芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

9月15日、自宅で家族に見守られ、75年の人生を終えた樹木希林さん。17日の午後には、自宅前で長女・内田也哉子とその夫の本木雅弘、今年モデルデビューしたUTAこと雅樂など3人の孫らに見送られて出棺した。

【写真】30年来の親友に送ったトロフィーとケース

火葬に立ち会った夫の内田裕也は、20日に希林さんの本名にあてたコメントを発表。

《最期は穏やかで綺麗な顔でした。啓子今までありがとう。人を助け人のために祈り人に尽くしてきたので天国に召されると思う。おつかれ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした》

「樹木さんは'04年に乳がんが見つかって右乳房を全摘出したものの、全身13か所に転移したそうです。'13年の『日本アカデミー賞』の最優秀主演女優賞に輝いた壇上で、“私は全身がん”と告白し、鹿児島県のクリニックで“ピンポイント照射”という治療を続けていました」(スポーツ紙記者)

8月13日には左大腿骨を骨折して手術するも、一時は危篤状態に。その約1か月後に天国へと旅立った─。

妊娠中にコントでトランポリン

生前は、『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』(ともにTBS系)など、数々のドラマや映画、舞台に出演して個性派女優として名を馳せた希林さん。

昭和時代の彼女を知る東京・渋谷区にある飲食店『魚力』の鈴木佳子さんは、こんな思い出を語る。

「ウチが鮮魚店だった時代の昭和40年代後半くらいには、樹木さんは毎日、顔を出してくれていました。

よくナマコを買ってくれるのですが、内臓をとってあげると、それを、顔を上げてそのまま食べちゃうんですよ。普通、内臓は塩漬けにしたり、酢漬けにして切り込んでから食べるものなので、驚きましたね」

昔から大胆さを兼ね備えていた希林さんだが、プロ意識も高かったという。

「裕也さんと結婚して妊娠された際、だいぶお腹が大きくなったときもウチに来て、“ドリフに出てコントでトランポリンをやったのよ”と、話しだしたのでビックリしちゃいましたよ。赤ちゃんのことを考えたら断ると思いますが、それをしないのが樹木さんでした」(鈴木さん)

女優だということを周囲に意識させず、常に飾らない様子だったという希林さん。20年以上、通い続けていたのが西麻布にあるヘアサロン『カットアンドカットヒラタ』。8月中旬に入院する数日前にも来店していたそうで、同店の従業員が、こんなエピソードを明かしてくれた。

「中学生くらいの也哉子ちゃんがウチに来たことがキッカケで、希林さんも来てくれるようになったんです。也哉子ちゃんが結婚して来なくなってからも、月に1〜2回は通っていただきました。

普段はテレビで流れているようなニュースの話題が多かったですね。『寺内貫太郎一家』で共演した西城秀樹さんが亡くなった話題になると、希林さんがこのドラマにちなんで、“ジュリ〜!!”と、この劇中の有名なシーンを再現してくれました(笑)」

おちゃめな希林さんらしいが、周囲の“仲間への愛”があふれるこんな話も。

「約4年前に私の母親が亡くなったときは、希林さんもかなり落ち込んでいました。僕もつらい時期だったのですが、希林さんから“一緒に頑張りましょう”と声をかけてもらって。そのひと言で、だいぶ救われたんです」(同・従業員)

めったに内田の話はしなかったそうだが、珍しく“夫への思い”を口にしたことがあったそう。

希林さんからのサプライズ

「今年の夏に内田さんを特集した『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)が放送されて、希林さんがナレーションを担当していたんです。その話を本人にしたところ、“あの人、カッコいいのよ”と自慢げに言うので、ちょっと驚きましたね」(同・従業員)

希林さんが大切に考えていたのは、夫だけではなく親戚も同様だった。祖父の妹が希林さんで、年に1〜2回ほど交流があったというお笑い芸人のバーバリアン谷川にも話を聞いた。

「約9年前に祖父の葬儀で、希林さんから“これからどうするの?”と聞かれて、“芸人をやろうと思ってます”と答えました。すると、“私は応援しないけどね〜。ウチの家系は三流の芸人しか出ないから”と、軽い感じで返されたことがありました(笑)」

しかし、その数年後に希林さんから“サプライズ”が。

「祖父の葬儀から5〜6年間はきちんと話せていませんでした。しかし3年前くらいに母親経由で連絡があり『A-Studiо』(TBS系)に希林さんが出演した回で、“親戚に芸人をやっている子がいる”と話してくれたそうなんです。

後日、母親とふたりでのインタビューが希林さんの出演回で放送されました。僕が芸人をやっていることも覚えていないと思いましたし、“応援しない”と言っていたのに……優しい人なんだなと感じました」(バーバリアン谷川)

西麻布にあるブティック『PRESS601』を経営する遠藤勝義さんも、希林さんとの親交が30年以上もある親友だった。

「私の子どもと也哉子ちゃんが、小学生から同じインターナショナルスクールだったことから、保護者の集まりで希林さんと知り合ったんです。

週に1〜2回は店にいらっしゃって、希林さんが出演する映画やCMで着る衣装を作ったり、アドバイスをしていたんです」

“モノを大切にする”というポリシーを持っていたそうで、

「メディアに出演する際は、必ず前から持っている洋服をアレンジして着ていたんです。最近は、也哉子ちゃんや本木さんが着なくなった洋服を持ってきて、私がアレンジしたものを着こなされていました」(遠藤さん、以下同)

希林さんは、遠藤さんに感謝の気持ちを伝えるプレゼントを贈ったこともあった。

「雑誌の『VOGUE』が、その年に最も輝いた女性たちを表彰する賞で、希林さんが受賞されたときの記念トロフィーをいただいたんです。

“これはムッシュ(遠藤さんのあだ名)のおかげだから”とおっしゃって、ケースには直筆のサインも書いてくださり感激しました」

8月には、“女優としての引き際”を語っていた。

「最後に来店されたのは亡くなる2か月前でしたが、杖をつきながら、“腕が痛いし、歩くと骨が痛い”とおっしゃっていて体調がよくないのかなとは感じていました。

その1か月後の電話が希林さんとの最後の会話でした。“今年は映画に3本出て、『エリカ38』(希林さんが企画した遺作)も撮り終えた。まだ元気だったらできるんだけど、そろそろ休もうかな。今までありがとう、ムッシュ。孫もデビューしたし、新しい世代に任せようと思う”とおっしゃっていました」

人生をまっとうした希林さんは、次世代へときれいにバトンを渡してくれた─。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

メッキがはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

メッキがはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/e/1ea92_28_10b5fbc2_1fdf67c7-m.jpg 木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。 ...
「万引き家族」の地上波初放送が決定 フジ系土曜プレミアムで

「万引き家族」の地上波初放送が決定 フジ系土曜プレミアムで

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/8/b8c11_97_5e03d274_cc5b628c-m.jpg カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた映画『万引き家族』が、7月20日よる9時から、フジテレビ系の土曜プレミアムで地上波初放送されることが決定した。またフジテレビでは、7月6日より、人気のアニメーション映...
山田邦子が事務所との最悪な関係を告白「動いていない状態」

山田邦子が事務所との最悪な関係を告白「動いていない状態」

《39年所属しておりました太田プロダクションの事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかったことがとても残念でした》 【別写真】車を降りて直撃に対応する山田邦子 山田邦子(58才)がブログで突然綴った“絶縁宣言”が波紋を広げている。 太田プロは多数の人気タレントを抱える芸能事務所。片岡鶴太郎、有...
樹木希林さん、貴重な「遺言講演」の知られざる中身

樹木希林さん、貴重な「遺言講演」の知られざる中身

昨年9月に亡くなった樹木希林さん(享年75)の「言葉」を綴った本がベストセラーとなっている。しかし彼女はメディアから言葉を求められても、「それは依存症というものよ、あなた。自分で考えてよ」「そんなこと話して私に何の得があるの」と突き放すこともしばしば。そのため講演を引き受けることはほとんど...
古巣とバッティングしない道を…本木雅弘が「脱ジャニーズ」できた理由

古巣とバッティングしない道を…本木雅弘が「脱ジャニーズ」できた理由

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を2度受賞©文藝春秋 本木雅弘(53)と、長男でモデルのUTA(うた)(21)の“初共演”が実現した。4月13日から流れているテレビCM「サントリー天然水GREENTEA」でのことだ。 「メインはUTA演じる学生だが、彼が仕事中の本木をスマホで写真に撮ろうとし、気づいた本木が手...
内田裕也さんのマネージャーと也哉子 生じていなかった確執

内田裕也さんのマネージャーと也哉子 生じていなかった確執

桜舞い散る4月3日。内田裕也さん(享年79)のお別れ会「ロックンロール!葬」が東京・青山葬儀所で行われた。1,700人の参列者でごった返す会場の片隅に、2人の女性の姿があった。それは、この日喪主を務めた長女の内田也哉子(43)と、裕也さんのマネージャーを16年間務め“内縁の妻”とも報じられたAさんだ。 ...
樹木希林さんの遺産問題で娘・也哉子を社長に 内田裕也への対策

樹木希林さんの遺産問題で娘・也哉子を社長に 内田裕也への対策

9月15日に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75)が出演したドキュメンタリー「樹木希林の居酒屋ばぁば」が6日、カンテレ(関西テレビ)で追悼番組として再放送された。 希林さんは、名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンに暮らす高齢夫婦の日常を取材した東海テレビ製作のドキュメンタリー「人生フルーツ...
本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

樹木希林さん(享年75)の告別式が9月30日、東京・光林寺で開かれた。娘・内田也哉子(42才)の夫である本木雅弘(52才)は、告別式の直前に囲み取材を受け、樹木さんの最期の様子を明らかにした。ここでは、本木雅弘が会見で話した全文を掲載する──。 *** 家族としては落ち着いて振り返る暇が、心に余裕が...
「気配りの人」だった西城秀樹さん とんねるずへの配慮で共演せず

「気配りの人」だった西城秀樹さん とんねるずへの配慮で共演せず

(全2枚) 今年5月に63才という若さで2018年5月16日に亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46)は『蒼い空へ夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。 秀樹は戦...
樹木希林さんも絶賛した黒木華 幅広い演技の秘訣は「昭和顔」

樹木希林さんも絶賛した黒木華 幅広い演技の秘訣は「昭和顔」

ドラマや映画関係者の間で、“今もっとも起用したい女優”として真っ先に名前があがるのが、黒木華(28才)だ。今年10月13日に公開した映画『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)に主演したばかりの彼女だが、来年春までドラマや映画の出演予定作が引きも切らない。現在出演中のドラマ『獣になれない私たち』...
マスコミ嫌いが一変 樹木希林さんの意識を変えた内田裕也の言葉

マスコミ嫌いが一変 樹木希林さんの意識を変えた内田裕也の言葉

15日に死去した個性派大女優・樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)は演技力もさることながら、その人間性や生きざまも人々を魅了してやまなかった。そんな唯一無二の女優も、夫でロックンローラーの内田裕也(78)なくしては存在し得なかった。離婚騒動などすったもんだの末、40...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net