芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「女性が化粧で化けて何が悪い」林修氏の持論がネットで物議に

「女性が化粧で化けて何が悪い」林修氏の持論がネットで物議に 19日に放送された『初耳学』(TBS系)で、林修が“女性が化粧で化けて何が悪い!”と提言。ネット上で物議をかもしている。

番組では、話題のネタを独自調査するニュースサイト「しらべぇ」が行った20代〜60代男性693名へのアンケート調査を紹介。“すっぴんと化粧顔男性はどちらが好き?”という質問に対し、83.4%の男性が「すっぴん」との回答したことが分かった。また、番組が20代〜40代の男性300人に行った“女性のすっぴんを見て幻滅したことがありますか?”というアンケート調査では、59%が「ある」と回答。約6割の男性が女性のすっぴんに幻滅した経験があると分かった。

この結果を受けて、林は「好きなすっぴんを見て幻滅するってどういうことですか?」と男性の回答結果に矛盾があることを指摘し、男性は“すっぴん”そのものが好きなのではなく、「幻滅しないすっぴんと幻滅するすっぴんを明確に分けて好きだと言っている」とした。続けて、林は「6割の男は、美しく化粧をした女性に対して少なくとも幻想を抱いた」として、「だとすれば、そういう効果を生み出す化粧を女性がすることの何が悪いんですか?」と主張。スマホと同じく化粧は最新技術であり、勉強や仕事と同じく化粧も努力が認められるべきとの持論を展開した。これに番組に出演していたギャル曽根ら女性陣からは、「そうだ、そうだ!」「先生、良いこと言う!」と称賛の声が上がっていた。

ネット上の男性の声を見てみると、女性が化粧すること自体を否定するのではなく、“すっぴんとのギャップ”や“化粧の度合い”を指摘する意見が多いようだ。「化粧が濃いのは、努力っていうか職業と年収偽ってる感じに近い」「男はすっぴん風メイクが好きなんだよ」「化粧が下手なのが嫌い似合ってない化粧が嫌いってこと」「ギタギタ化粧してると頬ずり出来ないじゃん」といった声に加えて、林の論理を逆手に取り、「ならば男がカツラで化けて何が悪い」「勉強や仕事での努力は他人をガッカリさせない」といった反対意見もあった。

また、番組に出演していた女性陣は林の持論に称賛しきりだったが、ネット上の女性は賛否というよりもリアルな化粧事情についての声が多かったようだ。「友人の化粧技術見るとほんとに感心する顔変わる」「化粧映えしないから化粧が上手い人が羨ましい」「ファンデーションは塗らないと外出れない高校生からそう」「化粧は自己満か女友達に対する防具だから男があーだこーだ言ったところで“部外者はすっこんでろ”って感じ」など、毎日化粧をする女性ならではの受け止め方をしたようだ。また、働く女性からは「別に男の為に化粧してるわけじゃないメイクするのはマナーです」「働く女性の化粧は男のスーツと同格」「最低限のベースメイクくらいはするべきすっぴんは会社に素足で来るのと同じ感覚」と、“マナーとしての化粧”のコメントが多かった。

尚、同番組に出演していたギャル曽根から、現在の夫になかなかすっぴんを見せられず、「出産中も化粧していた」という発言もあったが、交際相手に自分のすっぴんを見せて嫌われてしまうのではないかと悩む女性も少なくないようだ。

男女ともに、女性が化粧をすること自体に異論を唱える声はほとんどない。しかし、女性の化粧事情は、男性の想像を超えた複雑な問題をはらんでいるようだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • 林修 林修

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

弘中綾香アナが「嫌いな女子アナ」1位に 女性視聴者がイライラ?

弘中綾香アナが「嫌いな女子アナ」1位に 女性視聴者がイライラ?

(全4枚) 賛否両論の現状 写真週刊誌「FLASH」5月28日号は、「テレビ業界235人が『好きな女子アナ』『嫌いな女子アナ』」を掲載した。 *** 何と8ページの特集記事。「業界人」、「視聴者」、「テレビ業界人」が、それぞれ好きな女子アナと嫌いな女子アナを投票。合計10の票が掲載されるという力の入れようだ...
芸能界のご意見番ランキング マツコ・デラックスが堂々の1位

芸能界のご意見番ランキング マツコ・デラックスが堂々の1位

スキャンダルや吉報など話題が絶えず報じられるエンタメ界。毎日のワイドショーや芸能イベントでも、“ご意見番”として、発言を求められる芸能人も多い。番組でコメントしたことが即ニュースとなって流れることから、お茶の間も著名人の一語一句に日々注目が集まる。ORICONNEWSでは現在の“芸能界のご意見番”は...
女性ファンが7割強、『名探偵コナン』女性がハマる3つの理由

女性ファンが7割強、『名探偵コナン』女性がハマる3つの理由

1994年の連載開始から今年で25周年を迎える漫画『名探偵コナン』。97年より毎年4月に公開される劇場版はゴールデンウィーク映画として定着し、17年は邦画No.1のヒット作に。4月12日に封切られた最新作『名探偵コナン紺青の拳(こんじょうのフィスト)』もシリーズ最高の初動を記録するなど、その人気はとどま...
英語の勉強のほかジムやヨガ通い 渡辺直美が明かしたNY生活の近況

英語の勉強のほかジムやヨガ通い 渡辺直美が明かしたNY生活の近況

【渡辺直美/モデルプレス=4月10日】TBSのバラエティ番組「その他の人に会ってみた」(4月23日より毎週火曜よる11:56〜)の囲み取材が10日、都内で行われ、MCの東野幸治、ゲストの小林よしひさ、渡辺直美、スザンヌ、進行の江藤愛アナウンサーが出席した。 【さらに写真を見る】渡辺直美、スザンヌ、東野幸...
霜降り明星の「ものまねGP」優勝に異論噴出 吉本興業への忖度?

霜降り明星の「ものまねGP」優勝に異論噴出 吉本興業への忖度?

(全2枚) 採点を見直すと…… 他人を評価することがどれだけ難しいか、経験者でなくとも理解している方は少なくないはずだ。そしてお笑いの世界で審査が最も難しいのは、ものまねだという。 *** 5月7日、日本テレビ系列で「ものまねグランプリ特別編ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦」が...
賛否両論が起こった「水ダウ」ドッキリ 現場サイドからは反論も

賛否両論が起こった「水ダウ」ドッキリ 現場サイドからは反論も

ダウンタウンもナイツも顔面蒼白? 電子版の国語辞書「デジタル大辞泉」(小学館)は、「放送事故」を次のように定義している。「設備の故障や技術的な不手際、演出・進行上の手違いなどで、予定していた放送ができなくなること。また、意図していなかった放送をしてしまうこと」――。 *** スポニチアネック...
「スマホのせいはよくない」チョコフレーク終了でマツコ持論

「スマホのせいはよくない」チョコフレーク終了でマツコ持論

森永製菓は9月末、50年以上にわたり親しまれてきたチョコレート菓子「チョコフレーク」の生産を来年夏までに終了すると発表した。ここ5年で売上が半減していて、その原因を同社は、「スマホを操作しながら食べることが難しいから」としている。 10月1日に放送された『5時に夢中!』(MX系)では、マツコ・デラ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net