芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」

稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」

「夏といえばTUBEか稲川淳二」と言われていたのはいつのことだっただろうか……。夏しか売れないと言われたTUBEは夏でも売れなくなったが、稲川淳二(70)は今も健在だ。夏どころか11月まで続く「怪談ナイト」ツアーは四半世紀を超え、26年目を迎えて大盛況。だが、若い人達は、彼を怪談の語り部としか認識していないのでは。実を言うとこの人は――。

***

それは、いまを去ること25年前、1993年8月13日の金曜日……稲川淳二はクラブチッタ川崎にいた。第1回目の「怪談ナイト」である。共演者には、後に病死するミュージシャンで心霊研究家の池田貴族もいた。この会を皮切りに稲川は怪談への道を突き進むのだ。

だが、それ以前の稲川の姿を30代以下の若い方はご存じないだろう。当時、語り部は稲川の、世間にあまり知られていないもうひとつの顔だった。実は彼こそ――のちにダチョウ倶楽部や出川哲朗へと受け継がれる“リアクション芸”のパイオニアなのである。

稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」 もうひとつの顔を知っていますか(稲川淳二の怪談ナイトオフィシャルサイトより)

「元々工業デザイナーだった稲川さんは、1976年に『オールナイトニッポン(2部)』(ニッポン放送)のパーソナリティとして芸能活動をスタート。80年代に入ってビートたけしさんや明石家さんまさん達の『オレたちひょうきん族』のザ・ベストテンのパロディである“ひょうきんベストテン”に歌手役として出演していました。その度、散々な扱いをされて“悲惨だな、悲惨だな、悲惨だなーッ!”と叫んではボロボロになり、最後はカメラに向かってアップで“いかがでしょーか。喜んで頂けましたか?”でオトすという芸風で知られるタレントでした」(当時を知るテレビ関係者)

40代以上の方ならば、“あーそうだった!そーだった!”と思われることだろう。でも、どんな酷い目に遭わされていたんだっけ?

身体が心配になる程の芸

「ほら、もう蛇がウジャウジャいる中を泳がされたりとか、ワニの歯を磨かされたり、ペンキまみれの身体をロープで吊り下げられ、壁に打ち付けて人間魚拓を取らされるなどなど……見ていて心配になるほど、今では放送できないようなものに体を張っていたんです。それで、たけしさんにも気に入られて、『スーパーJockey』(日本テレビ系)にもレギュラーで出演し、熱湯風呂に入ったり、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』(日本テレビ系)にも出演していました。それらが人気となり『稲川淳二の悲惨だなーッ』(リイド社)という本まで出版したほどで、これに続いたのがダチョウ倶楽部や出川哲朗というわけです」(同)

そうそう、同時期には、いまでこそ画家やヨガの実践家として活動している片岡鶴太郎(63)も、熱々のおでん責めに遭ったりしていたものである。

「86年に『オールナイトフジ』(フジテレビ系)で怪談を披露し、これが話題となって徐々に語り部としての道が開けてくるんです。稲川さんがちょっと変わっているのは、その時点でも工業デザイナーを続けていたこと。すでに『怪談ナイトツアー』で人気を得ていた96年には自然石を使った灯籠型の“車止め”を出品して通産省(当時)のグッドデザイン賞を受賞しています。何でも新幹線の検札機もデザインしたことがあるそうですよ。一方では、障害者の親としての経験をもとにバリアフリー関連の講演も行ったりと多才なんです。怪談の方も新作を次々と作っているようですし、ますます元気ですよね」(同)

面白かったなあ、昭和の笑いは……。

平成最後の夏の猛暑、久々に稲川淳二の怪談で寒気を感じてみるのもいい。

週刊新潮WEB取材班

2018年8月19日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

品格や性格が見える?自筆の文字が話題となった芸能人

品格や性格が見える?自筆の文字が話題となった芸能人

芸能人は結婚や離婚、妊娠・出産、親族の訃報など、さまざまなシーンで自筆の署名を披露することがある。先日、7月31日に結婚を発表した前田敦子と勝地涼も、報道関係者に送った書面の最後に入れていた。デザイン性の高いサインとは異なり、視聴者は署名からその人の「品性」や「性格」を読み取ろうとしがち。...
猛暑対策になる稲川淳二の怪談 医師が回答「体温下がるのは事実」

猛暑対策になる稲川淳二の怪談 医師が回答「体温下がるのは事実」

毎日が猛暑&熱帯夜でとにかく暑い!キンキンに冷えた部屋にいたいけれど、冷房病という言葉があるように、部屋を冷やし過ぎると自律神経のバランスが崩れ、肩こり、頭痛、下痢、不眠など、さまざまな症状の原因になるという。では、どうしたらいいのか。…そういえば、背筋が凍るような怖い話なら、暑さ対策に...
稲川淳二が妻と「28年間別居中」と明かす 居場所知らずも給料受け取り

稲川淳二が妻と「28年間別居中」と明かす 居場所知らずも給料受け取り

タレント・稲川淳二が18日、TOKYOMX「5時に夢中!」(月〜金曜、午後5・00)に出演し、28年間妻と別居中であることを明かした。妻は稲川の個人事務所の社長で、居場所は知らないが、今でも妻から給料をもらっていると説明した。 番組で、熟年離婚と慰謝料がテーマになると、稲川は自身の家庭...
稲川淳二が感心した2本のホラー映画「許せる範囲の非常識が必要」

稲川淳二が感心した2本のホラー映画「許せる範囲の非常識が必要」

怪談家の稲川淳二(69)が8月7日にCS映画専門チャンネル・ムービープラスにて放送される『この映画が観たい#47〜稲川淳二のオールタイム・ベスト』(後11:00)の合同取材会に出席した。番組では自分の人生に影響を与えた4本の名作についてのエピソードや思い出を語っているが、収録後のインタビューでもその...
ケンカ最強説がある生島ヒロシ 局アナ時代にもあったストリートファイト

ケンカ最強説がある生島ヒロシ 局アナ時代にもあったストリートファイト

芸能界には、いくつもの“ケンカ最強伝説”が存在する。多くの人は真っ先に渡瀬恒彦説を思い浮かべるだろうし、他にも大木凡人説や車だん吉説、ジェリー藤尾説など数々の伝説が語り部によって周知されてきた。 そして先日、“最強説”を持つ者の一人が自ら口を開いている。それは、生島ヒロシ。12月24日放送『誰だ...
森昌子 「中三トリオ」山口百恵&桜田淳子との現在の関係を語る

森昌子 「中三トリオ」山口百恵&桜田淳子との現在の関係を語る

「昨年の7月に『デビュー45周年』を迎え、今年の1月25日には45周年の記念曲第2弾『みぞれ酒』をリリースしましたが、私の場合、45年の間に20年ほどお休みがあって。その間に、貴重な体験や勉強を数多くさせてもらいました。そういう意味では、芸能生活だけではないデビュー45周年ですけれども、それなりに充実...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net