芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

引っ張りダコ「Koki,」本当の評価は 「あるのは話題性だけ」の声

引っ張りダコ「Koki,」本当の評価は 「あるのは話題性だけ」の声

ここまで注目度が高いのは、親のブランド力というほかあるまい。木村拓哉(45)と工藤静香(48)の次女で、モデルのKoki,(15)。デビュー早々に、ブルガリが広告塔に起用したかと思えば、今度はあのシャネルである。次から次へと、高級ブランドから引っ張りダコだが、実際のところは、どうなのか。ファッション界の評価を聞いてみると……。

高級ファッションブランド・シャネルが、「ビューティアンバサダー」にKoki,を起用したと発表したのは、9月27日のこと。

芸能記者によれば、

「彼女は、今年5月にファッション雑誌の表紙モデルとしてデビューしました。それ自体が異例中の異例ですが、8月には、高級ブランド・ブルガリのアンバサダーに就任したのです」

引っ張りダコ「Koki,」本当の評価は 「あるのは話題性だけ」の声 インスタのフォロワー数は120万人

それからわずか1カ月。女性の誰もが憧れるシャネルが、彼女を広告塔に起用したのだ。

博報堂OBでネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、

「広告業界では、同じタレントが同時期に競合他社に出ることはタブーです。CMの場合ですと、前例は聞いたことがないですね。昔、携帯電話のCMに出ていた織田裕二が契約終了直後にライバル会社に乗り換えたことがあり、批判にさらされました。契約が切れた後でも、1年以上は開けるのが暗黙のルールになっているぐらいです」

今回はCM起用とは異なるが、宣伝役という意味では似たり寄ったり。

つまり、彼女はなかなかのウルトラCを早くもやってのけたということになる。

雨後の筍

とはいえ、世界的なブランド2社からお呼びがかかるとなると、彼女自身にもそれなりの魅力があるということなのか。

「これがブランドのモデルに選ばれたという話なら凄いことですが、そうではないですからね」

とは、さるファッション・ジャーナリスト。

「ここ数年、1日だけのイベントでもタレントを“アンバサダー”と呼ぶケースが多く、雨後の筍(たけのこ)のように乱立しています。しかも、決して“日本限定のアンバサダー”とは言わないから、報道を見た人は世界から認められたかのように思ってしまいますが、実際は、国内だけでしか通用しないことが多い」

当然、ギャラも億単位で稼ぐトップモデルとは雲泥の差だという。

「Koki,は、まだウォーキングや演技、トーク等が出来るわけではないので、ショーモデルや女優、タレントといった仕事は難しい。その点、アンバサダーであれば、イベントに出て少し話せばいい。今の彼女にあるのは話題性だけですから、アンバサダーが丁度いいのです」(同)

別のファッション評論家も、

「ブルガリでアンバサダーを務める彼女を、シャネルがどうしても起用したかったとは考えづらい。デビューからの一連の流れは当初から決まっていたのでしょう。起用する側にしたら、話題性は十分あるし、Koki,側にとってはハク付けになりますからね」

先行投資という意味では、タダで受けても損はないか。

「週刊新潮」2018年10月11日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

純烈元メンバーの騒動でLiLiCoが悲痛 ブログを巡る懸念も?

純烈元メンバーの騒動でLiLiCoが悲痛 ブログを巡る懸念も?

元メンバー友井雄亮氏の脱退により、4人体制となった音楽グループ・純烈。昨年のNHK紅白歌合戦に出場し、幸せの絶頂から突き落とされた形になったが、今回の件に相当なショックを受けているのがメンバー・小田井涼平の妻でタレント&映画コメンテーターのLiLiCoだ。 LiLiCoは純烈の紅白出場を心から喜んでいた...
毎年恒例の流行語大賞 中川淳一郎氏「選考方法が納得のいく形ではない」

毎年恒例の流行語大賞 中川淳一郎氏「選考方法が納得のいく形ではない」

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」は、平昌五輪カーリング女子日本代表の「そだねー」に決定した。毎年この賞に対しては「そんな言葉聞いたことない」や「そんなに流行ったか?」などの異論が出るが、「そもそも選考方法が誰もが納得のいく形ではない」と述べるのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏...
好意的な声が多数?イッテQ騒動に見る日本テレビとフジテレビの差

好意的な声が多数?イッテQ騒動に見る日本テレビとフジテレビの差

(全2枚) 週刊文春が火をつけた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の「やらせ疑惑」。第1弾は11月8日発売号で取り上げた、2018年5月20日に放送されたラオスの「橋祭り」。第2弾は、11月15日発売号が報じた2017年2月12日に放送されたタイの「カリフラワー祭り」だ。 また、NEWSポストセブンでは、11月...
剛力彩芽がZOZOの採用面接で面接官に 前澤友作氏の公私混同に批判も

剛力彩芽がZOZOの採用面接で面接官に 前澤友作氏の公私混同に批判も

昨春から交際が報じられているZOZOの前澤友作社長(42)と剛力彩芽(26)に、驚くべきできごとが報じられた。 発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、剛力が前澤社長とともにZOZOの採用面接で面接官をつとめていたというのだ。 「これまで企業のトップと交際していた女優は多いですが、さすがに採用面接の...
ローラ、炎上でもCM降板ナシ “収入増”契約のカラクリ

ローラ、炎上でもCM降板ナシ “収入増”契約のカラクリ

辺野古埋め立て反対の女闘士として祭り上げられているローラ(28)。ホワイトハウスへ送る埋め立て反対の署名を募ったことが事の発端で、これを非難する者はCM降板を求めた。が、結局年が明けても降板させる企業は一社もナシ。 【画像】セクシーなドレス姿のローラ 「ローラを起用する企業は10代〜20代の女性...
高額オファーがあっても便乗しない?嵐&ジャニーズの義理堅さ

高額オファーがあっても便乗しない?嵐&ジャニーズの義理堅さ

2020年末をもって活動休止を発表した嵐。その影響は、広告業界にも波及している。関係者の間では、グループでの出演費は約1億5000万円とされているが、活動休止を発表したことで高騰し、2億円となるとの見方もある。関大の宮本勝浩名誉教授(74)は30日、休止までの2年間の経済効果を試算し、約3249億296万円...
浜崎あゆみ、布袋寅泰、GACKTが“被害者仲間” 金銭トラブルに巻き込まれ

浜崎あゆみ、布袋寅泰、GACKTが“被害者仲間” 金銭トラブルに巻き込まれ

(全2枚) トランプ大統領と金正恩委員長、大富豪カルロス・ゴーン氏と「ちょろまかし」。決して交わることがないと思われていたものが、電撃的に結びついた2018年。そして新年、今度は芸能界に意外な「点と線」が浮上した。GACKT(45)、浜崎あゆみ(40)、布袋寅泰(ともやす)(56)。ミュージシャンであるこ...
松本人志が評価した上沼恵美子「吉本ではない人で」が持つ意味

松本人志が評価した上沼恵美子「吉本ではない人で」が持つ意味

お笑いコンビ「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)が、「M―1グランプリ2018」で審査員を務めた 上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた騒動は、収まる気配がない。 この問題について「ダウンタウン」松本人志(55)は、9日に放送された情報番組「ワイドナシ...
旅行ツアーは大盛況 テレビで見なくなった「ふなっしー」の近況

旅行ツアーは大盛況 テレビで見なくなった「ふなっしー」の近況

秋と言えば、梨。そして梨と言えば、千葉県船橋市の“非公認”キャラクター「ふなっしー」だ。 最近はテレビで見かけることは少なくなった気もするが、実際のところ、直近の地上波出演は4月に放送された「おはスタ」(テレビ東京)が最後。「オワコン」などといった口さがない噂も聞こえてくる。 ふなっしーは...
Koki,の全面広告が新聞74紙に掲載 各紙にそれぞれ違う意味深な文字

Koki,の全面広告が新聞74紙に掲載 各紙にそれぞれ違う意味深な文字

俳優・木村拓哉と歌手・工藤静香の次女でモデルのKoki,が15日付け一部朝刊紙での日本新聞協会の全面広告に登場。各紙にそれぞれ違う1文字が掲載される“意味深”広告でネットで話題を呼んでいる。ナンバー通りに文字を並べると、一つのメッセージになるという。 Koki,が登場する広告は、1ページ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net