芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

日村勇紀の16歳少女との淫行報道 内輪だけでの「禊」に警鐘

えっ、また!と思ってしまったのは、その前週にジャーニーズタレントの“ベッド写真”が立て続けに写真誌に掲載されたからだが、《16歳少女との淫行》という、表紙に打たれた衝撃的なタイトルが目を引いたのは「FRIDAY」(10月5日号)。バナナマン日村勇紀(46)が16年前に、当時16歳の少女と関係を持ったというのだ。

その女性が告発しているわけだが、なにせ16年も前の話で、日村本人も、よく覚えてないという。

それでも日村は、同誌に、《16年前のこととはいえ、自覚が足りない行動を取ってしまったことに対し反省しております。相手の方が21歳であると名乗り、その後16歳と訂正したことも正直なところよく覚えておりません。相手の方を深く傷つけてしまったことは大変申し訳なく思っております。今後はきちんと襟を正し、一生懸命仕事に取り組んでいきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します》と謝罪コメントを寄せた。

確かに16年も前の話であって、法律的にも時効が成立しているため、彼が罰せられることもないだろう。

残るは倫理的な問題だけだ。16年前だからといっても、そのとき彼は30歳を過ぎた、一般的には“いい大人”。“若気の至り”とはいかないだろう。

■「よく覚えていない」とは言い訳

それに《よく覚えておりません》は、いかがなものか。“やったほうは忘れても、やられたほうは忘れない”と、よく言われる。

女性にとって、日村との関係は忘れてしまいたい過去だったのかもしれないが、美人女子アナとの結婚や高級マンションでの生活など、彼の幸せぶりを目にするたびに、シャクに障って、許せないという気持ちがふつふつと湧いてきたのだろう。

日村の《覚えておりません》が事実なのかどうか分からないが、女性の感情を逆なでし、場合によっては、二の矢、三の矢が撃ち込まれる危険も出てくる。

謝罪するにしても、言葉のチョイスが重要になってくる。はっきり「覚えていない」と言うのではなく、「記憶が定かでなく……」のほうが、ベターだったのではないかと思う。

こんなとき、政治家というのは実に言葉選びがうまく、逃げ上手だと、感心させられる。

■「お騒がしてすいません」では誰も納得しない

日村は自身が出演した生番組でも一応、頭は下げた。しかし、芸能人の謝罪でよく聞かれる、通り一遍の、「お騒がせしてすいません」だけでは、相手の女性も含め、納得しない人も多いだろう。

また、芸人仲間が彼をかばったり、いじったりして笑いに変えようとし、内輪だけで“みそぎ”が済んだとしようとすることは、余計に世間の反感を買うことになると気が付かないのも情けない。

たとえ昔の話であっても、女性が訴えていることが事実なら、法に触れるような行いがあったことは間違いないのだから。

では、どうすればいいのか。何も、これくらいのことで、という人がいるかもしれないが、キチンとしたケジメをつけ、事態を収束させるためにも、今からでも謝罪会見を開いた方がいいのではないか。会見の内容にもよるが、日本のマスコミや世論は、会見ひとつで気が収まる傾向がある。スポンサーもしかり。その場で、誠心誠意、女性や世間や妻に対し謝罪すればいい。

それだけで非難の声は収まるだろうし、反対にイメージアップにつながる可能性もある。

幸いなことに、今のところ彼の仕事に大きな影響はないようだし、妻の神田は、SNSで夫を応援する書き込みをしている。ただ、そうは言っても、今後の夫婦関係がどうなるのか、ちょっと心配になる。

(芸能ジャーナリスト・佐々木博之)

関連芸能ニュース

バナナマン日村勇紀の即席麺食べる機会減る 家で食べると妻からストップ

バナナマン日村勇紀の即席麺食べる機会減る 家で食べると妻からストップ

ツイッターより 2月15日放送の『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、バナナマンの日村勇紀が、チキンラーメンについてのエピソードを語った。 NHK連続テレビ小説『まんぷく』に、元乃木坂46の深川麻衣が出演しており、バナナマンは「頑張ってんなぁ。嬉しい」と声を揃えた。 同ドラマは日清食品...
神田愛花が明石家さんまにアプローチした過去「できれば結婚したい」

神田愛花が明石家さんまにアプローチした過去「できれば結婚したい」

【神田愛花&明石家さんま/モデルプレス=1月23日】22日放送の日本テレビ系バラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」で、明石家さんまが以前、お笑いコンビバナナマンの日村勇紀の妻でフリーアナウンサーの神田愛花アナと合コンし、神田アナに「結婚したい」とまで言われていたことを明かした 【さらに写真を...
悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

お笑いコンビ、バナナマン日村勇紀(46)の未成年への淫行スキャンダルは、「日村さんは被害者じゃないか」と擁護する声も多く、妻でフリーアナの神田愛花(38)に対しても「気の毒」と同情論が巻き起こっている。 発売中の「フライデー」によると、日村は16年前、被害女性に対し「セクシーな写メ」など...
オードリー春日、求婚成功に感激も財布渡さず「生活費は月6万円」

オードリー春日、求婚成功に感激も財布渡さず「生活費は月6万円」

お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(40)が18日、10年前から交際していた同い年の女性「クミさん」との結婚を宣言し、東京都内で会見した。 同日にTBS系「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」で春日がプロポーズ成功した様子が放送された後に会見。おめでとうございますと祝福されると、うな...
“奇跡の50歳”森高千里が「1度も水着姿を披露しなかった」理由

“奇跡の50歳”森高千里が「1度も水着姿を披露しなかった」理由

生まれたばかりの息子をベビーカーに乗せ、長女とともに押す森高(02年)  4月11日に50歳の誕生日を迎えた森高千里は翌12日、NHK『あさイチ』に生出演したのだが、とてもアラフィフとは思えないその容姿に、視聴者から称賛のメッセージが多数寄せられていた。 森高といえばミニスカートがトレードマー...
春日、求婚成功!独身の相方若林イジる「女優さんと全然ダメでしたね」

春日、求婚成功!独身の相方若林イジる「女優さんと全然ダメでしたね」

お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(40)が18日、10年前から交際していた同い年の女性「クミさん」との結婚を宣言し、都内で会見した。 同日にTBS系「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」で春日のプロポーズに成功した様子が放送された後に取材対応し、超節約家である性格や、自身が住む家賃...
西野カナは5年前から結婚計算していた?パスポートが語る人生設計

西野カナは5年前から結婚計算していた?パスポートが語る人生設計

【覆面座談会】平成も残りあとわずかですが、芸能界では“平静”とは真逆の状態が続いています。ピエール瀧被告(52)の薬物事件、NGT48の現存チーム解散と衝撃ニュースが連発。内田裕也さん(享年79)萩原健一さん(享年68)の訃報にも驚きが広がりました。平成最後の「覆面座談会」。いつものメンバーがニュー...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net