芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

13歳でモーニング娘。に加入し、グループのエースとして駆け抜けた後藤真希さん。プロデューサーのつんく♂氏・振付師の夏まゆみ氏にも「圧倒的な才能の持ち主」と評された、R25世代のスターです。

彼女がモー娘。に在籍していたのは、たった3年。短い期間で、強烈なインパクトをのこしました。

天才肌のイメージがある後藤さんですが、大所帯のグループで輝くためには、ただならぬ努力もあったのでは?組織のなかで輝くための力について聞きました。

〈聞き手:ライター・小沢あや〉

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった


【後藤真希(ごとう・まき)】1985年生まれ。東京都江戸川区出身。1999年、オーディションに合格し、3期メンバーとしてモーニング娘。に加入。グループ内ユニット「プッチモニ」としてもデビュー、2001年にはソロデビューも果たすなど活躍する。2002年に17歳でモーニング娘。を卒業。2014年には結婚を発表し、現在まで2子の出産を発表。2018年10月5日、エッセイ集『今の私は』(小学館)を上梓

努力を見せたくない。「ハタから見たらスカしてるように見えたかも(笑)」

小沢:
モーニング娘。でずっとご活躍されてきた後藤さんですが、大型新人としていきなりセンターに立つことになって、相当努力されていたのでは…?

後藤さん:
私、「努力」っていう言葉が嫌いなんですよ。

努力してるって思われたくないというか。練習しているところも誰にも見せたくないし、自分のなかで完璧に仕上げてから表に出ていきたいんですよ。

小沢:
エースとして推されている自覚からだったんでしょうか。かなりプレッシャーがあったんじゃないでしょうか?

後藤さん:
いやいや、グループでは1人だけに注目されるわけじゃないから…。モー娘。で活動していたときは、ライブも全然緊張しなかったんです。

ハタからみたら、スカしてるように見えたかもしれないですね(笑)。世間的にも、努力も何もしてない、「こなせる人」って思われてたんじゃないかな。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった


↓著書のなかにも、大物さを感じさせるエピソードが多数…

"ずっと、『ASAYAN』の番組カメラが密着している。

ほかのメンバーは、カメラを向けられるとすぐに、気のきいたコメントを言ったり、笑顔を見せている。すごいな、と思った。

その後も、密着カメラに慣れることはなかった。疲れているのに、笑顔なんてできなかった。用意されたコメントを何度も繰り返し言わなきゃいけないときは、ずいぶん不機嫌な態度だったと思う。

私は、ただ眠たかった。"

出典『今の私は』P42より

小沢:
たしかに、天才肌タイプのイメージは強いです。でも本当はただならぬ努力をしていたんじゃないでしょうか?

「2時間前に楽屋入りして、まつげを1本ずつピンセットで整えていた」ってエピソードを現役メンバーの小田さくらさんが話してました。後輩に語り継がれている伝説ですよ。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

後藤さん:
あはは!マツエクとかもない時代だったから(笑)。

私、メイクも練習もそうなんですけど、途中経過を人に見せたくないんです。スタッフにもメンバーにも(笑)。

常に完成された自分でいたいんです。

苦労したのは人間関係。「後輩が入ってくるのが、すごく嫌だった」

小沢:
グループのなかで、苦労してたことってありますか?

後藤さん:
メンバーとの「人間関係」ですね。特に「後輩との接し方」のことをずーっと考えました。

最初、後輩の4期メンバーが入るのがすごい嫌だったんですよ(笑)。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

後藤さん:
自分が加入した数カ月後にもう後輩が入ってくるなんて、「なんで?」って思ってて。どうやら「ライバル心を煽る」っていう方針だったみたいなんですけど。

それまでは一番年下だったし、全員がお姉さん。その居心地いい感じがなくなっちゃうのが嫌だったんですね。

「絶対に話したくない!無理なんだけどー!」って思ってました(笑)。

小沢:
圧倒的だった後藤さんのポジションでも「後輩におびやかされたくない」って思うものなんですね…

後藤さん:
でも、4期メンバーと初対面したときにその意識がひっくりかえったんです。

小沢:
というと…?

後藤さん:
4期と初対面のジャケット撮影のとき、加護から私への最初の言葉が「お茶ついで」だったんですよ。いきなり(笑)。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった


期待を裏切らない加護さんのエピソード

後藤さん:
加護も辻も無邪気というか、子どもだなと思って(笑)。

逆に、自分も入ったばかりのときはこうだったのか?とか考えて…。「私も先輩にしてもらったみたいに、ちゃんと接さなきゃ」と思えたんですよね。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

「売れてるグループ」に入ってきた5期との“意識の違い”

後藤さん:
5期(※高橋愛、紺野あさ美、小川麻琴、新垣里沙)が加入してきたときは、さらにちょっと状況が違って。

小沢:
なにが違ったんでしょうか?

後藤さん:
5期の加入は、モー娘。がドーーーン!と売れたあと。だから、新メンバー自身が「モーニング娘。さんだ!」みたいなスタンスで接してくるんですよ。

それじゃファンじゃん!と思って(笑)。

小沢:
ゼロからつくってきた人たちと、すでにできあがってる組織に入ってくる人たちの違いというか。

後藤さん:
まさにそうです。「ファンが入ってきたって、メンバーとしてやっていけないよ!」って思った。

それで、私はますます先輩っぽくなった。

手紙を書いて渡すみたいなコミュニケーションを取ったりとか。ダンスレッスン中も、鏡越しに新メンバーにアイコンタクトをして「ちゃんと見てるからね」ってアピールしたり。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった


後藤真希がマネジメントに目覚めた瞬間

小沢:
ハロプロのレッスンって、体育会系で超厳しいですよね。キツく指導されて凹んでいる子もいたのでは?

後藤さん:
そうですね、「言われすぎてるな」「落ち込んでるな」とか感じたときは、あとからこっそりフォローしてましたね。

小沢:
後藤さんはずっとエースで、プレイヤー気質だと思っていました。組織のなかで管理職的な動きをしていたのが意外です…!

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

歌も喋りも苦手な後輩。「これ、マジでどうすんの!?」

後藤さん:
私、人がだんだん成長していくのを見るのが好きなんですよ。

たとえば紺野あさ美って、歌も喋りも苦手だったんです。なのにミュージカルで、突然彼女がメインに抜擢されたことがあって。

最初は「これ、マジでどうすんの!?」って思ってたんです。

でも、彼女は自分が苦手なことに対する自覚がきちんとあった。歌はダメだけど、リハ初日から、セリフを全部完璧に覚えてきたんですよ。

小沢:
紺野さん、すごい努力。できるところで信頼を得ようとしたんですね。

後藤さん:
それを見て努力に驚いちゃって!感動しましたね。

私はなかなかセリフが覚えられないほうだったから、「なんでできるの!?」って思いました。

小沢:
後藤さん自身も、後輩の仕事をきちんと尊敬しているんですね。

ハロプロ以外にも、後藤さんに憧れてアイドルになった子がたくさんいるはずです。今の業界の後輩たちを、どのように見ていますか?

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

後藤さん:
うーん。同じステージに立ってみないと、何も言えないかなあ。アドバイスとかは。

ひとりひとりとちゃんと話して、ようやく相手を知ることができると思ってるんですよね。

小沢:
具体的なアドバイスのためには、きちんとコミュニケーションをとる必要があると。

後藤さん:
今のアイドルって、私のころと時代が違いますからね。「アイドル」だけではなく、アーティスト性とか、ほかの要素を掛け合わせてると思うんですよ。

モー娘。もまさにそうで、22年目を迎えたけど、このあと続くかどうかは現役メンバー次第。自分だけじゃなくて、グループ全体を考えて頑張ってほしいなと思いますね。

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

「個で輝くタイプ」かと思いきや、組織を大切にし、後輩のフックアップも欠かさなかった後藤さん。

ひとりひとりとじっくり向き合い、マネージャー的立場としてもグループに貢献していたんですね。

成功のためには、自分だけの得を追求するより、全体のバランスをみることも大切。ビジネスパーソンとしても、見習うべき姿勢かも。後藤さん、ありがとうございました!

〈取材・文=小沢あや(@hibicoto)/編集=天野俊吉(@amanop)/撮影=池田博美(@southsidehiro)〉

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった

後藤真希さんのエッセイ集が発売!

公式インスタ限定で「あしたの記事」をチラ見せしてます!

新R25のインスタグラムアカウントを開設しました。インスタ限定で「あしたの予告」をしていますので、読者の皆さまはぜひフォローをお願いします!

明日登場するのは…?

新R25編集部さん(@r25_official)•Instagram写真と動画
https://www.instagram.com/r25_official/?hl=ja

モーニング娘。で苦労したことは人間関係 後藤真希は後輩入るの嫌だった 外部サイト 人と会えば、面白い情報が手に入るなんて幻想だ。#堀江貴文の人脈論 「会ったら死ぬ」って思えるような人と会うことがプラスになる。#ゆうこすの人脈論 “人脈”なんて言葉を使ってるヤツはクソ。#三浦崇宏の人脈論 「後藤真希」をもっと詳しく

後藤真希、指原莉乃とのオフショットに反響「めっちゃ緊張してる」 後藤真希夫とは一度破局、6年ぶりのLINEで復活 甥っ子を溺愛する後藤真希一緒にお風呂に入り、キスやハグも

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

後藤真希 自宅にファンを招き交流していると明かす「すっぴんで…」

後藤真希 自宅にファンを招き交流していると明かす「すっぴんで…」

タレントの後藤真希(33)が17日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。毎週末、自宅にファンを招いてイベントをしていることを明かし、共演者を驚かせた。 「毎週土曜日に、何も予定がなければファンが家に遊びにきてくれるんです」と後藤。MCの久本雅美(60)ら出演者から「ど...
第4子妊娠中の辻希美 出産は「楽しみだけど やっぱり怖い」

第4子妊娠中の辻希美 出産は「楽しみだけど やっぱり怖い」

第4子を12月に出産予定の元モーニング娘。の辻希美(31)が7日夜、ブログを更新。出産について「やっぱり怖い」とつづった。 この日、夕食後に、夫で俳優の杉浦太陽とベビーベッドを組み立てた辻。無事完成したベッドの写真をアップすると、「楽しみだけどやっぱり怖い」と出産を控えた心境を明かした。...
後藤真希、愛娘とTV出演したことを明かす 初顔出しに「ドキドキ」

後藤真希、愛娘とTV出演したことを明かす 初顔出しに「ドキドキ」

元「モーニング娘。」の後藤真希(33)が23日、インスタグラムを更新。26日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」に親子で出演することを明かした。 ロケは米国で行われ「LAに行かせていただきました」と報告。「とても思いのあるロケになりました。たくさんの方にみていただけると嬉しいです」とPR...
「悪い方へ悪い方へと…」後藤真希が発言への解釈のされ方に嘆き

「悪い方へ悪い方へと…」後藤真希が発言への解釈のされ方に嘆き

元モーニング娘。の後藤真希(33)が、テレビでの発言について「悪い方へ悪い方へと解釈されるニュースばかり」と嘆いた。 後藤は21日、ブログを更新。「最近のテレビ出演で思ったこと。昔と今の違いに驚くばかりです。何に驚くかって、ほんの少しの発言が良くも悪くも広まり過ぎる」とつづった。 後藤は19日...
解散30年超のおニャン子クラブ なぜ今もファンを魅了する?

解散30年超のおニャン子クラブ なぜ今もファンを魅了する?

(全2枚) 1985年に誕生し、わずか2年半の活動期間で解散した「おニャン子クラブ」。このアイドルグループは、1985年4月から放送された番組『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)から誕生した。デビューシングル『セーラー服を脱がさないで』のヒットからブレイクし、当時のアイドルシーンを席巻するが、1987...
FNS歌謡祭の第1弾アーティストを発表 堂本光一と井上芳雄がコラボ

FNS歌謡祭の第1弾アーティストを発表 堂本光一と井上芳雄がコラボ

日本を代表する豪華アーティストたちが一堂に集結し、夢のコラボレーションや時代を飾った名曲、最新ヒット曲などをたっぷりと紹介するフジテレビの音楽の祭典『2018FNS歌謡祭』が、12月5日(水)と12日(水)の19時から生放送されることが決定。第1弾となる30組のアーティストが発表された。 5日放送の「第1...
米津玄師が紅白歌合戦に出場せず ファンからは驚きの声が殺到

米津玄師が紅白歌合戦に出場せず ファンからは驚きの声が殺到

大晦日に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の出場者が、2018年11月14日に発表された。初出場は紅組があいみょん(23)、DAOKO。白組はKing&Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKIfeat.HYDE。 初出場組のファンを中心にネット上では歓喜の声が広がっているが、その一方で、出場が有力視されていた「落選組」のファ...
紺野あさ美さんが第2子妊娠 夫は日ハム杉浦稔大投手

紺野あさ美さんが第2子妊娠 夫は日ハム杉浦稔大投手

元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さん(31)が14日、自身のブログを更新し第2子を妊娠したことを発表した。現在妊娠7ヶ月で来年出産予定。夫はプロ野球・日本ハムファイターズの杉浦稔大投手(26)。 【写真】生まれたて…紺野あさ美さんの第1子愛娘 紺野さんは「この度、第二子となる新しい命を授かり...
後藤真希が明かすモー娘時代の安倍なつみとの不仲「ガチだった」

後藤真希が明かすモー娘時代の安倍なつみとの不仲「ガチだった」

元「モーニング娘。」でタレントの“ゴマキ”こと後藤真希(32)が19日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演。アイドル時代のエピソード、安倍なつみ(37)との関係を明かした。 ゴマキはダウンタウンの浜田雅功(55)、松本人志(55)、坂上忍(51)、飲み仲間として参加した菊地亜美(2...
モーニング娘。がデビュー20周年、シーンにもたらした功績とその変遷

モーニング娘。がデビュー20周年、シーンにもたらした功績とその変遷

本日28日に、メジャーデビュー20周年を迎えたモーニング娘。’18(以降、モーニング娘。)。現在のメンバーは13名で、生まれるた時にはすでにグループが存在していたというメンバーが9名もいるというから、時代の流れは早いものだ。オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)でデビューした後、大ヒット曲...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net