芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

さくらももこさん訃報後も変わらず 「ちびまる子ちゃん」声優陣のプロ魂

さくらももこさん訃報後も変わらず 「ちびまる子ちゃん」声優陣のプロ魂 1日放送のフジテレビ系「めざましどようび」(土曜前6時)で8月15日に乳がんのため亡くなったアニメ「ちびまる子ちゃん」の原作者で漫画家・さくらももこさん(享年53)の秘話を特集した。

番組では27日に訃報が伝えられた後、初めてとなる「ちびまる子ちゃん」のアフレコの模様を放送した。現場監督の高木淳氏は「ボクは多少、お加減が悪いのは聞いていたんですけど、知らなかった方も多分、多くいらっしゃると思うので相当、ビックリされていました。一瞬、本当に言葉を失っていたと思いますね」と訃報が伝えられた時の声優陣の反応を振り返った。

その上で訃報後、初のアフレコでの声優陣の様子を「変わらなかったと思います。表面的には。そこを出さないぐらいのプロの方だと思います」と明かしたが、内心は「それはショックだと思いますよ、もちろん。本当は」と思いやっていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

懐かしの「爆チュー問題」復活!さくらももこさんしのぶ 鬼龍院翔はあの大物歌手にも

懐かしの「爆チュー問題」復活!さくらももこさんしのぶ 鬼龍院翔はあの大物歌手にも

8月15日に乳がんのため死去した、人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん(享年53)をしのんで、「爆チュー問題」とまる子の声を務めるTARAKO(57)が12日、フジテレビ系「2018FNS歌謡祭第2夜」(後7・00)で「アララの呪文」を熱唱した。 「爆チュー問題」はお笑...
西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

今年5月、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなった。NHK紅白出場は18回を数え、レコード大賞の金賞や歌唱賞を受賞するなど、人気、実力とも超一流だった西城さん。常に笑顔でパワフルな印象の彼だが、私生活では何度も病に襲われていた。 11月16日に配信されたNEWSポストセブンの「西城秀樹さんの妻が明かした出...
「イッテQ」も戦々恐々?テレビ朝日「ポツンと一軒家」の魅力

「イッテQ」も戦々恐々?テレビ朝日「ポツンと一軒家」の魅力

バラエティのトップ「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は“ヤラセ祭り”報道直後の11月11日の放送でも視聴率16.6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)、18日も16.5%を獲得し、〈相変わらずの人気ぶり〉と報じられた。 さすがバラエティ王者の貫禄といったところか。しかし、業界にはちょっと...
さくらももこさんをしのぶ会に参列 B.B.クィーンズの喪服が反響

さくらももこさんをしのぶ会に参列 B.B.クィーンズの喪服が反響

53歳で亡くなった漫画家さくらももこさんをしのぶ会に参列したB.B.クィーンズの2人が、心のこもった「正装」だったとして、ネット上で感謝の声が続々寄せられている。 「さくらももこさんありがとうの会」。2018年8月15日に乳がんで亡くなったさくらさんをしのぶ会は、こんなタイトルで11月16日、東京・青山葬...
“謹慎の先輩”狩野英孝 活動再開の堤下にエールも強烈ツッコミ「どの口が…」

“謹慎の先輩”狩野英孝 活動再開の堤下にエールも強烈ツッコミ「どの口が…」

お笑いタレント・狩野英孝(36)が23日、都内で行われた、地元・宮城県の新ブランド米「だて正夢」のPRイベントに登場。インパルス・堤下敦の芸能活動再開にコメントした。 狩野も昨年1月に女子高生との交際が報じられて無期限謹慎となり、同年6月1日に処分が解除されていた。 報道陣から「謹慎の先...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net