芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「NEWS ZERO」降板の記者にセクハラ疑惑 被害女性は複数か

「NEWS ZERO」降板の記者にセクハラ疑惑 被害女性は複数か (全3枚)

新天地でのスタートダッシュを期す彼女は、現在、筋トレや食事制限に励み、心身ともに準備を整えている。ところが、その彼女を支えるべき“相方”がいまだ決まっていない。その理由を探ってみると、とんでもないスキャンダルが浮上してきた。

「出鼻をくじかれる」とは、まさにこのことだ。報道番組『NEWSZERO』(日本テレビ系)がこの10月から完全リニューアル。元NHKの有働由美子アナ(49才)を中心とした新キャスター陣のお披露目会見が、多くの報道陣を集めて9月4日に行われた。

まさにその当日、有働アナの“女房役”を務めるはずだった男性サブキャスターの「社内セクハラ疑惑」が報じられたのだ。

「知らされた有働さんは絶句したそうです。旧キャスター陣は櫻井翔さん(36才)だけがそのまま継続して出演し、他のメンバーは総入れ替え。中でも男性サブキャスターは、“目玉”でしたからね。男性キャスターに内定していたのは、日テレ報道局政治部のエースだった青山和弘さん(50才)です。すでに有働さんとも顔合わせ済みで、リニューアル後の方針についての打ち合わせも進んでいた。ところが、9月1日付で、突然、報道局から経営系の部課へと転属してしまった。完全な“左遷”人事です」(日テレ関係者)

◆“親安倍派”の政治部エース記者

新キャスター陣もスタッフも、リニューアルを意気軒昂にアピールするはずだったのだが、一転、会見はピリピリムードに。冒頭、「今回の番組リニューアルについての発表以外の質問には、お答えしない」という旨のアナウンスがあった。

リニューアル後の番組のセールスポイントは有働アナの「ホンネ感」だそうだが、さっそくホンネは“封印”。

「本来なら、メインキャスターの有働さんをサポートする男性サブキャスターも発表するべきでした。しかし、青山さんの突然の左遷で、後任が決まりきらなかったそうです。共演者について有働さんは“櫻井さんのことは信頼している”とだけ語っていました」(前出・日テレ関係者)

青山氏は東京大学文学部卒業後、1992年に日本テレビに入局。政治部で頭角を現し、政界関係者へのルートも多い。

「安倍晋三首相からの信頼も厚いと評判です。安倍官邸には独自のルートもあり、政権寄りのニュース解説をする“親安倍派”ともいわれていました。ワイドショーやバラエティー番組にも出演、難しい政治の話をわかりやすく解説してくれると女性ファンも多い。“第2の池上彰さんになれる”といわれるほどです」(別の日テレ関係者)

青山氏は日テレ局員と結婚後、離婚。2011年に別の日テレ局員と再婚し、現在2児の父で、子煩悩でも知られる。なぜ鳴り物入りの男性キャスターが突然異動になったのか──。

「日テレの20代女性局員が、青山さんからセクハラを受けたと、社内のしかるべき部署に訴え出たそうです。お酒が入って酩酊状態になった女性局員に、無理やり肉体関係を迫ったのではないかと疑われています。

当初、女性局員はほとんど記憶がないことから、告発することをためらっていましたが、自分と同じような“被害”に遭った女性が他にもいると知ったそうで、訴え出ることを決意したそうです。実際、社内アルバイトの女性も同じような目に遭ったそうです」(前出・日テレ関係者)

◆スタート前の発覚は不幸中の幸い

日頃は、セクハラに関するニュースも厳しく追及している『ZERO』だけに、セクハラ醜聞に巻き込まれている出演者は都合が悪いのだろう。青山氏の出演は見送られることになった。

「セクハラの事実関係を確認し、お互いの事情聴取も経た上で、今回の降板、異動となったそうです。局内では箝口令の雰囲気もあります。頭を抱えたのは有働さんとスタッフ。内々で“お披露目会見までに何とか後任を決めたい”と人選を急いだそうです。

そこで“後任”に浮上したのが、知名度がある男性キャスターAさん。でも、ここでも躓いてしまった。Aさんも女性問題を抱えていて、一部に怪文書がまかれるトラブルがあったんです。そうしたドタバタもあって、お披露目会見では男性サブキャスターの発表はありませんでした」(前出・日テレ関係者)

本誌は日本テレビ広報部に対し、青山氏のセクハラ騒動の事実確認や『ZERO』降板決定の経緯などを問う質問書を送ったが、〆切までに回答を得ることはできなかった。

「メインキャスターとしても、女性の立場からしても、有働さんは怒り心頭です。でも、10月の番組リニューアル前に発覚したことが、不幸中の幸いだったともいえます。もし番組が始まってから疑惑が噴出していたら、『ZERO』はリニューアル早々に打ち切りになってしまっていた可能性もありましたから」(芸能関係者)

お披露目会見終了後、記者の囲み取材に応じた有働アナは、自らこんな話を始めた。

「現在は価値観が変わってきている。セクハラ問題もそうですが、何か指標を持ってやるというより、自分自身の“迷い”すらも出していきたい。これが自分のことだったらどうか?そういうふうに、見ているかたに考えてもらえるように伝えていきたいです」

9月8日には、番組立ち上げからメインキャスターを務めた功労者の村尾信尚氏(62才)ら、卒業メンバーたちを送り出す盛大な送別会が、都内のイベント施設で予定されているという。

「リニューアルに伴って『ZERO』を降板する出演者の中には、忸怩たる思いを抱いている人もいます。こんなことなら、リニューアルなんてやらなければよかったのでは…」(番組関係者)

前途多難な船出である。

※女性セブン2018年9月20日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「これ分給?」博多大吉が「あさイチ」のギャラの少なさに絶句

「これ分給?」博多大吉が「あさイチ」のギャラの少なさに絶句

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が12日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「おかべろ」に出演。昨年4月からMCを務めているNHKの朝の情報番組「あさイチ」のギャラ事情を明かした。 V6の井ノ原快彦と有働由美子アナウンサーに代わり、昨年4月から近江友里恵アナウンサーと3人で「あさイチ」のM...
マツコの体重が10キロ落ちる?有働由美子が原因との説

マツコの体重が10キロ落ちる?有働由美子が原因との説

テレビ界で圧倒的存在感を誇るあのマツコ・デラックス(46)が、ダイエットも何もしていないのに最近、体重が10キロ近く落ちてしまったという。もっとも一見する限りは、以前と見た目の違いもほとんど分からないが…。日曜以外は毎日レギュラー番組を抱え、その数、実に8本。テレビで見ない日はなく相変わ...
火花を散らす有働由美子と徳永有美 今後を左右する不倫の後始末

火花を散らす有働由美子と徳永有美 今後を左右する不倫の後始末

(全2枚) 夜の民放ニュース番組『newszero』(日本テレビ系)の有働由美子アナ(49)と、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の徳永有美アナ(43)が火花を散らしている。 双方ともに視聴率が“不調”と報じられたが、放送作家でコラムニストの山田美保子氏は、こう見る。 「番組の顔を変えた結果が視聴率に現...
公私混同?紅白副音声で号泣した雨宮萌果アナに厳しい声も

公私混同?紅白副音声で号泣した雨宮萌果アナに厳しい声も

視聴者も評価した紅白での“アクシデント” NHKの雨宮萌果アナ(31)といえば、タレントの篠山輝信(35)との結婚が報じられたことが記憶に新しい。まさに“話題の女子アナ”なのだが、幸せいっぱいであるはずの彼女がNHK紅白のリハーサルで号泣する一幕があったという。 *** ちなみに篠山輝信は、写真家・篠山...
日テレ 視聴率「週間3冠王」でテレ朝に2回負けた衝撃と内情

日テレ 視聴率「週間3冠王」でテレ朝に2回負けた衝撃と内情

日本テレビが蜂の巣をつついたような大騒ぎに見舞われている!!ビデオリサーチの調べによると、10月第3週(15〜21日)の平均視聴率(関東地区)が3部門ともテレビ朝日を下回ってしまったのだ。視聴率「週間3冠王」の争いで日テレがテレ朝を下回ったのは今年2度目だが、制作サイドは危機感ゼロ。こ...
有働由美子からダメ出し連発?NEWS ZEROスタッフ戦々恐々か

有働由美子からダメ出し連発?NEWS ZEROスタッフ戦々恐々か

10月からリニューアルされる日本テレビ系の報道番組「newszero」のスタッフがビビリまくっている。理由はNHKを退局して鳴り物入りでメインキャスターを務める有働由美子アナウンサー(49)が“優秀すぎる”せい。新体制の番組スタートまでに週4〜5回ペースで開かれる企画会議に、なんと有働ア...
「NEWS ZERO」送別会に厳戒態勢 青山和弘氏の疑惑で終始ピリピリ

「NEWS ZERO」送別会に厳戒態勢 青山和弘氏の疑惑で終始ピリピリ

(全3枚) さらば、桐谷美玲さん、村尾信尚キャスター 有働新キャスターは日テレのセクハラ疑惑をどう捌くのか 青山をサブキャスターに指名したのは有働だと言われる。それだけに、本心ではショックも大きかっただろう「会場での"厳戒態勢"ぶりが、日テレ看板番組のゴタゴタをそのまま映し出しているようでした...
「news zero」の内定取消騒動 サブキャスターは置かない方向に?

「news zero」の内定取消騒動 サブキャスターは置かない方向に?

フリーに転身した元NHKの有働由美子アナ(49)が混迷の船出である。この10月よりメインキャスターを務める「NEWSZERO」で、彼女の“相棒”になるはずだった報道局の青山和弘氏が、女性問題で内定取消になっていたのだ。青山氏を巡っては、〈女癖が悪いコトでも知られていた〉と攻撃する“怪メール”も、日テレ関係...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net