芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

小泉今日子と豊原功補の2ショットに批判「堂々と不倫なんて…」

小泉今日子と豊原功補の2ショットに批判「堂々と不倫なんて…」

2月に豊原功補(53)との不倫関係を公表した小泉今日子(52)。自身がプロデュースする舞台『またここか』の会場で、不倫公表以来はじめて豊原との堂々2ショットを披露した。

WEB女性自身は10月1日、2ショット写真とともに仲むつまじい2人の様子を報じた。この記事に対して、Yahoo!ニュースでは2500を超えるコメントが殺到。その多くが《堂々と不倫してるなんてどうかしてる》《人として許されない》といった、小泉への激しい非難だった。

しかし小泉自身はそんな世間の声にはまったく動じていないようで、毎公演ロビーで観客を出迎えているという。

「お芝居にも感動したのですが、間近でキョンキョンを見れたのも嬉しかったです。キョンキョンは業界人の方から名刺を差し出されると、さっと老眼鏡をかけていました。そして名刺を受け取ると、丁寧にお礼を言っていましたよ」(公演を観た男性)

会場で観客を“おもてなし”しているのは、小泉だけではない。演出の豊原はもちろん、脚本の坂元裕二(51)まで毎公演のように姿を見せている。

「坂元さんは公演に合わせて発売される著書600冊にサインを入れ、自らロビーで手売りしています。脚本家がそこまでして公演を盛り上げるのは珍しいこと。『東京ラブストーリー』や『カルテット』で知られる坂元さんも、テレビドラマの仕事からしばらく離れることを宣言しています。同様の決断をした小泉さんや豊原さんを全力で応援したいのでしょう」(演劇関係者)

会場入り口には風間杜夫(69)、松たか子(41)、くりぃむしちゅー有田哲平(47)などから贈られた花が。多数の芸能人も観劇に訪れている。

「初日にはYOUさん(54)と加瀬亮さん(43)の姿が目撃されています。さらには松雪泰子さん(45)、のんさん(25)、荒川良々さん(44)、AKB48の峯岸みなみさん(25)、演出家の岩松了さん(66)ら多彩な面々が会場に足を運んでいるようです。芸能界やテレビ業界の不自由さを知っているからこそ、新しい道を模索する小泉さんと豊原さんのコンビに期待を寄せる芸能人も多いのでしょう」(前出・演劇関係者)

猛バッシングを受けながらも、多数の芸能人を味方につけた小泉。たった200席の小さな劇場から、キョンキョンの逆襲が始まるーー。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

小泉今日子が強いタバコを手放せず…ストレスが溜まっている?

小泉今日子が強いタバコを手放せず…ストレスが溜まっている?

10月8日、豊原功補(53)が演出を務めた舞台『またここか』が千秋楽を迎えた。 【写真】会見で小泉今日子と不倫関係を明かした豊原功補 この舞台のプロデューサーとして、公演を支えてきたのが豊原との不倫交際宣言をした小泉今日子(52)だ。 「小泉は今年の2月に、長年所属していた事務所から独立したと同時...
小泉今日子と豊原功補が同棲状態に「キョンキョンらしさがない」と指摘

小泉今日子と豊原功補が同棲状態に「キョンキョンらしさがない」と指摘

季節外れの真夏日となった10月7日のお昼12時過ぎ。東京・渋谷の目抜き通りから一本入った裏道に白い高級外車が停車した。助手席に乗っていた男性を降ろすと、再び発進…と思ったら、150m先の劇場に駐車。運転席から現れたのは、大きなサングラスをかけた小泉今日子(52才)だった。「時間差」をわざわざ演出す...
小泉今日子、豊原功補の隣に 不倫公表後初の堂々2ショット姿

小泉今日子、豊原功補の隣に 不倫公表後初の堂々2ショット姿

「ありがとうございました〜!」 劇場のロビーで、甲斐甲斐しく観客を出迎える小泉今日子(52)。その隣には豊原功補(53)が――。 豊原功補が演出を務める舞台『またここか』が、9月28日からDDD青山クロスシアターで上演されている。脚本は『東京ラブストーリー』や『カルテット』で知られる坂元裕二(51)。...
「99.9」や「BG」の高視聴率が示す危機 小ヒット狙いの先にある業界衰退

「99.9」や「BG」の高視聴率が示す危機 小ヒット狙いの先にある業界衰退

TBS日曜劇場の「99.9-刑事専門弁護士-SEASON?」のヒットに隠れたテレビ界の危機とは?(東洋経済オンライン編集部撮影) 今年1月スタートの連ドラが序盤から中盤に入り、賛否さまざまな声が飛び交っています。 視聴率では、松本潤さん主演「99.9-刑事専門弁護士-SEASON?」(TBS系)が初回から順に15.1%、18.0...
広瀬アリス&すずの人気・評価に「異変」作家が指摘

広瀬アリス&すずの人気・評価に「異変」作家が指摘

いま、日本の若者の間では最も有名な姉妹、芸能界での人気・評価は妹が先行していたが、ここにきて“異変”も感じられるようだ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 *** 毎朝、目が吸い寄せられる。NHK朝ドラ『わろてんか』の中で、唯一といっていいほどキラキラ輝いて...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net