芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

沢田研二だからこそできた決断 公演中止も長年のファンは納得か

沢田研二だからこそできた決断 公演中止も長年のファンは納得か

10月17日、さいたまスーパーアリーナでの開催予定の公演の中止を、「契約上の問題が発生したため」と、開場直前に発表したことが大きな話題を集めた、沢田研二。

【写真】報道陣の前で謝罪するジュリー

翌日には報道陣を前に、観客が予定よりも少なかったことから、「僕にも意地があります」とコンサートの中止は自身が決断したと明かし、謝罪した。

ワイドショーやスポーツ紙などでも賛否両論でこの話題を大きく取り上げた。

「中止の理由が、アーティストとしてのプライドだったところは、ジュリーらしいなという印象でした」

と、ある芸能記者は言う。

ジュリーは“現役アーティスト”

「若い頃、新幹線の中で一般人の乗客から“いもジュリー”と声をかけられ、カッとなって殴りかかったことが報道され、謹慎したエピソードが有名です。

もともとプライドがとても高い人です。80年代のテレビのランキング番組では、ヒット曲の『酒場でDABADA』のサビが、“沢田でんでん虫食べーた”と、“空耳”のように聞こえるという視聴者からのコメントが紹介された直後、あえてその通りに歌ってみせたこともありました。

これは茶目っ気のパフォーマンスですが、いじられるなら自分からあえて発信しようと言うプライドの裏返しとみることもできるかもしれませんね」(前出・芸能記者)

そんなジュリー、ある時期から歌番組への出演はなくなったが、オファーはたくさんあったという。前出の記者が続ける。

「オファーがきても、かつてのヒット曲を歌ってほしいと要求されるのが気に入らないようです。現役の歌手として、今、歌っている曲を聞いてほしい。

毎年、全国ツアーを行い、ほぼ毎年アルバムを発表しています。ツアーで歌われる楽曲は、基本的に新作が中心。全盛期のヒット曲は、ほんの数曲しか歌いません。

そういうセットリストの組み方も、往年の懐メロ歌手とは違い、“現役アーティスト”を感じます」

よりいいステージを届けたいというアーティスト・沢田研二としてのこだわりの強さは、時に、長年、支える熱狂的なファンに対して発揮されることもある。音楽誌の記者が言う。

「彼を長年追っかけている常連ファンが、どの会場でも最前列を陣取っていることに対して、できれば地元の人に多く見て欲しい、それなのにいつも同じ人たちの前で歌うこちらの身にもなってほしい、といった苦言を呈したこともありました。

そんなジュリーの性格、キャラクターを知っている長年のファンからしたら、“9000人の予定が7000人しか入らない会場ではいいパフォーマンスができない”という、彼の言い分も、どこか納得できるところはあるのでしょう。

報道される会場の様子から、みなさん当然ガッカリされていますが、関係者に詰め寄ったり怒号をあげているような様子は見受けられませんでした」

そんな沢田の姿勢には、他のアーティストやアイドルなどの一部のファンにも影響を与えた部分があるようだ。あるスポーツ紙記者は言う。

「このような大会場のコンサートで、思うようにチケットが売れないことは珍しいことではありません。その際、スカスカ感を出さないように2階席の上段座席を暗幕で隠したり、アリーナに大きなステージをせり出したりするなど、“苦肉の索”で、様々な工夫をします。

だけど、それを“みっともない”と感じているファンは多く、沢田さんの言うことを支持するむきもみられました」

今回の公演に関して、チケット代金の払い戻しと、振替公演が計画中であることが発表されている。

「沢田さんは、言うまでもなく誰もが知るヒット曲が多数ある歌手。古い曲はあまり歌わないといっても、今回の件でステージを見てみたいと感じた人も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、沢田さんにそんな悲しい思いをさせたくないと、ファンも頑張ってチケットを購入するでしょう。ある意味、結果的にすごい宣伝効果になったのかもしれませんね(笑)」(前出・スポーツ紙記者)

振替公演は、多くのファンで溢れかえる予感でいっぱいだ。

<取材・文/渋谷恭太郎>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ライバル」萩原健一さんが死去 沢田研二は報道陣の問いかけに無言

「ライバル」萩原健一さんが死去 沢田研二は報道陣の問いかけに無言

消化管間質腫瘍のため26日に亡くなった俳優で歌手の萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・萩原敬三)さん(享年68)の訃報を受け、バンド「PYG」でツインボーカルを務めた歌手・沢田研二(70)は30日、報道陣の問い掛けに無言を貫いた。この日正午頃、妻で女優・田中裕子(63)と外出。「萩原さ...
「仲間がどんどんいなくなる」萩原健一さんの死去を受け千葉真一が語る

「仲間がどんどんいなくなる」萩原健一さんの死去を受け千葉真一が語る

萩原健一さんが主演した1992年の映画「いつかギラギラする日」(監督深作欣二)で共演した千葉真一(80)は「随分若いよね。まだまだやれる人だった。仲間がどんどんいなくなっちゃうなあ」と寂しげに語った。 「傷だらけの天使」の1、3話を演出した深作監督に請われて参加した萩原さんと、同監督と盟友だっ...
嵐が活動休止の会見後に旅行 航空券だけで1000万円以上とも

嵐が活動休止の会見後に旅行 航空券だけで1000万円以上とも

1月27日の記者会見で、2020年での活動休止を発表した嵐。2月6日から藤島ジュリー景子副社長とともにメンバー5人全員がロサンゼルスへ旅行していたことが「週刊文春」の取材でわかった。 【写真】成田空港から出発する嵐の5人 記者会見で活動休止を発表した「嵐」の5人©文藝春秋 プロダクション関係者が...
ネット上で広がるNEWS解散説 2019年に入り続く「奇妙な」出来事

ネット上で広がるNEWS解散説 2019年に入り続く「奇妙な」出来事

【J帝国に吹き荒れる嵐の深層:緊急連載・最終回】国民的アイドルグループ「嵐」が2020年いっぱいで活動休止することが決まったが、これにより「他のグループにも大きな影響が出る」との見方が強まっている。特に存続が危ぶまれているのが「NEWS」だ。今年に入ってから“解散説”がまことしやかに流れ...
報道陣に囲まれ顔面にカメラ 石野卓球「とにかく狂ってる」

報道陣に囲まれ顔面にカメラ 石野卓球「とにかく狂ってる」

テクノユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が17日、新宿LOFTで行われたライブにDJとし出演した。その後、18日にかけ自身のツイッターを複数回更新し心境を明かした。 卓球はライブについて「LOFTでのDJ楽しかった!またねー」と感想をつづった。また、報道陣に囲まれたことについて...
電気グルーヴ解散の質問に「するかよバーカ」石野卓球が否定

電気グルーヴ解散の質問に「するかよバーカ」石野卓球が否定

「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が17日、新宿LOFTでDJとしてライブに出演した。相方のピエール瀧被告(52)がコカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で3月12日に逮捕され、今月4日に保釈されたばかり。報道陣から解散について質問が飛ぶと、「するかよ、バーカ!」と言い残して迎え...
石野卓球が報道陣にガッツポーズ ピエール瀧被告とは「エロい話」

石野卓球が報道陣にガッツポーズ ピエール瀧被告とは「エロい話」

「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が17日、DJとして出演する新宿LOFTでのライブに備え、同日午後5時半ごろ、会場入りした。コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で相方のピエール瀧被告(52)が3月12日に逮捕後、初の公の姿。報道陣にガッツポーズ?!で笑顔を見せる余裕を見せた。...
ピエール瀧被告に意外なラブコール 芸能活動再開はヨーロッパ?

ピエール瀧被告に意外なラブコール 芸能活動再開はヨーロッパ?

4月4日、東京湾岸署から保釈されたピエール瀧被告。詰めかけた報道陣に対して約30秒間、深々と頭を下げた "薬物ジャンキー"の新天地は、意外な場所になりそうだ。 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52)。4月4日に保釈が認められたものの、お蔵入...
寺島しのぶと息子が超名門小学校に「お受験界の東大」とも

寺島しのぶと息子が超名門小学校に「お受験界の東大」とも

4月上旬、都内にある有名私立小学校に、新入生の親子が続々と登校していた。 【写真】同級生ママとなる東尾理子、入学式後に見せた笑顔 この日は朝から雨が降っていたが、校門から出てくる親子はまさに晴天のような笑顔ばかり。 「ここは“お受験界の東大”といわれるほどの名門校で、倍率は男子が約15倍、女子...
「性を武器にしたくない」芸人として勝負するアンゴラ村長

「性を武器にしたくない」芸人として勝負するアンゴラ村長

AbemaTV(アベマTV)のトークバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109が4月15日(月)、よる9時より放送される。同番組はお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務める、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を...
人々は刺激に飢えている?クロちゃんやナダルが求められている理由

人々は刺激に飢えている?クロちゃんやナダルが求められている理由

芸人が笑いを取るためのアプローチには、さまざまな種類があります。漫才やコントなどのネタはもちろん、トークが上手な人もいれば、大喜利が得意な人も。リアクションが面白い人は体を張って危険なことに挑んだりして、笑いを取ることもあります。 そうした中、最近にわかに脚光を浴びているのが「クズ芸人」...
「帝王」ROLAND 整髪ジェルを食べようかと考えるくらいの貧困期間も

「帝王」ROLAND 整髪ジェルを食べようかと考えるくらいの貧困期間も

(全3枚) ブロンドヘアにサングラス、黒のタキシード…… 一見ちょっと怪しげなその男は、現代ホストの帝王と称されるROLANDだ。 いま、編集部注目の作家 新宿・歌舞伎町の「PLATINA-本店」の歴代売上記録保持者で、最高月額売上は6000万円。 加えて、接客でお酒を飲まないことや、売掛(代金をお店やホストが一...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net