芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

声優の石塚運昇さんが食道がんのため13日に死去 67歳

声優の石塚運昇さんが食道がんのため13日に死去 67歳 声優の石塚運昇(いしづか・うんしょう)さんが、食道がんのため13日に亡くなった。67歳(享年68)。17日、所属事務所が書面を通じ伝えた。石塚さんはアニメ『ポケットモンスター』のオーキド博士役やナレーションなどで知られる。

石塚運昇さんのプロフィール

同社は「食道癌のためかねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました。生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と訃報を伝えた。

所属事務所によると、通夜・告別式は親族のみで執り行った。お別れの会の開催については遺族の意向もあるとし、後日改めて報告する。

石塚さんは「ポケットモンスター」シリーズで、オーキド博士役やナレーションのほか、多くのポケモンの声を担当。アニメ『カウボーイ・ビバップ』のジェット・ブラック役、『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース』のジョセフ・ジョースター役などでも知られる。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ポケットモンスター」の最新映画 亡くなった石塚運昇さんが声で出演

「ポケットモンスター」の最新映画 亡くなった石塚運昇さんが声で出演

食道がんのため昨年8月13日に亡くなった声優の石塚運昇さん(享年68)が、人気アニメ『ポケットモンスター』の最新映画でシリーズ22作目『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』(7月12日公開)にナレーションとして出演していることが1日、発表された。 【画像】ミュウとミュウツーが対面する最新ビジュアル 石塚さ...
山寺宏一が語る石塚運昇さんへの思い「ビバップ、もうやれねえな」

山寺宏一が語る石塚運昇さんへの思い「ビバップ、もうやれねえな」

「ポケットモンスター」のオーキド博士役などで知られ、8月に67歳で亡くなった声優、石塚運昇さんをしのぶ「お別れの会」が今月上旬、東京都内でありました。大好きだったゴルフをイメージした祭壇には、オーキド博士のほか、「カウボーイビバップ」のジェット・ブラックや「CSI:マイアミ」のホレイショ・ケ...
オーキド校長役の後任は堀内賢雄 10月21日の放送回から交代

オーキド校長役の後任は堀内賢雄 10月21日の放送回から交代

現在放送中のTVアニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」のオーキド校長役が、声優の堀内賢雄に決定した。8月13日に食道がんのため亡くなった石塚運昇さんの後任となる。 1997年のアニメ「ポケットモンスター」シリーズ開始からオーキド博士役は石塚運昇さんが担当。現在放送中の「ポケットモンスターサン&...
声優の石塚運昇さんが死去 オーキド博士の後任は未定

声優の石塚運昇さんが死去 オーキド博士の後任は未定

アニメ「ポケットモンスター」シリーズでオーキド博士役やナレーションを務めた声優・石塚運昇さんが13日、食道がんのため67歳(享年68)で亡くなった。同アニメを放送するテレビ東京は17日、追悼コメントを発表。石塚さんの「ポケモン」出演について10月1週目までの放送回はすでに収録を終えていると明かし、...
梶裕貴 生徒会長だった中学時代

梶裕貴 生徒会長だった中学時代

アニメで見たヒーローやヒロインの姿は、たくましく、凛々しく、しびれるように、子どもの心に強い憧れを抱かせる。「将来はそのキャラクターになりたい」と思ってしまうこともあるほどに。 『進撃の巨人』のエレン・イェーガーや『僕のヒーローアカデミア』の轟焦凍、『ポケットモンスターXY』のシトロンな...
「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

今や、テレ東の看板ともいえるアニメ路線が生まれるきっかけは、「アンパンマン」のビジネスモデルに気づいた社員のひらめきだった。予算の少ない中、舞い込んだ「エヴァンゲリオン」の企画。そこから「ポケモン」「遊戯王」とヒット作が続いていった。少子化で子どもが減る中、低い視聴率でもアニメを続けら...
ライブ名が「ポケモンばかり」M-1で優勝した霜降り明星の愛が話題

ライブ名が「ポケモンばかり」M-1で優勝した霜降り明星の愛が話題

2日に開催された『M-1グランプリ2018』で史上最年少で王座に輝いたお笑いコンビ・霜降り明星。ネットでは、彼らが今まで開催してきた単独ライブのタイトル名が「完全にポケモン」と話題になり、ポケモン好きの素顔が明らかになっている。 【優勝直後の写真】霜降り明星、トロフィーに歓喜のキス 王座に輝い...
「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに

「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに

何しろ、「じぇじぇじぇ!」なる北三陸方言を全国区にした立役者である。そんな「のん」こと能年玲奈(25)に、「家族と話す時は関西弁」(本人のインスタより)と言われても違和感を覚えるばかり。独立騒動でめっきり露出の減った彼女だが、実はいま、東北ではなく「関西」でご当地アイドルになっていた。 【...
紅白で「お父さん役です」広瀬すずが暴露していた朝ドラ展開

紅白で「お父さん役です」広瀬すずが暴露していた朝ドラ展開

NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』の4月10日放送で、語りを務める内村光良(54)が主人公・なつの父親役であると明らかになった。本編後半で粟野咲莉(8)演じる幼少期のなつが、戦争に行った父親からの手紙を読み上げる。 「この手紙を受け取った時には、もうこの世にはいない。だけど今も、一緒にい...
広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」異色の仕掛けが施される

広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」異色の仕掛けが施される

女優の広瀬すず(20)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月〜土曜前8・00)の第9話が10日に放送され、語りを務めるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)がヒロイン・なつの死んだ父親役であることが明らかになった。ドラマ開始から10日、ナレーションの“正体”が途中で分かる...
顔合わせで「台本読んできてね」と辛口?広瀬すずと松嶋菜々子の関係は

顔合わせで「台本読んできてね」と辛口?広瀬すずと松嶋菜々子の関係は

広瀬すずがヒロインを演じる第100作目のNHK連続テレビ小説『なつぞら』が、新元号が発表された4月1日からスタートし、早くもさまざまな話題を呼んでいる。 【写真】松嶋・広瀬『なつぞら』制作会見での表情など 撮影は昨年の6月に過酷な北海道ロケからスタートしたが、その段階で話題になったのが、なつ(広瀬...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net