芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

20日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)で、とんねるず・石橋貴明(56)が実業家の堀江貴文氏(45)と同じ新幹線に乗り合わせたときのエピソードを披露し、番組を盛り上げた。

この日の番組は「子どもの頃に森山直太朗がショックを受けたあの歌」という内容で、シンガー・ソングライターの森山直太朗(42)をゲストに迎え、70〜80年代をにぎわした懐かしの昭和歌謡曲を石橋とミッツ・マングローブ(43)の3人で振り返った。

そのなかで森山は松田聖子(56)の「渚のバルコニー」(82年)について触れ、歌詞の内容を絶賛したうえで「これを作り上げて、これを歌い上げたっていう、このコンビネーションがすごい」と述べた。

この楽曲で作詞を担当したのが、あの松本隆氏(69)。松田聖子をはじめ、近藤真彦(54)や中山美穂(48)、斉藤由貴(51)らに楽曲を提供するなど、数々の名曲を世に送り出した希代のヒットメーカーとして知られる大御所だ。すると石橋は森山のコメントに絡めながら、「このあいだ、新幹線で、俺の前(の席)に座ってましたからね、松本隆さん」と告白し、そのときに心境について「うわっ、松本隆さんだ!(と思った)」と説明した。その話には続きがあり、「途中、(松本氏の前に)ホリエモンが座って」と石橋。同じ新幹線の車両で縦一列に堀江氏→松本氏→石橋の3人が並ぶという“奇跡”があったことを打ちあけた。

さらに石橋は「そんときにその(堀江氏の)前にいたやつが『リクライニング倒していいですか?』って言って、ホリエモン、ムッとしたんです」と説明。これは堀江氏が7月14日に自身のツイッターに「新幹線グリーン車なう。前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。そうやって何でもかんでも保険かけようとすんなボケ」とつぶやいたときのことを指すと思われ、このツイート後、新幹線のグリーン車でリクライニングシートを倒すときに声かけが必要かどうかが世間で議論になった。

石橋から飛び出した予想外のエピソードに森山とミッツもビックリ。森山は「ニュースになってましたね」と驚き、ミッツは「その現場にまさにいた!?」と爆笑した。(zakzak編集部)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

小室哲哉の引退後の収入源?トップクラスの作詞・作曲家の印税収入は

小室哲哉の引退後の収入源?トップクラスの作詞・作曲家の印税収入は

不倫騒動の責任を取って引退を表明した小室哲哉(59)。会見では、認知症をもたらす高次脳機能障害を患っている妻のKEIKO(45)の介護問題も飛び出た。 引退後も終わりの見えない妻の介護に忙殺されることになるが、現在は1年のうち約3カ月は大分県にあるKEIKOの実家で親族が介護し、残りの期...
斉藤由貴がイベントに登場 不倫騒動思わせる発言も

斉藤由貴がイベントに登場 不倫騒動思わせる発言も

50代医師との不倫を認めた女優斉藤由貴(51)が7日、都内で行われた、作詞家松本隆氏(68)の活動47周年記念イベント「風街ガーデンであひませう2017」にゲスト出演した。先月7日、レギュラー出演していたニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」に生出演して以来、約1カ月ぶりに...
中井貴一主演ドラマ「記憶」に反響続々 「声を上げて泣いた」

中井貴一主演ドラマ「記憶」に反響続々 「声を上げて泣いた」

フジテレビがお昼から夕方の「メディアミックスα」枠で放送中のドラマ「記憶」が注目を集めている。WEBサイト「ザテレビジョン」の、「記憶」の番組詳細ページも連日多数のアクセスが続いている。 【写真を見る】本庄を支える新人弁護士役を泉澤祐希、本庄の秘書役を今田美桜が演じる/(C)フジテレビ ドラマ「...
フォーク歌手のイルカ 花粉症がひどいため春は歌手活動を休止中

フォーク歌手のイルカ 花粉症がひどいため春は歌手活動を休止中

フォーク歌手のイルカ(67)が19日放送のTBS系「サワコの朝」に出演し、代表曲「なごり雪」が春の歌であるにもかかわらず、春は歌手活動を休止している理由を打ち明けた。 イルカが歌い始めてから46年、今も卒業シーズンには欠かせない名曲の「なごり雪」だが、イルカ自身は花粉症がひどく、春は歌...
おぎやはぎ小木博明 義理の弟・森山直太朗の結婚相手を絶賛

おぎやはぎ小木博明 義理の弟・森山直太朗の結婚相手を絶賛

お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明(46歳)が、5月17日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、義理の弟である歌手・森山直太朗(42歳)の結婚について語った。 相方の矢作兼(46歳)から森山の結婚について話題が振られると、小木は相手女性について絶賛。小木によると、小木と森...
石橋貴明からの誘いにも躊躇なし 劇団ひとりの「ブレイク前」

石橋貴明からの誘いにも躊躇なし 劇団ひとりの「ブレイク前」

レギュラー6本を持つ「劇団ひとり」がまだブレイクする前の2004年、中国放送の人気ローカル番組にレギュラー出演していた。有吉弘行もレギュラーだった伝説の番組『KEN-JINDX』だ。同番組を企画・プロデュースしていた横山雄二アナが、知られざる劇団ひとりのブレイク前を語る。  「ひとりはかっこよさを...
「細かすぎて」のパクリ?石橋貴明がフジテレビに激怒した過去

「細かすぎて」のパクリ?石橋貴明がフジテレビに激怒した過去

木梨、関根、有田のいない画面 11月24日、フジテレビ系列は午後9時から「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」を放送した。使われたのは「土曜プレミアム」の枠。1981年から2001年まで「ゴールデン洋画劇場」が放送されていた時間帯だ。そのため今も映画が放送されることが少なくない。 *** ビデオリサーチ...
低迷の月9「SUITS」危機感を抱いた鈴木保奈美の変化

低迷の月9「SUITS」危機感を抱いた鈴木保奈美の変化

「織田さんの作品への取り組み方のストイックさは有名で、監督やプロデューサーとセリフや演技、演出まで激論を交わす。共演者に求めるハードルも高いんです。今作でもその姿勢にまったく変わりはありません。現場の緊張感は相当なものです」(制作関係者) 『東京ラブストーリー』以来、織田裕二(50)と鈴木...
とんねるず「解散説」再燃 特番めぐり「今回はさすがにヤバい」の声

とんねるず「解散説」再燃 特番めぐり「今回はさすがにヤバい」の声

とんねるずの石橋貴明(57)、木梨憲武(56)について、本紙がいち早く報じた“解散説”が再燃している。24日に放送された特別番組「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(フジテレビ系)をめぐって、2人の間に決定的な溝が生まれたというのだ。所属事務所やファンクラブにも新たな動きがあったことが判...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net