芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト 27年目のデビュー記念日となった16日をもって、安室奈美恵さんが芸能界を引退した。最終日には、沖縄県宜野湾トロピカルビーチで開催された花火大会「WELOVENAMIEHANABISHOW」をお忍び観賞した安室さんの、歌手人生最後の3日間を沖縄で追った。

秋の気配が漂う東京から訪れ、まず感じたことは尋常ではない熱さ。もちろん、連日30度に達した気温のことではない。島全体を包み込むような“アムロ熱”だ。那覇の町を歩くと、すれ違う人々の半数近くが、安室さんの歴代ライブの記念Tシャツ姿。16日には新たなデザインのTシャツを着るファンが急増した。15日のラストライブで安室さんが着用していた、「ILOVEmusic!」と書かれたものだ。

土産店が立ち並ぶ繁華街・国際通りを歩くと、店内のBGMは必ずといっていいほど安室ソング。ほかのアーティストの楽曲を耳にすることは、ほとんどなかった。著名人のサインが多数飾られている飲食店では、安室さんのサインだけが額縁に入れられて特別扱い。日付は「2012・9・18」とある。台風で中止となった20周年記念ライブで、帰郷していたときに書かれたものだった。地元新聞社の企画展や沖縄市での展示会は、入場待ちの行列が途絶えることがなかった。

15日のライブ会場には、安室さんの大ファンを公言する著名人の姿もあった。客席は号泣するファンであふれていたが、主役に寂りょう感は皆無。気心知れた仲間との“宴”を、心の底から楽しむような姿が印象的だった。サプライズゲストの山下智久とは、コラボ曲「UNUSUAL」を披露。歌唱後に身を寄せ合って、山下の腕に触れながらポーズを決めたときには、少し恥ずかしそうな表情を浮かべた。

締めくくりに選んだのはラストツアーと同様に、小室哲哉氏と16年ぶりのタッグとなったアルバム「Finally」の収録曲「Howdoyoufeelnow?」。数奇な運命で、同じ年に引退する恩人への、リスペクトが感じられた。歌い終えると、「今日、この会場に来てくださった皆さん、本当に本当にありがとうございましたぁ〜」と感謝を伝えて、ステージを降りた。アンコールなし、本格的なMCもなし。名残惜しい、という表現とは真逆で、またすぐに会えるからと勘違いしそうなほど、“あっさり”とした幕切れだった。

終演後、会場の入る施設内で行われた打ち上げには関係者100人ほどが集まり、ファンの寄せ書きフラッグが飾られた。安室さんは白いTシャツに、黒のチュールスカートを合わせた私服で参加。ここでもお別れスピーチをすることはなかったが、出演者とは談笑を交わした。会場の沖縄コンベンションセンターを離れる際には、乗り込んだ車の窓を開け、待ち構えていたファンの大歓声に手を振って応えた。

さよならステージでは笑顔を貫き、涙はなし。最後の最後まで『ラスト』を強調することはなく、自然体のまま、安室流で芸能界から身を引いた。(デイリースポーツ・丸尾匠) 涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト 外部サイト 安室奈美恵20歳で出産した長男への思いを語る 【写真】歌姫・安室最後の降臨ラストライブプレーバック 安室奈美恵の長男東野幸治の次女と同じ学校に通っていた 「安室奈美恵の引退」をもっと詳しく

沖縄からの中継になる?安室奈美恵に紅白歌合戦への出場を打診か ファン歴20年以上を公言近藤春菜が安室奈美恵のライブに音漏れ参戦 安室奈美恵が引退ファンらに広がるアムロス「やっぱりつらい」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ビビる大木、妻に沖縄旅行を提案するも断られる 「休日にわざわざ…」

ビビる大木、妻に沖縄旅行を提案するも断られる 「休日にわざわざ…」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/d/0dc58_929_spnldpc-20190623-0259-001-p-0-m.jpg お笑い芸人のビビる大木(44)が23日、フジテレビ「ボクらの時代」(前7・00)に出演。妻で歌手のAKINA(34)との間で起きたエピソードについて語った。 大木が2、3日間の休みが取れた際、AKINAに「沖縄行...
桐谷美玲がパンク風なメイクなど公開し、反響呼ぶ 「全然雰囲気違う」

桐谷美玲がパンク風なメイクなど公開し、反響呼ぶ 「全然雰囲気違う」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/5/e565b_1585_2bdc4d081e7d16985255a55701c1ab18.jpg 女優の桐谷美玲が自身のInstagramにて、パンク風なメイク&ファッションを披露。いつもとは違ったその姿に、ファンからコメントが相次いでいる。ViewthispostonInstagram眉毛さん逃亡事件発生中🚓...
ラスボス・小林幸子が「豪華すぎる衣装」を着続ける理由

ラスボス・小林幸子が「豪華すぎる衣装」を着続ける理由

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/2/a24b9_759_da8da9c4_d35b34fb-m.jpg デビュー55周年を迎えた小林幸子(65)の代名詞と言えば、豪華すぎる衣装。NHK紅白歌合戦における美川憲一との「豪華衣装バトル」は、大晦日の風物詩とも謳われ、ネット上では「ラスボス」とも称されるが、高額な衣装代...
熊田曜子「夫に食事100回残された」暴露に、賛否の声「なぜSNSで…」

熊田曜子「夫に食事100回残された」暴露に、賛否の声「なぜSNSで…」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/1/710d8_1343_dcd05686_610c7560-m.png 最近、グラビアアイドルでタレントの熊田曜子がInstagramのストーリー(24時間で消えてしまう機能)に投稿している内容が「夫からのモラハラではないか」と話題になっています。 2012年4月に一般男性と結婚し、3児の母...
ミニマリストな北川景子 夫・DAIGOの服も処分し事後報告

ミニマリストな北川景子 夫・DAIGOの服も処分し事後報告

平成最後の主演ドラマ「家売るオンナの逆襲」でも結果を残した北川景子(32)。そんな彼女がいまハマっているのは、夫のDAIGO(41)風に言うと「DSR」。つまり、「断捨離」だという。トップ女優が「クローゼットに服が10着しかない」ミニマリストに目覚めた理由とは。 【写真】北川景子のノースリーブドレス姿...
「嫌いな」女性歌手・アイドル 工藤静香や指原莉乃が上位に

「嫌いな」女性歌手・アイドル 工藤静香や指原莉乃が上位に

週刊女性の人気企画『私たちが“嫌いな女”アンケート』には、1433票が集まった。総合チャートでぶっちぎりの1位・和田アキ子を追いかけているのは、歌手・アイドル部門においては工藤静香。 【写真】『嫌いな女』総合チャートTOP48にランクインしたのはこの面々! 「あざとい感じが汚い」(20代・学生)、「キ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net