芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」

竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」

がん闘病中の元プロボクサーでタレントの竹原慎二(46)が、診察当初に誤診があったとして当時の主治医や病院を相手取って起こした医療過誤裁判の進捗(しんちょく)を報告し、相手側の心無い対応に「頭にきたと言うかつくづく情けない人だと思う」と憤った。

竹原は15日更新のブログで、この日受けた検診を無事にクリアしたことを報告。ぼうこうがんの手術を受けてから4年4カ月が経過し、「ついに5年目を迎えるやっとゴールが見えてきたこのまま気を抜かず突っ走る」とつづった。

竹原は13年、「頻尿」の症状があらわれたことで友人である内科医・A医師の診察を受け、「ぼうこう炎」と診断されたという。その後も1年の間、前立腺炎や前立腺肥大と診断され続け、薬を処方されるも効果がなく、症状は悪化。14年に別の病院を受診し、ぼうこうがんだと判明した。竹原は16年7月16日のブログで、A医師との当時のやりとりを明かし、「僕のような被害者を二度と出してはならない」と告発した。

今回のブログで「1年以上続いてきた医療過誤裁判の方も終盤に差し掛かってきた」と報告。現在は裁判所から双方に和解を勧められている状況だという。「結局はどこかで折り合いをつけなくてはいけないとは思っている」という竹原だが、相手側からは「ウチの病院には落ち度がない」と回答があったと明かし、「これが誤診じゃないとどう言うのが誤診なのか俺には分からないT病院とA医師頭にきたと言うかつくづく情けない人だと思う」とつづった。

竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」 「竹原慎二」をもっと詳しく

膀胱がんの手術から4年竹原慎二「何事もなく過ごせていることに感謝」 膀胱がんでステージ4だった竹原慎二東大病院の「最先端手術」 竹原慎二氏が自身のブログでネリに怒り「リングに上がる資格はない」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

安田大サーカスのHIRO 脳外科への通院を「卒業」

安田大サーカスのHIRO 脳外科への通院を「卒業」

左脳室内出血で昨年6月に緊急搬送された安田大サーカスのHIRO(41)が9日、ブログを更新し、脳外科への通院が終了したことを報告した。 HIROは「脳外科の通院を卒業に成ったあとは内科&眼科やな少しづつ少しづつ」と報告。昨年7月退院後の経過が順調であることを伝えている。 もともと高血圧...
西郷輝彦、『笑ってはいけない』出演秘話明かす「がんの闘病中だった」

西郷輝彦、『笑ってはいけない』出演秘話明かす「がんの闘病中だった」

西郷輝彦が、31日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、昨年の『笑ってはいけない』出演は、がん闘病中だったことを明かした。 昨年末の『笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』で、ふなっしーの着ぐるみを着て熱演していた西郷。だがその時、「がん治療のため入院中だった」と語った。しかし、...
古村比呂 「がん再々発」激励の声に感謝…2回目の抗がん剤治療

古村比呂 「がん再々発」激励の声に感謝…2回目の抗がん剤治療

肺とリンパ節にがんが見つかり、「がんが再々発した」と公表した女優・古村比呂(52)が6日、ブログを更新。多数寄せられた励ましのコメントに感謝の思いを伝えた。 古村は2011年に子宮頸(けい)がんを発症。12年3月に手術を受け、一命を取り留めた。完治したかに思われていたが、17年3月にが...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net