芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

和牛・水田信二がライブ撮影する客に激怒 激しい口調にファン驚き

和牛・水田信二がライブ撮影する客に激怒 激しい口調にファン驚き

2018年10月3日に、人気お笑いコンビ和牛の水田信二さんが『Twitter』でライブの無断撮影について苦言を呈し、大きな反響を呼んでいる。

ツアーで動画撮っていいなんてひとことも言ってない。写真OKのコーナーがあってそれならあげてもいいと言っただけ。だから動画あげたらあかんよ。あとネタの内容あげられるのもイヤ。これから劇場来てくれる人に余計な情報入れて欲しくない。言っときますけど川西もそんなことする人は嫌いですよ。

7月から10月1日にかけて開催された全国ツアーで、無断撮影されたライブ動画がインターネット上に複数流出したことに怒り心頭の水田さん。

自分勝手でもワガママでも言いたいことは言わしてもらう。自分達の作ったもんやし。顔や名前や仕事、色んなものを隠して安全な所から文句だけいうヒマな人間の意見を聞く気は微塵も無い。

このように、一部のアンチに対しても批判はおよび、芸人として無断の動画撮影やその流出行為を徹底的に断罪した。

あまりに激しい口調に驚いたのか『仔牛』と呼ばれる熱心な和牛ファン達は、

・ちゃんと言わなきゃ、分からない」世の中ではなく「言わなくても、分かる」思いやり溢れる世の中になって欲しい。
その道のりの途中で水田さんのように、評判気にせずにハッキリ言える人は、必要だと思います。

・ただただ全国の仔牛ちゃん達に共有したいって気持ちだけだったと思うので、そんな言い方しなくてもいいのではないでしょうか
少し悲しい気持ちになりました。。でも、和牛さん大好きなので、次から気を付けます!!

・水田さんの言い分はごもっとも。。だと思います。ただ、少々言葉が強めなので、悪気なく動画をあげた仔牛ちゃん達は剣を胸に刺されたような気持ちになったのではないでしょうか。。動画を見ただけの私が水田さんのツイートに心臓がギュッとなり、なかなか寝付けなくなったくらいなので。。

・「動画撮っていい」とは言ってないじゃなくて、「動画撮ったら、ダメです」ってちゃんと言ってあったんですか??ごめんなさい何も知らないので素朴な質問です!ダメですとハッキリ言ってなかったのであれば、それは動画撮る人がいてもしょうがないかなぁと思います

など、それぞれの考えのもとに真摯なコメントを寄せており、また動画を公開してしまったという『仔牛』からも、

水田さん、本当に申し訳ありません。動画をあげてしまっていました。削除しました。お2人を大好きな気持ちばかりで、和牛さんの皆さんや笑いに対する思いを解っていなかったのだなと、恥ずかしく悔しく悲しい気持ちになりました。とても大切なことを勇気を持って教えて下さりありがとうございます!

私は水田さんが大好きです。和牛さんも仔牛さんも皆大好きです。水田さんが様々な人たちのことを配慮して下さってるように、私も好きな人たちが悲しい思いをしないように、これから気をつけていきたいと思います。そしてまた劇場に行って、自分の身体で、漫才を味わえる日を楽しみにしてます!!

という謝罪があった。

日本ではこれまでほとんどのライブ会場、演劇会場で動画撮影が禁止されてきたが、近年になって情報拡散を期待して動画撮影を推奨する演者も増加したことからルール意識があいまいになりトラブルも増えつつある。

演者や主催者がやめてほしいと思うことをやってしまうのは観客としてマナー違反だが、ちゃんとそれがわかるようにアナウンスする努力は必要だろう。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/wagyunomizuta/status/1047152454205235200

――見たことのないものを見に行こう『ガジェット通信』
(執筆者:中将タカノリ)※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

――面白い未来、探求メディア『ガジェット通信(GetNews)』

関連芸能ニュース

暴言現場に同席の和牛・水田が言及 「審査に何の問題もない」

暴言現場に同席の和牛・水田が言及 「審査に何の問題もない」

お笑いコンビ・和牛が11日、都内で行われた『2018年「歳の印」』の捺印式に出席。とろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智が、『M-1グランプリ2018』で審査員を務めた上沼恵美子に対して暴言を吐いた騒動の現場に水田信二も同席していたが、囲み取材で審査について問われると「上沼さんの審査...
M-1打ち上げの場の裏側を和牛が明かす「例年より落ち込む人多かった」

M-1打ち上げの場の裏側を和牛が明かす「例年より落ち込む人多かった」

お笑いコンビ「和牛」の水田信二(38)と川西賢志郎(34)が6日放送の文化放送「和牛のモーモーラジオ」(水曜深夜2・00)に出演。史上初の3年連続の準優勝となった「M―1グランプリ2018」を振り返った。 川西が今大会を「(番組が復活した)2015年から出させてもらっているんですけど今年...
久保田かずのぶらの騒動 同席していた和牛の水田に心配の声

久保田かずのぶらの騒動 同席していた和牛の水田に心配の声

霜降り明星の優勝で幕を閉じた『M-1グランプリ2018』。初の平成生まれ王者の誕生は話題となったが、一方で審査員に対する芸人の“侮辱発言”がネット上で公開され物議を醸した。今大会3年連続の準優勝となった和牛の水田信二もその現場に居合わせており、ファンからは心配の声があがっている。 “侮辱発言”が問...
武智が上沼恵美子に対して更年期障害と発言 女性漫画家が苦言

武智が上沼恵美子に対して更年期障害と発言 女性漫画家が苦言

12月2日に放送された「M-1グランプリ2018」(テレビ朝日)にまつわる、大会後の芸人の発言が物議を醸している。決勝7位の「スーパーマラドーナ」武智正剛さんは大会後、インスタライブで上沼さんの審査について「『嫌いです』とかって言われたら更年期障害かって思いますよね」とコメントしていた。動画は削除...
「酔ったうえでの失態にも」サントリー激怒でM-1消滅の危機か

「酔ったうえでの失態にも」サントリー激怒でM-1消滅の危機か

12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)は『霜降り明星』が史上最年少で王者に。そんな明るいニュースに水を差す騒動が起こってしまった。 【写真】今年3月、直撃取材に激昂し携帯電話で逆取材する、とろサーモン久保田 「昨年王者の『とろサーモン』久保田かずのぶと、今年のファイナリスト...
M-1騒動で振り返る芸人同士の確執 上沼恵美子は明石家さんまと不仲説?

M-1騒動で振り返る芸人同士の確執 上沼恵美子は明石家さんまと不仲説?

「事実上、相手にしていない」 「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智(40)が上沼恵美子(63)に暴言を吐いた問題で、上沼が「謝罪は結構」との意思を表明した。騒動の沈静化には遠い状況だ。 *** 一時期、久保田と武智の謝罪を、多くのメディアは“確定事項”、“折り込み済み”...
女が住居侵入と強盗致傷で逮捕 若手女優の母の犯行にホリプロ当惑

女が住居侵入と強盗致傷で逮捕 若手女優の母の犯行にホリプロ当惑

政治家の秘書といえば、近頃は国税庁への口利きに一役買ったと取り沙汰されたりして、センセイの悪事の片棒を担ぐといったイメージである。が、在職時に強盗となると前代未聞。逮捕された男を雇っていた議員たちは、さぞや衝撃を受けたに違いないが、犯人が捕まったことで、なぜか大手芸能プロが当惑していた...
NHKチーフP逮捕に「やっぱり」局内では女子アナウンサー盗撮の噂も

NHKチーフP逮捕に「やっぱり」局内では女子アナウンサー盗撮の噂も

(全2枚) 盗撮は軽い犯罪ではない スマホには女子アナたちの画像が保存されていたという情報も 10月27日に送検された重藤容疑者。中学生の息子と小学生の娘を持つ父親でもある 「重藤は地方放送局時代にも、『打ち合わせ』と称してキャスターの女性をしつこく食事に誘ったり、自宅に押しかけたりしていたそうで...
41歳で発達障害と診断された小島慶子「本当の自分を受け入れる」

41歳で発達障害と診断された小島慶子「本当の自分を受け入れる」

「私は家でも学校でも、ひどい問題児でした」 彼女は、熱を帯びた口調で子ども時代の思い出を語り始めた。 「まず、落ち着きがない。常にもじもじして、じっとしていられない。声を出してはいけないところで出したり、グネグネしたり(笑)。それから、嫌なことに耐性がまるでなくて、受け流すことができずに...
鈴木亮平に対して体重関連の質問はNG 報道陣にNHKからお達し

鈴木亮平に対して体重関連の質問はNG 報道陣にNHKからお達し

大河ドラマ恒例のバトンタッチセレモニーが12月5日、東京・渋谷のNHKで行われた。 16日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ「西郷どん」から来年1月6日にスタートする「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」へとつなぐセレモニー。各スポーツ紙によると「西郷どん」主演の鈴木亮平(35)は1年以上にわたる撮...
上沼恵美子への暴言を叱る先輩芸人たちの「深慮遠謀」に学ぶ

上沼恵美子への暴言を叱る先輩芸人たちの「深慮遠謀」に学ぶ

トラブルは期せず起きてしまうもの、おさめ方こそがその後の評価を分ける。大人力について日々研究するコラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。 *** 「M‐1グランプリ2018」での上沼恵美子の審査っぷりは、例年どおりの辛らつさでインパクト抜群でした。ただ、視聴者にとっては楽しい審査でしたが、バッサリ...
堀江貴文氏が東大合格のメリット語る「医者・弁護士よりも上」

堀江貴文氏が東大合格のメリット語る「医者・弁護士よりも上」

4日、『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。 順調に成績を伸ばしてきた...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net