芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

CM出演で注目集めたKoki,「親の七光り」脱却のカギは海外留学?

CM出演で注目集めたKoki,「親の七光り」脱却のカギは海外留学?

木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女・Koki,(15才)が、今月2日、大塚製薬の新飲料CM発表会に登場すると、異例ともいえるマスコミ約100社約140人が殺到。改めて注目度の高さがうかがえた。デビューから4か月で一躍スターダムにのし上がったKoki,は、このまま活躍を続けることができるのか?

今回の会見でのKoki,の印象について、コラムニストの仁科友里さんはこう語る。

「Koki,さんは、“初々しい新人タレント”という感じでした。慣れていないのか、マイクを持つ手も話しているうちに下がっていました。でも、圧倒的な華があって、15才の新人と思えないほど堂々としていました。普通の新人だったら、あれだけの数のマスコミを前にしたら、表情がかたくなって何もしゃべれなくなってしまうもの。また、母親のファッションを思わせる黒の上下とチョーカーを合わせるスタイルが印象的でした」

今年5月発売のファッション誌『ELLEJAPON』7月号でモデルデビューしたKoki,。8月に日本初かつ歴代最年少で『ブルガリ』のアンバサダーに、9月にはシャネルのビューティーアンバサダーに就任した。

「今のようにモデルをやりながら、CM出演という活動を続けるなら、テレビには進出せず、露出はSNSメインでいった方がいいと思います。SNSによって、ファンを獲得することができますし、今やSNSのフォロワー数は企業側がCMに起用する判断基準のひとつになっていますから」(仁科さん・以下「」内同)

Koki,のインスタグラムのフォロワー数は130万人以上で、圧倒的な影響力を持つ。動画を増やすなどして、このままSNSで積極的に情報発信するスタイルはアリだという。

モデル業は、両親とも進んでいない分野。親とは違う方向に進んだことは、Koki,の活動にとってプラスだと仁科さんは指摘する。神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加の例を挙げると、沙也加はデビュー当初アイドル路線で活動したが、伸び悩んだ。そこで自ら志願し、声優学校で勉強し直している。

「沙也加さんはアイドル畑では、どうしても母親に敵わないと思うんです。実力の問題ではなく、松田聖子さんはアイドル界のレジェンドですから。でも母親がほとんどやってない分野、声優やミュージカルに進出して、映画『アナと雪の女王』で大ブレイクしました。そのように、2世は親の影を感じさせない分野で才能を伸ばすのが得策なんです。

2世で親と同じ業界に進んで成功したケースでは、宇多田ヒカルさんがいます。母親の藤圭子さんと同じ歌手ですが、宇多田さんはシンガーソングライターで、藤さんは演歌歌手。ジャンルが違うことで、親の影響が薄くなります」

ただ、モデル一筋の道よりも「結果が見える分野に進出する方が、芸能人として活躍の場はさらに広がる」と仁科さんは言う。

「セールスが見える音楽の世界や、アカデミー賞のように賞レースがある演技の世界は、実力がわかりやすい。Koki,さんのように両親ともビッグスターの子供は、親の七光りだと言われてしまいがちです。それを払拭するためには実力を示して結果を出すことが大切です。

逆に結果がわかりにくいもの、たとえばテレビのバラエティーに出てしまうと、どうしても自分のエピソードを話すことになるので、マイナス面が際立つかもしれません。最近の傾向として、視聴者は“リア充”だったり“恵まれた環境”を持つ人を嫌います。Koki,さんは生まれた環境が、どうしてもハンディになってしまうでしょう」

両親がトップアイドルだったことは、既に芸能界に人脈があり、金銭的に恵まれているというメリットがある一方で、親の影がマイナスになってしまうというのは前述の通り。親の存在が大きすぎて、芸能界に入ったものの、いつの間にか消えていく2世も少なくない。

「2世が活躍し続けるには、特化したものを持つことも大事です。例えば、松たか子さん(父・二代目松本白鸚)の初主演は、宮尾登美子さん原作のドラマ『藏』(NHK)でした。その後も、宮尾作品には必ずと言っていいほど出演しています。こういった具合に、“○○作品にはこの人”というような看板を持つことが、原作のファンを巻き込んで本当のファンを増やすことにつながりますし、息の長い芸能人になれると思います」

Koki,の今後の課題は、モデル一筋でやるにしても、それ以外の分野に進むにしても、どうしてもつきまとう“親の七光り”のイメージを払拭することだと、仁科さんは改めて強調する。

「先ほどもお話した、実績を上げること。Koki,さんは語学が堪能だそうですから、海外留学して実力でパリコレにモデルとして参加することを目指したり、演技の方向に行くなら単身留学をしてオーディションを受けてハリウッド映画に出演することを目標とするのはどうでしょうか。そこでの生活をSNSで配信すれば、努力する様子が伝わって、女性層へのイメージアップにつながると思います。結果を出せば“親のコネ”とはいわれなくなりますし、日本に凱旋したらますます希少価値の高い芸能人として、活躍の場が広がるでしょう」

いくら実力や個性を身に着けても、親がビッグスターである事実は変わらない。親についてコメントを求められる日は続くだろう。今回の会見では、両親について聞かれ戸惑いの表情を見せたが、どう受け応えるかは今後も注視されるはずだ。

「親を全く語らないのは、芸能人としてサービス精神に欠けると思います。ただし、Koki,さん自身が結果を出して認められれば、だんだん聞かれなくなるはずです。IMALUさん(父・明石家さんま、母・大竹しのぶ)がテレビで話していましたが、結果を出せないと“私だけが知る親の素顔”のようなエピソードトークを振られると。それは自身に実績がないからです。実力や魅力があれば、その人自身について知りたいと、みんな思うはずですから」

Koki,は、浮き沈みの激しい芸能界で第一線で活躍を続ける両親を超えられるのか。

「可能性はあります。これだけの“大型新人”をどう売っていくかという事務所サイドの戦略とともに、本人が進みたい道に向かってどうやって実力をつけていくのか、ということが普通のタレントよりも大事になってきます」

Koki,の今後にますます注目だ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

横澤夏子が熱弁する「SNS上のイラッとするオンナ」に男性が共感しないワケ

横澤夏子が熱弁する「SNS上のイラッとするオンナ」に男性が共感しないワケ

(全2枚) ブログやツイッターで婚活指南が好評を得ている、ライター・仁科友里さんの短期集中連載「仁科友里の必殺!婚活仕事人」。第6回は、婚活女子が注意したい自分で自分の首を絞める行動を、横澤夏子から学びます。心の中に嫌いなオンナがいませんか? 前回は“メリット”を与えあえる“婚活環境”を作ること...
Koki,が父・木村拓哉とツーショット 誕生日を祝うメッセージも

Koki,が父・木村拓哉とツーショット 誕生日を祝うメッセージも

木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ)が11月13日、Instagramを更新。この日が誕生日である父・木村とのツーショット写真を掲載すると共に、誕生日を祝うメッセージをつづった。 Koki,は逆光の中でのツーショット写真を掲載し、英語と日本語で「HappybirthdayDaddy!Iamtheluckiestgirltohav...
Koki,を秋元康氏がプロデュースか 歌手デビューの計画が進行?

Koki,を秋元康氏がプロデュースか 歌手デビューの計画が進行?

ファッション誌の表紙デビューから始まって、高級ブランドの広告塔に、テレビCM……。小出しに、しかし着実に、その存在を世間に知らしめ、今のところは売り出しに成功しているKoki,(15)。無論、両親のネームバリューがあってのことだが、最終目標は、まだ先にあった。実は将来的に歌手としてのデビューを画...
佐藤エリが遺書を書いた体験明かす「死ぬんだと思った」

佐藤エリが遺書を書いた体験明かす「死ぬんだと思った」

30日、日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に出演したモデル・佐藤エリが死にかけた体験を語った。 番組内で食中毒などの経験について聞かれた佐藤は「食中毒あります。結構死にかけの食中毒があったんですけど」と過去に起こした食中毒について語った。「スーパーの試食品でサバ寿司があったんですよ、その...
Koki,の芸名に付いたコンマの意味 ただのアクセサリーで意味はない?

Koki,の芸名に付いたコンマの意味 ただのアクセサリーで意味はない?

キムタクこと木村拓哉(45)の次女で、目覚ましい活躍ぶりを見せているモデルのKoki,(15=コウキ)だが、その芸名についてファッション業界でネガティブな話が駆け巡っていることを本紙はキャッチした。名前の最後にある「,(コンマ)」を付けたのは“影のプロデューサー”で母親の工藤静香(48)...
木村拓哉が記者のKoki,質問にピシャリ 家族の話は解禁ではない?

木村拓哉が記者のKoki,質問にピシャリ 家族の話は解禁ではない?

「学校に行くときやお仕事の現場には必ず持ち歩いています」 【写真】木村拓哉とKoki,のプライベート“家族ショット”はこちら 大塚製薬が新発売する『ボディメンテドリンク』のCM発表会に登場し、そう話したのは、木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,。 「この日の発表会に集まった報道陣の数は、100社を超え、彼...
CM発表会に出席したKoki, 両親について聞かれ驚きながら退場

CM発表会に出席したKoki, 両親について聞かれ驚きながら退場

木村拓哉(45)工藤静香(48)夫妻の次女で、モデルのKoki,(コウキ=15)が2日、都内で、初めてCMに起用された大塚製薬「ボディメンテドリンク」全国発売・CM発表会に出席した。 5月にファッション誌「ELLEjapon」でモデルデビュー以降、公式インスタグラムのフォロワー数は130万人近くに上るなど、注目を集...
Koki,初のTVCM出演が決定 大塚製薬の新ブランド飲料水

Koki,初のTVCM出演が決定 大塚製薬の新ブランド飲料水

木村拓哉(45)と工藤静香(48)夫妻の次女で、モデルのKoki,(コウキ15)が初のTVCM出演を飾ることが1日、明らかになった。大塚製薬の新ブランド飲料「ボディメンテドリンク」のCMで、9日より全国で放送される。 【全身ショット】ミニワンピで大胆に美脚を披露したkoki, 「夢に向かって頑張る人を応援した...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net