芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

政府は過去の「強制不妊」に謝罪すべきだ(石田純一)

政府は過去の「強制不妊」に謝罪すべきだ(石田純一)

石田純一の「これだけ言わせて!」第3回

日本では、避妊のことは学校でも生徒を集めて教えているが、妊娠についての教育はほとんど行われていない。だから、30代も後半になれば妊娠しにくくなる、という客観的事実に鈍感なまま、一定の年齢まで過ごしてしまう女性が後を絶たない。妻の理子も、運動をして体を鍛えているから、いざ産もうと思えばすぐに産める、と楽観していたようだが、そう簡単ではなかった。ご存じのように「妊活」によって、結果的には幸い3人の子宝に恵まれたが、同様に根拠のない自信過剰があだとなり、子供を産むチャンスを逸してしまった女性も少なくないと聞く。

避妊については「教えている」と書いたが、過去には教えるどころか、ある強制も行われてきた。それは1948年に制定され、96年まで存続した優生保護法によるものだ。この法律には二つの目的があった。一つは、優生学上の見地から、病気や障害をもつ子供が生まれてこないようにするという目的。もう一つは、母性の生命と健康を保証するという目的。女性を、妊娠したり出産したりする機能をふくめて保護し、健康でいてもらうという意味だ。優生保護法では、これら二つの目的のために、不妊手術や人工妊娠中絶を行う条件や、避妊具の販売や指導について定められていた。

政府は過去の「強制不妊」に謝罪すべきだ(石田純一) 石田純一

要するに、障害があって、同様に障害がある子供を産む可能性がある人に勝手に手術を行い、生殖機能を奪ってもよい、と定められた法律が優生保護法だったのだ。だから、妊娠、出産する機能をふくめて保護、というのは建前で、実際には、そういう権利が奪われた女性が大勢いた。都道府県の優生保護審査会が判断し、本人の同意がないまま行われた不妊手術は、統計上に見えるだけで1万6500件もあるといわれている。対象の半数以上が未成年だった地域もあり、9歳、10歳の子供にまで行われていたケースもある。

優生保護の考え方はナチス・ドイツも共有し、日本固有のものではない。行われていた国はヨーロッパなどにいくかある。ただ、いずれも過去の非を認めて謝罪し、補償について話し合う段階に移行している。一方、わが日本政府はあくまで、そのときは合法かつ適切な判断だった、という姿勢を崩していない。いくらなんでも酷い姿勢ではないか。僕はそう思う。

そんな日本政府の姿勢に対し、16年に国連の女子差別撤廃委員会が、17年には日本弁護士連合会が、「被害者に謝罪すべきだ」という声明を出している。今年になって、超党派議員連盟も、強制不妊の被害者の救済を主張し、毎日新聞の調べでは、3月中旬から7月末までの5カ月弱で、全地方議会の約1割に当たる160議会で「被害者救済を」という意見書が採択されているという。

それでも、いまのところ政府は謝罪する姿勢を見せていない。ドイツは「二度と過ちを犯してはならない」と自らを律している。日本も、広島の原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい過ちは繰返しませぬから」と記されている。それなのに、過去と向き合わない日本政府の姿勢は、残念でならない。

石田純一(いしだ・じゅんいち)
1954年生まれ。東京都出身。ドラマ・バラエティを中心に幅広く活動中。妻でプロゴルファーの東尾理子さんとの間には、12年に誕生した理汰郎くんと2人の女児がいる。元プロ野球選手の東尾修さんは義父にあたる。

2018年9月15日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

NHK本気の「性教育」番組に反響  10代の「性の誤解」を打ち砕く

NHK本気の「性教育」番組に反響 10代の「性の誤解」を打ち砕く

「性にまつわる誤解を打ち砕く番組」――。真正面から「性」について考えた「ハートネットTV」(NHKEテレ)の放送が、インターネット上で大きな反響を呼んでいる。 番組では「教えて!性の神さま」をテーマに、若年層の悩みや疑問を、スタジオのタレント・ぺえさん、ゆきぽよさんらと共に考え、最後に専門家の知...
人気女子高生YouTuberが16歳で2度目の妊娠を告白 子育てへ決意

人気女子高生YouTuberが16歳で2度目の妊娠を告白 子育てへ決意

「私のお腹の中には、(彼氏の)いっちゃんとの大事な赤ちゃんがいます」。ユーチューブ、TikTok、MixChannelといった動画共有アプリを中心に活動している渡辺リサさん(16)が2018年12月1日、ユーチューブで妊娠を報告した。 リサさんのチャンネル登録者数は、10万人を超える。今回の動画は12月3日時点で50万...
イッテQ騒動の裏でもう1つの不祥事 日テレ報道局部長が7股不倫か

イッテQ騒動の裏でもう1つの不祥事 日テレ報道局部長が7股不倫か

「12月1日付で急に異動が発表になったので局内では“何があったのだろう?”ってウワサになっていたんです。まさか女性問題でトラブルを起こしていたなんて、びっくりですよ」(日本テレビ関係者) 人気番組『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ疑惑で揺れる日本テレビ。お笑い芸人の宮川大輔が出演する『祭り』...
石田純一の長男が最難関私立小学校に合格 競争率は「実質30倍」

石田純一の長男が最難関私立小学校に合格 競争率は「実質30倍」

「息子さんを後ろに乗せて、ママチャリをこぐ姿をよく見ましたよ」(近所の住民) 【写真】表情ですべてを語った石田純一 お約束となった素足でローファーをはき、高級外車を乗り回す姿が今もサマになる石田純一。そんな彼が還暦を過ぎて“ママチャリ”デビューしたのには、ある深い理由があった。 「現在、長男...
石田純一がまたもや無断で事業拡大疑惑 東尾理子が打ち明ける

石田純一がまたもや無断で事業拡大疑惑 東尾理子が打ち明ける

プロゴルファーでタレントの東尾理子が、24日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00〜)に出演し、夫・石田純一の新たな疑惑を打ち明けた。 以前の同番組で、石田が昨年12月、妻の東尾に内緒で沖縄に冷麺屋をオープンし、開店資金のために東尾に保証人にな...
古市憲寿氏、カイヤら出席の晩さん会に「問題起こした人じゃないと…」

古市憲寿氏、カイヤら出席の晩さん会に「問題起こした人じゃないと…」

社会学者の古市憲寿氏(33)が15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)に生出演。夫で俳優の川崎麻世(55)に離婚訴訟を起こされているタレント・カイヤ(56)が出席した13日夜に行われた「第21回ザグランドインペリアル慈善晩さん会」についてコメントした。 晩さん会にはデ...
川崎麻世 ブログで一部報道否定か「金の請求なんて」

川崎麻世 ブログで一部報道否定か「金の請求なんて」

俳優の川崎麻世(55)が14日、自身のツイッターを更新し、「今までも今も金の請求なんてしてないんだけどなー。どこの誰の情報だろう。また存在しない関係者ってやつかな?」とツイート。一部で報じられた、妻でタレント・カイヤ(56)に「慰謝料5000万円を請求する可能性も」との記事を否定したと...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net