芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」 (全3枚)

先月15日に死去した女優、樹木希林さん(享年75)の本葬が30日、東京・南麻布の光林寺で営まれた。取材に応じた義理の息子で俳優、本木雅弘(52)は、故人が入院中、40年以上別居していた夫で歌手、内田裕也(78)に「会いたい」と何度も漏らしていたことや、裕也も火葬時に別れを惜しみ、あごの遺骨を持ち帰ったことを告白。希林さんの娘で本木の妻の女優、内田也哉子(42)は裕也が希林さんにあてた“ラブレター”を朗読した。

内田家の菩提寺である光林寺で、本木が集まった約150人の報道陣に対応。40年以上別居していた希林さんと裕也の相思相愛ぶりを明かした。

訃報後、初めて取材に応じ、希林さんが今春に「1年持つか、場合によっては2、3カ月」と余命宣告を受けたと告白。8月に希林さんが大腿骨骨折で入院した際、「毎晩、看護師さんに『裕也さんに会いたい』と言っていた」と振り返った。

その裕也は昨年夏ごろに転倒して右足の甲などを骨折し、現在はリハビリ中。そのため14日に希林さんの容体が急変した際は駆けつけることができなかったが、本木によると、携帯電話を通じて「しっかりしろ!」と激励。17日の火葬では骨壺のふたが閉まる直前に制止し、あごの骨の一部を箸で拾い、ハンカチに包んでポケットに入れて持ち帰ったという。

本木は「ダイヤモンドの原石のような純粋さで、2人にしか分からない独特の距離感や、情の通い方があるのを知りました」としみじみ。裕也が16日に希林さんと無言の対面をした際、「昔から美人だね」と優しく語りかけ、妻愛用のグラスにビールを注ぎ、献杯したことも明かした。

この日は希林さんの死因が「乳がんを原因とした全身転移」と判明。余命告知後の希林さんは、遺産整理と光林寺の下見をするなど“終活”に奔走していたことも分かった。

葬儀には吉永小百合(73)、浅田美代子(62)ら親交のある関係者約500人、一般ファン約1000人の計1500人が参列。祭壇には直近の取材で撮影されたおだやかな表情の遺影が置かれ、菊やかすみ草などの草花で飾られた。

喪主の裕也は車椅子に乗り、黒のシルクハットとサングラス姿で参列。体調を考慮してあいさつは行わなかったが、焼香時には故人が生前、「最期に聴きたい」と望んでいた裕也の「朝日のあたる家」が流れ、参列者の涙を誘った。

★戒名は「希鏡啓心大姉」

戒名は「希鏡啓心大姉(ききょうけいしんだいし)」。「希」は芸名と、不世出の個性派女優として「まれ」な存在だったことからで、「鏡」は希林さんが生前、「役者は人の心を映す鏡」と話していたことから。「啓」は本名・啓子から取ったという。

また、会葬礼状には、2016年の宝島社の企業広告用写真を使用。水に浮かぶ希林さんと「死ぬときぐらい好きにさせてよ」というキャッチーコピーで話題になった一枚で、礼状には直筆サインと「皆さまのご厚情に深く深く感謝申し上げます」という言葉が添えられた。

★一般弔問客も100メートル以上列

斎場には一般弔問客用の祭壇も設けられ、午前10時の開式前から100メートル以上の列ができた。前日に上京し、同7時から並んだ仙台市在住の女性医師(48)は、故人が元ハンセン病患者役を好演した主演映画「あん」を見て「医師として世界が広がりました」と感謝。「これからはさらに自由になっていただきたいです」と涙を拭った。

主な参列者

橋爪功、浅田美代子、吉永小百合、中居正広、岸部一徳、岸本加世子、永瀬正敏、竹中直人、笑福亭鶴瓶、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆ、寺田農、田中麗奈、萬田久子、YOU、内山理名、布川敏和、薬丸裕英、黒木華、奥山和由、松田美由紀、奥田瑛二、安藤和津、松村邦洋、松本明子、山本未來、緒形直人、ラモス瑠偉、崔洋一、北大路欣也、宮沢りえ、AI、安住紳一郎、笠井信輔、前田航基、箭内道彦※敬称略

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

木村拓哉 静香、Koki,らと恒例新年会 樹木希林さん偲ぶ

木村拓哉 静香、Koki,らと恒例新年会 樹木希林さん偲ぶ

(全2枚) 「お前はすんなり賛成したの?」。明石家さんま(63才)がKoki,(15才)の芸能界デビューについてそう問いかけると、 「ノーって言えなくないですか?自分でやっておいて」と木村拓哉(46才)は答えた。 1月1日午後4時、2人が共演する『さんタク』(フジテレビ系)が放送された。 「2人は私生活でも...
TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

ドラマに登場する銭湯の女湯や入浴シーンは、時代ともにどのように変わったのか。コラムニストのペリー荻野さんが考察する。 *** 今年亡くなった樹木希林さんの代表作のひとつ『時間ですよ』シリーズが、BS12トゥエルビで再放送中だ。このドラマを改めて見て驚くのは、実におおらかに女性の裸が出てくるこ...
高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

全身がんを患っていた樹木希林さんの姿に背中を押され、“全身がん”であることを告白したという高須クリニックの高須克弥院長(73才)さん。「自分は実験台でいい。治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても他の人にとっていい教材になればいい」と話し、最先端のがん治療を受けている。 高須さんの...
西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

今年5月、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなった。NHK紅白出場は18回を数え、レコード大賞の金賞や歌唱賞を受賞するなど、人気、実力とも超一流だった西城さん。常に笑顔でパワフルな印象の彼だが、私生活では何度も病に襲われていた。 11月16日に配信されたNEWSポストセブンの「西城秀樹さんの妻が明かした出...
AI 第2子男児を再び水中出産、「元気な子」夫HIRO喜び

AI 第2子男児を再び水中出産、「元気な子」夫HIRO喜び

歌手のAI(37)が26日午前4時11分に都内病院で3312グラムの男児を出産した。14年1月6日に音楽集団「カイキゲッショク」のリーダー、HIRO(51)と結婚。内田裕也(79)が結婚保証人を務めて話題を呼んだ。 15年8月28日に長女の平和ちゃんに恵まれている夫妻にとっては“一姫二太...
満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か

満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か

(全2枚) 降りしきる雨の中、うつむいて歩く彼女の顔は暗かった。11月上旬、女優・満島ひかり(32才)はボタンを上まできっちり留めた大きなコートに、ワイドパンツをはき、足元は革靴といういで立ちで商店街を歩いていた。めがねやマスクなどの変装をせずとも彼女に気づく人はいない。 今年3月、突然所属事務...
沢田研二、カーネル・サンダース似と話題 トミーズ雅らもTVでイジる

沢田研二、カーネル・サンダース似と話題 トミーズ雅らもTVでイジる

20日放送の朝の情報番組は、歌手・沢田研二(70)の公演ドタキャン騒動を特集。関西の番組では、ハイヒール・リンゴ、トミーズ雅が、それぞれ司会を務める番組で、沢田が蝶ネクタイ姿で謝罪する映像を指して「カーネル・サンダース」とのイジリを入れた。 リンゴは司会を務める読売テレビ「あさパラ!」(...
川崎麻世が別居前に出版した自著「カイヤへ!」が大暴騰

川崎麻世が別居前に出版した自著「カイヤへ!」が大暴騰

「なにをいまさら」といった声まである、川崎麻世(55)が妻のカイヤ(56)に起こした離婚訴訟――。“日本一の恐妻家”と呼ばれつつも、2000年からは別居状態のため「今は平和」とも語ったこともある川崎に、どんな心境の変化があったのか。 別居する前年に出版された自著「カイヤへ!」(マガジンハウス/1999年...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net