芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ガキの使い」は30年目に突入 向上心を持ち続けるダウンタウン

「ガキの使い」は30年目に突入 向上心を持ち続けるダウンタウン

1990年代からゴールデン帯に冠番組を持ち続け、お笑い界のトップに君臨しているダウンタウン。1989年10月開始の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)はいよいよ30年目に突入、1993年10月開始の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)とあわせて長寿番組になっている。その他にも、突飛な企画で好評の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、はしご酒の本音トーク路線に変更以降好調の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)と、コンビとして4本のレギュラー番組を持っている。

栄枯盛衰の激しいお笑い界において、なぜ彼らはトップに君臨し続けているのだろうか。お笑い評論家で、著書『とんねるずと『めちゃイケ』の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)のなかで、ダウンタウンについても詳細に言及しているラリー遠田氏が話す。

「松本人志さんも浜田雅功さんも常に時代に合わせ、時代に追いつこうとしている。自分たちの実績に決して胡座をかいていません。たとえば、『ダウンタウンなう』では、昔は酒の飲めなかった2人がだらしない普段の姿をさらけ出している。今までテレビで決して見せてこなかった新しい一面を提供しています。

細かいことを言えば、言葉遣いも年齢とともに変わっている。上京直後は強めの関西弁でしたが、その後は和らげるようになった。また、松本さんはあの世代のタレントの中では、最近の若者っぽい言葉もよく使う方だと思います。今の時代の空気を逃さないようにしている現れだと思います」

コンビとしてだけでなく、個々でも相変わらず引っ張りだこである。浜田は『プレバト!!』(TBS系)、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)というゴールデン帯の番組で司会を務め、松本は『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのコメントが毎週ネットニュースで取り上げられるほど注目を集めている。

「浜田さんは、60分番組の収録なら基本的に60分できっちり終わらせるそうです。余分な時間をかけることがないんです。面白そうな話が出ないと思ったら、無理に引っ張らず、割り切って進行する。司会者としての安定感がある。

松本さんは以前から、『なんてコメントするのだろう』と視聴者に期待される存在だった。『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)も若い漫才師が出てきて、ただ漫才するだけでは企画としては弱かった。しかし、『あの松本人志が審査する』というインパクトがあったから、成功した側面が大きかった。審査員に誘った島田紳助さんのプロデュースセンスも光りました。

『ワイドナショー』では、“松本人志がどう考えているか”を毎週見られる。この番組に代表されるように、VTR明けに面白いコメントを確実に言う能力が圧倒的に高く、スタッフもどれを切るか迷うほど。また、企画構成まで関われるので、作家、ディレクター的な目線で番組をどうすればいいかわかっている。本質的にクリエイターで、面白いものを作りたいというモチベーションが途切れていません」

ゴールデン帯で冠番組を何本も持つという“頂点”と思われる位置に立ってから四半世紀以上が経った今も、ダウンタウンは向上心を持ち続けている。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

批判的なレビューもチェック 松本人志が配信番組にかける思い

批判的なレビューもチェック 松本人志が配信番組にかける思い

賛否両論がうずまいている。 Amazonの配信番組として2016年にスタートした『ドキュメンタル』は、10人の芸人による「最後まで笑わなかった者が勝つ」というバラエティ番組。参加費の100万円を借金で用意する芸人もいるなど、優勝賞金1000万円の行方を追うドキュメント性も見る者にとっては魅力のひとつだ。発...
2018年1月に生放送で失敗 それでも裸芸を貫くアキラ100%

2018年1月に生放送で失敗 それでも裸芸を貫くアキラ100%

(全18枚) 「この世に”絶対”ってないんだよ」 そんな言葉がもっとも似合ってしまう全裸×お盆のネタで人気の芸人・アキラ100%さん。2018年1月、全日本を震撼させた「爆笑ヒットパレード」での失敗から早1年。 失敗してもなお、愚直に裸芸を貫き続ける彼に、「あの失敗は大丈夫だったのか」「そもそもなんでそ...
嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

芸人クロちゃんの嫌われようが酷い。 自粛期間終了?NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報 「水曜日のダウンタウン」内の企画で人気番組「テラスハウス」のパロディーである「モンスターハウス」では、なんと共同生活を送るモデルの美女とのキスに成功した。しかしテンションマックスで大ハシャギのクロちゃ...
松本人志が異例の行動 暴言問題後に上沼恵美子の収録現場を訪問

松本人志が異例の行動 暴言問題後に上沼恵美子の収録現場を訪問

お笑いコンビ「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)が、「M―1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた問題で、何と「ダウンタウン」の松本人志(55)が上沼の収録現場を訪れ、直接会って話をしていたことが本紙の取材で分かっ...
M-1グランプリで優勝候補の呼び声が高い和牛 硬軟合わさった面白さ

M-1グランプリで優勝候補の呼び声が高い和牛 硬軟合わさった面白さ

2018年12月2日に生放送される「M-1グランプリ」(朝日放送・テレビ朝日系)。今年はすでに9組が決勝進出を決めているが(残る1組は敗者復活枠)、その中でも優勝候補の呼び声が高いのが「和牛」だ。 和牛はこれまでに3回にわたってM-1に出場。1回目となる2015年は6位にランクインし、2回目となる16年は敗者復...
サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価 

サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価 

戸田恵梨香(30才)主演で話題のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)。このドラマで元小説家・間宮真司(ムロツヨシ・42才)の先輩役として出演している、サンドウィッチマン・富澤たけし(44才)の演技が話題になっている。富澤は今、ドラマに引っ張りだこ。今年放送されたドラマでは『精霊の守り人最...
アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

ある時は痴漢に疑われた一流企業のエリートサラリーマン。またある時は、何十匹ものアリを飼育し、全てのアリを識別できるアリオタクの研究者――。今期ドラマの児嶋一哉(アンジャッシュ・46才)の役どころである。いまだに人気が冷めやらない『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、芸人でありながら、児嶋...
「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

お笑い芸人などが「説」をプレゼンし、番組がその主張を検証するテレビ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が好調だ。なにがウケているのか。お笑い評論家のラリー遠田氏は「バラエティ番組ではあらかじめ企画の着地点が決まっていることが多い。だが『水曜日のダウンタウン』はそれを避け、検証を厳密に行...
花田虎上が横綱の品格めぐり苦言「勘違いするアホが多い」

花田虎上が横綱の品格めぐり苦言「勘違いするアホが多い」

元横綱・若乃花でタレントの花田虎上氏(47)が18日深夜放送のMBSテレビ「ごぶごぶ」(火曜後11・56)に出演。横綱の品格について持論を語った。 番組では、花田氏が「大阪で“品”のある場所、モノを浜田さんと見にいきたい」と浜田雅功(55)を超一流ホテルに連れ出した。 移動中の車内で浜田...
「誰がどこにいるんだろう」ダウンタウンに楽屋数に坂上忍が疑問

「誰がどこにいるんだろう」ダウンタウンに楽屋数に坂上忍が疑問

12月14日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・ダウンタウンの楽屋事情が語られた。 人気企画「本音でハシゴ酒」のゲストとして登場した薬丸裕英が、コンビでしゃべらない芸人のように、シブがき隊もメンバー間の仲が悪かったことを告白。そしてダウンタウンに...
「嫌いな芸人」1位はダウンタウン、松本人志「頑張ってるのに…」

「嫌いな芸人」1位はダウンタウン、松本人志「頑張ってるのに…」

12日に放送されたTBS系『水曜日のダウンタウン』に出演したダウンタウンの松本人志が芸人に関するランキングにコメントした。 番組では、陣内智則がプレゼンターとして登場し、今年の11月に『週刊文春』で発表された“好きな芸人ランキング2018”を紹介した。番組MCのダウンタウンが600票で3位という結果に陣内...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net