芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

カラテカ矢部太郎「大家さん」へ感謝「言葉の意味と重みを」

カラテカ矢部太郎「大家さん」へ感謝「言葉の意味と重みを」 お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎(41)が26日、、日本テレビ系「24時間テレビ41人生を変えてくれた人」に生出演。亡くなった“大家さん”への思いを語りながら号泣した。

矢部は23日、自身のツイッターでマンガデビュー作となった「大家さんと僕」の登場人物である大家さんが亡くなったことを伝えた。

「大家さんと僕」は「ごきげんよう」とあいさつする一風変わった大家のおばあさんと、トホホな芸人の「僕」=矢部との、あたたかくも切ない交流の日々を描いた実話マンガ。「40歳手前で芸人として本当にどう仕事を続けていいかわからなちゃってたんですけど、87歳の大家さんが今を楽しもうとする姿が素敵だなと思って、僕も今できることを何かしないとと(思った)」という矢部。大家さんは「あなたは若いんだから何でもできるわよ」と何度も投げかけてくれたといい、矢部は「僕も本当に若いような気がしてきて、まだまだいろいろなことにチャレンジできるんだと。マンガを描くことにしました」と話した。そして、「大家さんと僕」は58万部を超える大ヒットとなった。

VTRを見ながら、矢部は号泣。大家さんが亡くなる前に大家さんへの思いを描いたという漫画を披露。「大家さんと僕がもしも出会っていなかったら」「僕はひとりちいさなワンルームマンションでさみしいままで」「季節の過ぎ行くことも知らず何もしないのに人の悪口を言ってスッキリしたりして」「それをしあわせだと思っていたことでしょう」「でも大家さんと」「出会えて人生がわかりました」「僕は」「しあわせの本当の意味を知りました」と涙をぬぐいながら読み上げた。

矢部は「本当にマンガを描くって言った時も“何でも書いていいわ!”って言ってくださって。嫌なこともあったと思うんです、書かれたくないこととか。でも、ありがたくてその言葉の意味と重みもゆっくり考えていきたいです。芸人としては、まだ自信ないし、ダメですけど、頑張ります。ありがとうございました」と涙をぬぐった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

母のために宅建を受験?息子に影響を与えた高畑淳子の「終活ノート」

母のために宅建を受験?息子に影響を与えた高畑淳子の「終活ノート」

「最近、裕太さんが宅建を受験したそうです。なんでも、お母さんのために受けたんだとか」(高畑の知人) 【写真】かつて記者の質問に真摯に応じた高畑裕太 高畑淳子の長男・裕太が、新たな活動を始めたようだ。“宅建”というのは国家資格で、宅地建物取引士の略称。 「合格すると、不動産取引の専門家として仕...
夜の営みはどうしているの?一夫多妻を実践している「西山家」

夜の営みはどうしているの?一夫多妻を実践している「西山家」

佐賀県で一夫多妻を実践している「西山家」。 前編では、もともとノーマルな恋愛観を持っていた3人が今の家族の形になるまでを取材させていただき、“一夫多妻家族”に対して抱いていた先入観がいい意味で覆されました。 とはいえ、「夜の営みはどうしているの?」「奥さん同士は嫉妬しないの?」など、まだま...
みのもんたの変貌ぶりに驚く声「いい感じのシニア」モード?

みのもんたの変貌ぶりに驚く声「いい感じのシニア」モード?

大物司会者・みのもんた(74才)のレギュラー番組『カミングアウトバラエティ秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ、日本テレビ系)での変貌ぶりに驚く声が出ている。いったに何があった?コラムニストのペリー荻野さん綴る。 *** みのもんたの「エブリケンミン、カミングアウト!」の掛け声でおなじみの『カ...
自宅を巡る法廷闘争に臨んでいる酒井法子 強制退去の可能性も?

自宅を巡る法廷闘争に臨んでいる酒井法子 強制退去の可能性も?

(全4枚) 各地でライブを開催するなど仕事は順調なのりピー。特に中国での人気は高く、チケットは即完売するという10月中旬の夜7時過ぎ、タクシーを降りたのりピーは、チラリと後ろを振り返ったあと、東京・中野に建つ一軒のビルに入っていった。その顔に?我が家?へ帰ってきたという安堵はなく、どこか淋しげだ...
水曜日のダウンタウン出演芸人に明暗 浮き彫りになる芸人の対応力

水曜日のダウンタウン出演芸人に明暗 浮き彫りになる芸人の対応力

10月24日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で検証したある説に注目が集まっている。 この日の放送では「1週間○○生活目を離したらやっぱり他のもん食っちゃう説」を検証。バラエティ番組ではおなじみとなった一定期間を特定の食品だけで過ごす企画をカメラがないところでも本当に実践できているか...
栄養足りず?精密検査を受けた矢部太郎に寝たきりの危険性を指摘

栄養足りず?精密検査を受けた矢部太郎に寝たきりの危険性を指摘

お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎(41)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組の精密検査を受け、医師団に余命を宣告される。 漫画「大家さんと僕」で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞するなど、漫画家として多忙を極める矢部。身長158...
内山信二にがん化する可能性のあるポリープ発覚 余命5年宣告も

内山信二にがん化する可能性のあるポリープ発覚 余命5年宣告も

タレントの内山信二(37)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組の検査の結果、がん化する可能性のある腫瘍性ポリープが5つ発覚する。 内山はこれまでも同番組に多数出演。昨年11月の放送でも大腸内にポリープが発見され、摘出手術を受けた経...
松嶋尚美の肺年齢は74歳 検査で肺胞の3割近くが消滅と判明

松嶋尚美の肺年齢は74歳 検査で肺胞の3割近くが消滅と判明

タレントの松嶋尚美(46)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組の精密検査の結果、肺年齢が実年齢より約30歳上回る74歳であることが判明する。 1日20本の喫煙を26年間続けているという松嶋。肺は慢性閉塞性肺疾患(COPD)を患って...
田村淳、数千万円を横領された過去 失敗が骨となる即動力を語る

田村淳、数千万円を横領された過去 失敗が骨となる即動力を語る

堀江貴文さんの著書『多動力』(幻冬舎)が話題になったのは昨年のこと。 今年11月には、ロンブー・田村淳さんが『即動力』(SBクリエイティブ)という著書を上梓されたようです。 「思いついたらすぐ行動しろ」という本らしいのですが、我々ビジネスマンにとっては、思いつきで動いてたら失敗が多そうじゃ...
「大事な8年間でした」カラテカ矢部太郎が大家さんからの手紙に号泣

「大事な8年間でした」カラテカ矢部太郎が大家さんからの手紙に号泣

お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(41)が3日、テレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演した。 矢部は漫画「大家さんと僕」で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。同作は一軒家の2階を間借りする矢部と大家さんのほのぼのとした日常が描かれる8コマ漫画。大家さんのモデルとなった女性は8月...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net