芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

政府は過去の「強制不妊」に謝罪すべきだ(石田純一)

政府は過去の「強制不妊」に謝罪すべきだ(石田純一)

石田純一の「これだけ言わせて!」第3回

日本では、避妊のことは学校でも生徒を集めて教えているが、妊娠についての教育はほとんど行われていない。だから、30代も後半になれば妊娠しにくくなる、という客観的事実に鈍感なまま、一定の年齢まで過ごしてしまう女性が後を絶たない。妻の理子も、運動をして体を鍛えているから、いざ産もうと思えばすぐに産める、と楽観していたようだが、そう簡単ではなかった。ご存じのように「妊活」によって、結果的には幸い3人の子宝に恵まれたが、同様に根拠のない自信過剰があだとなり、子供を産むチャンスを逸してしまった女性も少なくないと聞く。

避妊については「教えている」と書いたが、過去には教えるどころか、ある強制も行われてきた。それは1948年に制定され、96年まで存続した優生保護法によるものだ。この法律には二つの目的があった。一つは、優生学上の見地から、病気や障害をもつ子供が生まれてこないようにするという目的。もう一つは、母性の生命と健康を保証するという目的。女性を、妊娠したり出産したりする機能をふくめて保護し、健康でいてもらうという意味だ。優生保護法では、これら二つの目的のために、不妊手術や人工妊娠中絶を行う条件や、避妊具の販売や指導について定められていた。

政府は過去の「強制不妊」に謝罪すべきだ(石田純一) 石田純一

要するに、障害があって、同様に障害がある子供を産む可能性がある人に勝手に手術を行い、生殖機能を奪ってもよい、と定められた法律が優生保護法だったのだ。だから、妊娠、出産する機能をふくめて保護、というのは建前で、実際には、そういう権利が奪われた女性が大勢いた。都道府県の優生保護審査会が判断し、本人の同意がないまま行われた不妊手術は、統計上に見えるだけで1万6500件もあるといわれている。対象の半数以上が未成年だった地域もあり、9歳、10歳の子供にまで行われていたケースもある。

優生保護の考え方はナチス・ドイツも共有し、日本固有のものではない。行われていた国はヨーロッパなどにいくかある。ただ、いずれも過去の非を認めて謝罪し、補償について話し合う段階に移行している。一方、わが日本政府はあくまで、そのときは合法かつ適切な判断だった、という姿勢を崩していない。いくらなんでも酷い姿勢ではないか。僕はそう思う。

そんな日本政府の姿勢に対し、16年に国連の女子差別撤廃委員会が、17年には日本弁護士連合会が、「被害者に謝罪すべきだ」という声明を出している。今年になって、超党派議員連盟も、強制不妊の被害者の救済を主張し、毎日新聞の調べでは、3月中旬から7月末までの5カ月弱で、全地方議会の約1割に当たる160議会で「被害者救済を」という意見書が採択されているという。

それでも、いまのところ政府は謝罪する姿勢を見せていない。ドイツは「二度と過ちを犯してはならない」と自らを律している。日本も、広島の原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい過ちは繰返しませぬから」と記されている。それなのに、過去と向き合わない日本政府の姿勢は、残念でならない。

石田純一(いしだ・じゅんいち)
1954年生まれ。東京都出身。ドラマ・バラエティを中心に幅広く活動中。妻でプロゴルファーの東尾理子さんとの間には、12年に誕生した理汰郎くんと2人の女児がいる。元プロ野球選手の東尾修さんは義父にあたる。

2018年9月15日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「地獄の苦しみだった」と乙武洋匡氏 障害者が抱える性の問題

「地獄の苦しみだった」と乙武洋匡氏 障害者が抱える性の問題

「最近射精したのは、覚えてないぐらい前です」 「ただ食べて寝るだけの生き物になったみたいな」 ある日を境に身体障害者になった人たち。感じるのは今までできていたことが突然できなくなるもどかしさや無力さ。それは性に対しても同じだ。 彼らは欲求があっても、セックスどころか自力での射精すらできず苦...
NHK本気の「性教育」番組に反響  10代の「性の誤解」を打ち砕く

NHK本気の「性教育」番組に反響 10代の「性の誤解」を打ち砕く

「性にまつわる誤解を打ち砕く番組」――。真正面から「性」について考えた「ハートネットTV」(NHKEテレ)の放送が、インターネット上で大きな反響を呼んでいる。 番組では「教えて!性の神さま」をテーマに、若年層の悩みや疑問を、スタジオのタレント・ぺえさん、ゆきぽよさんらと共に考え、最後に専門家の知...
人気女子高生YouTuberが16歳で2度目の妊娠を告白 子育てへ決意

人気女子高生YouTuberが16歳で2度目の妊娠を告白 子育てへ決意

「私のお腹の中には、(彼氏の)いっちゃんとの大事な赤ちゃんがいます」。ユーチューブ、TikTok、MixChannelといった動画共有アプリを中心に活動している渡辺リサさん(16)が2018年12月1日、ユーチューブで妊娠を報告した。 リサさんのチャンネル登録者数は、10万人を超える。今回の動画は12月3日時点で50万...
イッテQ騒動の裏でもう1つの不祥事 日テレ報道局部長が7股不倫か

イッテQ騒動の裏でもう1つの不祥事 日テレ報道局部長が7股不倫か

「12月1日付で急に異動が発表になったので局内では“何があったのだろう?”ってウワサになっていたんです。まさか女性問題でトラブルを起こしていたなんて、びっくりですよ」(日本テレビ関係者) 人気番組『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ疑惑で揺れる日本テレビ。お笑い芸人の宮川大輔が出演する『祭り』...
復活「しくじり先生」は成功しないと言われる理由

復活「しくじり先生」は成功しないと言われる理由

テレ朝お得意の“奇策” 東スポWebは1月31日、「テレ朝系『しくじり先生』復活!目玉は純烈」と報じた。記事冒頭に「本紙の取材でわかった」とあり、スクープ記事であることを示している。 *** 番組の正式名は「しくじり先生俺みたいになるな!!」だ。2014年10月に深夜番組としてスタートすると、たちまち人気...
いしだ壱成とすみれがそれぞれ家族について告白 ようやく「家族」に?

いしだ壱成とすみれがそれぞれ家族について告白 ようやく「家族」に?

芸能人のお正月といえばハワイ。今年も、浜田雅功・小川菜摘夫妻、江口洋介・森高千里夫妻ら芸能人の家族が続々と現地入りした。そんなワイドショーの映像を見ていると、ついつい捜してしまうのが石田純一(64)ファミリー。実は彼らは、ハワイは年末で、年始はグアムで過ごしたらしい。 清水国明は68歳で第...
すみれが父の石田純一を拒絶 「全然ムリ、パパみたいなタイプ」

すみれが父の石田純一を拒絶 「全然ムリ、パパみたいなタイプ」

2日放送の日本テレビ系「新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP!」(後6時半)では、俳優・石田純一(64)とプロゴルファー・東尾理子(43)夫婦の豪邸を、お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)、原田泰造(48)、堀内健(49)が訪問した様子が放送された。 石田家には理子の父...
美川憲一が今井絵理子議員をバッサリ 「腹が立ってね、アタシ」

美川憲一が今井絵理子議員をバッサリ 「腹が立ってね、アタシ」

28日のTBS系「ビビット」は歌手・美川憲一(72)による年末芸能座談会を放送した。 美川は2018年をにぎわした数々の話題をぶった斬った。 元「SPEED」メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(35)は、元神戸市議会議員の橋本健氏(38)との交際を正式に表明した。 美川は「腹が立ってね...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net