芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

石原良純、沢田研二の釈明会見を絶賛 「理路整然で誠実な言葉」

石原良純、沢田研二の釈明会見を絶賛 「理路整然で誠実な言葉」 TOKIOの城島茂(47)と気象予報士でタレントの石原良純(56)が20日、テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」に出演した。17日のさいたまスーパーアリーナ公演を「動員に関する契約上の問題」でドタキャンした歌手の沢田研二(70)について言及した。

沢田は会見で、今回の公演が中止になった理由を「僕自身にさいたまスーパーアリーナでライブをやる実力がなかった」と説明。さらに9千人と聞いていた観客数が実際には7千人しかいなかったことについて「客席がスカスカの状態でやるのは酷。僕にも意地がある」とコメントしていた。

「意地」と語るなど、プロのアーティストとしてのプライドをのぞかせた沢田の会見について、石原は「凄い会見。理路整然で誠実な言葉だったと思う」と絶賛。「ドタキャンに対していろんな意見があると思うが、ここへ沢田さんを出させてしまった経緯にも問題があると思う」と指摘しつつ、「アーティストに『実力がない』と言わせてしまう。そんなこと普通ない。意地があると言っていたが、自分の周りのプロの人達を見ているとそれぞれスタイルがある。それを通すのはアーティストとして当たり前」と、沢田の決断に理解を示した。

また、城島はアーティストの立場から「バンドとして音を伝えやすい、パフォーマンスをしやすいという理由からTOKIOは武道館でライブをする」とライブ会場に対するこだわりを説明。また、「(中止に至った経緯について)言える範囲、言えない範囲があると思う」としつつ、「沢田さんの場合はいろんな状況でやってきた経緯の中で『さいたまスーパーアリーナは自分には大きすぎる』と事務所に事前に言っていたということなので、いろんな問題があったのだと思う」と推測した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

“カイヤに騙された…” 「川崎麻世」が口にした子供たちへの弁明

“カイヤに騙された…” 「川崎麻世」が口にした子供たちへの弁明

「渡る世間は丁目と半目、善いと悪いは一つ置き」と言うが、この夫婦は仲の悪さばかりをウリに芸能界という世間を渡って来た。そんなプロレスにも倦んだのか。今年10月、妻カイヤ(56)との離婚訴訟の申し立てを明らかにした川崎麻世(55)。その後は、34歳愛人との交際宣言、実娘からの絶縁宣言と、騒動は生...
上沼恵美子が西の女帝と呼ばれる訳 「世話にならなかった人いない」

上沼恵美子が西の女帝と呼ばれる訳 「世話にならなかった人いない」

12月9日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志が、先週行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の終了後、酒を飲んでいたとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智が、配信動画内で審査員である上沼恵美子を激しく罵った件について、『上沼さんがどれだけすごい芸人なのかわかって...
「もう裏技ない」トミーズ雅が「伊東家の食卓」終了理由に言及

「もう裏技ない」トミーズ雅が「伊東家の食卓」終了理由に言及

漫才師のトミーズ雅が17日、毎日放送「せやねん!」で、レギュラー出演していた日本テレビの人気番組「伊東家の食卓」が終了した理由を語った。 番組では日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」のお祭でっち上げ疑惑を特集。 雅は「よう考えたらなあ、もう祭ってないて。そんなおもろい祭ポンポコポンポ...
「私がバカでした」西川史子が安倍昭恵夫人への批判を撤回し反省

「私がバカでした」西川史子が安倍昭恵夫人への批判を撤回し反省

女医でタレントの西川史子が4日、TBSで放送された「サンデー・ジャポン」に出演。同番組内で「バカじゃないの」などと批判してきた安倍晋三総理の昭恵夫人と一緒に食事をしたことを報告。「私がバカでした」と前言撤回し、反省した。 毒舌コメントで知られる西川先生。今年3月の放送で、「あんなひどい夫...
「音楽業界のおじさまが望む姿に…」椎名林檎の誤解されていた個性

「音楽業界のおじさまが望む姿に…」椎名林檎の誤解されていた個性

ミュージシャンの椎名林檎が、きょう11月25日、40歳の誕生日を迎えた。今月14日には、大晦日のNHK紅白歌合戦に、エレファントカシマシの宮本浩次とともに特別企画の枠で出場することが発表されたばかりだ。 【写真】貴重な一枚――NEWS23で筑紫哲也と対談する椎名林檎 「音楽業界のおじさまたち」が望んだアーテ...
大規模な会場なのにスクリーンなし 沢田研二のライブ、観客の不満

大規模な会場なのにスクリーンなし 沢田研二のライブ、観客の不満

ただでさえ、人は年を取るとわがままになる。そこへきて、かつて大人気を誇ったアーティストともなれば、身勝手さに拍車がかかるのもなおさらか。客の入りが少ないことに腹を立て、ライブをドタキャンした沢田研二(70)。今回のツアーでは、ファンを無視した好き放題のステージを披露していたという。騒動直...
公演中止騒動もチケット販売は盛況 t.A.T.u.とは違う沢田研二の凄さ

公演中止騒動もチケット販売は盛況 t.A.T.u.とは違う沢田研二の凄さ

10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演を「空席が目立った」として開演直前に中止したジュリーこと沢田研二(70)。沢田本人が会見で明かしたところによると、イベンターからは動員が9,000人と聞かされていたという。しかし当日になり、7,000人と判明。席をつぶしていたのが気に入らず、公演を中止したとい...
「お騒がせしている最中に…」沢田研二が満員公演に自虐謝罪

「お騒がせしている最中に…」沢田研二が満員公演に自虐謝罪

17日のさいたまスーパーアリーナ公演を開演直前に中止した歌手・沢田研二(70)が23日、兵庫県尼崎市内でコンサートを開いた。1820席が満員。「お騒がせしている最中にたくさんのお運びをいただき、本当にありがとうございます」と頭を下げた。 21日の大阪府内での公演に続き、この日も序盤に謝...
出場選考からして支離滅裂?特別枠ばかりのNHK紅白歌合戦

出場選考からして支離滅裂?特別枠ばかりのNHK紅白歌合戦

大みそかのNHK紅白歌合戦まで2週間を切った。今年は平成最後ということもあり、それにふさわしい大物歌手の出場が期待されたが、今のところサプライズは、紅白を卒業していた北島三郎(82)とサザンオールスターズの出演くらい。しかも、この2組は特別枠で、サザンが“大トリ”を務めると一部で報じられ...
go!go!vanillasのベーシスト・長谷川プリティ敬祐 事故で意識不明

go!go!vanillasのベーシスト・長谷川プリティ敬祐 事故で意識不明

歩行中に大型車輌と接触 4人組ロックバンドgo!go!vanillasのベーシスト・長谷川プリティ敬祐が事故に遭い、意識不明の状態であることが発表された。 go!go!vanillas。写真左が長谷川プリティ敬祐 <耳マンのそのほかの記事> 12月18日、同バンドがオフィシャルホームページにて長谷川の事故について発表。12...
紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

昨年1月に「放牧」を宣言して活動を休止していたいきものがかりが、去る11月3日、グループの19回目の結成記念日に「集牧」し、活動を再開した。集牧後初のステージは、この大晦日に2年ぶりに出場するNHK『紅白歌合戦』となる。そのいきものがかりのリーダーである水野良樹は、きょう12月17日が誕生日で、36歳...
芸能界復帰を目指す坂口杏里さん 急激な体重減の反動を危惧する声

芸能界復帰を目指す坂口杏里さん 急激な体重減の反動を危惧する声

元タレントの坂口杏里さん(27)が18日、インスタグラムを更新。芸能界復帰へ、さらに減量を進めることを明らかにした。 すでに15キロダイエットに成功したことを報告している坂口さんは「復帰のためにガチンコで落としました」と真意を説明。 そして「きついー、、あと2・3キロ!ファイトだ!!」と...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net