芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

上沼恵美子が昔の歌手に対して私見を語る「あほばっかり」

上沼恵美子が昔の歌手に対して私見を語る「あほばっかり」 タレントの上沼恵美子(63)が19日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。「漫才ネタの寿命がものすごく短い」と話す「ナイツ」塙宣之(40)に対し、持論を語った。

塙は「ネタ番組でやると、次の番組ではやってない新ネタやってくださいと言われる。曲みたいに、この曲やってくださいとはならない」と漫才ネタの寿命の短さに嘆き。上沼は「ファンはその歌を聞きたいわけやんか」とネタと曲の違いに触れつつ、「新ネタを作るって大変なことなんよ。わかる」とうなずいた。

続けて「宇崎さんは作詞も作曲もやられて、創作をやられるけど…」とゲストの宇崎竜童(72)を引き合いに出しつつ、「歌だけ歌う人って楽やな」とチクリ。「照明当ててもらって、綺麗な衣装着させてもらって、歌がうまいから歌手になっているだけですやんか。だからあほが多い」と私見を語り、「今の人じゃないですよ。昔の歌だけを歌っていた人、あほばっかり」と切り捨てた。

若手時代に音楽番組の司会を担当していた上沼は「ピンクレディーがデビューした頃で、あの子たちは賢いですけど、ほとんどが…」としかめっ面。「こんなこと言うたらなんやけど、同じ歌ばっかり歌うからよ。本番の20秒前まで化粧してるもん。漫才はそうはいかんで。おしゃべりの商売って難しいな、損やな。評価が低いやん」とし、最後は塙に「歌手になったら?」と語りかけ、笑いを誘っていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

「ここまで世間的に炎上が多いと、ブーム的な捉え方になりますよね。『ハイハイ、またか』みたいな(笑)。そうはいっても実際に自身が炎上したら、誰でも少しは気にしますよね。ドラマの題材もそうですが、SNSだとはいえ、中身はやっぱり人と人だと思うので。心ない言葉とかをかけてくる人もいますが、そこに...
百恵さんが三浦祐太朗の番組出演に絶句「下ネタばかり…」

百恵さんが三浦祐太朗の番組出演に絶句「下ネタばかり…」

「最後に歌うのは『さよならの向う側』です。これはうちの母が(引退前の)いちばん最後に歌った曲です。この曲と、ぼくの新アルバムの曲『菩提樹』は、宇崎竜童さんと阿木燿子さんが書き下ろしてくれた曲なんです」 9月24日、神奈川県小田原市でフリーライブを行った、歌手の三浦祐太朗(34)。この日、8月に...
宇崎竜童が晩さん会の秘話告白 天皇陛下の前でまさかの泥酔

宇崎竜童が晩さん会の秘話告白 天皇陛下の前でまさかの泥酔

ミュージシャンの宇崎竜童(72)、作詞家の阿木燿子(73)夫妻、シンガー・ソングライターの三浦祐太朗(34)らが3日、都内で行われた舞台「Ay曽根崎心中」(12月12〜20日、東京・新国立劇場)の制作発表会見に出席した。 江戸時代の浄瑠璃作家・近松門左衛門が、若い男・徳兵衛と女・お初を描...
「夜中に急に起きて…」筧利夫が子どものころからの夢遊病を告白

「夜中に急に起きて…」筧利夫が子どものころからの夢遊病を告白

俳優・筧利夫(56)が28日、カンテレ(関西テレビ)「怪傑えみちゃんねる」(金曜、後7・00)に出演。「夢遊病」で悩んでいることを告白した。 MCの上沼恵美子に対し、筧は「子供のころから、夢遊病なんです」と告白。子供の頃は夜中にトイレをドンドンと叩いたり、「気がついたら駄菓子屋にいた」...
元NHK登坂淳一アナ 白髪のきっかけは和歌山カレー事件

元NHK登坂淳一アナ 白髪のきっかけは和歌山カレー事件

フリーアンウンサーの登坂淳一が、8月17日放送の『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演した。 登坂のトレードマークといえばその白髪だ。番組では、28歳で髪がまだ黒かった時代の写真を紹介。登坂は「これももう染めていたんですよね。いまほどじゃないけど(白髪が)けっこうあって」と発言する。 続い...
事務所が営業かけるも仕事決まらず 登坂淳一アナの復活には時間が必要か

事務所が営業かけるも仕事決まらず 登坂淳一アナの復活には時間が必要か

元NHKの“麿(まろ)”ことフリーの登坂淳一アナウンサー(47)が、8月17日に放送された関西ローカルの情報番組「怪傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演。年下女性と交際中であることを告白した。 登坂アナといえば今年1月にNHKを退社し、同4月にスタートしたフジテレビ系報道番組「プライムニュースイブニ...
サンミュージックが創業50周年 岡田有希子さんの死など波乱と栄光

サンミュージックが創業50周年 岡田有希子さんの死など波乱と栄光

老舗芸能プロダクション「サンミュージックプロダクション」が11月27日、創業50周年を迎える。タレント第1号の森田健作氏をはじめ、都はるみ、松田聖子、岡田有希子、酒井法子、ベッキー…その系譜を辿れば“芸能界の歴史”そのものとも言える。そこで今回、創業者の故・相澤秀禎さんと二人三脚でサンミュージッ...
アンチに悩んだ生駒里奈の卒業 握手会などの接触商法は限界か

アンチに悩んだ生駒里奈の卒業 握手会などの接触商法は限界か

今、日本のアイドルたちの働き方が問われている。ももいろクローバーZの有安杏果が1月15日に卒業発表をすると、1月31日には乃木坂46の生駒里奈が同グループからの卒業を発表。昨年は、でんぱ組.incの最上もがが体調不良を理由に脱退、AKBグループでもHKT48の兒玉遥、AKB48・チーム8の早坂つむぎ、乃木坂46の北...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net