芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ゲイである自分に悩んだ清貴 カミングアウトで第二の音楽人生

ゲイである自分に悩んだ清貴 カミングアウトで第二の音楽人生 2000年にデビューし、『TheOnlyOne』が40万枚の大ヒットを記録。“男性版宇多田ヒカル”と期待された清貴は、その後ゲイである自分に悩み、目指すべき音楽を失って姿を消した。

そして、自分の道を求めて渡ったアメリカから帰国した2015年、カミングアウトによって第二の音楽人生を歩み始める。

◆一人で歌うよりも、“みんなで歌う”という音楽の在り方

――カミングアウト後の反響はどんなものでしたか?

清貴:やはり、僕のことを”男性”として見ていたファンの方からは、「ショックを受けた」と言われたりもしました。でもそれ以上に、「清貴君の音楽が好きだから何も変わらない」という方がたくさんいて救われました。それから、同じように社会的に生きづらさを抱えるLGBTや障がいを持った方々から、暖かい声援をいただくようになりました。

そして、それ以上に大きな変化は、自分が変わったことです。10代でデビューして20代の頃は、暗くてどこかに陰があると言われていました。でも、カミングアウトした瞬間に、それまで自分を取り囲んでいた壁がなくなった気がしたんです。自分を素直に表現することで、自分自身を好きになって、ありのままを受け入れられるようになった。だからこそ、「自分のためだけでなく、もっと誰かのために歌いたい」と思えるようになりました。

――正直、インタビューする前まで、こんな明るい方だとは思いませんでした。

清貴:昔のイメージとはまったく違うと思います(笑)。そして同時に、音楽に対する向き合い方も180度変わりました。10代、20代の頃は、自分一人で歌うこと、自分の内省的な部分を表現することばかりにとらわれていました。けれど音楽の力って、そうしたアーティスティックな側面だけではないと思うんです。アメリカでゴスペルを歌うことで培った、誰かと一緒に歌って音楽を奏でる素晴らしさ。歌うことで誰かと繋がり、その人が歌に乗せて自分を表現する勇気を持てば、希望の輪はどんどん広がっていくはずです。

そのために『SINGFORJOY』というプロジェクトを始めました。東京、仙台、福岡、名古屋で、一般人の方々の参加を募ってゴスペルクワイア(合唱隊)を結成したんです。子供から大人まで、歌が好きで来る方もいれば、僕の音楽のファンの方もいらっしゃいます。指導は僕がするのですが、自分をオープンにしていることで、一人の人間同士として純粋に歌うことで繋がっていられる。いずれは武道館で、メンバーみんなで歌えたら最高ですね。そして、2020年の東京パラリンピックの開会式でも、会場一体となって歌声を響かせたい。そんな夢を今、追いかけています。
――ヒットを飛ばして、音楽番組を駆け回っていた頃に戻りたいとは思いませんか?

清貴:僕にとって、音楽人生の中で今が一番充実しているんです。戻りたいとはまったく思いません。僕、自己紹介する機会がある時には、必ず歌うんです。僕にとって歌は「自分はこういう人間です」と言葉よりも素直に、ストレートに伝えることができるコミュニケーションの手段。今、多くの人がかつての僕と同じように、本当の自分を伝えることができなくて悩んでいるのだと思います。

そんな人たちに、「もっと素直になっていいんだよ」とそっと背中を押してあげたい。上手に歌えなくても、テクニックなんかなくてもいいんです。歌えば自然と「自分を伝えたい!」という思いが湧き上がってくる。だから、アーティスト・清貴としてはみんなが歌える、100年歌い継がれるような曲を書くことが最終目標です。そして、歌手・清貴としては誰かの背中を押すことで、その歌声の輪を広げていきたい。自分一人が歌うんじゃない。みんなで歌うことで、誰かの歌声が別の誰かを幸せにする。僕のルーツであるゴスペルだってそうです。人気のアーティストがいて、ヒット曲があってという形だけじゃない。もっと根源的な音楽の素晴らしい価値を、これからも伝えて続けていきたいですね。〈取材・文/日刊SPA!取材班〉

【清貴】
高校在学中に送ったデモテープがきっかけとなり、16歳で東芝EMIと契約。17歳でデビューすると、3rdシングル『TheOnlyOne』が40万枚の大ヒットを記録。全国有線放送大賞新人賞受賞。その後、渡米し、全米最大のゴスペルイベントで4万人のオーディションを勝ち抜き、初の日本人クワイヤのソリストとして出場し優勝。2015年に帰国後、LGBTであることをカミングアウト。リオパラリンピックや平昌パラリンピックのフジ系列テーマソングを手掛ける。4thアルバム『あなたがいてくれたから』が絶賛発売中

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • 清貴 清貴

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

「消えた」歌手・清貴 渡米後もセクシュアリティの悩み消えず

「消えた」歌手・清貴 渡米後もセクシュアリティの悩み消えず

エンターテインメントの世界で第一線で活躍し続けるほど難しいことはない。一世を風靡するヒット曲を生み出しても、数年後には忘却の彼方へ……。「そういえばあのアーティスト、今何してるんだろう?」と思うことも多い。 2001年、『TheOnlyOne』が40万枚のヒットを記録した清貴も、程なくして表舞台から姿を...
新庄剛志氏「いじくった」と整形を告白 嵐ら共演者は困惑

新庄剛志氏「いじくった」と整形を告白 嵐ら共演者は困惑

元プロ野球選手の新庄剛志氏(46)が20日放送のフジテレビ系「VS嵐」(木曜後7・00〜7・57)に出演。数々の“新庄伝説”について語った。 特別ゲストとして登場した新庄氏はプロ野球時代を振り返り、「スポーツで一番下手だったのが野球だった。一番苦手だから始めて、そしたら3年でプロ野球に入...
「謎肉」投稿を連発していた要潤 香川県から問い合わせを受ける

「謎肉」投稿を連発していた要潤 香川県から問い合わせを受ける

俳優、要潤(37)が19日、自身のツイッターを更新。日清カップヌードルの「謎肉」について18日にコラボ画像とともに大量投稿。そのことがあってかPR担当をしている香川県から問い合わせがきてしまったことを明かした。 日清カップヌードルの公式ツイッターが18日に『#47年目のカミングアウト』と...
ネット上で賛否両論のタトゥー問題 TV各局が取り上げない理由は

ネット上で賛否両論のタトゥー問題 TV各局が取り上げない理由は

8月19日に自身のInstagramに両肩に息子と嫁の名を彫ったタトゥーを公表したことで賛否両論を呼んでいるタレントのりゅうちぇる(22)。SNSの動向に敏感なテレビのバラエティ番組の報じ方が面白い。 *** タトゥー公表に批判の声が多かったことから、りゅうちぇるは8月21日にはこう反論する。「それなりに予...
濱松恵の自伝小説「黒い薔薇」芸能人との情事や薬物常習者の描写

濱松恵の自伝小説「黒い薔薇」芸能人との情事や薬物常習者の描写

“炎上女優”の濱松恵(35)が執筆した自伝小説「黒い薔薇」(発売中)の内容をめぐって、一部の芸能関係者がザワついている。 濱松は10日に都内でイベントを行い、本紙既報通り、20代のイケメンボディーメンタルコーチとの入籍と、“6股男”狩野英孝との不倫情事をオリジナルドラマ化すると発表し、同時に...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net