芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人 (全21枚)

吉永小百合、宮沢りえ、北大路欣也、中居正広、竹中直人、リリー・フランキー…

樹木さんの遺影は、娘・也哉子が最新映画の宣材写真から選んだもの。菊・胡蝶蘭・カスミソウ1200本が取り囲む

「空気が澄んでいて……なんだか希林さんらしいお葬式でした。最後にお会いしたのは、カンヌから一緒に帰国した半年前。希林さんがいなくなってずいぶん経ちますけど、今、自分がいる場所がつまんなくなった、と思います」(『万引き家族』で共演したリリー・フランキー)

台風24号が日本列島を縦断し、東京にも警戒情報が流れていた最中の9月30日。樹木希林さん(享年75)の告別式が東京都港区の光林寺で営まれ、がんで亡くなった彼女を偲んで1500人以上の参列者が焼香の列を作った。

特筆すべきはその参列者の顔ぶれだ。北大路欣也(75)、竹中直人(62)、吉永小百合(73)、萬田久子(60)といった映画界の大ベテランたち。中居正広(46)、宮沢りえ(45)ら現在の芸能界を牽引する存在、安藤サクラ(32)や黒木華(28)などの若手個性派女優、さらにはラモス瑠偉(61)や笑福亭鶴瓶(66)など、じつに幅広い著名人が次々と姿を現した。

「女優でも俳優でも一流になれば、普通はマネージャーを通じて連絡先を交換するものですが、彼女はすべて自分自身でやりとりをし、しかも誰にでも心を開く人でした。広く長く仕事をして、いったん交流ができれば『今度、一緒に○○をしましょう』と、相手に新たな提案をしていた。楽しいし、時にずばっと斬り込まれるから勉強にもなる。

そうやって人とつきあってきたから、誰の心にも、自分だけの希林さんとの思い出があるんですよ。だからこそ、あれだけの人が集ったんです」(芸能レポーター・城下尊之氏)

参列者の一人、田中麗奈(38)は話す。

「台本(の自分の出番)に印をつけると『全体を考えなさい』と怒られて。印をつけてしまうたびに、また怒られるかなって思い出します」

娘婿の本木雅弘(52)は、今まで語らなかった最期の様子をこう明かした。

「私がスマートフォンで(夫の内田)裕也さんの声を聞かせている状態で、そうこうしているうち、だんだん呼吸の間隔が開いていって、静かにスーッと消えていく感じでした」

皆、遺影を眺め、天に昇った希林さんとの思い出に浸っていたのだろう。

本木雅弘(52)
告別式前、囲み取材に応じる本木。樹木さんは「誰に対しても常に何かをもたらしてくれる人」だと話した 宮沢りえ(45)
萬田久子(60)
田中麗奈(38)
吉永小百合(73)
中居正広(46)
竹中直人(62)
北大路欣也(75)
リリー・フランキー(54)
内田裕也(78)
告別式が始まる直前、車いすで現れた内田。式の終盤では、内田の歌う「朝日の当たる家」が流れた 本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット

撮影:蓮尾真司
北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人 外部サイト 『V6』三宅健&美人ハーフモデルが幸せいっぱい"ニケツ"デート 東山紀之&木村佳乃運動会の最前列で子どもにエール 日大アメフト・宮川泰介くん「復活飲み会」を実況中継 「樹木希林」をもっと詳しく

内田裕也が樹木希林さんの葬儀後初の公の場に「ちょっと家族に不幸が」 内田裕也樹木希林さん死去後に語った心境「こういうときこそ」 「今度は一緒に」内田裕也が44年前に書いた樹木希林さんへの手紙

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

山田邦子が事務所との最悪な関係を告白「動いていない状態」

山田邦子が事務所との最悪な関係を告白「動いていない状態」

《39年所属しておりました太田プロダクションの事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかったことがとても残念でした》 【別写真】車を降りて直撃に対応する山田邦子 山田邦子(58才)がブログで突然綴った“絶縁宣言”が波紋を広げている。 太田プロは多数の人気タレントを抱える芸能事務所。片岡鶴太郎、有...
樹木希林さん、貴重な「遺言講演」の知られざる中身

樹木希林さん、貴重な「遺言講演」の知られざる中身

昨年9月に亡くなった樹木希林さん(享年75)の「言葉」を綴った本がベストセラーとなっている。しかし彼女はメディアから言葉を求められても、「それは依存症というものよ、あなた。自分で考えてよ」「そんなこと話して私に何の得があるの」と突き放すこともしばしば。そのため講演を引き受けることはほとんど...
古巣とバッティングしない道を…本木雅弘が「脱ジャニーズ」できた理由

古巣とバッティングしない道を…本木雅弘が「脱ジャニーズ」できた理由

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を2度受賞©文藝春秋 本木雅弘(53)と、長男でモデルのUTA(うた)(21)の“初共演”が実現した。4月13日から流れているテレビCM「サントリー天然水GREENTEA」でのことだ。 「メインはUTA演じる学生だが、彼が仕事中の本木をスマホで写真に撮ろうとし、気づいた本木が手...
内田裕也さんのマネージャーと也哉子 生じていなかった確執

内田裕也さんのマネージャーと也哉子 生じていなかった確執

桜舞い散る4月3日。内田裕也さん(享年79)のお別れ会「ロックンロール!葬」が東京・青山葬儀所で行われた。1,700人の参列者でごった返す会場の片隅に、2人の女性の姿があった。それは、この日喪主を務めた長女の内田也哉子(43)と、裕也さんのマネージャーを16年間務め“内縁の妻”とも報じられたAさんだ。 ...
「半沢直樹」の続編決定に冷めた目も なぜ7年もかかったのか

「半沢直樹」の続編決定に冷めた目も なぜ7年もかかったのか

日本中にブームを巻き起こした大ヒットドラマの続編がついに始動です(写真は2013年放送の前作ポスター、撮影:今井康一) 5月23日、マスコミ各社がドラマ「半沢直樹」(TBS系)の続編決定を報じました。待望の続編は2020年4月からの放送で、主人公の半沢直樹を演じるのは、もちろん堺雅人さん。第一弾が放送...
佐藤浩市が父の散骨希望を叶えず「なかなかできないもの」

佐藤浩市が父の散骨希望を叶えず「なかなかできないもの」

「父親としての認識はほとんどないんです。僕が小学5年のときに彼は家を出たわけだけど、その前もそれほど家にいる人ではなかったし、生活を共有してるという意識はほとんどなかった。たまに彼が家にいると、食事を一緒にするのが苦痛、という親子の距離感でしたから……」 この記事の写真を見る(3枚) さる4月...
内田裕也さんロック葬、盛大に 「動く遺影」で生前の勇姿映し出す

内田裕也さんロック葬、盛大に 「動く遺影」で生前の勇姿映し出す

先月17日に肺炎のため亡くなった、ロックミュージシャンで俳優の内田裕也さん(本名・内田雄也享年79)のお別れの会『内田裕也Rock’nRoll葬』が3日、東京・青山葬儀所で営まれた。 【写真】思い出の写真などが展示された内田裕也さんRock'nRoll葬 幅16メートル、高さ3.5メートルの祭壇を作る上でイメージさ...
出演番組が不発で立場なし 東山紀之が背負う「ジャニーズ幹部」の重圧

出演番組が不発で立場なし 東山紀之が背負う「ジャニーズ幹部」の重圧

テレビ朝日はショックを隠し切れないはずだ。 ジャニーズ事務所アイドルも経営陣も世代交代の転換期 今月17日に放送された東山紀之(52)が主演のスペシャルドラマシリーズ「棟居刑事の黒い絆」が2005年の放送開始以降、初めて9.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)とシングル視聴率に陥落したこ...
山里亮太の母が語る入籍4日前の対面「気配りができて素晴らしい」

山里亮太の母が語る入籍4日前の対面「気配りができて素晴らしい」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/e/0e08a_1212_be8a007f_c43f9cc3-m.jpg 「4月の中旬だったでしょうか、亮太から『結婚する』とLINEが来たんです。当然、『誰と?』って聞きますよね。そうしたら『業界の人。名前はまだ教えられない』と言うんですよ。でもしばらくたってから『実は……蒼井優...
芸能界のご意見番ランキング マツコ・デラックスが堂々の1位

芸能界のご意見番ランキング マツコ・デラックスが堂々の1位

スキャンダルや吉報など話題が絶えず報じられるエンタメ界。毎日のワイドショーや芸能イベントでも、“ご意見番”として、発言を求められる芸能人も多い。番組でコメントしたことが即ニュースとなって流れることから、お茶の間も著名人の一語一句に日々注目が集まる。ORICONNEWSでは現在の“芸能界のご意見番”は...
「主婦層を意識したコーナーをボイコット」タモリといいともスタッフの確執

「主婦層を意識したコーナーをボイコット」タモリといいともスタッフの確執

「笑っていいとも!」の番組終了の裏に隠された、テレビ局とタモリの確執とは?(写真:getty) 平成終了まで、あとわずか。この31年間、人気番組の終了や大物タレントの引退など、お笑い業界にもさまざまな変化があった。タモリが司会を務めたバラエティ番組「笑っていいとも!」の終了も、そのひとつ。 30...
評価が低かったのは誰?改元の特番でみえた女子アナたちの闘い

評価が低かったのは誰?改元の特番でみえた女子アナたちの闘い

4月1日の午前中は、(NHKのEテレ以外)どのチャンネルを押しても改元特番だった。そして、やっぱり気になるのは、女子アナの“闘い”である。 上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)が言う。 【画像】大胆な肩見せドレスで大人の色気漂う米倉涼子 「まず、良かったのは、テレ朝の大下容子アナです。彼女は、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net