芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「首都大学東京」が「東京都立大学」に名称変更 マツコ・デラックスも賛成

2020年4月から「東京都立大学」に名称を変えることを発表した首都大学東京。8月27日に放送された『5時に夢中!』(MX系)では、マツコ・デラックスさんが首都大学東京という名称についてコメントし、痛烈に批判した。(文:石川祐介)

名称変更に伴い、学生証や看板、書類などの変更が必要になり、その費用は少なくとも10億円かかると言われている。

「急にアホな大学になった感じしない?」

「首都大学東京」が「東京都立大学」に名称変更 マツコ・デラックスも賛成

マツコさんは「10億円かかっちゃったとしても、今後のこと考えたら首都大学東京はひどいもんね」というほど、首都大学東京という名称には違和感があるようだ。

「私の周りの都立大学(首都大学東京)出た人達もすごい怒ってる。『あんなクソみたいな名前にされて』って。クソみたいな名前って言ったら今の学生さんには申し訳ないけど」

首都大学東京はそもそも、2005年に東京都立大学、科学技術大学、保健科学大学、短期大学の4つの大学が統合した際、当時の石原慎太郎都知事が名前を公募して命名された。

さらに、マツコさんは

「急にアホな大学になった感じしない?具体的に言うのは避けますけど、"痛い名前大学"みたいじゃん」

と個性が強すぎる名称だと指摘。

「10億円かかるってことを考えたら、『どうぞ』とはアレだけど、長い目で見て、今後の影響力とかそういうのとかを東京都への貢献を考えるなら、今思い切って名前を戻すっていうのは、個人的にはアリなのかなって思う」

短期的に見れば10億円の出費は大きいで、長い目で見ると名称変更は悪くない判断だったと語った。

「最近合併してなくなったけど"新銀行東京"もヤバかった」

司会のふかわりょうさんから「このまま首都大学東京を続けていたら、やがて違和感とかなくなって、愛着を持てるネーミングだと思いますか?」と名称を変えなければ、いずれ違和感はなくなるのではと質問する。

ただ、マツコさんは

「"首都"とかヤバくない?ヤバ目の大学の臭いがするんだよね」
「こんなに頭のいい大学とは思えないっていうか」

と、ほとんどの学部が偏差値60を超える大学であるにもかかわらず、"首都"という言葉を使うことできな臭さを感じてしまうとコメント。

また、ふかわさんは、石原前都知事が2000年に命名した都営大江戸線についても触れ、「大江戸線は結構しっくりきた」と首都大学東京とは違い、そこまで違和感はなかったと話す。

ただ、マツコさんは「結構痛くない?大江戸線」と渋い顔を見せる。だが、若林史江さんは「最初聞いた時は驚きましたけど、今だったら普通じゃない?大江戸線って」と同意する。

「でも、首都大学東京はまだ違和感あるじゃん?ってことは、大江戸線はまだギリセーフだったけど、首都大学東京はヤバかった」

10年以上経っても首都大学東京は馴染めなかったと話すマツコさん。そして、

「同じようなので、最近合併してなくなったけど"新銀行東京"もヤバかった」

と今年5月に東京都民銀行、八千代銀行と合併してきらぼし銀行になった、石原前都知事が設立を先導した新銀行東京にも毒を吐いた。マツコさんからすると、石原前都知事のネーミングセンスは全般的に受け入れられないようだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

有吉弘行が配慮のない後輩に苦言 お店のメニュー見て「高っ」

有吉弘行が配慮のない後輩に苦言 お店のメニュー見て「高っ」

有吉弘行が、11月14日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、デリカシーのない後輩に苦言を呈した。 「後輩と一緒にいても、タクシーに乗って、たまに『臭っ!』って言う後輩がいる。俺、めちゃめちゃ嫌いだもん。ああいうデリカシーのなさっていうか。俺が連れてってんのに、メニュー見て『...
マツコ、同級生の木村拓哉に大胆指摘 「あんたは厄介な人間」

マツコ、同級生の木村拓哉に大胆指摘 「あんたは厄介な人間」

俳優の木村拓哉(45)が18日、パーソナリティーを務めるTOKYOFM「木村拓哉FLOW」(日曜前11・30)に出演。高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)をゲストに迎え、ラジオ番組への思いを語った。 マツコは「ラジオの収録に作家みたいなものを置かずにやっているのはすごいと思う。...
セクハラ騒動の登坂淳一、なりふり構わぬ姿 バラエティで下ネタも

セクハラ騒動の登坂淳一、なりふり構わぬ姿 バラエティで下ネタも

かつてのお堅いイメージは、どこへやら。端正な公家顔から、NHK時代は“麿(マロ)”の愛称で親しまれた登坂淳一アナ(47)。フリーになって早々にセクハラ問題でミソを付けた。復帰を目指し、なりふり構わずか、バラエティ番組では、なんと性に目覚めた時のことまで告白。これには、あのマツコ・デラックスも大...
「国民的美少女」がストレスに 工藤綾乃が22歳で酒に溺れる

「国民的美少女」がストレスに 工藤綾乃が22歳で酒に溺れる

09年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した女優・工藤綾乃(22)が15日放送のフジテレビ「アウト×デラックス」(木曜後11・00)にゲスト出演。「国民的美少女っていう肩書がちょっとストレスで」と酒におぼれていることを告白した。 今年のプロ野球の公式戦で国歌独唱した際には、...
決算書には「浜崎あゆみ」の名も 被害額50億円“インチキ会社”

決算書には「浜崎あゆみ」の名も 被害額50億円“インチキ会社”

今どき信じがたい高利回りをウリに集められた怪しげな社債。被害総額は50億円近いという。そんなトンデモ会社の決算書に、あの歌姫の名が。しかも彼女自身「被害者」を自認しているというのである。 無担保社債を集めていたのは、銀座に本社が登記されているイプシロン・スクエアードなる会社。その2017年3月...
鳥人間コンテストで「王者」が高さ10mからの飛び降り指示 批判続々

鳥人間コンテストで「王者」が高さ10mからの飛び降り指示 批判続々

手作りの飛行機で空を飛ぶ「鳥人間コンテスト」で、絶対王者と呼ばれる男性(48)が、失敗の記録が残らない「失格」にするため、メンバーに高さ10メートルから「飛び降りろ!」と指示した。 その様子が日本テレビ系の放送で2018年8月29日夜に流れると、ツイッタ―上などで批判が相次いだ。これに対し、主催者の...
「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

大ヒット作の影響力 カンヌ映画祭の最高賞たるパルムドールに輝き、興行収入も40億円を超えたという。作品が高く評価され、ビジネスとしても大成功を収めた。現在もロングランが続く「万引き家族」[是枝裕和監督(56)/ギャガ]のことだ。 *** ここまでの“社会的現象”となると、映画を巡る言説もバラエテ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net