芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

中山美穂に年下の新恋人の存在浮上 ドラマと同じ年の差の恋?

中山美穂に年下の新恋人の存在浮上 ドラマと同じ年の差の恋?

今秋のドラマはアラフィフが主役の“大人のドラマ”が目を引く。

【写真】すでに行われた『黄昏流星群』の打ち上げの模様

あの『東京ラブストーリー』の織田裕二と鈴木保奈美が共演することで話題のフジの“月9”『スーツ』、阿部寛主演の『下町ロケットゴースト』(TBS系)、唐沢寿明主演の『ハラスメントゲーム』(テレビ東京)、そして11日からスタートした『黄昏流星群』(フジテレビ系)は、佐々木蔵之介、中山美穂、黒木瞳という豪華キャストが顔を揃える。

原作は『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載されている弘兼憲史氏による同名漫画第1集「不惑の星」。主人公のエリート銀行員に佐々木、その献身的な妻に中山、そして主人公と運命の恋に落ちる女性を黒木が演じる。

「原作にも官能的な描写が多く、今回もベッドシーンが予定されているそうです。また、ドラマ版では原作にはない、中山が石川恋演じる娘の婚約者と禁断の恋に落ちるというオリジナルストーリーが加えられたそうで、さらに濃厚なラブシーンが多くなるのでは」(テレビ誌ライター)

娘の婚約者で、中山との恋に落ちるのがジャニーズWESTの藤井流星だ。ネット上では早くも48歳の中山と24歳の藤井の“シーン”に注目が集まっているという。

「中山は、2010年の映画『サヨナライツカ』では西島秀俊と激しいベッドシーンを披露しています。その後、16年に放送されたドラマ『賢者の愛』(WOWOW)でも、23歳下の竜星涼と濃厚なラブシーンを演じて話題になりました。今回は、それ以上に官能的だと聞いています」(前出・同ライター)

一方、佐々木と不倫関係に落ちる黒木もラブシーンが多いという。

「黒木と言えば、映画『化身』『失楽園』でのベッドシーンは今でも語り草になるほどの大胆さでしたが、57歳になった今も、抜群のプロポーションです。スタイルを維持するためにまたバレエを始めたそうです」(スポーツ紙記者)

一部報道では、中山も超高級エステに通い、全身コースの施術を受け撮影に臨んだという。

「エステ以上に中山を輝かせているのは、新しい恋人の存在では、と囁かれています。14年に辻仁成と離婚した後には、音楽家・渋谷慶一郎氏との交際が明らかになりました。渋谷氏との破局後は恋の噂はありませんでしたが、今年になってから年下恋人の存在が浮上しています」(芸能関係者)

制作発表会見で中山は「とにかく親子に見えないようにだけは気をつけなきゃなって思って演じました」と語っていたが、そんな恋もプライベートでは経験済み?

<取材・文/小窪誠子>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

佐々木蔵之介が黒木瞳にいじられて困惑「意外と独身なんですよね」

佐々木蔵之介が黒木瞳にいじられて困惑「意外と独身なんですよね」

俳優の佐々木蔵之介(22)が30日、都内で10月11日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜」(木曜・後10時)の制作発表会見に出席した。 弘兼憲史氏による人気連載が原作。銀行員の瀧沢完治(佐々木)と関係の冷め切った妻の真璃子(中山美穂)を取り巻く、入り...
初共演の中山美穂と黒木瞳 ドラマの現場は緊張感を持った雰囲気に

初共演の中山美穂と黒木瞳 ドラマの現場は緊張感を持った雰囲気に

(全2枚) 大女優2人の初共演の初日、現場は緊迫していた。 「6月末にドラマ第1話の台本読みが行われました。出演者のかたがたはすぐに役の名前で呼び合い、和やかに進みましたよ。その一方で、お2人は“初めまして、よろしくお願いします”と挨拶をかわした程度で、互いにあまり話しかけたりせず、緊張感をもった...
漫画原作者・狩撫麻礼さん死去 『リバースエッジ 大川端探偵社』など

漫画原作者・狩撫麻礼さん死去 『リバースエッジ 大川端探偵社』など

『ルーズ戦記オールドボーイ』『リバースエッジ大川端探偵社』など数多くの作品を手がけた漫画原作者の狩撫麻礼(かりぶ・まれい)さんが7日に亡くなった。14日、小学館のサイト『ビッグコミックBROS.NET』で発表された。 【画像】漫画『オールドボーイ』 サイトでは「原作者・狩撫麻礼氏が逝去されました。...
黒木瞳、松田聖子、君島十和子、石田ゆり子の“老けないヒミツ”を高須院長が解明

黒木瞳、松田聖子、君島十和子、石田ゆり子の“老けないヒミツ”を高須院長が解明

“アラ還世代”の黒木瞳(58)を筆頭に、実年齢より大幅に若く見える、松田聖子(56)、君島十和子(52)、石田ゆり子(49)の4人。 “アンチエイジング四天王”と呼ぶべき彼女たちが若く見える理由は?ナイショのメソッドはあるの?メンテナンス方法は?加齢が気になる女性なら見逃せない四天王の美の秘訣を、美...
河野景子さん女優デビューか…ドラマ関係者は大歓迎

河野景子さん女優デビューか…ドラマ関係者は大歓迎

23年間連れ添った元横綱貴乃花の花田光司氏(46)と10月25日に離婚していた、元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)が女優デビューするとの衝撃情報をキャッチした。景子さんはつい先頃まで、相撲部屋のおかみさん業をこなしながら講演活動や、自ら立ち上げた「ことばのアカデミー」の講師...
低迷の月9「SUITS」危機感を抱いた鈴木保奈美の変化

低迷の月9「SUITS」危機感を抱いた鈴木保奈美の変化

「織田さんの作品への取り組み方のストイックさは有名で、監督やプロデューサーとセリフや演技、演出まで激論を交わす。共演者に求めるハードルも高いんです。今作でもその姿勢にまったく変わりはありません。現場の緊張感は相当なものです」(制作関係者) 『東京ラブストーリー』以来、織田裕二(50)と鈴木...
秋ドラマの珍現象 「アンダー7」4作に熱烈なファンが続出する謎

秋ドラマの珍現象 「アンダー7」4作に熱烈なファンが続出する謎

視聴スタイルが多様化するなかで、視聴率はドラマの評価を決める指標ではもはやないのかもしれない。それを示す珍現象が今期のドラマで起きている。いったいどういうことか?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 秋ドラマが中盤戦に入る中、視聴率での明暗がはっきり分かれています...
祖父との約束以外にも…カイヤが離婚をしない理由に長女の存在

祖父との約束以外にも…カイヤが離婚をしない理由に長女の存在

昨年10月、川崎麻世(55)との離婚訴訟が明らかになったカイヤ(56)。一刻も早く離婚したい麻世と、今後も夫婦生活を続けたいカイヤ。2人の言い分は真っ二つで、泥沼の様相を呈している。 そんな最中、カイヤに嬉しい出来事が――。 「最近まで長女(29)が婚約者を連れて日本に帰国していたんです。久しぶりの...
淫行から純愛に変わった「中学聖日記」評 ラストに涙した人も

淫行から純愛に変わった「中学聖日記」評 ラストに涙した人も

12月18日に最終回が放送された、有村架純(25)主演のドラマ『中学聖日記』(火曜22時〜/TBS系)。 中学校教師の聖(有村架純)と生徒の“禁断の愛”というテーマ設定などから、「中学生との恋愛なんてありえない」「気持ち悪い」「淫行」などと批判され、初回視聴率は6.0%。ですが、最終回には自己最高とな...
これまでの「EXILE感」を払拭 鈴木伸之と町田啓太が確立した立ち位置

これまでの「EXILE感」を払拭 鈴木伸之と町田啓太が確立した立ち位置

EXILE(及びLDHJAPAN所属のグループ)と言えば、世間的には“ちょっと怖い”“ヤンチャ”といったイメージがありつつも、「歌う」「踊る」の分野でシーンをけん引してきた。そして今、そんな“EXILE感”の塩梅を上手に調節してブレイクしているふたりが、劇団EXILE所属の“俳優”、鈴木伸之と町田啓太だ。今クールのド...
有吉弘行、禁酒7年の朝青龍に「逮捕されたんでしたっけ?」

有吉弘行、禁酒7年の朝青龍に「逮捕されたんでしたっけ?」

元横綱の朝青龍が、あす13日に放送されるカンテレ・フジテレビ系バラエティ番組『有吉弘行のダレトク!?』(毎週火曜22:00〜)に登場し、7年前から禁酒していることを明かす。 朝青龍は、MCの有吉弘行がスナックのマスターにふんして、“ゲストの思い出の味”をふるまうコーナー「スナック有吉」に登場。この収録...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net