芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「マスメディアの情報には必ず偏り」北川景子が自身の見解を披露

「マスメディアの情報には必ず偏り」北川景子が自身の見解を披露 女優の北川景子が11日、10月20日と27日にNHKで放送されるドラマ『フェイクニュース』(総合・21:00〜21:49)の会見に、野木亜紀子(脚本)、土屋勝裕(制作統括)、北野拓(プロデューサー)、堀切園健太郎(演出)とともに登場した。

同作は、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などで知られる脚本家・野木亜紀子氏がNHKに初めて書き下ろす社会派エンターテイメントドラマ。大手新聞社からネットメディアに出向した東雲樹を北川が演じ、インスタント食品への青虫混入事件に端を発するフェイクニュース騒動に立ち向かう姿を描く。北川のほか、光石研、永山絢斗、矢本悠馬、新井浩文、岩松了、杉本哲太らが出演する。

「もともとメディアを題材としたドラマを作りたいというのがあった」という脚本の野木は、「今やるならフェイクニュースがいいんじゃないか」と進めたが、「いざ始めると、調べなきゃいけない要素も多いし、とっても大変な作業になり、(北山・堀切園と)3人で、何時間話し合ったかわからないくらい、相当時間がかかりました」と振り返る。

Twitter、まとめサイトなどインターネット上のサイトも多く登場するが、堀切園は「ネットの世界をどう表現するのか。映像向きではない世界を、スピード感を持ってテンポよく見せられるように。目で見ても楽しいし、感覚的に見てる側に届けられたらいいなと思いました」と演出の意図を語った。

いつもは取材される側の北川も、今回は取材して記事を書く側の役に。これまで会った記者を思い浮かべつつも「服装の決まりもないし、取材の切り口やスタンスも全然違うと感じましたので、いろんな方の顔は浮かべたんですけど、野木先生の書かれたキャラクターを大事に演じればいいのかなと思って」と役への思いを明かす。

またネットメディアという題材に関しては、「私はこういう業界にいたので、トピックスに上がることもたくさん経験しており、作品をやったから見方が変わったことはあまりないです。フェイクニュースがあることも身を持って知っていたし」と語る。「慎重な性格で、マスメディアの情報には必ず偏りがあるということは認識しています。同じ事柄や事件を扱っていても、報じるスタンスや聞き込む角度がメディアによって違ってきます」と見解を披露し、「目にした情報を鵜呑みにしないということと、聞き比べること、見極める目を持つことが大切なのかなとずっと思ってきたものですから、日頃から感じてきたことを、作品を通じて世の中に投げかけることができて良かったかな」と思慮深さを見せた。

さらに「ネットは盛り上がるのも移ろいも早いので、しっかり見抜く力を養っていただきたいですし、それでも信じてしまうこともあるんですけど、踊らされることがないように。ネットが強いんじゃない、取り扱うのは人間なんだ、というところがメッセージでもあると思う」と作品のテーマを表した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

パッとしない新垣結衣主演「獣なれ」 「逃げ恥」との違いは

パッとしない新垣結衣主演「獣なれ」 「逃げ恥」との違いは

思えば、2年前の忘年会は“恋ダンス”一色だった。その流行を生んだドラマ、「逃げ恥」の新垣結衣(30)と脚本家が再タッグを組んだ「けもなれ」。日テレは大ヒット作の再来を期したのだろうが、どうにもパッとしない。「けもなれ」に、なにが欠けているのか。 2016年のTBSドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」は...
「けもなれ」で新垣結衣が演じる晶にイラッ「あまりに優柔不断」

「けもなれ」で新垣結衣が演じる晶にイラッ「あまりに優柔不断」

「見ていて辛すぎる」という理由から「脱落した」という声も多い、新垣結衣主演の『獣になれない私たち』、通称『けもなれ』(日本テレビ系、水曜夜10時〜)。 ラブコメディかと思いきや、30歳のヒロイン晶(新垣結衣)の置かれた状況が、なかなかに辛いのです。 晶が勤めているECサイト制作会社のパワハラ社...
30代女性の現実描く「けもなれ」新垣結衣の大人な魅力引き出す

30代女性の現実描く「けもなれ」新垣結衣の大人な魅力引き出す

10月中旬の夜、華やかなゴールドのスカート姿の新垣結衣(30)を発見。ここは松田龍平(35)とW主演中の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の収録現場だ。 本作の収録は、人の多い街中やオフィスなど、にぎやかなシーンが多い。 「都内の地下鉄駅など一般客がいる中でのロケもあり、生ガッキー見たさに人...
共演者の背が高くヒールの高い靴をはける 新垣結衣は現場でのびのびか

共演者の背が高くヒールの高い靴をはける 新垣結衣は現場でのびのびか

新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める『獣になれない私たち』(日本テレビ系)。同ドラマは、'16年に放送されて大ヒットとなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を手がけた野木亜紀子のオリジナル脚本。 「新垣さんが演じるのは、周りに気を遣い自分の本音を隠しながら生きている会社員の役。一...
「さすがに地上波で鮫島事件は扱えない」NHK番組のツイートに波紋

「さすがに地上波で鮫島事件は扱えない」NHK番組のツイートに波紋

来年2019年の1月2日と3日に、NHK・Eテレで「平成ネット史(仮)」なる番組が放送される。 平成ネット史(仮)-NHK http://www4.nhk.or.jp/nethistory/[リンク] 「Windows95」の発売から、わずか20余年。まるで“魔法”のように世界を繋げ、生活に欠かせないものとなった「インターネット」。「テキストサイト」や...
相棒のキャラ「シャブ山シャブ子」で論争 精神科医らが異論

相棒のキャラ「シャブ山シャブ子」で論争 精神科医らが異論

水谷豊(66)主演の刑事ドラマ『相棒season17』(テレビ朝日系)に登場したキャラクター”シャブ山シャブ子”が大きな話題を呼んでいる。 15.2%という高視聴率を記録した11月7日放送の第4話。公園のベンチで刑事が電話をしているシーンで、背後からハンマーを持った薬物中毒者の女性が登場する。女性は奇声を発...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net