芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

コミケ炎上から1年 真木よう子大手プロ移籍までの紆余曲折

女優・真木よう子(35)の新事務所「レプロエンタテインメント」への移籍が先日発表された。心機一転ということなのだろうが、果たしてうまくいくのか。

真木の“お騒がせ”は、昨年夏の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の初回放送後、自身のツイッターで土下座動画を投稿したところから始まった。

主演女優がこのような投稿をすることも初めてならば、それまでクールビューティーとして認知された真木だっただけに、「一体どうしたの?」と、ネットがざわつき始めたのだ。その直後に“コミケ騒動”が起きた。

2017年8月25日にまたもやツイッターで、自身の写真集をクラウドファンディングで制作し、同人誌即売会「コミックマーケット93」で販売することを発表したのだが、コミケファンから「コミケの場を荒らすな」「オタクをバカにしている」といった批判が殺到し、炎上してしまった。

「主演ドラマの放送期間中ということもあり、彼女の一連の行動に批判が殺到したのでしょう。結局、ドラマの視聴率も平均4%台と振るわず、最終話を待たずに打ち切りになります。これらの件で、彼女は精神的に追い込まれたのか、その後も体調不良で撮影をドタキャンしたり、主演映画を降板したりとトラブルが続き、昨年末には長年、所属した事務所『フライングボックス』を退所します。かつての演技派女優もこの騒動を機に、完全に“プッツン女優”のレッテルを貼られてしまいました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

その後、個人事務所を設立するが目立った活動はなく、聞こえてくるのは、激痩せを心配する声や、うつろな表情で通院する姿を目撃したという声ばかり。業界内では、「このまま引退もあり得るのでは?」と案じる声もあった。

そんなタイミングで大手事務所への移籍が発表されたため、驚いたファンも多かったようだ。

「今回の事務所の移籍は、今年6月に真木が主演した映画『焼肉ドラゴン』の鄭義信監督の紹介で実現しました。真木は現在、至って健康ですし、今後は、映画、ドラマをメインに女優として活躍していくと思います。期待していてください」(事務所関係者)

そんな真木の復帰第1弾となる主演ドラマは12月15日に放送される「炎上弁護人」(NHK)。世間やマスコミにバッシングされ、“社会の敵”となった人々を救う弁護士を演じるという。演技派女優・真木の“炎上ぶり”に期待したいものだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

宇垣美里アナは「扱いづらい」と噂 熱愛報道などで局内評価は低い?

宇垣美里アナは「扱いづらい」と噂 熱愛報道などで局内評価は低い?

12月7日、「ORICONNEWS」が毎年の恒例企画「第15回好きな女性アナウンサーランキング」を発表した。トップ10のうち、9位に入ったのは入社5年目のTBS・宇垣美里アナ(27)だった。 宇垣アナといえば情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で“闇キャラ”が明らかになり、オタク趣味を生かしてコミケ取材でコス...
もはや「サーバルさん」叶美香が「けもフレ」のコスプレ姿を公開

もはや「サーバルさん」叶美香が「けもフレ」のコスプレ姿を公開

(全2枚) 叶姉妹の妹・叶美香さんが、TVアニメ『けものフレンズ』に登場するサーバルちゃんのコスプレ姿を、自身のオフィシャルブログで公開しました。 【叶美香『けもフレ』コスプレが大人すぎぃ「サーバルさん」とお呼びしても?の画像・動画をすべて見る】 「私達も以前にサーバルを飼っておりましたので...
ONE PIECEのハンコックに扮した叶美香 まさに本物と感動の声

ONE PIECEのハンコックに扮した叶美香 まさに本物と感動の声

叶姉妹の妹・美香が、11日にアメブロを更新。漫画家・尾田栄一郎氏による人気漫画『ONEPIECE(ワンピース)』に登場するキャラクター『ボア・ハンコック』のコスプレ姿を公開した。 以前からさまざまなコスプレリクエストがある中で、同キャラクターへの要望も寄せられていたといい、「まだ完成しておりません...
のんが旧事務所と会談も障壁は「振付師」か「関係解消されない限り…」

のんが旧事務所と会談も障壁は「振付師」か「関係解消されない限り…」

改名後の芸名も、そこそこ世の中に馴染んだ感がある。元サヤに収まるとなると、旧名に戻るかどうか、なんて選択の必要も生じることになるが……。女優の「のん」こと能年玲奈(25)が、独立して2年余り。先日、古巣の元所属事務所と和解についての会談が行われたと報じられた。ところが、交渉は進んでいないどこ...
真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

「ここまで世間的に炎上が多いと、ブーム的な捉え方になりますよね。『ハイハイ、またか』みたいな(笑)。そうはいっても実際に自身が炎上したら、誰でも少しは気にしますよね。ドラマの題材もそうですが、SNSだとはいえ、中身はやっぱり人と人だと思うので。心ない言葉とかをかけてくる人もいますが、そこに...
交渉の日時が漏れ不信感 情報流出でのんはレプロの信用失ったか

交渉の日時が漏れ不信感 情報流出でのんはレプロの信用失ったか

女優ののん(25)が純情産地いわて宣伝本部長として、岩手の新米PRイベントに出席した。 のん“白旗”…女優オファーなく前所属事務所にお詫びの事情 のんといえば、2年前に独立騒動で前所属事務所・レプロエンタテインメントと対立し、芸名を能年玲奈からのんに改名。ところがこの10月上旬、のんはこれま...
のんが最愛の祖父と涙の別れ 息を引き取る前に電話

のんが最愛の祖父と涙の別れ 息を引き取る前に電話

「9月に大阪でライブをやっていた玲奈を見に行ったんです。大勢の前で歌を歌っているあの子は、今まで見たことがないくらい生き生きとしていてね。ライブの後に『頑張るんやで』と言ったら、うんうんと笑顔で頷いて。すごく充実しているようでした。だから報道を見て、もう驚きました。何かの間違いじゃないか...
運転免許の学科試験に32回落ちた小泉留菜、運転技術を確かめてみた

運転免許の学科試験に32回落ちた小泉留菜、運転技術を確かめてみた

(全2枚) 普通自動車運転免許の学科試験で、79回目の挑戦にしてようやく合格した女性がネットで話題だが、同様の経験者はほかにもいる。夕刊フジは学科試験に32回落ちたという20歳の女性タレントに話を聞いた。そして運転技術を確かめるため、初の皇居一周ドライブに同乗した。 「制度上、教習所を卒業し...
堤下敦、復帰後初舞台が決定「丁寧に全力で頑張りたいと思います」

堤下敦、復帰後初舞台が決定「丁寧に全力で頑張りたいと思います」

先月23日から活動を再開しているお笑いコンビ・インパルスの堤下敦(41)の復帰後初の舞台が『悪夢のエレベーター〜新宿2丁目Ver〜』に決まった。2007年に堤下主演でドラマ化もされた作品での復帰に「謹慎明け1つ目のお芝居です。丁寧に全力で頑張りたいと思います」と意気込みを語った。 【写真】額の汗は相...
田村淳「思いつき1秒」投資でフェラーリ1台分稼ぐ 社長で出会い即決

田村淳「思いつき1秒」投資でフェラーリ1台分稼ぐ 社長で出会い即決

数々の冠番組でメインMCを務める「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(44)。タレント活動のかたわら、2005年結成のバンド活動も精力的に続け、2017年12月には米国・カリフォルニアに新会社を設立した。 〈即売会やっていいよ!という書店を探しています!〉 11月1日、Twitterでそう呟くと、3日後には5つの書店...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net