芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

内田裕也、樹木希林さんの名呼び愛と感謝 かすれ声絞り出すように

内田裕也、樹木希林さんの名呼び愛と感謝 かすれ声絞り出すように

ミュージシャン内田裕也(78)が14日、京都市内で自身のドキュメンタリー映画「転がる魂・内田裕也」(崔洋一監督)の舞台あいさつに登壇した。9月に75歳で亡くなった妻で女優の樹木希林さんがナレーションを務めた思い出の“共演作”となった。「動揺を隠せなかった」と語った妻への短い言葉に、最大の愛と感謝を込めた。

サングラスの奥から遠くを見つめた内田は、何かを思うように言葉を紡いだ。「先日、他界した樹木希林さんが解説で出てたので、ちょっと動揺を隠せなかったですけど、一緒にスクリーンに出られてうれしかったです。ありがとう」。ハットをかぶった黒の正装で車いすに座り、かすれ声を絞り出すように話した。

妻の死後、2回目となる公の場でその名前を呼んだ。これまでは「心の整理がつかない」「啓子(希林さんの本名)、今までありがとう」「見事な女性でした」などの文書コメントだけを残していた。

劇中では内田の勇姿に交じり、声を入れる希林さんが登場する。

希林さんの言葉ホント分かりづらい人、だけど分かりやすい人。

この日初めて作品を鑑賞した内田の心を熱くした。“共演”した思い出の作品は、希林さんのナレーションによって輝きを増した。

開催中の第5回「京都国際映画祭」に毎年参加している内田の特別企画で上映された。自身が長年主宰している「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」の17年開催に取り組む1年を、40年来の付き合いという崔監督(69)が密着。今夏にテレビ放送された内容をもとに製作された。

登壇した崔監督は、今年7月に撮影を行った際、希林さんが「私の最後のナレーションよ」と自身の病状を理解して話していたと明かした。「機嫌良くスタジオを出ていかれた。非常に強い印象として残っています」と涙を浮かべて感謝した。声を吹き込んだ遺作が夫の作品。崔監督は「2人の縁(えにし)みたいなものを感じた」と振り返った。希林さんは作品の最後で「今日までの人生、上出来でした。私はふっとおひまするかもしれませんが、裕也さんには面白かったわねと伝えました。裕也さん魂が転がって転がってどこへ行くのかな」と内田へのメッセージも残した。

内田は作品を「今後のオレのロックンロールライフに、とても大きなパワーとなってつながると確信してます」。今後も変わらず、内田の背中を希林さんが遠くから見守り続ける。【奥田隼人】

内田裕也、樹木希林さんの名呼び愛と感謝 かすれ声絞り出すように 「樹木希林さん死去」をもっと詳しく

内田裕也が樹木希林さんの葬儀後初の公の場に「ちょっと家族に不幸が」 内田裕也樹木希林さん死去後に語った心境「こういうときこそ」 全身がん公表後も長く活躍した樹木希林さん仕事をやめない重要性

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

木村拓哉 静香、Koki,らと恒例新年会 樹木希林さん偲ぶ

木村拓哉 静香、Koki,らと恒例新年会 樹木希林さん偲ぶ

(全2枚) 「お前はすんなり賛成したの?」。明石家さんま(63才)がKoki,(15才)の芸能界デビューについてそう問いかけると、 「ノーって言えなくないですか?自分でやっておいて」と木村拓哉(46才)は答えた。 1月1日午後4時、2人が共演する『さんタク』(フジテレビ系)が放送された。 「2人は私生活でも...
TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

TVドラマに登場する入浴シーン 時代の流れでどのように変わったのか

ドラマに登場する銭湯の女湯や入浴シーンは、時代ともにどのように変わったのか。コラムニストのペリー荻野さんが考察する。 *** 今年亡くなった樹木希林さんの代表作のひとつ『時間ですよ』シリーズが、BS12トゥエルビで再放送中だ。このドラマを改めて見て驚くのは、実におおらかに女性の裸が出てくるこ...
高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

高須院長、がん告白の西原理恵子氏の反応「ああそうなのって感じ」

全身がんを患っていた樹木希林さんの姿に背中を押され、“全身がん”であることを告白したという高須クリニックの高須克弥院長(73才)さん。「自分は実験台でいい。治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても他の人にとっていい教材になればいい」と話し、最先端のがん治療を受けている。 高須さんの...
西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

今年5月、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなった。NHK紅白出場は18回を数え、レコード大賞の金賞や歌唱賞を受賞するなど、人気、実力とも超一流だった西城さん。常に笑顔でパワフルな印象の彼だが、私生活では何度も病に襲われていた。 11月16日に配信されたNEWSポストセブンの「西城秀樹さんの妻が明かした出...
イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第52回は、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!2時間SP』をピックアップする。 もはや説明不要の人気番組だが、2019年1回目の今回は、イモトアヤコ、出川哲朗らエース級を投入...
ビートたけし「いだてん」について語る 「ひいき目じゃなく、面白い」

ビートたけし「いだてん」について語る 「ひいき目じゃなく、面白い」

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に、ビートたけしが五代目古今亭志ん生役で出演する。酒に酔ったまま何度か高座に上がったことがあるなど、今でも語り継がれる芸人らしいエピソードの多い希代の噺家をどう演じるのか。新刊『さみしさの研究』も話題のたけしが、テレビじゃ言えない“...
堺雅人、2年間TVドラマ出演ゼロ CMタレント化を心配する声も

堺雅人、2年間TVドラマ出演ゼロ CMタレント化を心配する声も

ソフトバンクなどのCMには出演しているから、テレビで見かけないことはない。だが、お気づきだろうか。彼は2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」以来、テレビドラマに出演していないのだ。 *** 「当たり役は、腕は立つけれどもエキセントリックで人格の破綻した弁護士を演じた12年の『リーガル・ハイ』(フジテ...
ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

本来、芸人とは日常生活の埒外に棲息する人間たちである。舞台の上に立つ彼らの目は醒めている。客席の機微を肌で感じながら、ネタを調節して笑いを取っていく。彼らには?笑われているのではない、芸で笑わせているのだ?という強い矜持がある――これはノンフィクション作家・田崎健太がベテラン芸人に取材し、...
樹木希林さんが75歳で死去 代表作は「万引き家族」など

樹木希林さんが75歳で死去 代表作は「万引き家族」など

数々の映画、ドラマ、CMで活躍した女優樹木希林(きき・きりん)さん(本名・内田啓子=うちだ・けいこ)が15日に都内の自宅で亡くなったことが16日、分かった。75歳だった。最期は家族に看取られながら息を引き取った。 5年前に全身のがんであることを明かし、先月13日には左大腿(だいたい)骨を骨折し入院...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net