芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

樹木希林さんが死去も「遺族は毅然と」本木雅弘の関係者が明かす

樹木希林さんが死去も「遺族は毅然と」本木雅弘の関係者が明かす 「全身がん」を公表していた女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さんが15日に死去したことが16日、分かった。訃報を受けて娘の内田也哉子(42)の夫で俳優の本木雅弘(52)の所属事務所の関連会社関係者が都内で取材に応じた。

関係者によると樹木さんは15日午前2時45分、自宅で家族に見取られながら、静かに息を引き取った。死因は明らかになっていない。葬儀は9月30日に東京都港区南麻布の光林寺で営まれる。関係者は「びっくりとしか言いようがない」と突然の別れを惜しみ、樹木さんの遺族の状態を「毅然(きぜん)とされています」と明かした。

樹木さんはシリアスからコメディまでこなせる個性派俳優として活躍する一方、2012年に、がん体質であることを指す「全身がん」を公表。04年の乳がん発症以降、約20か所のがんと闘ってきた。

今年8月13日に知人宅の外階段で転び、左大腿骨を骨折。娘の也哉子に付き添われて病院に行き、15日に足にチタンを入れる手術を受けた。本木は同30日に容体を説明。「全身がん」の影響で肺のあたりが弱っており「一時は危篤状態の場面もありましたが、無事に危機を回避した」と話していた。

12年にがん体質であることを指す「全身がん」を本紙インタビューなどで告白。翌年2月の日本アカデミー賞では表彰式のテレビ中継で「全身がん」を改めて公表した。

毒舌で開けっぴろげな性格に見える樹木さんを変えたのは、やはりがんだった。最初に襲ったのは乳がん。04年に見つかり、翌年右乳房を全摘手術した。その後、腸や副腎、脊椎などにも見つかり、治療は約20か所にも及んだ。

最初のがんから14年。人生観、死生観も変わった。「がんがありがたい」と思えるようになっていた。「私の場合、体に広がる全身がん。でもがんに感謝。経験してなければろくに『死』にも向き合わず、内田(裕也)さんのこともちゃんと理解しようと思わなかった」

最初のがんの術後が良くなく、苦しみ、独学でがんを猛勉強した。樹木さんが選択したのが「体への負担が少ない」とされる放射線をピンポイントで照射する方法だった。「がんが見つかってもおっかなびっくりしない。出ればつぶせばいい。がんには必ず要因がある。生活習慣も見つめ直す。簡単に治らないからこそ、自分に客観的になれ、生き方がつましくなった」と語っていた。

がんだけはない。03年には左目の網膜剥離を発症し、役者にとっては致命的な失明宣告を受けたこともあった。一時は視界は真っ白で何も見えない状態に。しかし医師の勧めた手術に納得できず、拒んだ。しばらく様子を見ていると、少し視力が戻る奇跡が起きた。「人間には医師も理解できない不思議な自然治癒力があるのよ」が口グゼだった。

日本を代表する女優の一人でありながら、マネジャーなしでスケジュールも出演料も、すべて自分で管理し、決めていた。この理由も「社員を抱えると責任を感じる」と自身の病気が背景になっていた。「でも何の痛痒も感じない。一人で何ら困ったことはないわ」と答えていた。

夫のミュージシャン、内田裕也(78)とは別居しながら暮らす独特の夫婦関係を続けた。夫が、芸能界を騒がせた時も「私は逃げ隠れするのが一番嫌だから」と、率先してマスコミ対応し、説明に当たったことも。離れて暮らしながらも、心の中で夫を思い続けていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

市原悦子さん、樹木葬に「自然に帰して…」 友人・ミッキー吉野が明かす

市原悦子さん、樹木葬に「自然に帰して…」 友人・ミッキー吉野が明かす

12日に心不全のため亡くなった女優・市原悦子さん(享年82)の通夜が17日、青山葬儀所でしめやかに営まれ、阿部寛、竹中直人、小野武彦、布川敏和、川上麻衣子ら関係者600人が参列した。祭壇は故人の希望で、大好きだった観葉植物などの鮮やかな緑で飾られた。追悼のピアノ演奏を披露した「ゴダイゴ...
木村拓哉 静香、Koki,らと恒例新年会 樹木希林さん偲ぶ

木村拓哉 静香、Koki,らと恒例新年会 樹木希林さん偲ぶ

(全2枚) 「お前はすんなり賛成したの?」。明石家さんま(63才)がKoki,(15才)の芸能界デビューについてそう問いかけると、 「ノーって言えなくないですか?自分でやっておいて」と木村拓哉(46才)は答えた。 1月1日午後4時、2人が共演する『さんタク』(フジテレビ系)が放送された。 「2人は私生活でも...
TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

ドラマに登場する銭湯の女湯や入浴シーンは、時代ともにどのように変わったのか。コラムニストのペリー荻野さんが考察する。 *** 今年亡くなった樹木希林さんの代表作のひとつ『時間ですよ』シリーズが、BS12トゥエルビで再放送中だ。このドラマを改めて見て驚くのは、実におおらかに女性の裸が出てくるこ...
高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

全身がんを患っていた樹木希林さんの姿に背中を押され、“全身がん”であることを告白したという高須クリニックの高須克弥院長(73才)さん。「自分は実験台でいい。治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても他の人にとっていい教材になればいい」と話し、最先端のがん治療を受けている。 高須さんの...
樹木希林さんの遺産問題で娘・也哉子を社長に 内田裕也への対策

樹木希林さんの遺産問題で娘・也哉子を社長に 内田裕也への対策

9月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75)が出演したドキュメンタリー「樹木希林の居酒屋ばぁば」が6日、カンテレ(関西テレビ)で追悼番組として再放送された。 希林さんは、名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンに暮らす高齢夫婦の日常を取材した東海テレビ製作のドキュメンタリー「人生フルーツ...
本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

樹木希林さん(享年75)の告別式が9月30日、東京・光林寺で開かれた。娘・内田也哉子(42才)の夫である本木雅弘(52才)は、告別式の直前に囲み取材を受け、樹木さんの最期の様子を明らかにした。ここでは、本木雅弘が会見で話した全文を掲載する──。 *** 家族としては落ち着いて振り返る暇が、心に余裕が...
樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

(全3枚) 先月15日に死去した女優、樹木希林さん(享年75)の本葬が30日、東京・南麻布の光林寺で営まれた。取材に応じた義理の息子で俳優、本木雅弘(52)は、故人が入院中、40年以上別居していた夫で歌手、内田裕也(78)に「会いたい」と何度も漏らしていたことや、裕也も火葬時に別れを惜しみ...
希林さん、本棚にしまった夫の手紙 絶句した也哉子さん

希林さん、本棚にしまった夫の手紙 絶句した也哉子さん

30日に都内で開かれた樹木希林さんの葬儀では、最後に長女の内田也哉子さんが、父で喪主の裕也さんに代わってあいさつをした。 結婚するまでの19年間、母と2人きりの家庭だったと振り返り、「そこにまるで象徴としてのみ君臨する父でしたが、何をするにも常に私たちにとって大きな存在だったことは確かで...
高須克弥氏ががんを語る「人間ドッグで自分で見つけた」

高須克弥氏ががんを語る「人間ドッグで自分で見つけた」

22日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)に、今年9月に全身をがんに冒されていることを自身のツイッターで告白した高須クリニック院長・高須克弥氏(73)が出演し、「全身がん」を告白した理由を明かした。 MCの坂上忍(51)から「がんになってどれくらいですか?」と聞かれ...
樹木希林さんも絶賛した黒木華 幅広い演技の秘訣は「昭和顔」

樹木希林さんも絶賛した黒木華 幅広い演技の秘訣は「昭和顔」

ドラマや映画関係者の間で、“今もっとも起用したい女優”として真っ先に名前があがるのが、黒木華(28才)だ。今年10月13日に公開した映画『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)に主演したばかりの彼女だが、来年春までドラマや映画の出演予定作が引きも切らない。現在出演中のドラマ『獣になれない私たち』...
2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

(全2枚) 10月15日の午後1時過ぎ。都心の一等地に立つ、真っ赤な外観の瀟洒なビンテージマンションに、撮影機材を抱えたテレビスタッフが入っていった。ここは女優の市原悦子(82才)が住むマンション。 「2年ほど前に病に倒れて以来、市原さんは自宅で療養を続けていましたが、最近は少しずつナレーションなど...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net