芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

いじめ問題を発信し続ける春名風花 ファン自殺で批判された過去

いじめ問題を発信し続ける春名風花 ファン自殺で批判された過去

寄り添うって、どういうことでしょう。いじめ問題で発信を続ける「はるかぜちゃん」こと女優・春名風花さんと、いじめられた経験を赤裸々に歌うロックバンド「それでも世界が続くなら」のボーカル・篠塚将行さん。いじめ問題を語り合ううちに、2人から飛び出したのは、衝撃的なファンの死でした。「救うなんておこがましい」「でも諦めたくない」。二人三脚の自問自答です。(朝日新聞デジタル編集部記者・原田朱美)

【マンガ】心を温められたらいいのに……涙を誘う猫マンガが描くいじめ

結局、救えなかった

篠塚「僕は6年前の春名さんの『いじめている君へ』を読んでましたよ」

春名「本当ですか!うれしい!」

<春名さんは2012年、12歳の時に朝日新聞に「いじめている君へ」という寄稿を載せ、大きな反響を呼びました。8月20日にはこの記事に美しいイラストを付けた絵本「いじめているきみへ」を出版しました>

篠塚「当時びっくりしたし、僕が思っていたことがこの中にあるなと、嬉しかったです」

<篠塚さんは、小学生の頃から激しいいじめを受けていたそうです。篠塚さんが作詞作曲してきた「それでも世界が続くなら」の曲の歌詞には、生々しい傷がたくさん出てきます>

篠塚「春名さんが書いているみたいに、いじめる側に対して『こいつ、この先自分がいじめたことなんて覚えてねーんだろうな』って思っていました。変な話、死んで分からせてやるという自殺もあると思うんです。俺が先生に訴えようが、不登校になろうが、それくらいじゃ何も変わらないことは、分かっている」



”ぼくがいくら泣こうが、本当に自殺しようが、その人たちが何も感じないことを知っている。いじめられた子が苦しんで、泣いて、死んでも、いじめた子は変わらず明日も笑ってご飯を食べる。いじめは、いじめた人には「どうでもいいこと」なんです”
――春名風花さん「いじめている君へ」朝日新聞2012年8月16日



春名「ぼくは恵まれた環境で育ったから愛されたこともあるけど、他人に嫌われたこともあって、孤独を感じたこともあって。『それでも世界が続くなら』のことを知って、歌詞を見たら『なんだこれは!』と嬉しくなりました。寄り添ってくれる感覚があって。どうしてそんなに優しいんですか」

篠塚「いやもう…全然そんな…。むしろ俺が聞きたいくらいです。ずっと試行錯誤というか。どうやったら仲良くなれるのかなとか、どうやったらわかり合えるのかなっていうか。なんとなく無理なような、でも諦めたくないような。ずっと試行錯誤っすね」

<篠塚さんは、「なんていうんですかね…」「やっぱり…いや…」と、何度も言葉を選び直します>

篠塚「何回ライブしても何回歌っても、『(苦しむ人の)代弁者だ』とか言われても、感覚はないんすよね。誰かの心に寄り添えてる感覚が。ぜんっぜんない」

篠塚「自分たちのCDをずっと聞いてくれた子の中に、自殺した子もいますし…。救うも救わないもないじゃないですか。結局救えなかった。救うなんておこがましいですけどね…。何も出来なかったやつでしかないじゃないですか…。しょうがないですよね。そういう奴だと思うしかない」

<「来年の誕生日には死なせて」「生きていたい」。篠塚さんが書く歌詞には、死と生という文字が何度も出てきます>

篠塚「誰かの力には、なれてるかもしれないですけどね。でも結局、自分で自分をなんとかしてもらうしかないんです。僕らが抱えられる人数って確実に限界があるし、僕はずっといっしょにいられない。24時間365日いられない。片時も離れず一緒にいられるのは、自分しかない。親でも友だちでも音楽でもない。自分しかいない。自分のことを自分で大切に思ってもらうしかないっていうか」

春名「共感で泣きそうです…」

気付いてあげられなくて、ごめん

春名「ぼくも、ツイッターのフォロワーさんに、自殺をしちゃった子がいて…。ぼくはその子のことを自殺するまで知らなくて。アンチの人から『お前、偉そうにいろいろ言ってるけど、フォロワー死んでるぞ』と教えられました。それで、その子のツイッターを見に行ったら、その子がフォローしているのがブログの管理サイトとぼくだけだったんです」

篠塚「マジですか……」

<「その子」は当時、中学3年生。14歳でした。春名さんが朝日新聞に「いじめている君へ」を掲載し、大反響になった少し後のことです>

春名「その子のツイートをたどったら、『春名風花になりたい。あこがれる』って書いてあったんです。あの時はちょっと心が弱っていて、エゴサーチをしていなかった。していたら気付けていたかもしれない。その子が死んではじめて自分がその子を認識したっていう事実がすごくつらくて」

<春名さんは、「その子」の死を知らされた直後、見つけるのが遅くなってごめんねと、「その子」のツイッターをフォローしました>

春名「それが今でも引っかかっていて。その子たちを救えるのはその子たちしかいないから、こちらは受け止めるしかない。だけど、だからといって何もしないのは自分の気が済まないというか。自分がなにか発信し続けることで、こういう考え方もあるよって届けられたら良いなと思っていて。いまファンの子で自殺した人がいるって話を聞いて、いろいろ思い出しちゃって…」

「その子のなかに春名風花が存在していたっていうことがとても嬉しくもあり、いろんな発信をしてきたけれど、救えるほどの力はなかったんだなという無力感もあり。ぼくは結局、悩んでいる子のことを詳しく知ることができるわけじゃないし、ただ言っているだけしかできない。でも他にできることはなくて、どう考えてもなくて。やっぱり発信を頑張るしかない」

あんまり寄り添えてないのかな

<春名さんは、いじめ問題で積極的に発信を続けていますが、自分の学校生活ではいじめを受けておらず、「当事者ではない」と言います>

春名「ぼくは恵まれた環境にあるっていう自覚があったから、あんまり当事者には寄り添えていないのかなって思ったことがあります」

篠塚「えっ!春名さんは当事者でしょう。ネット上で12~13歳の頃から、かみ殺されそうなくらい、攻撃されていたじゃないですか。僕はあんな状況、耐えられる自信ないです。心に起きた苦しいことって、ネット上での出来事だとリアルじゃないんですか。分ける意味ないですよ」

春名「ぼく、学校のスクールカーストでは微妙な位置だったんです。0歳から芸能活動をしていたから、『こいつはテレビに出るやつだ』と思われつつ、ぼく自身の性質としては弱者だったから、虎の威を借るじゃないですけど、『強者の地位を手に入れている弱者』みたいな」

篠塚「あはははなんとなく想像できます(笑)」

春名「無視されたりとかいじめられるわけでもなく。くらげみたいな感じで、ふわふわと学校の中で生きてて、グサリと刺された経験があまりないと思ってるんです」

篠塚「そもそも僕は、全員当事者だと思っています。僕がいじめられていた時、『大丈夫?』って声をかけてくれたやつの顔を覚えています。そいつは、大丈夫って言ってくれた次の休み時間、僕が殴られたり、ゴミみたいな扱いをされたりしている時、僕を見て笑っていたんですよね。そいつは傍観者じゃない」

「春名さんは、いじめ問題を発信することで、人からいろんなことを言われるだろうに、それでも寄り添おうとする。しかも短期間の気分的なものじゃなくて、長期間やっている。完全に当事者ですよ。過去にどういう経験があったかで分けるのはおかしい」

「君のため」じゃない

篠塚「ツイートボタンひとつ押すのだって、誰かの力になれるかもしれない、でも同時に誰かの攻撃の的になるかもしれない。そんな気軽じゃないじゃないですか。で、案の定突き刺してくるやつもいるわけで。そのボタンの重さとか、僕は耐えられないと思います。だから春名さんはかっこいいなと思いますし、同時にいつかキャパオーバーになるんじゃないか、大丈夫かなって思ってしまいます」

春名「えへへ。めっちゃ嬉しいです。でも大丈夫ですよ。ぼく最近、エゴっていう言葉を好きになったんです。自己中心的という意味じゃなくて、自我という意味の。ぼくは、お芝居が好きだからやるし、いじめが嫌いだからなくすのを頑張る。それだけです」

篠塚「うわあ、全く同意見です。素晴らしいことだからやるとか、やっぱり僕ダメだと思うんです。好きな人に告白する時、成功するだろうなじゃなくて、『嫌かもしれないけど、好きだし一緒にいたいんだよね』って伝えるじゃないですか。人が本気でものを伝える時って、『君のため』じゃない」

「僕はいじめられっ子の代弁なんてできないけど、ただ、いじめられていた時の僕だったら、『君のためにやってあげているんだよ』って言われたら、そいつのことは苦手ですね。どんなに力になってくれたとしても、重かったと思います」

「自己肯定感が低いから、こんなおれのために悪いよって思う人間になっちゃってるんですよね。癖で言っちゃうんです。『申し訳ないから、やめてくれ』と。そのときに、『私が嫌だからやってるだけなの』って言われたらなんもいえないし、ありがとうって思いますよね。俺なら」

春名「よっしゃ(笑)」

篠塚「随筆家の高橋歩さんが言っていたんですが、『誰かのためにするっていうことは、誰かのせいにするっていうこと』。『あなたのためにやってる』は、叶わなかった時に『あなたのためにやったのに』になる。自分が言いたいから言う、動きたいから動くというのは美しいことだなと思います。だれのせいにもしないわけじゃないですか。僕はそういうのは好きです」



春名さんと篠塚さん、おふたりとも、寄り添うことを、どこまでも真剣に、正面から考えようとしていました。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

山口百恵さんが献身的に義父母を介護 苦労はみじんも見せない自然体

山口百恵さんが献身的に義父母を介護 苦労はみじんも見せない自然体

「50歳を過ぎたくらいから体の変化とともに脳にも変化が起こっちゃったのか、自分ががらっと変わっちゃって。ここ2〜3年くらいで、さらに気取らなくていいんだと思うようになったんです」――。 TVなどで歌手の森昌子(59)はそう語り、意気軒高だ。もともと内気だったというのが嘘のように明るく、積極...
テレ朝、セクハラ報道避けた理由「意図があると思われかねない」と懸念

テレ朝、セクハラ報道避けた理由「意図があると思われかねない」と懸念

テレビ朝日が24日、定例の社長会見を開いた。同局の女性社員が財務省の福田淳一事務次官からセクハラを受けたと公表したことについて、角南源五社長と篠塚浩報道局長が取材に応じた。当初、女性社員は問題を報道すべきと主張していたが、上司が放送を見送った理由を森友学園、加計学園などの問題がある中で...
高木美保が過去のセクハラ被害告白「事務所は助けてくれなかった」

高木美保が過去のセクハラ被害告白「事務所は助けてくれなかった」

女優の高木美保(55)が19日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)でテレビ朝日の女性記者が18日に事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)によるセクハラの被害を受けていた問題で涙を浮かべ持論を訴えた。 同局の篠塚浩・取締役報道局長によると、女性記者...
面白い攻撃と笑い声 加害者を演じて分かったいじめの「楽しさ」

面白い攻撃と笑い声 加害者を演じて分かったいじめの「楽しさ」

あなたは、いじめの加害者になったことは、ありますか。たとえば「演技」の世界で加害者になってみたら、何が見えてくるのでしょう。いじめ加害者を描く映画「許された子どもたち」を制作中の内藤瑛亮さんと、女優として様々な役を演じつつ、いじめについても発信を続ける春名風花さんに、対談してもらいまし...
春名風花出演の舞台に警視庁から自粛通達 ヌード表現めぐり一部変更

春名風花出演の舞台に警視庁から自粛通達 ヌード表現めぐり一部変更

舞台「偏執狂短編集IV」を主催する劇団voyantroupeは、声優で女優の“はるかぜちゃん”こと春名風花(17)が出演する同舞台のヌード等の露出表現に対して警視庁から自粛の通達を受けたとして、公演内容の一部変更を公式サイトで発表した。 同舞台は9日より上演予定だが、公式サイトは2日、「先...
『コナン』原作者・青山剛昌氏、藤本賞受賞に喜び「巨人の連敗も止まりましたし…」

『コナン』原作者・青山剛昌氏、藤本賞受賞に喜び「巨人の連敗も止まりましたし…」

著しい活躍をした映画製作者を中心に贈られる『第37回藤本賞』の授賞式が5月31日、都内で行われ、『名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)』の製作に対して受賞した原作者の青山剛昌氏は「藤本賞とは映画界における沢村賞と聞きまして、巨人ファンで野球ファンの僕はとてもうれしいです。巨人の連敗も昨日止...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net