芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

声優の石塚運昇さんが食道がんのため13日に死去 67歳

声優の石塚運昇さんが食道がんのため13日に死去 67歳 声優の石塚運昇(いしづか・うんしょう)さんが、食道がんのため13日に亡くなった。67歳(享年68)。17日、所属事務所が書面を通じ伝えた。石塚さんはアニメ『ポケットモンスター』のオーキド博士役やナレーションなどで知られる。

石塚運昇さんのプロフィール

同社は「食道癌のためかねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました。生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と訃報を伝えた。

所属事務所によると、通夜・告別式は親族のみで執り行った。お別れの会の開催については遺族の意向もあるとし、後日改めて報告する。

石塚さんは「ポケットモンスター」シリーズで、オーキド博士役やナレーションのほか、多くのポケモンの声を担当。アニメ『カウボーイ・ビバップ』のジェット・ブラック役、『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース』のジョセフ・ジョースター役などでも知られる。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

山寺宏一が語る石塚運昇さんへの思い「ビバップ、もうやれねえな」

山寺宏一が語る石塚運昇さんへの思い「ビバップ、もうやれねえな」

「ポケットモンスター」のオーキド博士役などで知られ、8月に67歳で亡くなった声優、石塚運昇さんをしのぶ「お別れの会」が今月上旬、東京都内でありました。大好きだったゴルフをイメージした祭壇には、オーキド博士のほか、「カウボーイビバップ」のジェット・ブラックや「CSI:マイアミ」のホレイショ・ケ...
オーキド校長役の後任は堀内賢雄 10月21日の放送回から交代

オーキド校長役の後任は堀内賢雄 10月21日の放送回から交代

現在放送中のTVアニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」のオーキド校長役が、声優の堀内賢雄に決定した。8月13日に食道がんのため亡くなった石塚運昇さんの後任となる。 1997年のアニメ「ポケットモンスター」シリーズ開始からオーキド博士役は石塚運昇さんが担当。現在放送中の「ポケットモンスターサン&...
声優の石塚運昇さんが死去 オーキド博士の後任は未定

声優の石塚運昇さんが死去 オーキド博士の後任は未定

アニメ「ポケットモンスター」シリーズでオーキド博士役やナレーションを務めた声優・石塚運昇さんが13日、食道がんのため67歳(享年68)で亡くなった。同アニメを放送するテレビ東京は17日、追悼コメントを発表。石塚さんの「ポケモン」出演について10月1週目までの放送回はすでに収録を終えていると明かし、...
「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

今や、テレ東の看板ともいえるアニメ路線が生まれるきっかけは、「アンパンマン」のビジネスモデルに気づいた社員のひらめきだった。予算の少ない中、舞い込んだ「エヴァンゲリオン」の企画。そこから「ポケモン」「遊戯王」とヒット作が続いていった。少子化で子どもが減る中、低い視聴率でもアニメを続けら...
ライブ名が「ポケモンばかり」M-1で優勝した霜降り明星の愛が話題

ライブ名が「ポケモンばかり」M-1で優勝した霜降り明星の愛が話題

2日に開催された『M-1グランプリ2018』で史上最年少で王座に輝いたお笑いコンビ・霜降り明星。ネットでは、彼らが今まで開催してきた単独ライブのタイトル名が「完全にポケモン」と話題になり、ポケモン好きの素顔が明らかになっている。 【優勝直後の写真】霜降り明星、トロフィーに歓喜のキス 王座に輝い...
「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「芦田愛菜」でネット検索をかけると、本人が出演する『CM動画』が上位検索にあがる。グリコ『パナップ』(今年5月配信)のCM動画は290万再生、『早稲田アカデミー』(2017年7月配信)のCM動画は270万再生。軒並み高い再生数でその人気ぶりが伺える。人気子役と言えば、その“無垢さ”のインパクトからか、劣化...
トム・クルーズの吹き替え声優・森川智之 最高月収は900万円

トム・クルーズの吹き替え声優・森川智之 最高月収は900万円

米俳優トム・クルーズ公認の日本語吹き替えで有名な声優・森川智之(51)が17日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜・深夜0時12分)に出演し、最高月収を明かした。 森川が、トムの公認を得るきっかけとなったのは、米映画「アイズ・ワイド・シャット」(1...
イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第52回は、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!2時間SP』をピックアップする。 もはや説明不要の人気番組だが、2019年1回目の今回は、イモトアヤコ、出川哲朗らエース級を投入...
ビートたけし「いだてん」について語る 「ひいき目じゃなく、面白い」

ビートたけし「いだてん」について語る 「ひいき目じゃなく、面白い」

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に、ビートたけしが五代目古今亭志ん生役で出演する。酒に酔ったまま何度か高座に上がったことがあるなど、今でも語り継がれる芸人らしいエピソードの多い希代の噺家をどう演じるのか。新刊『さみしさの研究』も話題のたけしが、テレビじゃ言えない“...
堺雅人、2年間TVドラマ出演ゼロ CMタレント化を心配する声も

堺雅人、2年間TVドラマ出演ゼロ CMタレント化を心配する声も

ソフトバンクなどのCMには出演しているから、テレビで見かけないことはない。だが、お気づきだろうか。彼は2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」以来、テレビドラマに出演していないのだ。 *** 「当たり役は、腕は立つけれどもエキセントリックで人格の破綻した弁護士を演じた12年の『リーガル・ハイ』(フジテ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net