芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

山本KID徳郁さんのヒゲは子どものため 笑顔で語った父親の一面

見上げられているのに、見下ろされている――取材で山本“KID”徳郁に会うたび、いつもそんな不思議な感覚に襲われた。身長は163cmと日本人の平均を下回るが、太い首と異常なまでに盛り上がった肩まわり、そしてタイヤのような密度を感じる隆起した分厚い体。爛々とした好戦的な瞳で見つめられ握手をすると、いつ引っこ抜かれて床に叩きつけられてもおかしくないと思ってしまう。もちろん、そんなことはなくKIDはフランクに優しい笑顔で接してくれるのだが、肉体には素人でも分かるぐらいの凶暴性が潜んでいるように思えた。とにかく実体以上にKIDは大きく見えるのだ。

【写真】子どものために髭を伸ばした山本KID

山本KID徳郁さんのヒゲは子どものため 笑顔で語った父親の一面
©文藝春秋

「ヤバい、カッコ良すぎる、オレ」

格闘技マンガ『グラップラー刃牙』の作者である板垣恵介氏は、KIDの鍛え抜かれた肉体を「セクシーを超えて獰猛に見える。スポーツカーやレース用のバイクがカッコいいと思うのと同じように、機能的に研ぎ澄まされている」と語っていた。つまり肉体に説得力があり、言葉を持っている。ゆえにKIDの発言は、多くを語らずとも誰をも魅了する力があった。

2006年5月、格闘技イベント『HERO’S』において元五輪代表のレスラーである宮田和幸を跳び膝蹴りにより開始わずか4秒でKOした際、KIDはリング上で「ヤバい、カッコ良すぎる、オレ」と自画自賛をした。とんでもない上から発言だと思うが、衝撃ともいえる試合内容によりこれが見事にハマり、KIDのカリスマ性を高めるに至った。

また自ら「格闘技の神様の子……神の子」と言って物議を醸したこともあったが、あのインパクトは今も忘れられない。

切れのある言葉についてKIDは「ボキャブラリーがないからいつもどうしようかなって。だから短めに」と笑っていたが、その体の中から出てくるような言葉は、彼という存在をより輝かせた。

「僕は勉強よりもっと大変なことをやってきた」

記録より記憶に残る選手だったことは間違いない。ただ格闘技エリートとして多くの実績を残しているのも確かだ。1972年ミュンヘン五輪レスリング日本代表だった父親の郁榮氏の影響で、KIDは幼稚園のときからレスリングを始めた。幼稚園から中学生まで試合においては2回しか負けておらず、高校時代はアメリカのアリゾナ州に留学し州のチャンピオンに君臨した。そして山梨学院大時代はインカレで優勝を遂げ、プロ格闘技の世界でもいくつものタイトルを獲得している。ただ惜しむらくは山本家の夢であったオリンピックに出場できなかったことだ。

才能はもちろん、気質として、どんな事であってもKIDの目標を設定したときの努力と集中力は半端ではなかったという。以前、郁榮氏は、以下のような幼少期のエピソードを教えてくれた。

「あまり勉強をしない子でね。それが突然小学校6年生のときに受験をしたいから塾へ行かせてくれと言ったんです。家から近く帰ってすぐレスリングの練習ができるという理由で桐蔭学園中学を受けたいと。桐蔭といえば進学校ですから無理だと思ったんです。けど、息子はレスリングの練習を少し休んで1年間、朝から晩まで勉強して受かっちゃったんです。遊びたい盛りだというのに、本当にビックリしてねえ。で、息子が卒業式のとき登壇し“6年間を振り返って”という話をすることになり、『この6年間は、ずっと息の上がるような厳しいレスリングの練習をしてきました。入試のために6年のときから塾にいくようになり、まわりは“勉強大変だろう?”と言うのですが、僕はもっと大変なことをやってきた。勉強は息が上がらないからキツイことありませんでした』と言ったんですよ(笑)」

「ノリの場合は自分に酔って力を発揮するんです」

そして類まれな格闘技センスであるが、郁榮氏は「持って生まれた才能」だと言う。姉の美憂さんが、そのへんをさらに詳しく教えてくれたことがあった。

「ノリ(KID)がすごいなって思うのは、イメージする能力。普通、会場が大きければ大きいほど緊張するものなんですけど、ノリの場合は自分に酔って力を発揮するんです。幼稚園からレスリングで場数を相当踏んでいるし、他の格闘家とくらべたら試合慣れしながら育っていった人間なので基礎が違うし、メンタル面においても勝つのが当たり前という意識が強い。加えて、相手をどのように倒すのかといったイメージが試合前から頭の中ですでに出来上がっているんです」

KIDは、言葉は悪いがまさしく“オカネの取れるファイター”として、2000年代の格闘技ブームの波に乗り、桜庭和志や魔裟斗らとともに“時代の寵児”になった。

「まあ、ヤンチャそうに見える奴ですけど」

40代になった近年も現役として檜舞台に上がることを願っていたが、まさかあの圧倒的な肉体を持ち、明るく快活で前向きだったKIDが早世してしまうとは……。今回の悲報にあたり、以前、郁榮氏の語っていた言葉を思い出す。

「まあ、ヤンチャそうに見える奴ですけど、自分から絶対にケンカをすることはないし、家族や仲間のためには体を張って前に立つ男です。親分肌みたいなところがあって、無茶なことは絶対にしない。まあ、こんなこと言っていると親バカだと思われてしまうかもしれませんが(笑)」

「絵と格闘技って似ていると思うんですよ」

そういえば数年前、KIDと会ったとき顔がヒゲで覆われていた。イメチェンでもしたのか理由を聞くと意外な答えが返ってきた。

「最初はたまたま伸ばしていたんですけど、子どもを抱っこしていると面白がってヒゲを引っ張るんですよ。まあ痛いんですけど、剃っちゃうと引っ張れなくなっちゃうから伸ばしてるんスよ」

笑顔で語るKIDもまた親バカだった。

昨今は好きな絵を描くなど仲間とアート活動をすることもあった。地方に行って子どもたちと一緒に創作をした際には、次のようなことを目を輝かせ語ってくれた。

「一緒に絵を描くとわかるんですけど、子どもたちの頭の中ってハンパないんですよ。イマジネーションが凄い。で、飽きて遊びだしちゃうんだけど、山の中とかガンガン走り回っちゃうんですよ。いやー、刺激受けますよね。絵と格闘技って似ていると思うんですよ。俺は格闘技をやるとき頭の中で描いたことを表現するんですけど、それは絵も一緒。だから好きなんですよね」

能動的であり明暗の分かれるシビアな格闘技と、絵画をさらっと同一のものとして語れてしまうKID。獰猛な肉体を持つアーティストは、やはり不世出の人間だったと改めて思わざるを得ない。

(石塚隆)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

お笑い芸人などが「説」をプレゼンし、番組がその主張を検証するテレビ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が好調だ。なにがウケているのか。お笑い評論家のラリー遠田氏は「バラエティ番組ではあらかじめ企画の着地点が決まっていることが多い。だが『水曜日のダウンタウン』はそれを避け、検証を厳密に行...
窪塚洋介 友人のKIDさんを失い悲嘆「色々思い出して泣けてくる」

窪塚洋介 友人のKIDさんを失い悲嘆「色々思い出して泣けてくる」

俳優の窪塚洋介(39)が19日未明、インスタグラムで、18日に41歳の若さで死去した総合格闘家の山本“KID”徳郁さんを「闘病お疲れ様でした」と悼んでいる。 二人はプライベートでも仲が良く、「ヨウちゃん」、「KIDくん」と呼び合う間柄だった。 窪塚はKIDさんと対談した雑誌の写真をアップ...
松本人志の実家の表札を盗んだ「地下芸人」 チャンス大城の生活に密着

松本人志の実家の表札を盗んだ「地下芸人」 チャンス大城の生活に密着

【連載・地下1回】皆さんは「地下芸人」という存在を知っているだろうか?地下アイドルや地下格闘技という言葉があるように、お笑い界にもそんな言葉がある。彼らは、メディアに媚びることなく、ごく限られたテリトリーで、自作のネタを発信し続ける生き物だ。そんな地下芸人たちの生態を探るべく、企画した『...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net