芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

百恵さんが三浦祐太朗の番組出演に絶句「下ネタばかり…」

百恵さんが三浦祐太朗の番組出演に絶句「下ネタばかり…」

「最後に歌うのは『さよならの向う側』です。これはうちの母が(引退前の)いちばん最後に歌った曲です。この曲と、ぼくの新アルバムの曲『菩提樹』は、宇崎竜童さんと阿木燿子さんが書き下ろしてくれた曲なんです」

9月24日、神奈川県小田原市でフリーライブを行った、歌手の三浦祐太朗(34)。この日、8月に発売されたアルバム『FLOWERS』の収録曲を中心に熱唱した祐太朗は、母・百恵さん(59)の“恩人”である宇崎竜童(72)&阿木燿子(73)夫妻に新曲を書いてもらったことを告白したのだ。

全5曲を歌い切り、会場は大盛況。ライブ後の握手会には、百恵さん世代の女性ファンが列をなしていた。こうして活躍の幅を広げている祐太朗だが、その裏には百恵さんの母としての奔走があった――。宇崎夫妻をよく知る音楽関係者は、祐太朗の新曲ができた経緯をこう明かす。

「宇崎夫妻は百恵さんの現役時代、シングルとLP合わせて合計68もの曲を提供。宇崎さんがこれだけの曲を書いたのは、百恵さんが最初で最後のことでした。かつて自分のスター時代を支えてくれた宇崎夫妻に、歌手として頑張っている息子の歌を書いてもらいたい!そんな思いで、百恵さん自ら、2人に頼みこんだと聞きました」

宇崎夫妻が百恵さんに初めて提供した曲は、76年にリリースされた『横須賀ストーリー』。あれから42年経った今でも交流は続いているという。本誌のインタビューでもこう明かしている。

《(09年に)恵比寿のレストランで、僕ら夫婦と百恵さん、彼女の元マネージャーと食事をしたんですが、百恵さんに「何で来たんですか?」と聞いたら、「JRの恵比寿駅からタクシーで来ました」と言うんでびっくりしました(中略)それから1年後の10年には、三浦友和さんを交えて食事をしました》(『女性自身』13年8月6日号)

そんな百恵さんから“息子のために!”と頼まれ、宇崎夫妻は一も二もなく引き受けたのだろう。芸能リポーターの城下尊之さんはこう語る。

「バンド解散後の12年3月、祐太朗さんは松山千春さん(62)のデビュー曲『旅立ち』のカバーでソロデビュー。それからはラジオのパーソナリティやドラマ出演など活躍の場を広げてきました。しかし、歌手としては昨年リリースした百恵さんの現役時代のヒット曲をカバーしたアルバムが話題になったぐらい。歌手デビューからは10年が経ちますが、俳優で活躍中の弟・三浦貴大さん(32)にくらべると、あまりパッとしないのが正直なところです」

そんな苦境にあえぐ長男を見かねて、百恵さんは宇崎夫妻にHELPを申し込んだのだった。“長男のブレーク”支援はこれに留まらず、実は祐太朗の事務所社長も、百恵さんの肝いりなのだという。

「祐太朗さんの個人事務所の内藤光広社長は、百恵さんの現役時代の最後のマネージャーだった人物なんです。百恵さんの“引退フィーバー”は安室奈美恵さん(41)以上のものでしたから、当時の芸能界でわざわざそんなに大変なところで働きたいという人はなかなかいなかったんです。でも、彼は誠実かつ真面目な仕事ぶりで、最後までやり遂げました。引退後も公私ともに交流があったそうで、百恵さんは“この人なら安心して息子を託せる”と、マネジメントをお願いしたといいます」(内藤氏の知人)

以前は母・百恵さんの話題に触れないようにしてきた祐太朗だったが、最近では家族トークも“解禁”に――。7月2日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際も、祐太朗はこんなエピソードを明かした。

「祐太朗さんは『僕が学生時代に付き合っていた彼女とホテルに行ったときに、母の曲が流れてきて集中できなかった』と“ぶっちゃけトーク”を披露してスタジオを沸かせました。彼が百恵さんについてこれほどしゃべったのはこれが初めてではないでしょうか」(芸能関係者)

百恵さんの知人は、こうした息子の発言に対する百恵さんの反応をこう語る。

「番組を見ていた百恵さんは『自分のことを話すのはいいけれど、下ネタばかり……』と、恥ずかしさのあまり絶句したそうです。いまは何でもネットで拡散される世の中。いつか結婚を決めた女性も、それを読むかもしれない。そこまで心配した百恵さんは、祐太朗くんに“お叱りの電話”をしたらしいですよ(笑)」

何かとひやひやさせる息子だが、歌手としてなんとか成功してほしい……。今は“向う側”でバックアップに励む百恵さんだった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

サンミュージックが創業50周年 岡田有希子さんの死など波乱と栄光

サンミュージックが創業50周年 岡田有希子さんの死など波乱と栄光

老舗芸能プロダクション「サンミュージックプロダクション」が11月27日、創業50周年を迎える。タレント第1号の森田健作氏をはじめ、都はるみ、松田聖子、岡田有希子、酒井法子、ベッキー…その系譜を辿れば“芸能界の歴史”そのものとも言える。そこで今回、創業者の故・相澤秀禎さんと二人三脚でサンミュージッ...
安室奈美恵の“私生活”が報じられない背景に、前例がないほどの「取材リスク」

安室奈美恵の“私生活”が報じられない背景に、前例がないほどの「取材リスク」

ラストコンサートから、もうじき2か月がたつ。 【写真】写真で振り返る安室ちゃんヒストリー いまでは安室奈美恵さんに関するニュースがほとんど報じられなくなった。最近、私が安室さん関係で目にしたのは『女性セブン』(11月15日号)に掲載された、 《“季節外れのアイテム”がバカ売れ!》 という記事。いっ...
Koki,を秋元康氏がプロデュースか 歌手デビューの計画が進行?

Koki,を秋元康氏がプロデュースか 歌手デビューの計画が進行?

ファッション誌の表紙デビューから始まって、高級ブランドの広告塔に、テレビCM……。小出しに、しかし着実に、その存在を世間に知らしめ、今のところは売り出しに成功しているKoki,(15)。無論、両親のネームバリューがあってのことだが、最終目標は、まだ先にあった。実は将来的に歌手としてのデビューを画...
明石家さんま ビートたけしに引退勧告していた

明石家さんま ビートたけしに引退勧告していた

明石家さんまが15日、TBSで放送された「1番だけが知っている」に出演。60分間の独占インタビューに応じ、ビートたけしに「2人で辞めた方が…」と引退勧告したことを明かした。 タモリとの“お笑いBIG3”のうち、たけしとさんまは「ひょうきん族」(フジテレビ)などを通じて、お笑い界を牽引してき...
宇崎竜童が晩さん会の秘話告白 天皇陛下の前でまさかの泥酔

宇崎竜童が晩さん会の秘話告白 天皇陛下の前でまさかの泥酔

ミュージシャンの宇崎竜童(72)、作詞家の阿木燿子(73)夫妻、シンガー・ソングライターの三浦祐太朗(34)らが3日、都内で行われた舞台「Ay曽根崎心中」(12月12〜20日、東京・新国立劇場)の制作発表会見に出席した。 江戸時代の浄瑠璃作家・近松門左衛門が、若い男・徳兵衛と女・お初を描...
明石家さんまが一般客からのクレームでジムをクビになった過去を明かす

明石家さんまが一般客からのクレームでジムをクビになった過去を明かす

26日放送の「第2回明石家紅白!」(NHK総合)で、明石家さんまが、かつて通っていたジムで、一般客のクレームが理由でジムをクビになっていたことを明かした。 番組では、司会のさんまが会いたいアーティストとして、宇崎竜童、阿木燿子、ゆず、DreamAmi、森高千里らがゲストとして出演した。 その中で、森...
歌手・三浦大知 明石家さんまをめぐるトラウマ明かしスタジオ騒然

歌手・三浦大知 明石家さんまをめぐるトラウマ明かしスタジオ騒然

26日放送の「第2回明石家紅白!」(NHK総合)で、歌手の三浦大知が、明石家さんまをめぐるトラウマを打ち明けた。 「さんまが好きなアーティスト」「聴きたい歌」「会いたい話題の人」を紹介するこの番組。第2回のこの日は阿木燿子、森高千里、ゆずとともに三浦も招かれていた。 さんまとトークを繰り広げる...
真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

「ここまで世間的に炎上が多いと、ブーム的な捉え方になりますよね。『ハイハイ、またか』みたいな(笑)。そうはいっても実際に自身が炎上したら、誰でも少しは気にしますよね。ドラマの題材もそうですが、SNSだとはいえ、中身はやっぱり人と人だと思うので。心ない言葉とかをかけてくる人もいますが、そこに...
上沼恵美子が昔の歌手に対して私見を語る「あほばっかり」

上沼恵美子が昔の歌手に対して私見を語る「あほばっかり」

タレントの上沼恵美子(63)が19日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。「漫才ネタの寿命がものすごく短い」と話す「ナイツ」塙宣之(40)に対し、持論を語った。 塙は「ネタ番組でやると、次の番組ではやってない新ネタやってくださいと言われる。曲みたいに、この曲やって...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net