芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

濱松恵の自伝小説「黒い薔薇」芸能人との情事や薬物常習者の描写

濱松恵の自伝小説「黒い薔薇」芸能人との情事や薬物常習者の描写

“炎上女優”の濱松恵(35)が執筆した自伝小説「黒い薔薇」(発売中)の内容をめぐって、一部の芸能関係者がザワついている。

濱松は10日に都内でイベントを行い、本紙既報通り、20代のイケメンボディーメンタルコーチとの入籍と、“6股男”狩野英孝との不倫情事をオリジナルドラマ化すると発表し、同時にこの自伝小説を発売した。

その中身は超ド級の暴露話ばかり。大部分が濱松が関係を持った男性芸能人との情事について描かれているものの、相手の名はさすがにイニシャル表記となっている。さらに、薬物を常習していると思われる男性芸能人の描写まであり、衝撃的内容に芸能関係者が注目している。

「いくつかの話について、私も知っている内容が含まれていた。売名行為だよ、と濱松を突き放す人が多いが、意外とバカにできないのでは。特に薬物を使用するという男性芸能人の部分は、今後のキャスティングのためにも、真偽が気になるところ」(テレビ関係者)

ほかにも「打鍵器で骨をコツコツと叩く」趣味を持つ、人気俳優との一夜が詳細に描かれていたり、海外志向の強い俳優がバイセクシュアルをカミングアウトしたとする描写もある。

また、デビュー曲がスマッシュヒットしたという2人組ミュージシャンのうちの1人の子を出産したと明かしている部分もあり、イニシャルが解明されてしまえばファンを巻き込んで大騒動となることは間違いない。

本の登場人物たちはみな、何事もなく過ぎ去ってほしいと願っているはずだが、いつイニシャルが実名に変わるかは、濱松だけが知るところ。イニシャルで書かれた芸能人は、いつ落とされるかわからない“爆弾”におびえる日が続きそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

カイヤ「次は外国人と結婚」騒動後、初の公の場はピリピリムード

カイヤ「次は外国人と結婚」騒動後、初の公の場はピリピリムード

俳優・川崎麻世(55)との離婚訴訟が明らかになった妻でタレントのカイヤ(56)が13日、都内で、デヴィ夫人(78)主催の慈善晩餐会に出席した。10日に離婚問題が発覚してから初の公の場。壇上では笑顔も見せたが、紙で顔を隠したり、隣りのアンミカ(46)と深刻な表情で言葉を交わすなど、ピリピ...
川崎麻世は“銭ゲバ妻”カイヤのATMと化した 元カノ?松恵が激白

川崎麻世は“銭ゲバ妻”カイヤのATMと化した 元カノ?松恵が激白

2012年に川崎麻世との関係をスクープされたのはタレントの濱松恵。交際当時を振り返り、今回の離婚裁判について、元カノ目線でこんな感想を語ってくれた。 「麻世さんとのデートは自宅で料理を作ったり、ほのぼのしたものでした。というのも、カイヤさんに子供の養育費と生活費とアメリカで暮らしているお...
足立区の不満を述べたことを批判された濱松恵「大きなお世話」

足立区の不満を述べたことを批判された濱松恵「大きなお世話」

「治安が悪い」などとマイナスイメージを持たれやすい東京都足立区。総務省が発表した「統計でみる市区町村のすがた2018」によれば、死亡者数、完全失業者数、離婚件数が東京都の市区町村で最多だった。 そんな足立区を舞台に、ちょっとした騒動が起きた。女優・濱松恵さん(35)が同区の不満点を述べたところ...
脚本家・早坂暁さん死去 「夢千代日記」などを手掛ける

脚本家・早坂暁さん死去 「夢千代日記」などを手掛ける

NHK「花へんろ」「夢千代日記」「天下御免」などテレビ初期から数々の名作ドラマを手掛けた脚本家の早坂暁(はやさか・あきら、本名富田祥資=とみた・よしすけ)さんが16日午後2時ごろ、腹部大動脈瘤(りゅう)破裂のため都内の病院で死去した。88歳。愛媛県出身。葬儀は家族のみの密葬で営まれる予...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net