芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「罪の大きさに苦しんでる」美川憲一が吉澤ひとみ容疑者の心情を推測

「罪の大きさに苦しんでる」美川憲一が吉澤ひとみ容疑者の心情を推測

歌手の美川憲一が18日、19回目の開催となる「ドラマチックシャンソンコンサート」の公開リハーサルを都内で行った。

集まった記者たちに「悲しいかな。歌詞を憶えるのが大変。言いたくないけど。パッと憶えたと思ったら忘れる」と話した美川。本コンサートは、8月29日に発売したアルバム収録曲を中心に構成していて、全20曲を披露するという。

今月6日に酒気帯び運転でひき逃げをしたとして逮捕された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ容疑者について、芸能界の“ご意見番”として記者から意見を求められた美川は「やっぱり子どもがかわいそう」とコメント。続けて「でも、今やっと自分のした罪の大きさが分かって、苦しんでいると思うわよ」と話し、吉澤の心情を推測した。

さらに今月15日、75歳で亡くなった、女優の樹木希林さんについて「思い残すことはないんじゃない。やり遂げた人生だから、私の人生は幸せだったと。『大変だったけど良かった』と召されていったと思う。本当にすごい方だった。尊敬しています」と生き方を称えた。

16日に歌手活動を引退した安室奈美恵さんには「引退することを彼女は迷ったと思う。ファンのことを考えて、ダンスをやりながら歌を歌う。2時間近くやることは限界があるんです」と、同じ歌手として安室さんを思いやった美川。「私、本当に大好きだった」と名残を惜しんだ。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)
▼元モー娘。吉澤ひとみが飲酒ひき逃げの疑い!“経験者”ノンスタ井上に聞く

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ムロツヨシが後輩と焼肉店で新井浩文被告について会議か

ムロツヨシが後輩と焼肉店で新井浩文被告について会議か

「ムロさん、最近SNSで大変らしいですね」 「ちょ、お前、久しぶりに会っていきなりその話題する?普通、もうちょっと温まってから言わない?…でも、そういうところ好きだよ(笑い)」 【別写真】周囲にムロツヨシだと気づく人はいない 一瞬、周囲を警戒し困惑した表情を浮かべたムロツヨシ(43才)は、すぐに...
松岡茉優の車が追突「新CM女王」が加害者の事故に青ざめた人々

松岡茉優の車が追突「新CM女王」が加害者の事故に青ざめた人々

ここ最近では、ボールペン字講座に挑戦したり、東北を旅して回ったり、着物姿でうどん屋の女将に扮している、アノ子である。人気女優へとスピード出世を果たし、いまやCM業界でひっぱりダコの松岡茉優(まゆ)(23)。だが、そんな彼女、勢い余って追突事故まで起こしていたのだった。 【写真】松岡茉優の赤い...
松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

芸能人が何かトラブルやそれに準ずる騒ぎを起こした場合、その後、初めて登場する公の場で取材陣の質問攻めにあうのが芸能人と芸能メディアの長年の“お約束”だが、女優の松岡茉優(23)は幸運だった。 スポーツ紙はガードする立場 今週発売の『週刊新潮』が、昨年11月に追突事故を起こしていたことを記事化。...
安住紳一郎アナが市原悦子さんの通夜で憔悴?ひとり離れ涙したか

安住紳一郎アナが市原悦子さんの通夜で憔悴?ひとり離れ涙したか

大好きだった観葉植物に囲まれ、森の中で眠るイメージで作られた祭壇。その中央には、優しい笑顔で微笑みかけている市原悦子さん(享年82)の遺影が飾られていた。 【別写真】うつむき気味にタクシーを降りた安住アナ 1月17日、心不全のために亡くなった市原さんの通夜がしめやかに営まれ、竹中直人(62才)、...
車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

お笑い芸人の小籔千豊が車いすの女性へ行った対応がツイッターで拡散され、話題を呼んでいる。小籔は品川駅で車いすの女性がタクシーに乗る際に遠くから駆け寄り、「何していいかわからんから教えて下さい」とユーモアを交え、女性に声掛け。女性はツイッターで「まさにユニバーサルマナーを体現してくださっ...
「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルのツイートが話題に

「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルのツイートが話題に

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(36歳)が2月15日、自身のTwitterを更新。「歌姫ってなんなん」とつづったツイートが話題を呼んでいる。 最近では2月11日に放送された「歌のゴールデンヒット昭和・平成の歴代歌姫ベスト100」(TBS系)や、15日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)内「超限定マー...
メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

「呼称問題」はメディアにとっては鬼門ともいえるものである。新聞記者たちの“表記ルールブック”とも言える『記者ハンドブック』(共同通信社刊)によると、敬称は原則として「氏、さん、君、ちゃん」で、子どもの場合、中学生以上は男女とも「さん」。一方、〈敬称を付けない場合〉として〈競技に即した1面、...
西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

<こんな人> 西野カナ(29)が3日、無期限活動休止前の最後のライブを横浜アリーナで行った。この日のライブは、全国47都道府県や過去にライブを行った香港、台湾など計98カ所に生中継され、多くのファンが見守った。平成の歌姫は平成の終わりとともに、いったんマイクを置いた。 ◇◇◇ 優しげな雰囲気を持つが...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net