...
両親は離婚、靴職人も頓挫…花田優一に“ハリウッド逃亡説”

両親は離婚、靴職人も頓挫…花田優一に“ハリウッド逃亡説”

元横綱貴乃花の花田光司氏(46)と元フジテレビアナウンサー、景子さん(54)の離婚で、長男の靴職人でタレントの花田優一(23)に注目が集まっている。夫婦仲がこじれた背景には、この長男をめぐる意見の相違があり、父の光司氏は靴職人として腕を磨いていくことを望んだが、芸能活動をバックアップし...
谷村新司、トイレ盗撮の息子を叱れない理由 血は争えない?

谷村新司、トイレ盗撮の息子を叱れない理由 血は争えない?

シンガー・ソングライターの谷村新司(69)が「家族離散の哀歌」と週刊文春に報じられ、ちょっとした騒動だ。それによると、長男(40)が数年前、所属事務所の女子トイレを複数回盗撮。それで「何を考えているんだ」と激怒し絶縁状態に。さらに長女で歌手の谷村詩織(38)とも関係が希薄になり、本人は...
下町ロケット、新潟ロケで大混乱 出演者に触れようとするエキストラ

下町ロケット、新潟ロケで大混乱 出演者に触れようとするエキストラ

11月23〜25日の三連休、阿部寛(54)はじめ、日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)の撮影チームは、新潟にいた。 「新潟県燕市でおこなわれた大規模ロケには、3日間で延べ7000人を超える地元エキストラが参加した。撮影されたのが物語のカギを握るハイライトシーンとあって、豪華キャストが勢揃いした」(制作会...
堀江貴文氏が東大合格のメリット語る「医者・弁護士よりも上」

堀江貴文氏が東大合格のメリット語る「医者・弁護士よりも上」

4日、『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。 順調に成績を伸ばしてきた...
「関西弁が頭に入らない…」青森県の人に苦手意識を持つさんま

「関西弁が頭に入らない…」青森県の人に苦手意識を持つさんま

11月27日の「踊る!さんま御殿」にて「この冬を熱くするホットな女が大集合SP」を放送。愛人キャラを卒業したいという橋本マナミ、カリスマクロスフィットトレーナー・AYA、夫・早乙女太一との幸せ家族ぶりが話題の西山茉希、注目度急上昇中のけやき坂46から初登場の井口眞緒、フリーになって大活躍中の吉川美...
小川菜摘が投稿した「イケメン」正体は青木さやかだった

小川菜摘が投稿した「イケメン」正体は青木さやかだった

ダウンタウン浜田雅功(55)の妻でタレントの小川菜摘(55)が、お笑いタレント青木さやか(45)の写真をアップしたところ「イケメン」の声が相次いだ。 小川は20日更新のインスタグラムに、「さやちゃんとモーニング」とプライベートでも親交がある青木と飲食店を訪れた写真をアップ。パンツ姿で足を組み、顎...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net