芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」樹木希林さんが死生観綴った広告が話題

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」樹木希林さんが死生観綴った広告が話題

女優の樹木希林(本名・内田啓子)さんが2018年9月15日、亡くなった。75歳だった。各メディアが16日夕、一斉に報じた。

13年に全身のがんであると告白。闘病を続けながらも、女優としての活動を続けた。訃報を受けてインターネット上では、樹木さんを起用した宝島社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」を思い出すユーザーが相次いでいる。

1か月前には「うっかりあちらに送られる側に...」

樹木さんは18年8月13日、左大腿(だいたい)骨を骨折して入院。スタジオ出演する予定だった16日放送のNHKBSプレミアム番組には電話で出演し、「うっかりあちらに送られる側になるところでした」とユーモラスに語っていた。

また、娘婿で俳優の本木雅弘さん(52)は30日のイベントで、樹木さんががんの影響で一時危篤状態にあったことを明かしていた。このとき本木さんは、

「細い糸1本でやっとつながってる声一言もでないのしぶとい困った婆婆です」

という樹木さん直筆のメッセージも紹介していた。

それから約2週間後の訃報。ツイッターやネット掲示板には、「希林さんの生き方お芝居も大好きでした」「大好きだった。樹木希林さん、ありがとう」と惜しむ声が相次いで寄せられている。

「なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう」

樹木さんは、宝島社が16年1月5日に全国紙4紙に掲載した企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」にも起用されていた。同年の「読売広告大賞」グランプリを受賞した作品だ。

英国の画家ジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」をモチーフに、安らかな微笑みを浮かべた樹木さんが森の中で1人、水面に身を横たえているデザイン。「死ぬときぐらい〜」というコピーの下に、

「人は必ず死ぬというのに。
長生きを叶える技術ばかりが進歩して
なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。
死を疎むことなく、死を焦ることもなく。
ひとつひとつの欲を手放して、
身じまいをしていきたいと思うのです。
人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。
それが、私の最後の欲なのです」

とのメッセージが添えられている。

この広告について、樹木さんは宝島社に「死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。そういったことを伝えていくのもひとつの役目なのかなと思いました」というコメントも寄せていた。

「死」に関する樹木さんの思いをつづったこの広告を、今回の訃報を受けて思い出すユーザーも多かったようで、ツイッターには、

「『死ぬときぐらい好きにさせてよ』。その言葉通り、好きに死ねたのかな。だと、良いなあ...」
「宝島社の広告はとても美しく、静謐かつ衝撃だった。あの微笑みの印象が今もずっと残ってる」

などの声が寄せられている。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

ドラマに登場する銭湯の女湯や入浴シーンは、時代ともにどのように変わったのか。コラムニストのペリー荻野さんが考察する。 *** 今年亡くなった樹木希林さんの代表作のひとつ『時間ですよ』シリーズが、BS12トゥエルビで再放送中だ。このドラマを改めて見て驚くのは、実におおらかに女性の裸が出てくるこ...
高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

全身がんを患っていた樹木希林さんの姿に背中を押され、“全身がん”であることを告白したという高須クリニックの高須克弥院長(73才)さん。「自分は実験台でいい。治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても他の人にとっていい教材になればいい」と話し、最先端のがん治療を受けている。 高須さんの...
西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

今年5月、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなった。NHK紅白出場は18回を数え、レコード大賞の金賞や歌唱賞を受賞するなど、人気、実力とも超一流だった西城さん。常に笑顔でパワフルな印象の彼だが、私生活では何度も病に襲われていた。 11月16日に配信されたNEWSポストセブンの「西城秀樹さんの妻が明かした出...
高須克弥氏ががんを語る「人間ドッグで自分で見つけた」

高須克弥氏ががんを語る「人間ドッグで自分で見つけた」

22日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)に、今年9月に全身をがんに冒されていることを自身のツイッターで告白した高須クリニック院長・高須克弥氏(73)が出演し、「全身がん」を告白した理由を明かした。 MCの坂上忍(51)から「がんになってどれくらいですか?」と聞かれ...
北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

(全21枚) 吉永小百合、宮沢りえ、北大路欣也、中居正広、竹中直人、リリー・フランキー… 樹木さんの遺影は、娘・也哉子が最新映画の宣材写真から選んだもの。菊・胡蝶蘭・カスミソウ1200本が取り囲む 「空気が澄んでいて……なんだか希林さんらしいお葬式でした。最後にお会いしたのは、カンヌから一緒に帰国し...
「新しい地図」立ち上げから1年 稲垣吾郎が語る「解放」の瞬間

「新しい地図」立ち上げから1年 稲垣吾郎が語る「解放」の瞬間

(全7枚) 稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が、10月7日にAbemaTV内のレギュラー番組「7.2新しい別の窓」に出演。「ななにーホンネトークinパリ」と題したコーナーで、SMAPの解散やジャニーズ事務所の退所を経て「新しい地図」を立ち上げてからの1年を振り返った。 【稲垣吾郎が感じた「解放」草...
樹木希林さんの遺産問題で娘・也哉子を社長に 内田裕也への対策

樹木希林さんの遺産問題で娘・也哉子を社長に 内田裕也への対策

9月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75)が出演したドキュメンタリー「樹木希林の居酒屋ばぁば」が6日、カンテレ(関西テレビ)で追悼番組として再放送された。 希林さんは、名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンに暮らす高齢夫婦の日常を取材した東海テレビ製作のドキュメンタリー「人生フルーツ...
本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

樹木希林さん(享年75)の告別式が9月30日、東京・光林寺で開かれた。娘・内田也哉子(42才)の夫である本木雅弘(52才)は、告別式の直前に囲み取材を受け、樹木さんの最期の様子を明らかにした。ここでは、本木雅弘が会見で話した全文を掲載する──。 *** 家族としては落ち着いて振り返る暇が、心に余裕が...
産休中の吉田明世アナが1年ぶりに「サンジャポ」に出演 元気な姿を披露

産休中の吉田明世アナが1年ぶりに「サンジャポ」に出演 元気な姿を披露

産休中のTBS吉田明世アナウンサー(30)が9日、同局系「サンデージャポン」に久しぶりに出演し、元気な姿を披露した。吉田アナは同番組の6代目アシスタントを務め、昨年12月にサンジャポを卒業。今年3月から産休に入り、5月に第1子を出産した。 番組では「妊婦加算」についてトークを展開し、今年...
大杉漣さん事務所『ZACCO』解散を報告 来春にサイト『大杉漣 記念館』オープンへ

大杉漣さん事務所『ZACCO』解散を報告 来春にサイト『大杉漣 記念館』オープンへ

今年2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)が所属する芸能事務所・ZACCO(ザッコ)が、11月30日をもってマネージメント業務を終了した。同日、事務所サイトで報告した。 【写真】大杉さんの訃報を受け…何度も目頭をおさえ涙をぬぐう北野武 サイトでは「株式会社ザッコは、2018年11...
橋田壽賀子氏が赤木春恵さんを悼む 「もうこんな女優出てこない」

橋田壽賀子氏が赤木春恵さんを悼む 「もうこんな女優出てこない」

女優赤木春恵さんが29日、心不全のため94歳で死去したことを受け、赤木さんの代表作だったTBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズの脚本家橋田寿賀子さん(93)が「とても残念です」と、お悔やみのコメントを発表した。 橋田さんが約50年前、静岡・熱海に住居を移したころ、赤木さんも偶然、近所に家を建...
文藝春秋で働いていた勝谷誠彦さん 恐るべき新人だったと評価

文藝春秋で働いていた勝谷誠彦さん 恐るべき新人だったと評価

突然の訃報だった。コラムニストとして活躍した勝谷誠彦氏が11月28日、肝不全のため亡くなった。57歳だった。勝谷氏のひとつ先輩にあたり、文藝春秋でともに編集者として働いたノンフィクション作家の柳澤健氏が、死を悼み、思い出を綴る。 【写真】「灘高校1979年卒の神童」だった勝谷誠彦さん ◆◆◆ 初めて会...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net