芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

沢田研二だからこそできた決断 公演中止も長年のファンは納得か

沢田研二だからこそできた決断 公演中止も長年のファンは納得か

10月17日、さいたまスーパーアリーナでの開催予定の公演の中止を、「契約上の問題が発生したため」と、開場直前に発表したことが大きな話題を集めた、沢田研二。

【写真】報道陣の前で謝罪するジュリー

翌日には報道陣を前に、観客が予定よりも少なかったことから、「僕にも意地があります」とコンサートの中止は自身が決断したと明かし、謝罪した。

ワイドショーやスポーツ紙などでも賛否両論でこの話題を大きく取り上げた。

「中止の理由が、アーティストとしてのプライドだったところは、ジュリーらしいなという印象でした」

と、ある芸能記者は言う。

ジュリーは“現役アーティスト”

「若い頃、新幹線の中で一般人の乗客から“いもジュリー”と声をかけられ、カッとなって殴りかかったことが報道され、謹慎したエピソードが有名です。

もともとプライドがとても高い人です。80年代のテレビのランキング番組では、ヒット曲の『酒場でDABADA』のサビが、“沢田でんでん虫食べーた”と、“空耳”のように聞こえるという視聴者からのコメントが紹介された直後、あえてその通りに歌ってみせたこともありました。

これは茶目っ気のパフォーマンスですが、いじられるなら自分からあえて発信しようと言うプライドの裏返しとみることもできるかもしれませんね」(前出・芸能記者)

そんなジュリー、ある時期から歌番組への出演はなくなったが、オファーはたくさんあったという。前出の記者が続ける。

「オファーがきても、かつてのヒット曲を歌ってほしいと要求されるのが気に入らないようです。現役の歌手として、今、歌っている曲を聞いてほしい。

毎年、全国ツアーを行い、ほぼ毎年アルバムを発表しています。ツアーで歌われる楽曲は、基本的に新作が中心。全盛期のヒット曲は、ほんの数曲しか歌いません。

そういうセットリストの組み方も、往年の懐メロ歌手とは違い、“現役アーティスト”を感じます」

よりいいステージを届けたいというアーティスト・沢田研二としてのこだわりの強さは、時に、長年、支える熱狂的なファンに対して発揮されることもある。音楽誌の記者が言う。

「彼を長年追っかけている常連ファンが、どの会場でも最前列を陣取っていることに対して、できれば地元の人に多く見て欲しい、それなのにいつも同じ人たちの前で歌うこちらの身にもなってほしい、といった苦言を呈したこともありました。

そんなジュリーの性格、キャラクターを知っている長年のファンからしたら、“9000人の予定が7000人しか入らない会場ではいいパフォーマンスができない”という、彼の言い分も、どこか納得できるところはあるのでしょう。

報道される会場の様子から、みなさん当然ガッカリされていますが、関係者に詰め寄ったり怒号をあげているような様子は見受けられませんでした」

そんな沢田の姿勢には、他のアーティストやアイドルなどの一部のファンにも影響を与えた部分があるようだ。あるスポーツ紙記者は言う。

「このような大会場のコンサートで、思うようにチケットが売れないことは珍しいことではありません。その際、スカスカ感を出さないように2階席の上段座席を暗幕で隠したり、アリーナに大きなステージをせり出したりするなど、“苦肉の索”で、様々な工夫をします。

だけど、それを“みっともない”と感じているファンは多く、沢田さんの言うことを支持するむきもみられました」

今回の公演に関して、チケット代金の払い戻しと、振替公演が計画中であることが発表されている。

「沢田さんは、言うまでもなく誰もが知るヒット曲が多数ある歌手。古い曲はあまり歌わないといっても、今回の件でステージを見てみたいと感じた人も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、沢田さんにそんな悲しい思いをさせたくないと、ファンも頑張ってチケットを購入するでしょう。ある意味、結果的にすごい宣伝効果になったのかもしれませんね(笑)」(前出・スポーツ紙記者)

振替公演は、多くのファンで溢れかえる予感でいっぱいだ。

<取材・文/渋谷恭太郎>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

大規模な会場なのにスクリーンなし 沢田研二のライブ、観客の不満

大規模な会場なのにスクリーンなし 沢田研二のライブ、観客の不満

ただでさえ、人は年を取るとわがままになる。そこへきて、かつて大人気を誇ったアーティストともなれば、身勝手さに拍車がかかるのもなおさらか。客の入りが少ないことに腹を立て、ライブをドタキャンした沢田研二(70)。今回のツアーでは、ファンを無視した好き放題のステージを披露していたという。騒動直...
公演中止騒動もチケット販売は盛況 t.A.T.u.とは違う沢田研二の凄さ

公演中止騒動もチケット販売は盛況 t.A.T.u.とは違う沢田研二の凄さ

10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演を「空席が目立った」として開演直前に中止したジュリーこと沢田研二(70)。沢田本人が会見で明かしたところによると、イベンターからは動員が9,000人と聞かされていたという。しかし当日になり、7,000人と判明。席をつぶしていたのが気に入らず、公演を中止したとい...
リスペクトする後輩は多くいるものの…沢田研二の今後は先細りか

リスペクトする後輩は多くいるものの…沢田研二の今後は先細りか

公演ドタキャン騒動を起こした歌手の沢田研二(70)が21日の大阪狭山市公演から全国ツアーを再開させた。 会場前に詰めかけた報道陣には対応しなかった沢田だが、ステージでは冒頭から5分以上にわたって「全て僕の責任です。満員にできなかったのは僕の力不足です」と謝罪し、ファンに頭を下げた。会場に...
「本人1人に謝らせるのは酷」ビートたけしが沢田研二の騒動に私見

「本人1人に謝らせるのは酷」ビートたけしが沢田研二の騒動に私見

(全3枚) タレント、ビートたけし(71)が22日、千葉・太平洋クラブ市原コースで行われたCS放送のゴルフ専門チャンネル、ゴルフネットワークの人気番組「TEAMSERIZAWA」の収録に参加した。 観客9000人の予定が7000人となり、17日のさいたまスーパーアリーナ公演をドタキャンし、2...
やらせ疑惑報道の「イッテQ」出川哲朗が報道陣にコメント

やらせ疑惑報道の「イッテQ」出川哲朗が報道陣にコメント

タレントの出川哲朗(54)が12日、都内で行われた『ニチガス新CM発表会』に出席。“ヤラセ疑惑”が浮上している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にレギュラー出演中の出川は、去り際に報道陣の直撃を受け、騒動について言及した。 【写真】本田翼に「あ〜ん」してもらう出川哲朗 同番組は、企画「...
イッテQ騒動で宮川大輔を擁護する声多数「とばっちりで被害者」

イッテQ騒動で宮川大輔を擁護する声多数「とばっちりで被害者」

人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が放送した「ラオスの『橋祭り』」が「デッチ上げ」だったと報じられた問題について、ダウンタウンの松本人志さんは2018年11月11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「写真で(宮川)大輔が使われるのが、ちょっとかわいそう」と、...
内山理名との交際が報じられた吉田栄作 質問に「意味深」な笑み

内山理名との交際が報じられた吉田栄作 質問に「意味深」な笑み

俳優の吉田栄作(49)が出演する舞台『カクタス・フラワー』が10日、東京・渋谷のDDD青山クロスシアターで初日を迎えた。女優・内山理名(37)との交際が報じられている吉田は、開幕前の囲み取材に対応。交際質問に対して“意味深”な笑顔を浮かべる一幕もあった。 【写真】共演する松本幸大(宇宙Six) 吉田...
ナイナイ矢部がダウンタウンの不仲説に言及「特別な思いはない」

ナイナイ矢部がダウンタウンの不仲説に言及「特別な思いはない」

お笑い芸人のダウンタウンの浜田雅功とナインティナインの矢部浩之ら総勢21名が出演する「AmazonPrimeOriginal『戦闘車』シーズン2」が9日から全5話を一挙配信スタートする。同日に都内にて開催された「配信記念記者発表会」には浜田・矢部を筆頭に番組出演者8名が出席した。そこでかつて噂されたダウンタウン...
視聴率がダメ押しに?織田裕二がSUITS現場で態度急変か

視聴率がダメ押しに?織田裕二がSUITS現場で態度急変か

放送中のフジテレビ系“月9ドラマ”「SUITS/スーツ」で主演を務める織田裕二(50)が、撮影途中からまるで別人のように態度を急変させて、周囲を驚かせているという。「東京ラブストーリー」以来、27年ぶりに鈴木保奈美(52)と共演していることでも話題の同ドラマだが、視聴率はいまひとつ。突然...
ビートたけし妻が語る離婚説の真相 愛人騒動や事務所独立も言及

ビートたけし妻が語る離婚説の真相 愛人騒動や事務所独立も言及

「今年の春先に、たけしさんサイドが離婚調停の申し立てをしたと聞いています。しかし妻の幹子夫人(67)は通達にいっさい応じず、窓口となる弁護士すら立てなかったそうです」(事務所関係者) 今年3月に『オフィス北野』から独立し、愛人と報じられている18歳年下のA子さん(53)と設立した事務所『T.Nゴン...
南沢奈央とスピード破局した若林正恭 こじらせぶりが原因に?

南沢奈央とスピード破局した若林正恭 こじらせぶりが原因に?

お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭(40)と女優の南沢奈央(28)が約1年間でスピード破局した。 浅田真央が“こじらせ女子”突入?リア充の姉・舞と正反対 若林にとって南沢は12年ぶりの交際相手で、付き合い始めた当初は“大金星”と言われていた。若林は破局理由をラジオ番組で「私の度量の狭さ」と...
後藤久美子が23年ぶり女優復帰 急に仕事は離婚の噂が浮上?

後藤久美子が23年ぶり女優復帰 急に仕事は離婚の噂が浮上?

ゴクミ(後藤久美子)が23年ぶりに女優復帰する。 来年公開予定の『男はつらいよ50おかえり、寅さん』(仮題)に出演が決まっており、撮影はすでにスタート済み。 故・渥美清さん主演の『男はつらいよ』シリーズは'69年に第1作が公開され、渥美さんが亡くなった翌年に公開された第49作まで制作された。 なぜま...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net