芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

生きることに執着しない 樹木希林さんの徹底した大きな死生観

生きることに執着しない 樹木希林さんの徹底した大きな死生観

数々の映画、ドラマ、CMで活躍した個性派女優樹木希林(きき・きりん)さん(本名・内田啓子=うちだ・けいこ)が15日午前2時45分、都内の自宅で、家族にみとられ亡くなった。75歳。16日、自宅で通夜が営まれた。13年に全身がんを公表、先月13日には左大腿(だいたい)骨を骨折し、手術を受けた。

◇◇◇

未練や執着を極限まで削っていた。乳がんの手術をした後、じっくり話を聞く機会があった。手紙、写真、出演作のビデオやDVDを整理したことや、長女也哉子さんが結婚した年から毎年遺書を書いていることを聞いた。「生きることに執着しないの」と言う希林さんに、あえて聞いた。「実際に執着しないことは難しいのでは?例えばお孫さんの成長を見たい、とか」と。希林さんは「そう思っても、きりがないでしょ」と、優しい目でこちらを見た。

別の取材企画で写真を借りたことがあった。データではなく、プリントされた写真。希林さんは「写真は返さなくてもいいから。記事が載った新聞もいらないから」と言った。貴重な写真ではと聞くと「もう十分見たから。あの世には持って行けないから」。それでも後日、迷いに迷って掲載紙と写真を送った。ずいぶん後になって、希林さんは「いらないって言ったのに」と苦笑いしていた。

あの世には何も持って行けない。単純なことだが、希林さんは細かなことから、大きな死生観まで徹底していた。

穏やかな希林さんは「私の原点は婆娑羅(ばさら=常識や道徳を打ち破る行為を意味する仏教用語)とかゲリラ。破壊したくなる気持ちがある」とはっきり言った。夫の内田とは婆娑羅な部分が似ている、とも。あのまなざしの奥に破壊衝動があると知って、衝撃を受けたこともあった。

記憶に残る言葉をいくつも聞いたが、「眉は自然のままがいい」も印象的だった。若い女優が眉を整えすぎているのを見て「自然体が一番いいのに」と。希林さんらしい「ありのまま」論に笑った。

希林さんについて、演出家の久世光彦さんは「あの人が1つのジャンル」と評した。ふに落ちた。希林さんの死は樹木希林という唯一無二の存在の喪失だ。あまりにも大きくさみしい。【小林千穂】

関連芸能ニュース

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

ドラマに登場する銭湯の女湯や入浴シーンは、時代ともにどのように変わったのか。コラムニストのペリー荻野さんが考察する。 *** 今年亡くなった樹木希林さんの代表作のひとつ『時間ですよ』シリーズが、BS12トゥエルビで再放送中だ。このドラマを改めて見て驚くのは、実におおらかに女性の裸が出てくるこ...
高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

全身がんを患っていた樹木希林さんの姿に背中を押され、“全身がん”であることを告白したという高須クリニックの高須克弥院長(73才)さん。「自分は実験台でいい。治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても他の人にとっていい教材になればいい」と話し、最先端のがん治療を受けている。 高須さんの...
西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

今年5月、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなった。NHK紅白出場は18回を数え、レコード大賞の金賞や歌唱賞を受賞するなど、人気、実力とも超一流だった西城さん。常に笑顔でパワフルな印象の彼だが、私生活では何度も病に襲われていた。 11月16日に配信されたNEWSポストセブンの「西城秀樹さんの妻が明かした出...
高須克弥氏ががんを語る「人間ドッグで自分で見つけた」

高須克弥氏ががんを語る「人間ドッグで自分で見つけた」

22日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)に、今年9月に全身をがんに冒されていることを自身のツイッターで告白した高須クリニック院長・高須克弥氏(73)が出演し、「全身がん」を告白した理由を明かした。 MCの坂上忍(51)から「がんになってどれくらいですか?」と聞かれ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net