芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

低視聴率が続いた「高嶺の花」 石原さとみが打ち上げで「全責任は私」

低視聴率が続いた「高嶺の花」 石原さとみが打ち上げで「全責任は私」

ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

「石原さんは7〜8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

「2人のライバル関係は2004年頃から始まっています。綾瀬さんの出世作となったドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、もともと石原さんが主役を務める予定でしたが、他の仕事の都合上、白血病に冒されたヒロインとして坊主頭になることができず、出演を断念しました。自分の“代役”だった綾瀬さんが、あのドラマでブレークしたことに、内心悔しい思いはあったでしょう。

石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もありますが、綾瀬さんは出演するドラマがことごとく当たるので、忸怩たる思いがあるのではないでしょうか」(芸能関係者)

石原は『高嶺の花』が始まる前は、「ラブストーリーはこの作品で最後にしようと思っていた」とスピーチで語っていた。しかし、この低視聴率を受けて、「もうちょっと(ラブストーリーを)続けてみようと思います」と前言撤回。この言葉に、それまで息をのんでいた出席者から、拍手が巻き起こったという。

二次会では、この日に放送された最終回を参加者全員で視聴。ちなみに最終回の視聴率は11.4%と番組最高を記録した。石原の熱い女優魂が通じたのかもしれない。

※女性セブン2018年10月4日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

追い込まれて「これはヤバイ」石原さとみがドラマ撮影での孤独語る

追い込まれて「これはヤバイ」石原さとみがドラマ撮影での孤独語る

9月12日(水)に最終回を迎えるドラマ「高嶺の花」(夜10:00-11:00、日本テレビ系)。主演の石原さとみが、オールアップを迎えた。石原は、共演の峯田和伸と共に撮影後、報道陣の取材に応じた。 【写真を見る】最終話もため息の出る美しさ!石原さとみ×和服×花の組み合わせは圧倒的&最強!/(C)NTV ■最後の瞬間「...
口腔底がんで余命3年のイノマー 医者を無視し手術直前ライブで絶叫

口腔底がんで余命3年のイノマー 医者を無視し手術直前ライブで絶叫

口腔底がんで余命3年であることを公表した性春ロックバンド「オナニーマシーン」のボーカル兼ベース・イノマー(52)が25日、東京・渋谷ラママで手術直前ライブを無事に成功させた。 放送禁止用語だらけの歌詞と下品過ぎるライブパフォーマンスながらも、真っすぐな性愛を歌う“童貞のカリスマ”として支持...
石原さとみが「高嶺の花」でベッドシーン「美しすぎる」と反響

石原さとみが「高嶺の花」でベッドシーン「美しすぎる」と反響

【石原さとみ/モデルプレス=8月9日】女優の石原さとみが主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『高嶺の花』(毎週水曜よる10時〜)の第5話が8日、放送され、冒頭のシーンが話題を呼んだ。(※以下、ネタバレあり) もも(石原さとみ)、スリップ姿で押し倒し…ベッドシーンで色気ダダ漏れ<高嶺の花> ◆ドラマ...
有村架純のドラマに「気持ち悪い」と批判の声 「中学生は無理」

有村架純のドラマに「気持ち悪い」と批判の声 「中学生は無理」

初回は6%、第2回は6.5% あまりの低視聴率と批判の激しさに、未見の人でも作品タイトルを覚えたかもしれない。テレビドラマ「中学聖日記」(TBS系列:火曜午後10時〜午後11時07分)のことだ。 *** 原作は、かわかみじゅんこ(45)のコミック。今年7月には最新刊『中学聖日記4』(祥伝社)が発売となった。...
石原さとみ人気で視聴者を集めた「高嶺の花」低視聴率の要因に「内面」

石原さとみ人気で視聴者を集めた「高嶺の花」低視聴率の要因に「内面」

(全4枚) この夏、ホリプロ女優対決と言われた石原さとみ(31)の『高嶺の花』(日本テレビ系)と綾瀬はるか(33)の『義母と娘のブルース』(TBS系)。 明暗は極端に分かれた。平均視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同じ)を叩き出した『ぎぼむす』は、一昨年(2016年)10月期の新垣結衣『逃...
石原さとみが前田裕二氏と結婚意識できず?低視聴率で女優魂に火

石原さとみが前田裕二氏と結婚意識できず?低視聴率で女優魂に火

女優・石原さとみ(31)が25日、都内で行われた「明治ザ・チョコレート」の新CM発表会に出席し、背中が大胆に開いたドレス姿で会場を魅了した。石原といえば交際中のIT企業「SHOWROOM」の前田裕二社長(31)との結婚の可能性も一部で報じられたが、本人は“まだ結婚はできない”との結論に達...
back numberのボーカル清水依与吏に二股報道 相手女性は既婚公表に涙

back numberのボーカル清水依与吏に二股報道 相手女性は既婚公表に涙

映画「銀魂2」やTBSドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」の主題歌を担当する人気ロックバンドbacknumberのボーカル清水依与吏(しみずいより・34)。プライベートを明かさない清水だが、実は既婚者で幼稚園に通う男児がいたことを11月16日発売の「フライデー」が報じた。 【写真】清水との交際を明かしたA子さん ...
戸田恵梨香 「大恋愛」に見る“かわいい”だけじゃない万能調味料な女優力」

戸田恵梨香 「大恋愛」に見る“かわいい”だけじゃない万能調味料な女優力」

ムロツヨシ……結婚してくれ。見終わるたびに思わずつぶやいてしまうTBSドラマ「大恋愛」。いつもの彼のコミカルな役柄から一転、ずっとムロの目からは光が消えている。しかしその捨てられた子犬のような不憫さが、ちょっとしたさじ加減で男の哀愁に変わって見える時があるのだ。不幸な生い立ちや病を抱えた女性...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net