芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「NEWS ZERO」送別会に厳戒態勢 青山和弘氏の疑惑で終始ピリピリ

「NEWS ZERO」送別会に厳戒態勢 青山和弘氏の疑惑で終始ピリピリ (全3枚)

さらば、桐谷美玲さん、村尾信尚キャスター

有働新キャスターは日テレのセクハラ疑惑をどう捌くのか

青山をサブキャスターに指名したのは有働だと言われる。それだけに、本心ではショックも大きかっただろう

「会場での"厳戒態勢"ぶりが、日テレ看板番組のゴタゴタをそのまま映し出しているようでした」(日テレ関係者)

9月8日の昼、品川区内のパーティー会場で、報道番組『NEWSZERO』(日本テレビ系)の送別会が、ヒッソリと行われていた。

会場では、朝からパーテーションが組まれ、参加者が外から見えないように徹底ガード。さらに、部外者を見分けるために関係者には手首に黄色いテープが巻かれるなど、警戒度もMAX。会自体は「大感謝祭」と銘打たれていたが、それにそぐわない物々しさだった。

なぜ、番組の打ち上げにここまでの厳戒態勢が敷かれるのか。それは、有働由美子新キャスター(49)とともにサブキャスターに内定していた、青山和弘氏(50)の"セクハラ疑惑"が原因だ。

「疑惑が報じられたとき、局内はパニックに陥りました。局側は、青山を報道局と関係のない経営戦略局に異動させ、ほとぼりが冷めるのを待つようです。局内では、『この件については外部に一切コメントするな』と指令が出ており、いかに上層部がナーバスになっているかが窺えます」(前出・日テレ関係者)

局内の差し迫った状況を反映するように、送別会も終始ピリピリムード。

「送別会では、まさに『戒厳令』が敷かれていました。番組の先行きが不安視されているこの時期に、想定外の事態が起こったらたまりませんからね。進行の仕方も、台本で3時間分ビッシリ決められていました。出演者挨拶の場面で、桐谷美玲さん(28)が村尾信尚(のぶたか)さん(62)に対して笑いを交えつつ謝辞を述べたのですが、これもすべて、事前に用意されていた台本通りです。時間に関してもタイトで、スケジュールより少しでも遅れると、『早く巻け』と上から指示が出る。関係者は皆、緊張で神経を尖らせていました」(送別会スタッフ)

本誌は閉会後、会場を後にする桐谷と村尾の姿をキャッチ。二人は正規の出入り口ではなく、地下の従業員用出入り口から姿を現し、身を隠すように送迎車に乗り込んで帰路に就(つ)いた。

セクハラ騒動により、混乱の最中で始まる、新『newszero』(10月より番組名が小文字表記に変更)。NHK時代、『あさイチ』や『紅白歌合戦』の司会で辣腕をふるっていた有働氏は、この荒波をどう捌(さば)くのか。有働氏の知人によると、彼女は意外にも、現状にまったく動じていないという。

「騒動後も、有働さんは『乗り切ってみせる』と意気込んでいます。彼女はこれまでに培った自分のMC技術に自信を持っており、誰と組んでもうまくやっていけると考えていますから。日テレ局内の雰囲気は殺伐としていますが、彼女は持ち前のポジティブさを生かし、めげずに放送を成功させようとしています」

実力と好感度は文句なしの有働氏だが、それ以上に番組の状況は前途多難。逆風が吹く中でのキャスター就任で、お手並み拝見というところか……。

積極的に現場取材に行くキャスターとして局内で評判だった桐谷。三浦翔平との結婚も降板理由の一つ!? 番組開始から12年間キャスターを務めた村尾。’14年の解散総選挙で安倍首相にぶつけた鋭い質問が話題に

PHOTO:大野和基(1枚目写真)、足立百合(2〜3枚目)

「NEWS ZERO」送別会に厳戒態勢 青山和弘氏の疑惑で終始ピリピリ 外部サイト “温泉はずき”と行く秘湯天国(西の河原露天風呂・心霊温泉篇) 開幕からルーキー3人が躍動中!TLサントリーの新人育成術 「NEWSZERO」をもっと詳しく

「newszero」の内定取消騒動サブキャスターは置かない方向に? 抜擢から左遷へ「NEWSZERO」降板騒動に揺れる日テレの社内情事 「NEWSZERO」内定記者の降板騒動妻が涙の反論「潔白です」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

日テレ 視聴率「週間3冠王」でテレ朝に2回負けた衝撃と内情

日テレ 視聴率「週間3冠王」でテレ朝に2回負けた衝撃と内情

日本テレビが蜂の巣をつついたような大騒ぎに見舞われている!!ビデオリサーチの調べによると、10月第3週(15〜21日)の平均視聴率(関東地区)が3部門ともテレビ朝日を下回ってしまったのだ。視聴率「週間3冠王」の争いで日テレがテレ朝を下回ったのは今年2度目だが、制作サイドは危機感ゼロ。こ...
有働由美子からダメ出し連発?NEWS ZEROスタッフ戦々恐々か

有働由美子からダメ出し連発?NEWS ZEROスタッフ戦々恐々か

10月からリニューアルされる日本テレビ系の報道番組「newszero」のスタッフがビビリまくっている。理由はNHKを退局して鳴り物入りでメインキャスターを務める有働由美子アナウンサー(49)が“優秀すぎる”せい。新体制の番組スタートまでに週4〜5回ペースで開かれる企画会議に、なんと有働ア...
「news zero」の内定取消騒動 サブキャスターは置かない方向に?

「news zero」の内定取消騒動 サブキャスターは置かない方向に?

フリーに転身した元NHKの有働由美子アナ(49)が混迷の船出である。この10月よりメインキャスターを務める「NEWSZERO」で、彼女の“相棒”になるはずだった報道局の青山和弘氏が、女性問題で内定取消になっていたのだ。青山氏を巡っては、〈女癖が悪いコトでも知られていた〉と攻撃する“怪メール”も、日テレ関係...
「優香のハートを射止めた男です」青木崇高の自己紹介にツッコミ

「優香のハートを射止めた男です」青木崇高の自己紹介にツッコミ

11月27日放送の「火曜サプライズ」に、女優・優香の夫の青木崇高が出演。 番組MC就任後、初のゲストを迎えてロケをするヒロミ、オリエンタルラジオ藤森と江東区住吉でアポなしロケを行った。 オープニングから、オリエンタルラジオのギャグ・武勇伝で盛り上がる3人。 早速、地元の方に聞き込みを開始。...
田代まさし「10年ぶりのバラエティ」がめちゃくちゃ面白かった

田代まさし「10年ぶりのバラエティ」がめちゃくちゃ面白かった

11月20日、久しぶりに『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)が放送された。殿と家来、腰元たちによるコントで知られているが、1986年から2001年まで、殿にツッコミを入れる側用人として田代まさしが出演、人気者だった。姿が消えたのは、度重なる逮捕と懲役によって元タレントとなったからだが、今回のバカ...
石橋貴明と中居正広が10年ぶりに共演へ 特番でギャラの問題解消か

石橋貴明と中居正広が10年ぶりに共演へ 特番でギャラの問題解消か

黒の全身タイツを着て、黒のヘルメットをかぶった男性がスタジオに乱入すると、舞台のみならず、観客席やMC席で大暴れ。そして、MCの中居正広(46才)の肩に腕を回しながら熱唱し──。 11月7日放送の『UTAGE!』(TBS系)の収録は観客だけでなく、共演者やスタッフも大いに盛り上がった。 「スペシャルゲストと...
「仙人みたいだったね」堺正章がドタキャン騒動の沢田研二にコメント

「仙人みたいだったね」堺正章がドタキャン騒動の沢田研二にコメント

タレント堺正章(72)が22日、東京・明治神宮で、クラシックカーの公道レース「ラ・フェスタミッレミリア2018堺正章」を完走した。 19日にスタートし、1都9県の約1400キロを走破。21周年となる今年のレースは8年ぶりに東北ルートが復活した。 堺は「久しぶりの東北。自然は8年前とまったく変わらない。作られ...
「NEWS ZERO」内定記者の降板騒動 妻が涙の反論「潔白です」

「NEWS ZERO」内定記者の降板騒動 妻が涙の反論「潔白です」

「セクハラがあったとおっしゃるなら、ちゃんと証拠を出してください!」 閑静な高級住宅街で松尾英里子(35)は肩を震わせ、ぽろぽろと涙を流していた。2006年に日本テレビ入社後、2011年に結婚。現在はフリーアナウンサーとして活躍中の2児の母。彼女がかばう相手は、夫で日テレ報道局のエースだった青山和...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net