芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

メイプル超合金が一発屋を免れたワケ 引き出しに困ることないキャラ

メイプル超合金が一発屋を免れたワケ 引き出しに困ることないキャラ

お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(34)、安藤なつ(37)が8日、都内で行われた「ぼくらはトイザらス・キッズ!フェスPRイベント」にゲストとして登場した。

1991年に日本1号店をオープンしたトイザらスが、オモチャを手にした際のワクワク感をもう一度体験してもらおうと開催。そんなイベントにカズレーザーはピッタリだ。売れっ子芸人になった今でもオモチャにしか「カネを使わない。家にあるカップラーメンしか食わない」生活をしているといい、自身について「(幼少期から)成長していない」と言ってニンマリするほど。

玩具には相当、散財しているそうで「月30(万円)〜40(万円)」というから驚き。高い品は1つで3万〜4万円するという。「それを見ながら酒を飲める」ほどオモチャを愛している。

独身だが子供が欲しいという願望は「全然ない」と首を横に振る。「子供を育てるのは絶対大変でしょ。(自分の)根が子供だから無理」といたずらっぽく笑った。

一方、同じく独身の安藤は結婚相手を「常に募集している」と切実に訴えていた。

メイプル超合金といえば2015年「M―1グランプリ」で初の決勝進出を決めると一気に注目を集め、翌年からのブレークにつながったのは記憶に新しい。

テレビ関係者の話。

「このコンビが一発屋に終わらなかったのは、キャラ自体が面白いからです。今回のカズレーザーの玩具のエピソードも極端すぎるからウケる。たとえば安藤も数年前にタクシーにひかれたことがあるそうですが、ひかれたところは無傷で、転倒した際の自体重で骨折したという話があったり(笑い)。『このキャラでいる限り引き出しに困ることはないよね』と業界では言われていますよ」

メイプル超合金は息の長い活動が続けられそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

月30〜40万円を散財 カズレーザーが語るおもちゃへの愛

月30〜40万円を散財 カズレーザーが語るおもちゃへの愛

お笑いコンビ「メイプル超合金」(カズレーザー=34、安藤なつ=37)が8日、都内で行われた「ぼくらはトイザらス・キッズ!フェスPRイベント」にゲストとして登場した。 1991年に日本1号店をオープンしたトイザらスが、オモチャを手にした際のワクワク感をもう一度体験してもらおうと「ぼくらはト...
タモリが圧倒的な強運ぶりを発揮「噴水危機一髪」で1/1000のヒット

タモリが圧倒的な強運ぶりを発揮「噴水危機一髪」で1/1000のヒット

8月31日深夜に放送された「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)に、堀部圭亮、メイプル超合金、グラビアアイドルの橋本梨菜がゲスト出演。さまざまな噴水の世界を体験する中で、タモリが圧倒的強運ぶりを発揮する場面があった。 【写真を見る】ゲストに登場した日本一黒いグラビアアイドル橋本梨菜 この日のテーマは「...
テレ東「東京湾大調査」世界3例目となる深海魚を発見

テレ東「東京湾大調査」世界3例目となる深海魚を発見

テレビ東京は14日放送の特番「東京湾大調査3〜全800種!激レアから猛毒までお魚コンプリート〜」(後6・55)で、世界3例目となる珍しい深海魚「ナツシマチョウジャゲンゲ」を発見したと発表した。昨年9月、今年1月のオンエアに続く好評第3弾。過去2回、東京湾初確認となる生物を捕獲し、話題を...
ブラマヨ吉田敬 元ホストのデートプランに感嘆「めちゃくちゃ使える」

ブラマヨ吉田敬 元ホストのデートプランに感嘆「めちゃくちゃ使える」

3日、HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がAbemaTV(アベマTV)でMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜21時〜)が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男に引っかからないた...
ぺえがSNS投稿で「前代未聞のコメント禁止令」 真面目な姿勢にファンも共感

ぺえがSNS投稿で「前代未聞のコメント禁止令」 真面目な姿勢にファンも共感

タレントのぺえが7月19日、ネット上のファンに対して、“ある特定のコメント”禁止令を宣言。しかしその投稿を読んだネット上のファンからは、彼の意見やスタンスに共感する声が多数寄せられている。 あたしの毎晩の姿#動物と会話するオネエ#男なし犬ありの生活#家に帰ると待っててくれる存在がいる喜び#ロナウ...
桂文枝との不倫の様子を女性が明かす 「50年後に結婚」とも発言?

桂文枝との不倫の様子を女性が明かす 「50年後に結婚」とも発言?

(全2枚) 「桂文枝」芸の肥やしは最後の愛人(下) 桂文枝師匠(74)に発覚した“最後の愛人”の存在。現在56歳の夏目恵美子さん(仮名)が文枝師匠と出会ったのは、2008年12月、大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」に足を運んだことがきっかけだった。その場で連絡先を交換した2人は、翌年3月に男女の仲に。以後、文...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net