芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト 27年目のデビュー記念日となった16日をもって、安室奈美恵さんが芸能界を引退した。最終日には、沖縄県宜野湾トロピカルビーチで開催された花火大会「WELOVENAMIEHANABISHOW」をお忍び観賞した安室さんの、歌手人生最後の3日間を沖縄で追った。

秋の気配が漂う東京から訪れ、まず感じたことは尋常ではない熱さ。もちろん、連日30度に達した気温のことではない。島全体を包み込むような“アムロ熱”だ。那覇の町を歩くと、すれ違う人々の半数近くが、安室さんの歴代ライブの記念Tシャツ姿。16日には新たなデザインのTシャツを着るファンが急増した。15日のラストライブで安室さんが着用していた、「ILOVEmusic!」と書かれたものだ。

土産店が立ち並ぶ繁華街・国際通りを歩くと、店内のBGMは必ずといっていいほど安室ソング。ほかのアーティストの楽曲を耳にすることは、ほとんどなかった。著名人のサインが多数飾られている飲食店では、安室さんのサインだけが額縁に入れられて特別扱い。日付は「2012・9・18」とある。台風で中止となった20周年記念ライブで、帰郷していたときに書かれたものだった。地元新聞社の企画展や沖縄市での展示会は、入場待ちの行列が途絶えることがなかった。

15日のライブ会場には、安室さんの大ファンを公言する著名人の姿もあった。客席は号泣するファンであふれていたが、主役に寂りょう感は皆無。気心知れた仲間との“宴”を、心の底から楽しむような姿が印象的だった。サプライズゲストの山下智久とは、コラボ曲「UNUSUAL」を披露。歌唱後に身を寄せ合って、山下の腕に触れながらポーズを決めたときには、少し恥ずかしそうな表情を浮かべた。

締めくくりに選んだのはラストツアーと同様に、小室哲哉氏と16年ぶりのタッグとなったアルバム「Finally」の収録曲「Howdoyoufeelnow?」。数奇な運命で、同じ年に引退する恩人への、リスペクトが感じられた。歌い終えると、「今日、この会場に来てくださった皆さん、本当に本当にありがとうございましたぁ〜」と感謝を伝えて、ステージを降りた。アンコールなし、本格的なMCもなし。名残惜しい、という表現とは真逆で、またすぐに会えるからと勘違いしそうなほど、“あっさり”とした幕切れだった。

終演後、会場の入る施設内で行われた打ち上げには関係者100人ほどが集まり、ファンの寄せ書きフラッグが飾られた。安室さんは白いTシャツに、黒のチュールスカートを合わせた私服で参加。ここでもお別れスピーチをすることはなかったが、出演者とは談笑を交わした。会場の沖縄コンベンションセンターを離れる際には、乗り込んだ車の窓を開け、待ち構えていたファンの大歓声に手を振って応えた。

さよならステージでは笑顔を貫き、涙はなし。最後の最後まで『ラスト』を強調することはなく、自然体のまま、安室流で芸能界から身を引いた。(デイリースポーツ・丸尾匠) 涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト 外部サイト 安室奈美恵20歳で出産した長男への思いを語る 【写真】歌姫・安室最後の降臨ラストライブプレーバック 安室奈美恵の長男東野幸治の次女と同じ学校に通っていた 「安室奈美恵の引退」をもっと詳しく

沖縄からの中継になる?安室奈美恵に紅白歌合戦への出場を打診か ファン歴20年以上を公言近藤春菜が安室奈美恵のライブに音漏れ参戦 安室奈美恵が引退ファンらに広がるアムロス「やっぱりつらい」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

お笑い芸人の小籔千豊が車いすの女性へ行った対応がツイッターで拡散され、話題を呼んでいる。小籔は品川駅で車いすの女性がタクシーに乗る際に遠くから駆け寄り、「何していいかわからんから教えて下さい」とユーモアを交え、女性に声掛け。女性はツイッターで「まさにユニバーサルマナーを体現してくださっ...
「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルのツイートが話題に

「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルのツイートが話題に

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(36歳)が2月15日、自身のTwitterを更新。「歌姫ってなんなん」とつづったツイートが話題を呼んでいる。 最近では2月11日に放送された「歌のゴールデンヒット昭和・平成の歴代歌姫ベスト100」(TBS系)や、15日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)内「超限定マー...
メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

「呼称問題」はメディアにとっては鬼門ともいえるものである。新聞記者たちの“表記ルールブック”とも言える『記者ハンドブック』(共同通信社刊)によると、敬称は原則として「氏、さん、君、ちゃん」で、子どもの場合、中学生以上は男女とも「さん」。一方、〈敬称を付けない場合〉として〈競技に即した1面、...
西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

<こんな人> 西野カナ(29)が3日、無期限活動休止前の最後のライブを横浜アリーナで行った。この日のライブは、全国47都道府県や過去にライブを行った香港、台湾など計98カ所に生中継され、多くのファンが見守った。平成の歌姫は平成の終わりとともに、いったんマイクを置いた。 ◇◇◇ 優しげな雰囲気を持つが...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net