芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

麻生希被告が次々と衝撃告白 暴力団組員に脅されて覚醒剤を注射

麻生希被告が次々と衝撃告白 暴力団組員に脅されて覚醒剤を注射

覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われたタレント・麻生希被告(33=本名・島崎彩)の第2回公判が17日、横浜地裁(吉田勝栄裁判官)であり、アウトロー的な作品が多いことで知られるVシネマ(ビデオ映画)も顔負けの事実が明らかになった。暴力団組員に脅されて覚醒剤を注射され、保釈中にも覚醒剤をすすめられたなどと次々と衝撃の告白。「二度とやらない」と誓う麻生被告には、覚醒剤関与が“銃殺刑”となるフィリピン行きも母親から提案された。

麻生被告は元交際相手の高畑愛平受刑者(27)と都内自宅で覚醒剤を約57グラムも所持し、使用したとされる。2月に逮捕されていた。「10頭身の美貌」を売りに活動していただけあり、タイトなパンツの黒スーツに白シャツ姿はさまになる。

「ガラスパイプに覚醒剤を入れて火であぶって使った」と使用を認めたが、所持については「50グラム以上もあると知らなかった。6〜10グラムと思っていた」と主張する。

昨年10月21日から同棲を始めた部屋の覚醒剤は主に高畑被告が入手し、麻生被告は「パイプに入れて」とお願いして使っていた。売人との受け渡し現場には麻生被告が出向くこともあった。

供述調書からは、0・05〜0・1グラムの量を1日に2〜3回も使用していた薬物依存が明らかに。最大で0・1グラムを4回使ったこともあった。

覚醒剤に手を染めた理由は驚くべきものだった。同棲を始める数日前の昨年10月中旬のこと。「暴力団員に裸を盗撮されて、覚醒剤を使ってることも裸も週刊誌にバラまくと脅された」と告白したのだ。

SNSを通じて面識のない人物から依頼された名古屋でのイベントの仕事を終えて「イベントの仲間と一緒にホテルラウンジで打ち上げをしました。みんなで飲んで、私はけっこう酔ってて裸でジャグジーに入った。そのとき暴力団員に盗撮された」と明かした。その後「暴力団員の人に『裏カジノの客の相手をしろ』と言われて、脅されて注射を打たれたりした」ことで覚醒剤を覚えてしまったというのだ。

暴力団員は裸動画や覚醒剤使用の情報をリークしない代わり、麻生被告自身の購入か、購入者の紹介を求めた。「高畑さんに相談したら『それを買って良い付き合いができるなら、とりあえず買ってなだめたほうがいい』と言って買うことになりました。条件交渉は高畑さんと暴力団員。ブツの受け渡しは『知らない人間じゃなく、島崎さんに来てほしい』というので私が」と話す。

だが、高畑被告の裁判で明らかになった事実とはニュアンスが異なる。自宅にあった覚醒剤の質に満足できない麻生被告から「これよりいいの知ってるよ」と紹介されたのが「名古屋の先生」という密売人だった。

薬物依存者の再犯率の高さは知られているが、麻生被告は「やめる」と言い切った。「私は勾留中に妊娠が発覚して、勾留中に死産して、とても大変なことをしてしまった。申し訳ない、後悔の気持ちでいっぱいになった。二度としないと誓います」と涙声で誓った。

検察官は2016年のコカイン所持での裁判(執行猶予判決)を振り返って「コカインの裁判でも『二度としない』と言っている」と追及する。

それに対する返答は驚くべきものだった。保釈中の9月下旬から今月上旬、すでに覚醒剤の誘惑に遭遇していたのだ。「知人の飲食店で覚醒剤をすすめる男性がいたけど、地元の太田警察に通報しました。通報したことからも、断ち切ると心の底から誓ってます」と述べ、「群馬県警太田署の刑事2課。担当は○○さんです」と相談した刑事の名前まで持ち出した。

情状証人で保釈中に同居している母親の弁も強烈だった。「どこにも行かないように見張っている」という母親は日本の永住権を持つフィリピン人だ。実刑の可能性も理解していて「出所後は日本でも、私の国でも一緒に住みます。彩ちゃんは娘だから守りたいですよ。私の国、彩ちゃんも勝手に出かけられない。向こうは覚醒剤が厳しい。なかなか手に入らない」と訴えた。

フィリピンではドゥテルテ政権下で麻薬撲滅作戦が強行され、売人や使用者が数千人も銃殺されている。母親の提案は実効性があるかもしれない。次回公判で結審の予定だ。

関連芸能ニュース

ASKAが「CHAGE and ASKA」への思い激白「互いが愛情持っている」

ASKAが「CHAGE and ASKA」への思い激白「互いが愛情持っている」

歌手・ASKA(60)が、17日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)に出演し、活動休止中の「CHAGEandASKA」について語った。 2014年5月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕され活動を自粛していたASKAは、昨年11月から12月にかけて5年ぶりにソロコンサート...
ASKA、不倫相手との半同棲継続中か 事件を経て戦友のような関係に?

ASKA、不倫相手との半同棲継続中か 事件を経て戦友のような関係に?

シャブ漬け生活をともに過ごした不倫相手と半同棲を続けるのはなぜ? ’18年11月下旬、自宅マンションから地下のレストランへと入るASKA。以前よりも恰幅がよくなった印象だ 東京タワーも望める、東京・港区の高級マンション。その出口から、一人の男性が姿を現した。まるでこちらを窺(うかが)うかのような視...
「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』

「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』

覚醒剤取締法違反で清原和博氏が逮捕されてから2年。栄光と転落、挫折と屈辱、薬物依存、そして鬱病との戦いの日々――その半生を綴った『清原和博告白』は昨年7月の発売から話題を呼び、スポーツノンフィクションの本として異例の累計11万部を記録している。 【写真】清原和博の撮り下ろし写真(8枚)を見る 同...
酒井法子が元支援者の親族と裁判沙汰 1億2千万円超のトラブルか

酒井法子が元支援者の親族と裁判沙汰 1億2千万円超のトラブルか

あの薬物事件で、警察への任意同行を拒否して姿を消した酒井法子(47)。警察に出頭するまでの“空白の6日間”がシャブ抜きのためと分かり、世間は騒然となった。当時、ワイドショーに出ずっぱりだった、逃亡生活を支援した男性は6年前にこの世を去っているが、なぜか禍根が残ってしまい――。 12月14日、東京は恵...
麻生希に覚せい剤使用で実刑判決 刑の一部には執行猶予

麻生希に覚せい剤使用で実刑判決 刑の一部には執行猶予

元AV女優、麻生希被告人が覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われた刑事事件で、横浜地裁の吉田勝栄裁判長は11月21日、懲役1年8カ月、うち4カ月は2年間の執行猶予(保護観察付き)とする有罪判決(求刑・懲役3年6カ月)を言い渡した。 判決などによると、麻生被告人は今年2月、都内の自宅で、当時交際...
麻生希被告がAV出演強要問題に意見「自分に落ち度があった」

麻生希被告がAV出演強要問題に意見「自分に落ち度があった」

覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪で公判中のタレント・麻生希被告(33)が先日、都内で行われた「AV問題を考える会第2回シンポジウム」に登壇し、自身が経験したエピソードを語った。 麻生被告は右腕の入れ墨を露出させて登場。 「清楚系でデビューしたけど、まったくそうではない。撮影会をやらなか...
麻生希被告の交際相手も覚醒剤違反で逮捕「死産」の話題に絶句も

麻生希被告の交際相手も覚醒剤違反で逮捕「死産」の話題に絶句も

覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪で起訴されたAV女優麻生希こと島崎彩被告(33)の交際相手で、同罪に問われた無職高畑愛平被告(27)の3回目の公判が8日、横浜地裁(吉田勝栄裁判官)であり、検察は懲役4年を求刑した。 高畑被告は麻生被告と共謀のうえ、自身のカネで購入した約56・7グラムと...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net