芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

鉄腕DASHに見られる人材不足 城島茂ばかり出ている状況に心配の声

鉄腕DASHに見られる人材不足 城島茂ばかり出ている状況に心配の声

ジャニーズのアイドルグループ、TOKIO。不祥事により山口達也がグループを脱退し、4人体制となってから10月6日でちょうど5か月となった。騒動直後、メンバーが会見やテレビで謝罪するなど波紋を広げたが、4人はこの騒動によるダメージを払拭できたのか。ソロ活動とグループ活動からTOKIOの現在と今後について占った。

漫画家でコラムニストのカトリーヌあやこさんはこう語る。

「TOKIOはもともとソロ活動が多いグループです。ソロでの活動に関しては、今は山口さんの騒動の影響はほぼないと言っていいのではないでしょうか。ドラマや映画では、長瀬智也さんは6月公開の主演映画『空飛ぶタイヤ』が大ヒットしましたし、松岡昌宏さんは10月ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)など、ドラマや舞台出演が途切れません。

バラエティーでの活動では、城島茂さんが“島茂子”としてDVDシングルをリリースしてドラマ『家政婦のミタゾノ』(テレビ朝日系)主題歌に起用されました。国分太一さんは『ビビット』『世界くらべてみたら』(共にTBS系)のMCなど複数のレギュラー番組を持ち、今までどおり活躍しています」

ソロでは騒動前と変わらず活躍しているように見える4人だが、グループではどうだろうか。グループの代名詞的な番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の状況を見ると、必ずしもそうではないようだ。

リスタートとなった5月13日の放送は注目が集まり、視聴率20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大台を突破。その後は17%を超えることもあり順調だったが、7月の視聴率は順に、14.2%、13.9%、14.0%、13.6%、13.8%と、低迷した。これは5月13日以前の直近5回(スペシャル版はのぞく)の平均15.4%を下回る数字だ。

「TOKIOの中で、山口さんの存在は大きかったと改めて思います。特に“鉄腕DASH”では、山口さんは常勤状態でした。番組企画の『DASH島』『DASH海岸』では、自ら潜水するために潜水士の資格を取得し、資材を運ぶ船を運転するために一級小型船舶操縦士の資格も取った。島の探索やモノ造りに山口さんは欠かせず、“鉄腕DASH=モノ造り=山口達也”というイメージが強かったですから。

しかもメンバーはソロ活動が忙しく、全員揃うことはなかなか難しい。とうとう7月15日放送回は城島さん1人になってしまい、人材不足が露呈しました。もちろんメンバーは穴を埋めようと頑張っていて、全体的には出演するメンバーが増えています。特に長瀬さんの登場回数が増えていて、インドまでスパイスを探しに行った『俺たちのDASHカレー』は、長瀬さんの明るいキャラクターが出ていましたし、“鉄腕DASHらしい”いい企画だなと思いました」(カトリーヌさん・以下「」内同)

メンバーの努力や、8月の嵐・二宮和也のゲスト出演などで、13%台に落ち込んだ視聴率は徐々に回復傾向を見せている。8月は15%台をキープ。9月の視聴率は、16.4%、15.1%、14.5%、13.6%と再び下落していったが、9月30日の2時間スペシャルは16.7%を記録し、なんとか持ち直した。

「1995年から23年も続いてきた“鉄腕DASH”は、彼らのアイデンティティとも呼べる番組です。今の“鉄腕DASH”に必要なのは、ゲスト出演者ではありません。4人がひとつになってものづくりをする姿を見せる。それが新生TOKIOの姿をアピールするチャンスにもなるのではないでしょうか。

もちろん、それぞれの活動が忙しいのはわかりますが、山口さんが抜けて、なかなか進展しない『DASH島』などを進めるために、4人が一致団結する姿を見せてほしいですね。力仕事の面では、ジャニーズJr.など、若手に加わってもらってもいいと思います。最年長の城島さんばかりが出ている状況は健康面でも心配になってきてしまいますからね」

音楽活動に関しては、来年、デビュー25周年を迎え、記念ライブなどが盛大に行われるはずだったが現在、活動休止状態。先行きは不透明なままだ。昨年まで24年連続で出場していた大晦日のNHK紅白歌合戦への出場可否もまだ明らかになっていない。

「今年の紅白出場はさすがに厳しいと思います。ただ、紅白に出なくても“鉄腕DASH”での4人での活動を軸に、音楽やライブ活動を再開していってほしいです。多くの人を勇気づける彼らの歌を聴きたい人はいっぱいいます。来年の25周年をいい形で迎えるためにも、少しずつ活動を始めていってもいいのではないでしょうか」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「おっさんずラブ」LGBT関連の苦情がほぼないのはなぜ?

「おっさんずラブ」LGBT関連の苦情がほぼないのはなぜ?

おじさん同士の恋愛を描いたラブコメディドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が好評だ。とくに女性から高い支持を集めているという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその理由について解説する。 *** ネットのSNSから雑誌の識者コラムまで、各所で「今期No.1」という声を聞く『おっさんず...
月9「突然ですが、明日結婚します」の視聴率低迷 要因を作った10の要素

月9「突然ですが、明日結婚します」の視聴率低迷 要因を作った10の要素

低視聴率で苦戦する「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系月曜21:00〜)。漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、月9凋落の理由を分析する。 *** 第6話の視聴率が5%で、ついに月9ワーストを更新した本作。何がどうして、こうなった。今の月9がダメな10の理由を考える。 【1】主役が誰...
田中圭&山田孝之、同居してた過去 「WATER BOYS」の撮影期間

田中圭&山田孝之、同居してた過去 「WATER BOYS」の撮影期間

(全3枚) 結婚したいのに全くモテない春田(田中圭)は、ピュアな乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤(吉田鋼太郎・59才)と、同居中の“イケメンでドSな後輩”牧(林遣都・27才)から告白され、“未曽有のモテ期”を迎えていた。異性愛者の春田にとっては思いがけない事態だったが、やがて春田は気づく。牧は家事...
「ずっと好きでした」松岡昌宏が32年思い続けた中山美穂に告白

「ずっと好きでした」松岡昌宏が32年思い続けた中山美穂に告白

中山美穂が、10日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。大ファンだというTOKIO松岡昌宏から愛の告白をされる一幕があった。 中山が登場するや、他のメンバーが「本当にいるんだね」「我々世代はもう……」などと感激する中、松岡だけ汗を拭きながら沈黙。国分太一から「喋れお前!」と一喝されると、...
平手友梨奈が欅坂46での給料事情告白「私お給料が分からなくて」

平手友梨奈が欅坂46での給料事情告白「私お給料が分からなくて」

19日に放送されたフジテレビ系『TOKIOカケル』に欅坂46の平手友梨奈と北川景子が出演した。 番組内では『初めての給料何に使った?』という話題になり、平手へ話を振った。 すると、平手は「私お給料がわからなくて」と、自分がいくらもらっているかわからないのだといい、番組のテロップには親に給与を管理し...
V6岡田准一のファン離れが深刻 宮崎あおいとの結婚が影響か

V6岡田准一のファン離れが深刻 宮崎あおいとの結婚が影響か

連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision 宮粼はドラマ『眩〜北斎の娘〜』(NHK)で「東京ドラマアウォード」単発ドラマ部門グランプリを受賞。出産前と変わらぬスリムボディを披露した10月25日に行われた『東京ドラマアウォード』授賞式に宮粼あおい(32)が登場。出...
ママ活を「人生のハーフタイム」に 国分太一の新名称提案に苦笑

ママ活を「人生のハーフタイム」に 国分太一の新名称提案に苦笑

8日放送のTBS系「ビビット」は、社会問題化している「ママ活」について特集した。 福岡市内の男子高校生(17)らが「ママ活」を行おうとして県警に補導されたことが6日、分かった。「ママ活」とは援助交際の逆で、若い男性が年上女性に対してデートや食事をともにする代わりに金銭を要求する。それだけ...
自身の誕生日会を途中で抜けた生田斗真に星野源「なんていいやつ」

自身の誕生日会を途中で抜けた生田斗真に星野源「なんていいやつ」

16日深夜に放送されたニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に生田斗真がゲスト出演し、星野源が生田について語る場面があった。 【写真】星野源ゆったり自然体な姿のTVCM放映開始に期待の声「楽しみ」 番組では、星野と親交の深い生田が、星野らに自身の誕生日を祝ってもらったと切り出した。 生田の...
イメージを守るのが常だった芸能人夫婦 いじりOKの流れに変化

イメージを守るのが常だった芸能人夫婦 いじりOKの流れに変化

俳優の勝地涼と元AKB48“不動のエース”にして女優の前田敦子が、今年7月30日に電撃入籍したことは記憶に新しいが、9月には妊娠安定期に入っていることを発表。夫の勝地は先日行なわれた出演映画のイベントで「あっちゃ〜ん!」と叫び、「“ミキティ〜!”みたいになっちゃった」と自らイジられにいけば、妻の前田...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net